« 1557話 ~6月5日は 第3回漢方・薬用植物研究講座です。 ~ | トップページ | 1559話 ~日本薬学会のファルマシアに大雪山旭岳のチングルマたちが! ~ »

2011年6月 3日 (金)

1558話 ~ 『自然と調和する』は羽団扇楓物語で! ~

 心身一如』は漢方の基本です。
 自然と調和するは、病気予防の基本。で、四季を通して旬の感動が心を元気にして身体も健康になる。これは摂理です。
 で、森の四季も良いですが・・・、地球上にいる植物たち全てにも『
生まれ』、『成長し』、『ある時点で転換期を迎え』そして『収束』するのです。言い換えるならば、あらゆる植物たちには四季があるってことなんですが・・・
 羽団扇楓(ハウチワカエデ)の四季を例に挙げてビジュアル化してみましょう。
08

 先ずは、昨年の晩秋から・・・

09

 1年のお仕事をした葉っぱも枯れちゃって・・・、でも来年芽吹く冬芽もしっかり!

 この赤い冬芽は冬の弱い太陽の光エネルギーも吸収するために赤いのだと思います。

 極寒の2月もまたVサインで元気!

10

 4月下旬になると、この赤い冬芽から元気溢れる新芽になって、5月中旬にはもう葉っぱと真っ赤な蕾が・・・

 そして・・・

11

 次世代の遺伝子を残すために花を咲かせます。

 そして、6月上旬には・・・

12

 種になって、あとは夏過ぎまで熟成の期間!

 最後は、風に乗って地面に舞い降ります!

 全ての植物たちは同じ営みをしています。

 そして、羽団扇楓くんの木そのものにも、いつかは収束がやってきて、地球の土に還るのです。

 1つの植物の一生を見続けるは、自然と調和することです。

 植物たちの一生を見続けているうちに・・・、地球の魂みたいなものが私の心に宿りました。

 摂理!

 

|

« 1557話 ~6月5日は 第3回漢方・薬用植物研究講座です。 ~ | トップページ | 1559話 ~日本薬学会のファルマシアに大雪山旭岳のチングルマたちが! ~ »