« 植物エネルギー 第235話 ~初秋の襟裳岬(速報)~ | トップページ | 植物エネルギー 第237話 ~植物写真、フィルム一眼レフカメラとデジタル一眼レフカメラ~ »

2008年9月17日 (水)

植物エネルギー 第236話 ~ホロトピックワールド in サッポロ 2008~

 9月14日(日)はモエレ沼公園ガラスのピラミッドで開催された『ホロトロピックワールド in サッポロ 2008』に招かれ、講演(タイトル『気づきは地球を変える』)とミニ写真展を開催しました。札幌市円山で、響きの森クリニックでホロトロピック医療を実践なさっている西谷先生の招待でした。西谷先生の『気づきは医療を変える』の講演をお聞きし、やはりその人の持っている『生きよう』とする強い意志が病気を克服する最も大切なことだとあらためて痛感しました。『なんのために地球上に生を受けたのか』。この事をちゃんと自分の言葉で説明できないと・・・心がどんどん乾いて、心のエネルギーが無くなっていくのではないでしょうか。

 何のために仕事をするのか?、何のために食べるのか?、何のために勉強するのか?、何のために写真を撮るのか?・・・etc・・・自分の全ての行動に対して、自分の考え、言葉でちゃんと説明できるのか?・・・これは今後とても重要ことになると思います。今はモノばかりが豊かですから、自分の一番奥底に潜んでいる本当に『やりたいこと』と向き合わなくても、モノでごまかすことができるのです。とても危険なことだと思います。『気づき』とは地球上に生きる全ての人が『何のために地球上で生を受けているのか』を知ることかもしれません。

 天外伺朗(本名 土井利忠)さん、西谷先生と前日の晩餐会からごいっしょさせていただき、何かまた1つ大切なことを教えていただいたように思えます。

 それにしても、集まった方たちは皆、感性の豊かで、ピュアーな心をお持ちの方ばかりでした。木の精霊が宿ったかのような気持ちで家具工房『旅する木』をやってらっしゃる須田さん。すばらしい声とインドの楽器と三味線、セリ科のエゾニュウの茎を使って楽器を作り大地の音を奏でる草舞弦のご夫婦。とても印象に残りました。

 私の講演はいつものように身近な植物たちに関心を持って愛することが地球を元気にする一番のクスリ。そして私たち一人一人がぜひ地球の病気を治す薬剤師になりましょうというお話をさせていただきました。講演後、乾燥ダイコン葉エキスがたっぷり入った手作りセッケン『すずしろの花』12個、今春北海道新聞社から発売した植物写真フォトエッセイ集『植物エネルギー 北方系生態観察園の四季』7冊を買っていただきました。どうもありがとうございました。すごくうれしかったです。

 2Fでは、私のミニ写真展を頼まれ、これまでの作品の中から11点を展示させていただきました。私自身が自分の作品たちと会うことがとてもうれしいことです。いつか・・・私の撮りためた作品たちが一同に会する場所ができたらいいな。といつも願っています。

01 Photo

 私の作品たちに会えただけでも・・・とてもうれしい気持ちになれました。

 西谷先生、どうもありがとうございました。

 また襟裳岬の植物たちに会いにいきましょうね(笑)。ニコンF2といっしょに!

9月以降の私のイベント(写真展、講演)情報。こちらデス

ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」好評発売中です。HPはこちらデス

|

« 植物エネルギー 第235話 ~初秋の襟裳岬(速報)~ | トップページ | 植物エネルギー 第237話 ~植物写真、フィルム一眼レフカメラとデジタル一眼レフカメラ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第235話 ~初秋の襟裳岬(速報)~ | トップページ | 植物エネルギー 第237話 ~植物写真、フィルム一眼レフカメラとデジタル一眼レフカメラ~ »