« 1315話 ~ 乾燥ダイコン葉エキス入りセッケン「すずしろの花」 ~ | トップページ | 1317話 ~ CANON系マクロレンズ ~ »

2011年2月25日 (金)

1316話 ~ 今日の気分はVelvia50に写ったプリムラ!ソラチコザクラさん&ヒダカイワザクラ~

 昨晩、札幌市北区にあるカメラ屋さん、パラダイスさんに富士フイルム社製ポジフィルムVelvia50を110本注文してきました。手持ちのフィルムが底を尽きかけていたところ、池原社長よりお電話をいただき、「フィルムキャンペン中につきお安くなってます!」。友人二人に話したところ皆欲しいとのことで、私が110本の注文になってしまいました。私のブログユーザーさんで、ポジフィルムVelvia50ユーザーさん、かなりお得ですので、興味のある方は、ぜひパラダイスさんに連絡してみてください(電話:011-727-4111)。
 さて、今週もまたあっと言う間に過ぎていきます。昨日、ちょいとしたことがあって、気持ちは少しブルーです(笑)。今日の朝、私の心が欲していたのは北海道に息づくプリムラさんのピンク色でした。
 昔、Velvia50で撮影した北海道の固有種、ソラチコザクラさんとヒダカイワザクラさんのスリーブをライトボックスの上乗っけて拡大鏡で眺めていたら、心のブルーはどこかへ吹き飛んでしまいました。
 お裾分けをさせていただきますね。先ずはソラチコザクラさんから・・・
F30629
 何回かお見せした作品ですが、何回見てもステキです。
 学名はPurimura
プリムラ sorachiana(ソラチアーナ)といいます。日高山系、夕張山系の岩壁に生きる固有種です。
 写真は、2008年5月25日、浦河町で撮影したものです。背丈は3~10センチほどの小さな多年草で、岩壁一面に咲き乱れる様は、圧巻です。北海道の大地が創造したピンク色の天然ロックガーデンと言えましょう。
 温かい春風を肌で感じながら、雪融け後で増水した渓流の音を聴きながら一人地面に座り込んで、岩壁を見上げていると、地球レベルで感動とう名の心のエネルギーが沁みこんでくるのが分かります。
 昨日ブルーな気持ちになったのは、とある人が「研究というのは、誰しもが分かるように、数値化し目に見えるようにしなければいけない!」と言われ、「この人も病んでるなぁ~」と思ってしまったのが原因でした。目に見えるものしか信じないとこの人は言っているのです。それは、オールドタイプの研究者なのでしょう。
 そんな波動を感じてしまったのでね。哀しいひとだなぁ~って思ったのがブルー化の原因でした。
 ソラチコザクラさんのピンク色は、そんな気持ちをも吹き飛ばしてしまったのでした。
 もう1枚お見せしましょう。
0036508
 良いですねぇ~、すばらしいデス。今年は会いにいけるかしら・・・・
 そうそう、明日発売のMyLoFEには、ソラチコザクラさんのエッセイが掲載されます。良かったら買ってあげてくださいませ。あっ、それから、MyLoFE編集部から連絡があって、2011年度も私の植物エッセイを掲載したとのオファーがありました。今回が最後だと思っていたのでね、すごくうれしかったです。担当の方のお話では、「先生の写真は、とても温かく、文章もホッコリしてるのでまたお願いします」ということでした。「ほっこり!」ですか・・・(笑)。MyLoFE、よろしくお願いします!
 さて、お次は、ヒダカイワザクラさんです。
学名はPurimuraプリムラ hidakana(ヒダカーナ)といいます。日高山脈の岩壁にだけ生きる固有種です。
0121535s
 私が一番大好きなプリムラさんです。なんてたって、葉っぱがすばらしいです。モミジの葉っぱみたいでしょ。
 もう1枚いきましょ。
0121709
 「生きる!」が伝わってきませんか?
 この2枚は、襟裳岬周辺で撮影したものですが・・・、道端にこんなのがいるんですよ。
 もう1枚。
Img_9239
 これは、昨年、アポイ岳の8合目で撮影したものですが、すばらしいですね。
 

|

« 1315話 ~ 乾燥ダイコン葉エキス入りセッケン「すずしろの花」 ~ | トップページ | 1317話 ~ CANON系マクロレンズ ~ »