« 2554話 ~ 7月7日に咲く襟裳岬のチシマセンブリさん! ~ | トップページ | 2556話 ~7月7日の襟裳岬④! ~ »

2012年7月11日 (水)

2555話 ~ 線量計は毎時0.05μSv! ~

 タイトル通りです。
 常に線量計を持ち歩いていることは以前のブログでお伝えした通りです。
 
空間線量が高い=内部被爆の可能性が上がる!ということは誰にでもわかることですよね。
 私は54歳!なので、放射能に対する感受性は若い人たちよりも低く、彼らよりも『
ただちに影響はない(笑)』のですが・・・、だから全てを安易にするというわけにはいきませんね(笑)。
 何故なら・・・、知らなかったとはいえ、何十年にもわたり原子力発電所の生み出す電気を湯水のように使ってきたのですから・・・。今回の福島原発事故の責任を受け持たざるを得ない大人の一人であることは間違いないのですね(笑)。なので、これからの時代を作る私よりも若い人たちに、何かステキなことを残していく責務があると思っています。
 で、線量計を持ち歩いているのもその一環なのですね(笑)。
 いつも訪れる町の決まった場所で測定し続けています。
 何か変わったことがあれば・・・、すぐに対応できるようにしているのです。

 そして、昨年の3月11日以降、私が最も気にし続けてきたのが太平洋の放射能汚染なのです。色々調べてます。
 なにせ私は魚介類がことのほか大好きなんでね(涙)。
 で、波打ち際、打ち上げられた海草などには放射性物質がたまりやすいので、調べているのですね。
 今回もとある町の海岸で・・・
Dsc01725
 毎時0.05μSv!過去最低の値です(笑)。
 ちなみに私のオフィスの中は、
毎時0.1μSv!
 花崗岩の多いコンクリート製の建物は自然放射線が高いのさ(笑)。


 ということで、これからも続けていくつもりです。

 化学を少しでも学んだ者が『このくらいの放射線は大したことはない!』と言うは・・、謙虚さのかけらもない、たぶん奢りでしょう!

 放射性物質は人間が作り出した地球上で最強最悪の毒物なのです。それも『
ただちに影響はない』が・・・、遅延性の毒!
 サリン事件のように『
ただちに影響ある』毒物なら、誰がやったかを責任追及できますが・・・

 遅延性だから・・・・、無知なる者のせいにできる毒物でもあり、科学的根拠を出しにくい毒物、
肩書ある者たちが責任逃れのできる毒物でもあるのです。だから、最強最悪の毒なのです。

 これからは国民一人一人が線量計を持ち歩かなければならない時代なのかもしれません。

 だって、国、政府は正確なデーターを提示しないのですから・・・

 

|

« 2554話 ~ 7月7日に咲く襟裳岬のチシマセンブリさん! ~ | トップページ | 2556話 ~7月7日の襟裳岬④! ~ »