« 植物エネルギー 第237話 ~植物写真、フィルム一眼レフカメラとデジタル一眼レフカメラ~ | トップページ | 植物エネルギー 第238話 ~岩内町での講演、神仙沼&五色温泉~ »

2008年9月23日 (火)

植物エネルギー 第237話 ~自分に自信を持つ、自分を愛する方法 その1~

 9月は招待講演4本、祭事、イベントの用意などで慌しく時が流れてしまいました。昨日日本医療薬学会での市民講座向けの『漢方から学ぶ病気予防』の講演を終え、今月のお仕事はほぼ終了です。『気』が抜けて・・・少しお疲れ気味です(笑)。北海道新聞社からの原稿1本も終え、残るは原稿2本です。1本は毎月北海道薬剤師会から依頼されている5000字の原稿で10回連続の、今度で9回目。残るは来月1回だけとなってきました。昨年フォトエッセイ集を出版してから、原稿依頼が増え、ちょっとした作家気分ですよ。まったく!デスクワークは最も苦手の分野だというのにね(笑)。でも、ブログを書き続けているせいか、数年前に比べると段違いに語彙も増えたし、頭の中に自然と文章が湧き出てくるんです。

 さて、今回は新たなテーマでブログを書いてみようと思いました。題して『自分に自信を持つ方法』、『自分を愛する方法』~堀田式~デス(笑)。画像無しでいってみます。先ずは私の切ない過去のお話から・・・

 このテーマはいつか書いてみようと思ってました。でも・・それこそ私のやってきたこと、思っていることが、誰にでも通用するとは思っていなかっのでかなり躊躇していました。私のスタッフが「先生の今まで実践してきたこと、思っていたことはきっと前向きに生きようとする人には伝わるはず。ぜひ書いて欲しい」と言われ続けてきました。で、かなりたどたどしくなってしまうかもしれませんが・・・書きます。

 先ずは・・・私自身、「オレって生きてるだけですばらしい」って心から思えるようになったのは、ここ3年間ほどの出来事です。それ以前までは、自分が何のために地球に生を受けているのかを自分自身で理解もできなかったし、自分の言葉で説明することなど全くできない人間でしたから・・・生き方としては・・・今思えば、相当迷走していたと言わざるを得ません。自分が心から愛していたと思っていた有機化学も愛することにしていただけだと、今は思えます。ただ、その当時は、「有機化学しか私には無い!これが無くなったら私の全ては終わる!!!」と心から思って、誰にも負けないように頑張ってました。睡眠時間は毎日4時間以下、日曜日、祝日も休まず、論文を読んで、フラスコを振って実験してました。そもそも私は東日本学園大学(現在の北海道医療大学)終了後、北大へ進学しました。当時の北海道医療大学「というのは偏差値では全国から下から2番目、新聞を賑わすのは世の中に迷惑かけたことだけ・・・今とは段違いです。で、世の中は学歴社会でしたから北大出身者じゃない私はいつも卑屈な思いで過ごしていました。それに当時大学院入学者は28人ほどで、北大以外からの合格者は数年に1人。そんな状況でした。ですので・・・北大薬学部の中にいざ入ってみると・・・自由奔放な堀田クンはとっても卑屈人間になっていたのでした(笑)。服装だって・・・スーツに皮製のカバン、革靴・・・実に一般的な学者ふうな格好で北大に行ってたんですよ(すぐにくずれましたけど)。実は・・・10年後、ある先生に「お前は上から2番目の成績で合格したてたんだぞ」と言われ・・・ただただ唖然!!!!「早く言ってくれれば・・・・もっと怠けたのに(笑)。」なんです、一番下の成績で入ったと思い込んでいたので、「北大出身者の3倍頑張ろう」ってやりたいことは全封印して有機化学に自分の全てを投げ打って修行していたのです。

 お話は相前後しますが、北大合格後2が月過ぎ。何度も「もう止めよう」と思いました。大学時代、1、2学年時代は毎日8時間以上は勉強に費やして、気がつけば薬剤師国家試験の勉強くらいは2年間で終了していたのです。残り2年間はそこそこの勉強しながら、毎日下宿の仲間とマージャンをして(365日のうち360日はマージャンをしていました。ですので、マージャンもたぶんプロ級です)、余裕で講義も理解できたし、北大の大学院入試も突破しました。なんたって卒業試験、国家試験前日もマージャンしてたほどですから・・・

 そんな学生時代から一転して朝7時に大学に行って、夜中の1時まではフツウに大学にいました。まあいつも孤独でしたね(笑)。さっき何度もやめたいと思いましたと書きましたが・・・・何をやってもうまくいかないある夜中に、かなり自分が切なくなって「本当にやめちゃおう、今からでも遅くはない、薬剤師になっちゃえばもっと楽に生きれるよ」と私中の一人が悪魔のささやきをしました。それまでの人生で、いつも苦しくなると何か自分の都合の良い理由を言っては逃げていた自分をたくさん知っていましたので、その時、机から立ち上がって大きな声で「もう自分で決めたことから逃げることはしなーい。自分の発した言葉にウソはつかない!」って叫んだのです。以後、自分で決めたことからは逃げたことはありません。ただ・・・そう決めて生きると・・・かなり色々人との軋轢は生じましたけど(笑)。まあそのことについてはいずれ・・・

 たとえ、親や学校の先生、他の人が自分の進む道を決めたかのように思ってるとしても・・・最後に「やる」と決めたのは自分だったことに気がついたのです。「親がい言ったから」、「先生が進めたから」、「○○がしたから」・・・これは全て人のせいにしている生き方なんです。最後は自分で決めたんです!

 現在の私から言える 堀田式「自分を愛する方法」、「自分に自信を持つ方法」・・・の事始は・・・自分で決めたことは思っているだけではダメ!大きな声で自分の決意を自分の耳で何度も聞く・・・それは・・・自分の心の奥底に潜んでいる、その人の聖なる魂に声をかけることに等しいのです。自分の魂に聖なる声をかけ続ける・・・私は無意識にやっていたことになります。何度も自分の言葉に発しているうちに・・・・その逆のことを言ったり、行ったりする自分に気付きはじめます。そんな時心の痛む人は自分を愛し、自信を持てる素質のある人だと思います。「自分の決めて発した言葉にウソつかない」、これを実践することが一番の勇気と元気を得るスタートだと思います。

 あと1つだけ・・・自分が普段話している言葉に耳を傾けるようにしてください。「・・・・ので」、「・・・・だから」、「○○さんは・・・・といことを言ってたけど・・・」なんて会話の多い方、気をつけてください!自分の奥底に眠っている聖なる魂をずーっと眠らせておく呪文ですよ(笑)。

9月以降の私のイベント(写真展、講演)情報。こちらデス

ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」好評発売中です。HPはこちらデス

|

« 植物エネルギー 第237話 ~植物写真、フィルム一眼レフカメラとデジタル一眼レフカメラ~ | トップページ | 植物エネルギー 第238話 ~岩内町での講演、神仙沼&五色温泉~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第237話 ~植物写真、フィルム一眼レフカメラとデジタル一眼レフカメラ~ | トップページ | 植物エネルギー 第238話 ~岩内町での講演、神仙沼&五色温泉~ »