« 1745話 ~ 9月3日、4日の松山湿原の植物エネルギー! ~ | トップページ | 1747話 ~ 全国の食品放射能検査データ発見! ~ »

2011年9月 6日 (火)

1746話 ~ 9月3日、食物エネルギー調達 from 野口農園! ~

 美深町からの帰りに、当別町中小屋にある私のかかりつけ農家さんの野口農園さんで、食物エネルギー(植物エネルギーでもありますが)を大量に分けていただきました。
 先ずは、超お勧めの限定植物エネルギーから!
01
 超絶品!
 この言葉しか見つかりませぬ(笑)。
 私は、枝豆にもこだわっていて、これまでの最高は、新潟で食べた茶豆!茹であがった後の香りがすばらしい!
 しかし・・・、なんという品種か忘れちゃいましたが・・・、野口さん家の枝豆は、それをしのぐ美味しさでした。すばらしい!
 枝豆の美味しさのエビデンスです。それは・・・、ついつい、茹で上げた枝豆全てを食べてしまうかどうか!
 まるで、カッパエビセンのように(笑)!
 さらに、塩にもこだわってますので(かなりまえに、貫田シェフに教えてもらったんです)、その美味しい塩と、この枝豆のコラボは最高です。ちなみに、昨日と今朝の朝食は、枝豆さんでした。ステキな枝豆はマメな男を作り上げる。なんてね(笑)。これからは、
ビーンズ堀田と呼んでくださいませ(笑)。
 今月の「イチオシ!」。
 で、お次は・・・
02
 数量限定!
 私は、野口さん家とお付き合いさせていただいてから、他のニンニクを食べることができなくなってしまいました。
 上の写真は、1年分のニンニク(2Kg)です。冷凍させ・・・
 さらに、トマトも1年分分けていただき(何十個かな???)、-25℃の冷凍庫で凍らせて、来年6月まで、パスタ、
03
シチュー、カレーなどにして食べ続けます(笑)。真冬の植物エネルギーです!
 そして・・・
04
 小さいけれど、美味しが凝縮されたボッチャンカボチャ!
 野口家直伝の食べ方を、そっとお伝えしちゃいます。
 先ずは、ヘタを果物ナイフを使って、鍋蓋のようにくり抜きます。でもって、中の種を小さなスプーンで取り除き、空洞にします。その中に、キャベツの千切り、北海道産のチーズを詰め込み。
、マヨネーズとお塩で味付け、そして、最初にくり抜いたヘタを蓋にして、レンジでチンします(8分くらい)。で、終了!
 まあ食べてみてください!
 今年は、美深町産のカボチャも手に入れ、下川町の美味しいウドンを入手して、堀田式薬膳ほうとう鍋、うどんに挑戦してみるつもりです。具材は全て北海道産にしようかと思ってます(笑)。
 さて最後です。
06
 イイ感じで育ってますね。野口さんのお話によると、稲刈りは9月下旬ころになりそうとのことでした。

 お気づきの方がいらっしゃるのではないかと思いますが、野口さん家の田んぼは段々畑なんですよ。今時珍しいでしょ!

 野口さん家の農作物の美味しい理由の1つは・・・、これだと思ってます。
05
 お水も
地産地消
 野口さん家の田んぼ、畑に使う水は、用水路を使って運ばれた、ずーっと遠く場所に流れる水ではなく、ご自分の山(森林が豊富)から湧き出てくるお水をためて使っているのですね。
 ピンクの矢印が、あまった水を小川に流しているのですが・・・、ミネラルたっぷり!

 そして、もちろん、ご自分育てている農作物に対する愛情の、研究心。これも見逃せませんね(笑)。

|

« 1745話 ~ 9月3日、4日の松山湿原の植物エネルギー! ~ | トップページ | 1747話 ~ 全国の食品放射能検査データ発見! ~ »