« 植物エネルギー 第401話 ~ FUJIFILMからデジタル写真集「植物エネルギー」が・・・&野口農園の野菜情報 ~ | トップページ | 植物エネルギー 第402話 ~ 旭岳2009 ・・ ポジフィルムVelvia 50の世界・・ ~ »

2009年7月26日 (日)

植物エネルギー 第402話 ~ 襟裳岬づくし ・・ニコンF2 & ポジフィルムVelvia 50の世界・・ ~

 今日は日曜日、週末、久しぶりに家でゆっくりしています。2009年1月~7月まで、思い返せば、全力疾走以上に走り続けてきたようです。ようやく、大きなイベントが終了しました。

 気がつけば、半年前に比べてありえないくらいに進化して自分がいます。急がず、騒がず、焦らず、ただ目の前のことを90%のチカラ(自分で決めればよいことです)で一生懸命やって、多くのヒトから、笑顔というご褒美をいただき、それが小さな自信となって、その積み重ねは確信に変わっていく確かな実感をもてました。半年間、私と関わっていただいた全てのヒト、コト、モノに感謝いたします。ありがとうございました。

 少しの充電、熟成のときを経て、さらに前に進んで行きます。これまで以上に応援してください。よろしくお願いします。

 さて、忙しさのせいにして、撮影した富士フィルム社製のポジフィルムVelvia50のデーターのスキャニングをさぼっていましたが、先週から開始しました。さっそくご覧になっていただきますね。

 今年は、1980年代の名カメラ、ニコンF2に24mm(f 2.8)を付けて、感動した風景写真も撮影し始めました。多くのヒトは、私が風景写真を撮影していないようにおもっていらっしゃるようですが・・・さにあらず(笑)・・・修行中の身ゆえ、披露していなかったんです。

 先ずは、私の愛機ニコンF2ブラックとその交換レンズ群からです。

 このカメラは、私の恩師だった故縣先生が使っていたカメラを奥様から形見分けとしていただいた、とても大切なカメラなんです。

Img_4562s S

 ニコンF2と私の愛用フィルム、Velvia50がくれた襟裳岬の感動をお届けしましょう。

 さて・・・なんと言っても、襟裳岬の風景が、一番心にしみてきます。4月月13日、4月23日、6月29日、7月3日、4日、5日の様子をたんまりご覧になってくださいませ。題して襟裳岬づくし・・・デス。

 先ずは4月13日の襟裳岬西海岸に沈み行くお日様から・・

 だーれもいない砂浜に腰をおろして、まだ冷たい風を感じながら私は何を想っていたのでしょう?植物たはまだまだ動き始めていはいない静かな大地から見る夕日とは・・・

 この光の道の先に・・・いったい何があるのか・・・私は知りたいと思うのです。きっとステキなモノがあるはずなんです。ずーっと昔からそう想っていました。

0036009

 4月14日、朝早く、朝日を感じようと百人浜に行ってみました・・・

 残念ながら・・・曇り。そう言えば、夜中は激しい嵐だったかしら・・・

 大波が、波打ち際に小さな沼を作っていました。きっと・・・大きくて激しい波が何度も打ち寄せたのでしょう・・・

B0036010 

 砂浜にも風紋が・・・

 地球は生きている。動いている。

 襟裳岬。ここに来ると、地球上に同じものは何一つないとビジュアルに理解させてくれる。『これまで通り』などは・・・人間が作った幻想に過ぎないことをしっかり教えてくれる。そして・・・地球の摂理。このことを理解することが、安寧と繋がる唯一無二の方法だと教えてくれる場所。

B0036016090413

 そして・・・

 前日はウソのように穏やかだった海。夜が明けると・・・風速40メートル以上の暴風雨。すごい嵐だった!

 何かに怒っているような荒れ狂う海。この怒りを静めるものは何?誰?と想いながら、風雨にさらせれながらファインダーを覗いていた私でした。

B0036528090425

 激しく大きな波しぶきと強風がお互いに負けぬとばかりに競い合っている。

 襟裳岬におりなす表情は・・・私の想いと願いとは無関係に私の前に現れる。すばらしい大地。喜怒哀楽がハッキリしている大地。そうは思えませんか?

B0036536090425

 そして・・・6月29日~7月5日。過去最高の襟裳岬の西海岸・・・でした。

 先ずは・・・

 オレンジ色の花はエゾカンゾウくん、手前の白い花はセリ科のオオカサモチくん。どうです、この群落。すばらしいの一言です。エゾカンゾウくんのお花は一日で枯れてしまううですよ。ご存知でしたか?

Bf2b090629070405

 立て位置でも1枚。

Bf2b090629070408

 すばらしいです。ずーっとここにいたくなってしまいます(笑)。ここに腰をおろしているかぎり、全ては私のモノ・・・なんて気持ちになってしまうんです。だーれもいないってすばらしいデス。

 さらに・・・変わらぬモノは何1つないというエビデンスをお見せしましょう(笑)。真ん中に立っているのはアマニュウくんです。後ろは海。

B0257417090629

 次の瞬間はこうなります。

 背景が変わっていますね。そうなんです・・・地球は生きてるんですねえ。海のうねり、波とは地球の鼓動のように感じます。そんな場所です。

B0257418090629

 この時は黄金道路にある小さな集落。目黒の沢にも入ってみました。一転して・・・原生林の森、林。ホント様々な表情を感じ取るとこのできる大地なんです。

Bf2b0906290629

 さらに・・・7月3日。襟裳岬でのイベントの手伝いのために前日からここに入ったのでした。

Bf2b090629070409 

Bf2b090629070410

F2b090629070412

 いかがですか?運よくこの日は快晴でした。

 西海岸の中で一番大好きな場所があります。紹介しましょう。

 季節限定なんですが・・・エゾスカシユリくんの実に立派な株があって・・・頑張ってるんです。オレンジ色の花束のように見えませんか?地球からのプレゼントのように思えてなりません。今年も、蕾と花がしっかりあって・・・最高でした。

Bf2b090629070413

Bf2b090629070415

F2b090629070417

Bf2b090629070418

 どの角度から見ても・・・すばらしい。ずーっと、ここにいたかった(笑)。

 別の場所も・・・

Bf2b090629070426

Bf2b090629070428

 いかがでしょう?エゾカンゾウくんの大群!

 さらに・・・

Bf2b090629070432

 見事なり!

 とか言ってるうちにお日様は沈んでいきます。

Bf2b090629070433

 ふと後ろを振り返ると・・・

Bf2b090629070436

 お月さまが・・・沈み行くお日様の光の照らされて、セリ科のオオカサモチくんがほんのりとピンク色。陽と陰の交わる瞬間です。『すべての終わりは全ての始まりなり!』。漢方の基本です。

 夜が明けると・・・曇り。また別の表情を見せてくれます。

Bf2b09070604

 霧。翌日暖かった陽気は大気にたっぷりと水分を供給します。そして・・・冷えると・・・大気の水気が小さな水になって大地に戻ってくるのです。

Bf2b09070601

Bf2b09070603

Bf2b09070605

 植物たちの表情も・・・すっかり変わります。

 こんなミスト状の襟裳岬なのに・・・百人浜をこえて、黄金道路まで来ると、表情がまた変わります。こうです。

Bf2b09070615

Bf2b09070614

 もう何も語る必要はないですね(笑)。

 私はこの大地から勇気と元気をいただいているのです。

|

« 植物エネルギー 第401話 ~ FUJIFILMからデジタル写真集「植物エネルギー」が・・・&野口農園の野菜情報 ~ | トップページ | 植物エネルギー 第402話 ~ 旭岳2009 ・・ ポジフィルムVelvia 50の世界・・ ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第401話 ~ FUJIFILMからデジタル写真集「植物エネルギー」が・・・&野口農園の野菜情報 ~ | トップページ | 植物エネルギー 第402話 ~ 旭岳2009 ・・ ポジフィルムVelvia 50の世界・・ ~ »