« 植物エネルギー 第476話 ~ ポジフィルムに写る心の真⑥ ~ | トップページ | 植物エネルギー 第478話 ~ 晩秋のステキなイベント ~ »

2009年11月13日 (金)

植物エネルギー 第477話 ~ ポジフィルムに写る心の真⑦ ~

『植物エネルギーをもらう撮影会』のお知らせ

日時: 2010年3月下旬~10月下旬まで

撮影会の回数: 最低月1回(春先は2回、申し込んでいただいた方たちの最も都合の良い日を伺って、Maxの人数がそろう日を撮影会にします。なので、植物たちが一番活発に成長する早春は最低2回ということにしました。その日来れなかった人のために予備日を設定します。)

費用: 1回につき1000円程度(確定しだいお知らせします)

使用機材: マクロレンズ付きフィルム一眼レフカメラ(但しカメラをお持ちでない方は無料でお貸しします。但し6台程度)、ポジフィルム、三脚もあればベスト

申し込み先: 北海道医療大学発ベンチャー企業 (株)植物エネルギー 堀田 清(Tell/Fax:0133-23-3792、E-mail: maruho@hoku-iryo-u.ac.jp)

定員: 講師は今のところ私一人ですので、申し訳ありませんが先着10名様とさせていただきます。

その他: 現像されてきたスリーブの1コマずつに、植物名を記載するサービスあり。新札幌サンピアザ(光の広場)で毎年2月末に開催している私が主催する写真展『植物エネルギー』にご自分の作品を出展していただこうと思っています。

 うれしいです。もうお二人の方が参加申し込みをしてくださいました。残り8名です。私がい愛する北海道医療大学・北方系生態観察園の森の元気を感じながら、植物たちより低い目線での撮影です。地面に腹ばいになって、北海道の大地の鼓動、波動を感じながら、地上で最もステキな植物たちの元気をいただく撮影会。私のオモシロトークもありかも(笑)ですよ。ぜひごいっしょしましょう。

 さて、今日は、キャノン社製のフィルム一眼レフカメラEOS-1vからいただいた植物たちの元気をご覧になってください。使用フィルムは、もちろんVelvia50です。

1

 秋終盤の森には・・・あまりステキな植物たちがいないのではないかしら・・・なんて思ってる方がいらっしゃるかもしれませんが・・・そんなことは全くないんですよ。

 もうお役御免になった広葉樹たちの落ち葉の中にだって・・・ステキな葉っぱがいるんです。

 太陽の光が当たるだけで・・・大地に還ろうとしている葉っぱも輝きをとり戻します。

 人間も同じなのでしょうね。自分が輝けると思った瞬間に輝いているのかもしけません。ただ・・・そう思った瞬間の自分の顔を自分で見ることができないので、それを確かめることができないだけなのでしょう。そんな時・・・地面に落ちている無数の枯れ葉の中の1枚にステキな輝きを見つけることができたら・・・自分をステキで輝いているとは思えませんか?

 この輝く葉っぱさんの名は・・・アズキナシくんです。

0036732

 春先は、こんな葉っぱさんなんですよ。

0255131

 この葉っぱさんの地面に落ちる前は、こんなんです。

0011913

 落ち葉の中にはまだまだ頑張って輝いてるヤツがいるんです。

 下左は・・・ヤマモミジくんでしょうか・・・

 下右は・・・ハウチワカエデくんです。

01af6001816 01b0036728

 さらに・・・葉っぱさんだけではないのですよ・・・

 先ほどご覧になっていただいたアズキナシの種!(下左)次の世代へ紡ぐ命の種・・・エネルギーを使って子孫を残しますが、地面に落ちた種うち発芽して、大きな木に成長できる種は本当にわずかなんですよ。植物たちはこうやって、地球を守っているんです。コケの上に落ちたこの真っ赤な種の行く末はどうなるんだろうなあ~・・・と思いながらシャッターを押す私です。

 そして下右の写真は・・・これ・・・お花ではないのですよ。キノコくんです。ツチグリくんたちの仲間であることは分りますが、正式なお名前はまだ知りません。これからの修行の1つです。

02a0036724 02b0259633

 最後は・・・ツクバネソウくんの果実と、果実を乗せている台座の輝き!デス

03a0259625 03b

 結局、ニコンF6で撮ろうが、キャノンEOS-1vで撮ろうが、私にはあまりこだわりは無いです。ただ・・・修行を始めたカメラはEOS-1vなので、愛着はこちらの方がたくさんありますね(笑)。

そうそう・・・1980年代のフィルム一眼レフカメラも使っているんですよ。お気に入りは、ニコンF2フォトミック(ブラック)に広角レンズの24mm (f 2.8)をつけて、風景を気軽に撮影しています。このカメラは、大学に入って以来、ずーっと私を本当かわいがってくださった、故縣功先生の形見分けなんですが・・・私の心の波動と完全マッチングするカメラでいつも持ち歩いています。昔のカメラには、カメラを作った方の熱い想いが入っているんですよね。壊れないように、何十年も使えるように・・・そんな愛がいーっぱい詰まっているのが解ります。ニコンF6やキャノンEOS-1vよりもステキな波動が伝わってくるのです。

 で、ニコンF2フォトミック(ブラック)で撮影したスリーブをご覧になってください。

F2black091017s

 全く問題ないですね(笑)。というか・・・ステキな露出です。

10月10日、円山公園内で開催された富士フイルム主催の撮影会の時に撮った作品から・・・

F2black09101705

 私は・・・木々たちの葉っぱが太陽の光を浴びて様々な色の光の下にいるのがとても好きなんです。だまーって見ていると・・・この葉っぱたち1枚1枚がそれぞれに様々な生命活動をしていることが想像できます。化学的な反応もたーくさん起こっているんですよね。緑色はポルフィリン骨格の中にマグネシウムイオンがキレートして緑色になってるんだ、葉っぱの細胞の1つ1つのミトコンドリア内では、この瞬間に解糖系、TCA-cycle、電子伝達系のシステムがフル回転して、化学エネルギー源ATPを産生している・・・etc・・・

 なのに・・・目から入ってくる眩いばかりの光は・・・意味なくすばらしい!ただすばらしいと感じさせてくれる!そう思ってシャッターを押すのでした。

 

 そして・・・、恵庭渓谷で見た紅葉途中のヤマモミジくんです。

F2black09101724

 さらに・・・

F2black09101725

 と・・・

F2black09101722

 朝早く・・・この場所にいるのは、私だけ!なんか・・・一瞬間だけ、地球全てが私のモノになった感があって・・・滝の流れ落ちる音で現世に戻ってきます。

 支笏湖の向こうの恵庭岳だって・・・絵画になっちゃいます。

F2black09101727s

 最後は、10月17日に名寄まで行ったときに撮影しました。

 いつもの場所から・・・朱鞠内湖です。

F2black09101733s   

|

« 植物エネルギー 第476話 ~ ポジフィルムに写る心の真⑥ ~ | トップページ | 植物エネルギー 第478話 ~ 晩秋のステキなイベント ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物エネルギー 第476話 ~ ポジフィルムに写る心の真⑥ ~ | トップページ | 植物エネルギー 第478話 ~ 晩秋のステキなイベント ~ »