« 2874話 ~ 北方系生態観察園の植物エネルギー!~ | トップページ | 2876話 ~ 堀田式カレーが食べた-いっす!~ »

2012年11月14日 (水)

2875話 ~ 第3回薬剤師のための漢方いろは!~

 来週月曜日の夜、いよいよ第3回薬剤師のための漢方いろは」(札幌薬剤師会、クラシエ薬品株式会社共催)が近づいてきました。
 80%を新しいスライドで講演しようと思ってまして・・・、遅々として進まず(汗)。こりゃ今日も大学にお泊りかもしれないなぁ~(笑)。
 タイトル画面です。
1

 ホッカイトウキの群落・・・というか畑ですが・・・、冷えた陰の季節には、「気」や「血」を補うことが肝要ですから・・・その代表的な薬草、当帰を最初に出します。せり科の野菜には補血作用がありますのでね、冬季は温野菜にして食されるのが良いでしょう。

 で、お次は・・・
2
 私は漢方方剤を毎日飲んでますが・・・、「
未病を治す」(西洋医学的は病気予防のことです)ためには、毎日の食生活も必須というか欠かせません。
 特に陰の季節である冬期間は、身体を温める食が良いですね。

 漢方薬との合わせ技で、身体の中に邪が入らないようにすることが肝要です。
 私は臨床経験はありません。しかしながら、病気予防を誰よりも実践していると思っています。症状に現れる前、可能な限り症状が出るのを引き延ばすための漢方!これを目指しています。

 そしてなんとか
未病を治す」をビジュアル化して多くの人の伝えたい! のですよ(笑)。

 で、今回は冷え!についてもお話します。
3

 漢方における病気の原因には・・・
5
 日本の場合特に、風邪(ふうじゃ)、寒邪(かんじゃ)、湿邪(しつじゃ)が問題になります。
 風邪は寒邪と湿邪を連れてくる、そして一度身体の中に入るとなかなか抜けないのです。
 冬場は風邪の寒邪、そして湿邪というよりは燥邪(そうじゃ)もやってきますね。

4
 2011年1月9日、襟裳岬先端から撮影した沖で漁をする漁船。
 この上で漁をする漁師さんたちは、風邪、寒邪、時に湿邪、時に燥邪に侵されまくっているのですね。

 さて、この漁師さんたちが毎日摂取している食べ物とは・・・、もちろん寒邪を追い払うようなものばかりを食べてるのです。身体を温めるモノ・・・、さてそれはいったいなんでしょうか?

 漢方の基本概念である
陰陽五行論に全く合致したモノを摂取しています。

 その他、「冷え!」について、六君子湯、真武湯、附子理中湯を使って説明しましょう。

 あと・・・、堀田式薬膳カレーについても解説します。

 時間があれば・・・(たぶんないと思います)、風邪(かぜ)、インフルエンザに関する漢方方剤についても紹介するつもりです。

 お楽しみに!

 さて原稿作りに励むとするか(笑)!

 

|

« 2874話 ~ 北方系生態観察園の植物エネルギー!~ | トップページ | 2876話 ~ 堀田式カレーが食べた-いっす!~ »