« 1688話 ~ 死の灰(放射性物質)による海洋汚染 ~ | トップページ | 1690話 ~ 松山湿原に生きる小さな植物さんの大きなエネルギー、白老繁縷さん&蟻通欄さん! ~ »

2011年8月 7日 (日)

1689話 ~ 松山湿原に生きる蝦夷紫陽花(エゾアジサイ)さんたちの元気! ~

 さてさて、日本人の多くは『何かあったらどーする?』をいつも心の中に抱えたまま生きてるように思えます。もちろん私もそうですがね(笑)。
 
何かあったら・・・』の何かあったらの部分って具体的に考えたことがありますか?
 
何かあったらどーする?』が、心の中に滞留する時間が長ければ長いほど、心が弱くなると思えません(笑)? 
 いったい
何が起こると困るのかしら?
 私も考えますが、最近は長くても10秒ほどでしょうね(笑)。「
一生懸命生きたら何か起こるに決まってるだろ。当たり前のことだ!」では・・・「何も起こらない人生をお前は選ぶのか?」と私の心の中の奥底から声をかけてくるのですね。何かを考え、新しい何かを見つけようとすれば、イイ事も、悪いことも、両方が起こるに決まってる。でも、一度決めたことをやり通して、それが地球の摂理にかなっているならば、いつか必ず全てがイイ事になるんですね(笑)。最初からイイ事だけ欲しいなんてのは、それは傲慢というのでしょう。
 
何かステキな事を見つけるためには感性&知識が必須!そしてその両方は、全ての人に元来備わっているものなんだなぁ~と思えるようになりましたね(笑)。
 さて、8月2、3日に松山湿原に行きましたが、そこでいただいた素晴らしい植物エネルギーの全てをアップします。
 松山湿原に生きる
蝦夷紫陽花(エゾアジサイ)さんです。
01
02

03
 いやー、実にすばらしい!
 登山口から9合目まで、登山道の両脇にずーっといるんですね。
 ここの蝦夷紫陽花さんは、色が濃い上に、色々なヤツがいるんでね、すばらしいと感じるのです。
04
 本州の方ではガクアジサイとも呼ばれるのでしょうか?
 本当にガク片がたーくさんついてるヤツもいるんです。お花は、真ん中に小さくたくさん咲くんですね。
05
06
 真横から撮らせてもらうと、お花がはっきり分かります。
07
 私はお花が咲く直前の蕾を持った蝦夷紫陽花さんが大好きです。
08
 蕾とガク(上左)。それに何輪か咲いたお花とガク(上右)ですね。
 こんな瞬間に出会えたのは、本当にラッキーです。
09

 ガクがとても大きくて蕾よりも主張してますね(上左)と、なんとも言えない造形美(上右)。
 すばらしい1株に声をかけられてしまいました。
13
 ガク片も徐々に色づいていくのですね(笑)。
10
 朝の太陽に照らされた蝦夷紫陽花さんたち。どんどん森の元気が沁みこんできます。
 光に照らされた蝦夷紫陽花さんは、さらにその素晴らしさをアップさせます。
11
 これは、またなんとガク片の部分が小さいのでしょう。蝦夷紫陽花と一言で言っても、実に様々なんですね。人間と全く同じです。
14

15

16
 旬の植物エネルギーは、最高です。極上の元気と勇気がファインダー越しに飛び込んでくるのです。
17
 なんとまあ、ピンク色のもいました(笑)。
 でもこの日一番笑わせてくれた1株は、これでした。
18
 大きなガク片4枚だけで、長方形!!!!
 以前からマークしてたんですがね・・・、「こいつ、いつ丸くなんだろ???」。で、結局、長方形のまま!!!
19
 
森の蟹座星雲って名づけちゃいました。
 しかし・・・、森の中で大笑いさせてくれる植物さんて、大好きさ!これで2回目ですね。
 さてさて、今度出版することになっている植物写真エッセイは、同じ植物さんの色々な姿を出したいです。
 全ての作品に私の想いが言葉となって誰かに何かが伝わるといいなぁ~


|

« 1688話 ~ 死の灰(放射性物質)による海洋汚染 ~ | トップページ | 1690話 ~ 松山湿原に生きる小さな植物さんの大きなエネルギー、白老繁縷さん&蟻通欄さん! ~ »