« 2555話 ~ 線量計は毎時0.05μSv! ~ | トップページ | 2557話 ~7月7日のアポイ岳①! ~ »

2012年7月11日 (水)

2556話 ~7月7日の襟裳岬④! ~

 ということで、地球上に形ある者として存在しているうちに、ほとんど電気を使わなくても心豊かに生活できる場所を築きたいものです。それが私の今の一番の夢!
 『
為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人のはかなき。』(武田信玄)
 このフレーズは18歳の時から心の奥深くに刻んでいます(笑)。そして今・・・今世でだめなら来世、来世でだめならさ来世!くらいの感覚で、急がず、慌てず、惑わず、畏れず!に歩いて行けば良いのですね。
 だって・・・、それが地球が望んでいることだからです!

 で、その勇気と元気をもらえる場所が北海道の大地!『
天空の気』であり『大地の気』なのです!
 漢方の理論は・・・、たぶん地球レベルで正しいと思ってますよ(笑)。

 で、私にとって、とびっきりすばらしい大地の1つが襟裳岬!なのですね(ニコニコ)。

 7月7日の襟裳岬特集④です。
Dsc01749120707
 ここを歩いて行くのですが・・・、急な断崖絶壁の斜面に白い花がたくさん!
 あの斜面には、せり科の植物さんたちがわんさかいるに違いない!

 で・・・
Dsc01750120707
 旬のアマニュウさんたち!
 しばし瞑想! で、おもむろに目を見開き熱い咆哮!『
ウリャー!』(笑)。
 めっちゃ気持ちイイっすねぇ~(笑)。
 これも私の研究テーマの1つ。『口から飲まない漢方薬、気の巡りを良くするクスリ』ってことですね(笑)。

 さらに行きます!
Dsc01752120707
 崖の中腹にオレンジ色のお花がたくさん!
Dsc01753120707

Dsc01755120707

 2009年の時の写真も!
267
 エゾカンゾウさん! すばらしい!でしょ(笑)。
 時に風速40メートルの潮風吹きすさぶ過酷な自然環境で生きぬく植物たち!
 人も植物も動物も・・・強さの塊なのでしょう!

 しかし・・・、えりも町在住の写真家さんである駒井さん曰く・・・『どんどん植物たちが減り続けているの!』のだそうです。
 その減らし続けているのが・・・、どんどん増え続けているエゾシカ!
 こんな急斜面の断崖絶壁に植物群落が????

 ここには、エゾシカくんたちが来ることはできないのですね。崖から落っこちちゃうから・・・!

 植物たちには、たぶん知性があるのでしょう! ちゃんと生き延びる術を知ってる!
 それに比べて人間・・・、
優劣をつける、競争する、差別する、戦争する・・・生命体
 言葉も文字も知能もあるのに・・・・、お互いに分かり合えない有機生命体っていったいなんなのでしょう?

 エゾシカくんたちが増え続けているのも人間のせいです。人間の生活、生きるためにエゾシカくんたちの天敵であるオオカミを絶滅させてのです。それが一番の理由! その上、エゾシカクンは見目がかわいいからと言って保護しよう!などと言い出す有機生命体なのですね。

 これも・・・人のココロが変わらなければ悪化し続ける事柄なのです。

 エゾシカくんたちが北海道中を席巻しだすと・・・、ステキな植物たちが激減し、観光どころではなくなるのです。
 この事もしっかり伝えていかなければなりません!

 などということを思ってしまう場所でもあるのです。
Dsc01757120707
 夕方になりました。
 『天空の気』が急激に変わるのです。
 やはりここは高い山の山頂の天気! だからいつもステキな『天空の気』が充満してるのだと思ってます。

Dsc01759120707
 どんどん霧が深くなっていきます。

Dsc01762120707
 襟裳岬の駐車場!

 そしていつもの場所から・・・
Dsc01761120707
 襟裳岬は、私にとって1年中なにがあっても、最後には『
すばらしい!』という言葉が自然に発せられる大地なのです。


|

« 2555話 ~ 線量計は毎時0.05μSv! ~ | トップページ | 2557話 ~7月7日のアポイ岳①! ~ »