« 植物エネルギー 第226話 ~旭岳の植物エネルギー(3)~ | トップページ | 植物エネルギー 第228話 ~旭岳の植物エネルギー(4)~ »

2008年8月21日 (木)

植物エネルギー 第227話 ~ホロトロピック・ワールド in サッポロ 2008~

 皆さんホロトロピックという言葉をご存知ですか?私も昨年この言葉を始めて耳にしました。

 『ホロトロピックとはスタニスラフ・グロフ博士という精神科医の造語でギリシャ語の「holos(全体)」と「trepein(向かって進む)」を合成して、「全体性に向かう」という意味です。個が個を離れて、全体としてひとつの宇宙と融合し、一体感を増していくということから、人々の「意識の成長・進化」をあらわしています。』(ホロトロピック・ネットワーク札幌のブログより)。

 日本にもホロトロピックネットワークという組織がありまして、なんと元ソニー役員で最先端の技術開発(コンパクトディスクの共同開発や、エンターテイメントロボット・アイボの製作責任者)に携わったトップサイエンティストである天外伺朗(本名 土井利忠)氏が主宰する会で、「ホロトロピック・ネットワーク札幌」は北海道在住の会員が地元での活動の場として設立したものなのだそうです。私もソニーのロボット犬「アイボ」は知っていましたが・・・その製作責任者・・・と言えば、最先端の科学技術を知り尽くした人・・・ですよね。びっくりしました。

 さらに、それを医療の現場(ホロトロピック医療)に取り入れている方がいらっしゃいます。札幌は円山にある響きの森クリニックという所で院長先生をしていらっしゃる西谷 雅史先生です。

 ちょうど昨年の今頃、第1回の襟裳岬での植物写真撮影会&えりも短角牛を食べる会をえりも岬の守人(まぶりっと)さんで開催しました。総勢27人の参加者でした。その中に、響きの森クリニックの院長先生である西谷 雅史先生がいらっしゃったのです。独特の雰囲気をお持ちの先生で、かなり心のレベルが高い方でした。2日間ごいっしょさせていただいたのですが、漢方の考え方とほとんど同じ概念で医療をなさっていることに驚きました。

 恐らく・・・今後はどの方向から進んでも、健康、心豊かに生きるとは、漢方の最も基本的概念である『心身一如』的な結論になっていくと思います。ホロトロピックも、バッチフラワーも、カラーセラピーも、アロマセラピーも全ての人は異なる生命体で皆が個々に心の小宇宙を持っている。故に、その個々の魂の本当の望んでいる、欲しているものさえ分かれば・・・皆が心豊かになる。死ぬことさえもさほど恐ろしいことではなくなりはずです。現世にしか生きられないと思うことがどれだけ寂しく、愚かで、悲しいことなのか、いつかは皆気づくことになるでしょう。恐らく身体とは・・・魂の器でしかないように今は思えます。

 『魂レベルを上げる』とはどのようなことなのか、私は自分の魂、心の小宇宙が欲しているもの、それを50歳になってようやく見つけたような気がしています。皆さんも自分の心が一番欲しているものは何か・・・捜す旅をしてみませんか・・・

 今は科学しか信じていない人も、いずれ科学だけでは、心豊かな人生を送ることは不可能であることに皆がきづくはずです。必ずデス。

 などというお話を西谷先生とずーっとさせていただいたことをはっきりと覚えています。その時はポロトロピックという言葉すら分からなかったのですが・・・

 で、今年9月14日(日)モエレ沼公園ガラスノピラピッドで『ホロトロピック・ワールド in サッポロ 2008』が開催されます。天外伺朗(本名 土井利忠)氏と西谷先生も講演されます。私も西谷先生にお誘いを受けて、喜んでお話させていただくことにしました。天外伺朗さんともお話できるかと思うと今からワクワクです。西谷先生からミニ写真展の開催も頼まれました。今年の富士フィルムフォトサロン札幌で開催した写真展『植物エネルギー ~コロポックルからの伝言~』でお見せした作品も何点か展示しますのでぜひ!

 『ホロトロピック・ワールド in サッポロ 2008』のポスターには私の作品を何点か使っていただきました。

 皆さんの魂の奥底にステキな北海道の植物エネルギーよ届け!!!!

08091301s_2

|

« 植物エネルギー 第226話 ~旭岳の植物エネルギー(3)~ | トップページ | 植物エネルギー 第228話 ~旭岳の植物エネルギー(4)~ »

コメント

そんなイベントがあるとは知りませんでした。
心と身体、地球環境、生と死、心理学、瞑想・・・。
西谷先生の講演は拝聴したことがありますが、どれも私にとってシンクロするものでした。ヒトを吹っ飛ばす呼吸法は私にはなんだか理解しがたいものですが、すごいですね。私も気で吹っ飛ばされてみたいものです。

投稿: ゆかり | 2008年10月 1日 (水) 20時41分

ゆかりさん、コメントありがとうございます。
人それぞれに心の一番奥底にあるモノに気づかせてくれるものを見つけほしいものですね。

投稿: 元気の種 | 2008年10月 2日 (木) 15時53分

エコロジーな考えは地球と言う星と一体化して暮らすのを示しているように思えます。私たちは地球の子供であり、地球は親同然であり、地球が傷つけば私たちも同様に傷がつく。
人間は宇宙と一体化しているのですね。中国医学の黄帝内経
をもっと勉強してみたいです。今井先生の講演を聞いてみたかったですが、私は医者ではないので無理ですね。
精神世界で「実は地球の主役は人間ではなく、植物である」とする方の本を読んだことがありますが、植物がなければ私たちは生きていけないんですね。植物が農薬で毒されれば、人体も影響が出る。ドイツのハーブ学の本ではそう書いてあったので、私もその受け売りではありませんが、そう思いました。

投稿: ゆかり | 2008年10月 2日 (木) 19時39分

全くその通りです。
地球上に息づく植物全て(樹木、野草、果物、野菜・・・)が地球の元気です。
「地球から植物が減る」=「地球が病気になる」=「病んでいる人が増える」ということです。

投稿: 元気の種 | 2008年10月 2日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第226話 ~旭岳の植物エネルギー(3)~ | トップページ | 植物エネルギー 第228話 ~旭岳の植物エネルギー(4)~ »