« 植物エネルギー 第107話 ~ 薬用植物園 錨草(碇草) ~ | トップページ | 植物エネルギー 第109話 ~ 大亀木 その2~ »

2007年10月 3日 (水)

植物エネルギー 第108話 ~ 大亀木 その1~

 10月になって何かと忙しくなってきました。来年2月中旬から3月上旬に開催する写真展は何か私の人生における大きな分岐点になりそうな予感がします。悔いの無い写真展にしようと今から作品の選定を始めてます。3000カットの中から選ばなければならないので・・・どれもこれも思い入れがあって中々大変です。

 ちょっとだけ独り言・・「12年前は15年半の間、化学一本やり(フラスコの世界)→今、植物の世界・・・。やっと進む方向がしっかり見えてます。人生もう一回やり直しです。自分の誤りに気がついたら、それを認めて、何度でもやり直せば良い。これが本当の勇気かもしれない。一生懸命生きれば思い入れもこだわりもたくさんできるけど・・・それを一度棚の上にしまって、違う道の第一歩を進む」なんて・・・。今は全て良い思い出です。昔有機化学、今は勇気科学。

 で、この道に進むと決めて12年前に野幌森林公園で初めて会った植物がオオカメノキ(大亀木)。有機化学でカメと言えば、ベンゼンという極めて毒性の高い有機化合物です。思わずこの木の前にたたずんで、「お前って亀は亀でも全然違うよなあ」なんてつぶやいたっけ・・・結局、この植物が北方系生態観察園で一年中勇気と元気をくれることになるとは12年前には夢にも思いませんでしたが・・・学名はViburunum(ヴィブルナム) furcatum(ファルカトゥム)です。口から飲む薬にはならないのですが、漢方でいうところの病気予防の極意、春の「発陳」、夏の「藩秀」、秋の「容平」、冬の「閉蔵」を目から感じさせてくれるすごいやつです。

 これから、森の中には植物がいない・・・そう思われる方、ぜひこの冬芽を捜しに森に行って下さいませ。一本の木についたたくさんの冬芽。一つ一つ形も色も違いますよ。自分のお気に入りにテープで印をつけて、来年までずーっと観察しましょう。若葉が出てくる時に・・・お金では絶対買うことのできない感動が待ってると思います。ぜひ!

 前置きが長くなってしまいましたが・・・7つほどオオカメノキの冬芽を!晩秋の冬芽です。先ずは3年前の2つの作品です。10月末ころになるとこんな感じですね。

01

 真冬のウサギさんたちですよ。春までに潜気をためて・・・春に一気に爆発!って感じです。下の真ん中が人気の高い「二匹のウサギさん」っていう作品です。左の右は2007年2月の作品です。

02

 下2枚も2007年2月に撮った作品で、右側のはかなりのお気に入りです。「光の国から」っていう作品で、ひょっとしたら来年写真展に出展するかもしれません。全紙のクリスタルにしようと思ってますが、ブログをご覧になっている方いかがですか?

03

 ということで、過去3年間にわたって思い出のオオカメノキの色々な作品ブログに載せてみようと思ってます。

|

« 植物エネルギー 第107話 ~ 薬用植物園 錨草(碇草) ~ | トップページ | 植物エネルギー 第109話 ~ 大亀木 その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第107話 ~ 薬用植物園 錨草(碇草) ~ | トップページ | 植物エネルギー 第109話 ~ 大亀木 その2~ »