« 1646話 ~ 7月16日、天馬街道から十勝に入る!~ | トップページ | 1648話 ~ 生命力に溢れる黄金道路に生きるミヤマトウキたち!~ »

2011年7月24日 (日)

1647話 ~ 7月16日、湧洞原生花園の植物エネルギー!~

 十勝に入って、先ずは広尾町へ。ホテル大宝さんに行って最後の打ち合わせをした後は、中札内村へ向かって、虫類村、湧洞原生花園、広尾町へ。
 翌日、皆を乗せてくるバスが運行表の時間通りにいくのかどうかの最終チェック。時速60~70キロで車を走らせます。
 で、湧洞原生花園までは予定通り。
 で、翌日の植物観察会の下見です。
10_2
 雨の湧洞原生花園。
11_2
 散策コースは上の写真の道の向こうから、ここまで歩くのが予定だったのですが、実際は、道半ばで時間切れになってしまいました。
 ですので、この高台付近の植物エネルギーをご覧になってください。
 先ずは、この高台に登る道の道端には・・・
12_2

13_2
14_2
 咲いたばかりのムシャリンドウさんたちでいっぱいだったんです。
 お次は・・・
15_3
 上左は、たぶんシベリアシオガマくんでしょう。上右がシオガマギクさんです。梅沢さんの図鑑によると、シオガマギクは変異が激しいとのことのようで、1株1株形態が違うように見えます。
 さらに・・・
16_2
 エゾノカワラマツバくん(上左)とアキカラマツくんの蕾(上右)。
 まだまだいきましょう。
17_2
 ブッシュの中には、旬のシュロソウくんがいっぱいでした。ただ・・・蚊の大群に襲われましたけど(笑)。
 そして・・・
18
 いつも笑わしてくれるウツボグサくん(上左)と、ステキな蕾のエゾフウロさん(上右)。
19
 最後は、オミナエシさん(上左)とナワシロイチゴくん(上右)。
 こんな植物たちでいっぱいだったんです。
20
 いつもまったりした湧洞沼。
21
 終盤を迎えたセリ科のオオカサモチくんたちの間から、旬のエゾノヨトイグサくんたちが・・・
 生命力に満ち溢れた大地なり!

|

« 1646話 ~ 7月16日、天馬街道から十勝に入る!~ | トップページ | 1648話 ~ 生命力に溢れる黄金道路に生きるミヤマトウキたち!~ »