« 1681話 ~ 北大雪平山のタカネシオガマさんたち! ~ | トップページ | 1683話 ~ 幌加内蕎麦で決まりです(笑)! ~ »

2011年8月 4日 (木)

1682話 ~ 美深町、仁宇布地区の口からの感動! ~

 松山湿原の植物調査をして、ヘロヘロになった身体を元気にしてくれるモノがあります。
05_2
 深い山林のをぬけて零れ出てくる冷たいお水なり!
 私も色々なところで名水と言われるものを飲ませていただきましたが・・・、これまでのMaxです。電気を使わないすばらしい大地の恵みです。結局美味しい空気と水さえあれば・・・、それでけで幸せ!っていう人間の原点に戻れるのも松山湿原の特徴かもしれませんね。
 最近は、良く来るので、いつも18リットルほどタンクに入れ、大学に持ち帰って大切に飲んでます(笑)。
 水も空気も食べ物も・・・、再生し続ける私の細胞1つ1つの原料になるわけですからね。私が考え、出来得るThe Maxを供給し続けてあげたいと思っています。

 そして・・・、松山湿原の近くに、仁宇布という集落があります。旧国鉄美幸線の駅舎を使ったトロッコ王国なんて、すばらしい施設もあるのですが・・・
 ここに羊1000頭ほどを飼う松山農場さんがが経営するファームイン トントが白樺林の中にあります。
01_3
 以前のブログでもお話しましたが、羊料理が絶品です。松山湿原から下りてきて、疲れた体を癒してくれるものがあります。
02_3
 冷たいアイスクリームと・・・
04_2
 ヨーグルト・・・・
 心地よい汗をかいた後、疲れた体に、口から入ってくる全てのモノが宝物です。
 そしてまた・・・、明日を元気に生きる!

 まあ、この繰り返しの先に何があるのか・・・、やっぱ見てみたいですね!
 ヨーグルトは絶品!

|

« 1681話 ~ 北大雪平山のタカネシオガマさんたち! ~ | トップページ | 1683話 ~ 幌加内蕎麦で決まりです(笑)! ~ »