« 1391話 ~ ニコンF6 & Velvia50に写った福寿草の元気! ~ | トップページ | 1393話 ~ ニコンF6 & Velvia50に写った襟裳岬の元気! ~ »

2011年3月31日 (木)

1392話 ~ 速報!放射性物質飛散シミュレーションマップ 発見!~

 速報です。
 先ほど原子力安全委員会(名称だけはりっぱじゃのー)のホームペーシから『緊急時迅速放射能予想ネットワークシステム(SPEEDI)の試算』といサイトを見つけました(
こちらをクリック)  SPEEDI。なんでも国税7億円を使って開発したんだそうですが・・・ 上のサイトをご覧あれ!
 一部抜粋しますね。
03
 3月12日~3月24日までの飛散状況ですが・・・、同心円状に飛散してるわけではないですよ!
 どうなってんだ????
 政府は、20キロの同心円状の地域の避難(それも自主的)をさせてますが、この状況だと、逃げた先が元いた場所よりも汚染されてる可能性があるではないですか。どーなってんの???
 さらに、このサイトの文言がすばらしい!
02

 おいおいって感じでですね。国と地方公共団体向けに開発したのかよ? 一般人向けではないってこと?公官庁にいる人間って、一般人よりもはるかに賢くて、誠実で、勇気があって、愛があって、正義感があるってこと?

 庶民をなめんなよ(怒)

 お上に任せとけって言わんばかりですね(笑)。でもさ、官房長官の枝野さんって名前だっけ?自分の言ってることが二転三転してるのに、「申し訳なかったです」、「これまで言ったことは間違いでした。スミマセン。」って一言も発してないけど・・・、本当に賢くて、誠実なのかしら?当初は、「念のため、3キロ圏内の人を避難させます」って言ってましたよ。あのね、念のためってのはさ、大局的にほとんど大丈夫な時に使う単語だよね。大局的に超危険な時に使う言葉では決してないよね。分かってんのかなー。

 あんたを信じて何人が被爆したかも言ってほしいもんだ。ちゃんと責任とんないと・・・、もっとひどいウソを言わなきゃならなくなるんだよ。ってことが分かってるのかしら? 本当に賢いのか????

 これって・・・、もう言葉が出なくなってきました。

 私のブログユーザーさん、ご自身で何か言葉を語ってください!そろそろ誰を信じていいのか判断しても良い時がきてるんじゃーないかな。

 太平洋戦争の時に、大本営ってやつは、B29が本土を爆撃していても「大丈夫!」って最後まで言ってましたよね。まあ、言ってる本人は「大丈夫!」だって信じてるから言ってるんだろうけど、民にそれを押し付けるなって!メディアを使ってさ!いつの時代も、誠実で正直な人が一番最初に犠牲になるんですからね。知ってのかな?

 これ以上書くと怒りエネルギーが爆発しそうなので、やめときますね(笑)。

 色々調べるてみると・・・、ドイツやフランスでは、何にも前から、その日の風向きえを予想し、飛散マップを全世界に公開してました。で、日本では、それをやれたはずなのに、ドイツやフランスの後に、公開。本当は公開したくなっかたけど、ドイツやフランスが公開したので、このままでは怒られるかもしれないと・・・人々に思わせるような結果です。やあびっくり!
 で、私はこれから毎日ドイツのシミュレーションマップを見ることにします。だって、風向きによっては、北海道だって影響を受けるんですよ!
 ドイツの放射能飛散予想マップをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください ⇒ シュピーゲル
 一部抜粋しましょう。
04_2
 3月30日、午前3時に飛散状況です。
 これじゃー海も汚染されますよね。

 今ドイツ気象局(DWD)の粒子飛散シミュレーション予測が画像化されてます。

 こちらをクリックしてください ⇒ ドイツ気象局(DWD) 日本語版です。

 これは風向によるシミュレーションですので、濃度は分からないようですが・・・

 3月31日の18:00、4月1日の00:00、4月1日の06:00の予想です(時刻は、世界標準時ですのでね、9時間足し算してください)。

01_2

02_2

03_2

 北海道にも来る!微量かもしれないけど来る!

 為政者さん、東電さん、メディアに出てくる教授様、これにはなんて答えるの?いつも通り、他の国から何か言われるまで無視ですか(笑)? まるで悪さをして親に怒られるまで縮こまっている子供みたいだな(笑)。

 フランスやドイツの人たちは、日本人向けに、情報が少ないことを憂いて、わざわざ日本語版にしてネットに掲載してくれるなんて、ありがたいことですね。本来は、日本のトップが世界中に向けて発信しなければばらないことのように思うのは私だけ?

 さて、あなたは何を信じます?それが問われている今回の重大事故です。何を信じても自己責任です。自分が決めたことですから、後で恨み言を言う事なかれ!

 肩書ある人たちは・・・「ネット状にはデマがたくさんだ!」と言い切ってますが・・・確かにそんなサイトもあるでしょう?、しかして、国民に本当のことを伝えていないのはどっちでしょうね?
 こうなれば、ドイツ、フランスにもエールを送ちゃいましょうかね(笑)。
 きっと後日、為政者さんたちは『いらぬ混乱を避けるため』とか、メディアにたびたび登場する政府系研究者は『この程度の放射線量では、人体に影響はない』と繰り言のように言うでしょうが・・・
 私は知ってますよ。大学の教授さんたちは、自分の勉強をする時間のないことを・・・、会議ばっかりでしょ(笑)。本当に勉強してるの???
 いずれにしても、「原子力発電所、もしくは使用済み核燃料から放射性物質が飛散してる」ってことが大問題なんだよ(怒)!民が混乱するのは当たり前だろ!今この瞬間にも放射性物質の危険にさらされてる人たちがいるんだ。そんなに問題ないっていうのなら、このマップを見て現地に1ケ月ほど滞在して見せてくれ!そしたら、皆信用するさ(笑)。
 多くの国民は気づき始めてます。彼らが、ウソは言っていないが、一番大切な本当のことを言ってないことを・・・。
 口だけではなく、その言葉通り実践して見せてくれ。そしたら国民の混乱、不安は治まるでしょう!頼むよ!

 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)がすばらしいメッセージを発信してくださっています。これからの日本のこととか・・・、人類愛に基づいたフランスの行動です。ぜひ見てください。

 なんてって、フランス語を日本語に訳してPDF版でホームページにアップしてるんですよ。

 こちらをクリック ⇒ フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)

 このサイトの中のDocument in Japanease (PDF files):・・・の( こちらをクリック)『3月21日より福島第1原子炉から放出された放射能雲大気中拡散シミュレーション』を一部抜粋しましょう。

04_3

 地球レベルの愛がなければ、こんなことはしませんね。すばらしい国です。住みたくなっちゃう!

 福島第1原子力発電所の事故は、もはや日本だけの問題ではなさそうです。地球レベルの事故として考えている国々がたーくさんあるということですね。

 ですから、もはや、日本人一人一人が「俺、私、知らない!」では済まされないということです。知らなければならない第1優先事項だと思います。

 もう1つフランスのIRSNが出している放射性物質拡散マップをシミュレーションしたサイトがあります。こちらをクリックしてみてください  IRSNの放射性物質拡散マップ

 3月19日のセシウム137の拡散具合ですが・・・

2

 かなり濃いセシウム137が風に乗って、私の大好きな襟裳岬まで届いてる!!!!!

 これって、完全に原子炉、もしくは使用済み核燃料から飛散し続けてるってことでしょ!!!違うのかな~(汗)

 日本版以外にも世界規模での拡散シミュレーションマップがあって・・・、全世界に拡散し続けてるようです。

 政府の方々、東電の方々、それからメディアに登場する研究者さんたち、フランスやドイツの人たちに、世界中の人たち向かって日本人に話す同じことを、胸をはって『科学的根拠がちゃんとありますので大丈夫です。目下のところ問題はありません!』と言って見せてくださいな!そしたら全面的にあなたたちを信用しましょう!

 色々と調べると、真実が見えてきます!

 『自分の身は最大限自分で守る!』。だから事実をたくさん知ろうとする。こうでなくては、ね(笑)。

 それにしても・・・、フランスもドイツも、日本人の政府、東電、メディアに登場して本当のことを言わない教授様たちよりもずーっと日本人のことを本気で心配してくれてるってことでしょうか??

 少なくとも私は、そう感じてしまいます。

|

« 1391話 ~ ニコンF6 & Velvia50に写った福寿草の元気! ~ | トップページ | 1393話 ~ ニコンF6 & Velvia50に写った襟裳岬の元気! ~ »