« 1104話 ~11月22日、朝!~ | トップページ | 1106話 ~ニコンF6 &Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!ツルウメモドキくん! »

2010年11月22日 (月)

1105話 ~ニコンF6 &Velvia50に写った襟裳岬の赤い朝!

 11月7日朝早く、襟裳岬の一番先っぽから見た昇る朝日をどうぞ!

F6006910110607pvr

 弱々しい赤い光です。今いる世界がみーんなセピア色!

 晩秋の、初冬?の太陽の光をこんなに確かに感じたことはなかった。

 太陽に照らされた海の色も・・

F600691011060736_2

 いや~・・・、沁みてきます。この秋、沁みてくる色を欲してるようです(笑)。何が沁みてくるんだろな???

 今持っている言葉で表現すると・・・「しみじみ」としか言えない。何なんでしょ(笑)。

 この時期の太陽は、実にゆっくりと昇ってくるんですね。気がつかなかったデス。

 なので、たーくさん撮らせていただきましたよ。

F600691011060731

F600691011060733

 Nikon F6 とポジフィルムVelvia50に写しだされるこの色は、私自身が欲している色空間です。

 うっとり、まったり、ぱったり(笑)。

 この8年間で、愛してるものが無限大に増えた。というよりも愛しているものがたーくさんあったんだと気がついた。でもって、北海道の大地に愛されてる証拠がポジフィルムVelvia50にちゃんと作品として残されてます。全て私の宝物です。

 昔のポジフィルムをライトボックスの上に乗せ、拡大鏡で覗き込む。そこには、私だけが残した、たーくさんの想いと言葉も写っている。すばらしいです!

 それに・・・その時の確かな想いも、このブログにちゃんと残されている。ステキだと感じた瞬間を能動的にフィルムカメラのシャッターを押し、その時思ったことの真を、ちゃんと言葉で綴る。そんなことの繰り返しが、いつの間にか1105話のブログになってしまった。

 ただステキなモノに反応し、シャッターを押し続ける。自分のことを、自分でをほめるためにずーっと撮り続けてきた。他の誰かに評価されたり、褒められるための写真では決してなかったが、今はたーくさんの人が褒めてくれる。今は、それもまた素直に受け取ることができる。でも、それは私にとって一番大切なことではないことも今日のブログに書きとめておこう!あくまでもグリコのオマケとして、いただくものです。だから、オマケのためにキャラメルを捨てるようなことは、決してしない!

 私のとってグリコのキャラメル本体は、心の中にいつも変わらずあるものです。私がステキだと思えるものをVelvia50で撮り続けていくということ!たぶん終生変わらぬことの1つだと思う。

|

« 1104話 ~11月22日、朝!~ | トップページ | 1106話 ~ニコンF6 &Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!ツルウメモドキくん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1104話 ~11月22日、朝!~ | トップページ | 1106話 ~ニコンF6 &Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!ツルウメモドキくん! »