« 植物エネルギー 第471話 ~ 北方系生態観察園の笹刈り & ふくろうの湯 ~ | トップページ | 植物エネルギー 第473話 ~ ポジフィルムに写る心の真② ~ »

2009年11月10日 (火)

植物エネルギー 第472話 ~ ポジフィルムに写る心の真① ~

 今年の8月以降に撮影したフィルムの整理を始めました。机の上に乱雑に乗っているスリーブが私の心を表していました。

 写真とは・・・すことです。とは・・・シャッターを押した・・その瞬間の自分の心の真ということです。

 私が、富士フイルム製の低感度ポジフィルムVelvia 50しか使わない理由・・・低感度フィルムで撮影すると・・・スローシャッターになってブレ易いからです。

 自分の心の中に負の感情があると・・・必ずブレます!なので・・・私自身の心のブレ心の元気度を自分の判断できるので・・・フィルム撮影を続けています。

 それと・・・その時写したモノの色で、勇気や元気を欲している。暑苦しい心を沈静化させたいと思っている・・・etc・・・、漢方でも色は、心の状態を理解するためにとても重要なんですよ。カラーセラピーだって・・・そうですね。

 そして何よりも・・・フィルムにその決定的な証拠が残る。消せない事実が残る。なので・・・何故ブレたのかを考え、振り返ることができる。私にとっては、とても大切なモノなんです。

 先ず、10月17日に恵庭渓谷、10月22日に北海道医療大学・北方系生態観察園で撮影したポジフィルムを現像されたもの(スリーブ)をご覧ください。使用カメラはニコンF6、レンズはTAMRON sp Di AF 180mm MACRO f 3.5です。

F60020s

 紅葉ばかりですね。このスリーブを見る限り、比較的心の元気度はまあまあってことなんですが・・・感覚的に「これだ!」って思える作品は無し・・で、Maxの状態ではないですね(笑)。この中で9作品を選んだのみです。絶好調の時には・・・36枚中30枚はヒットしてますから・・・フィルムNo15, 19, 24, 34, 35をご覧になってください。

 先ずは・・No15です。中央重点測光、絞りは3.5で解放、シャッタースピードは1/40です。

F6002015

 私は・・・どうしても見たいところだけ切り撮ってしまいます(笑)。気持ちは・・・Velvia 50に絵を描いているような感覚です。

次はNo19です。中央重点測光、絞りは3.5で解放、シャッタースピードは1/60です。

F6002019

 これはまあまあ気に入ってます。中央のやや黄色い一枚のヤマモミジくんの葉が他の赤いヤツの中で何かを語っているように思えたのでした。

 さらにNo24です。中央重点測光、絞りは3.5で解放、シャッタースピードは1/60です。

 これはハウチワカエデくんの赤です。支笏湖の国民休暇村で撮影しました。

F6002024

 この時、この瞬間の、この赤い色・・・・ファインダーの中が真っ赤!いやー心に沁みました。

 そして・・・No34は、北方系観察園のニシキギくんです。中央重点測光、絞りは6.3、シャッタースピードは1/20です。

F6002034

 ニシキギくんの果実の赤い輝き・・・すばらしいです。

 そして・・・その葉っぱくんの赤もどうぞ!No35です。中央重点測光、絞りは6.3、シャッタースピードは1/40です。

F6002035_2

ほんと・・・1年間お疲れさま!って感じですね。

 それにしても・・・私の心は赤い色を欲していました。勇気と元気が足りない証拠だったのでしょうね(笑)。

 ポジフィルムを使うと、こんな感じで過去を振り返り、自分と向き合うことができると、私は思っています。

 今は・・・きっとだいじょーぶですよ(笑)。で、またフィルムカメラをかついで、森の中へ入っていくのです。

|

« 植物エネルギー 第471話 ~ 北方系生態観察園の笹刈り & ふくろうの湯 ~ | トップページ | 植物エネルギー 第473話 ~ ポジフィルムに写る心の真② ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第471話 ~ 北方系生態観察園の笹刈り & ふくろうの湯 ~ | トップページ | 植物エネルギー 第473話 ~ ポジフィルムに写る心の真② ~ »