« 第3479話 ~ 8月10日、襟裳岬百人浜、悲恋沼付近の植物エネルギー!~ | トップページ | 第3481話 ~ 8月10日、落日前の襟裳岬の植物エネルギー ~!~ »

2013年8月15日 (木)

第3480話 ~ 8月10日、襟裳岬の落日は過去最高だったなぁ~!~

 植物の修行をするために襟裳岬を訪れるようになってから9年。何回訪れただろう???、130回目までは覚えているのですが・・・(笑)。8月10日の落日は過去最高でした!
 襟裳岬は日の出と落日両方がとてもすばらしいのです。
 太陽が海から昇って海に沈む大地なんて私は他に知りません(笑)。
 ダイジェストで!

16:40

_dsc4392_2

 襟裳岬先端、駐車場そばから!
 この日は最初は晴れてたのですが、午後4時ころから霧が出始め、こんな状態になってしまいました。
 「今日はすばらしい落日に出会えるかも!」とかなり期待してたのですが・・・・、「こりゃダメだな~」と思ってしまって、一度お宿(えりも観光館)に戻り、お風呂をいただき部屋で麦酒を飲んでいたのでした。
 ふと部屋の窓から外を見ると・・・、霧がはれて・・・、何やらイイ感じ!
 カメラバックに機材を詰め込み、おもむろに襟裳岬に駆けていっちゃいました!
 で・・・
 18:00、

 私の撮影ポイントで!
_dsc44221800
 こりゃ過去最高かも(笑)。
Dsc07155
 同じ感性の人が数人!

_dsc4421
 襟裳岬西海岸方面を望遠レンズで!
 遠くに雲がかかったアポイ岳も! セピアっぽい感じがたまりませんねぇ~(笑)。

 夏ってのは、昇る太陽のスピードは速く、落日するまでの時間は長いので、たっぷり味わえるのです。
_dsc4427
 海もすばらしい!

 18:22
_dsc44391822
 いよいよです!

 18:22
_dsc44431824_2
 

 18:32
_dsc44501832_2
 
 落日!

 そして、ここから第2幕が始まりました!

 18:37
_dsc445318337

 18:42
_dsc44561842_3

_dsc44661842

18:47
Dsc071641847
 

18:55
_dsc44751857


 約1時間のすばらいドラマですよね(笑)。
 「運気益々増大だわい(笑)」と思いながらお宿へ歩いていると・・・

 18:57
_dsc44811857
 今度は百人浜方面がシアン色!
 襟裳岬の街に灯がともり・・・


19:00

Dsc071691900
 笑・・・しかないでしょ(笑)。

 完全に襟裳岬の大地に愛されてる(笑)!

 「人はなんのために生きる?」・・・・・、私の答えは、たぶん生まれる前から決まってました(笑)。

 前世でやり残したことが、悔いることがあったのでしょう(笑)。物心ついた時からただ1つの素朴な疑問に対する答え、理を絶対に知りたいと思っていた!

 ただ・・・、生まれてから多くの他者から私の答えとは真逆のことばかり聞かされて、教えられて、途中かなり自信が無くなりかけてたんですね(笑)。
 北半球で最もすばらしい大地、北海道とそこに生きる植物たちがその自信を取り戻してくれて、さらに確信に変えてくれた。

 まあ、とにかく自分のさ来世くらいまでの理想の自分をいつも頭の中にイメージしつつ、目の前のことを一生懸命にやって、その意味を理解しようとして・・・、生きて行けば、きっと今の自分の想定を超えた感動があることは間違いなさそうですね。
 さあ行くぞ! やれ行くぞ! バシバシ行くぞ! まだ見ぬ感動は無限にあるのさ!
 見ようとすれば、必ず見えるし、知ろうとすれば必ず知ることができるし、会おうとすれば必ず会えるし、聴こうとすれば必ず聞こえる!
 ただ・・・「何を見たい? 何を聴きたい? 何を知りたい? 何に会いたい?」が一番大切なところで、まあ、それは人それぞれに全て異なるってことです(笑)。
 いずれにしても、ただ1つだけ、「あきらねない!」だけでそれは具現化する!
 北大薬学部時代に心に刻んだ「
為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなさ。」とは、私の大好きな武田信玄公の名言。
 自分が納得するまでは絶対に進む!

 ところで、先日のブログで紹介したオリバーストーン(映画監督)の「もう1つのアメリカ史1~10」。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2013/05/post-589e.html
 私も第7話まで見ましたが・・・・、かなりためになりますね(笑)。

 光の存在を消そうとする闇の者たちのことを知ることができますよ(笑)。闇の者になる理もビジュアルに理解できます(笑)。

 さてさて、人間という生命体は皆、善なるモノ(地球という生命体にとって)たちばかりでしょうかね(笑)。
 11年前くらいまでは、人間は善なるモノ、善なるココロを持つ生命体であるはずだと・・・、思いこもうとしてましたが・・・、あなたはどう思いますかね。
 善なる者と、そうでない者との割合ってどのくらいだと・・・・思いますか(笑)。もちろんその中間の生命体もいます。

 簡単な設問です。「
地球上に善なる生命体ばかりだとしたら・・・、どーして人間同士が争い、殺し合い、差別し、地球環境を悪化させる? そしてそれを見て見ぬふりをする?」の答えはなんでしょうか?
 私は、幼いころからこの設問の答えをすーっと探し続けてきたし、そのために勉強をし続けてきた!
 だって、だーれも教えてくれなかった!

 11年前に知ったサイコパス(生まれつき良心のない生命体)の存在・・・、やっぱりそんなこと(良心の無い人間の存在)って信じられませんよね(笑)。

 良心のある心優しき生命体ってのは・・・、良心のない生命体のことは決して理解できないし、その逆もまた真なり。現実を見て、知って、強さも持たなきゃ良心と優しさだけでは、サイコパスくんの餌になっちゃうかもですよ(笑)。優しさってのは時に弱さにもなりますのでね。

 どうか様々な理不尽の源を知ろうとしてくださいね!

 知ろうとすれば見えてくるものが必ずあると思います。

 さてさて、私の修行もまだ始まったばかりなり! もっともっと摂理なるものを知る旅を続けます!

 ごいっしょしませんか?

 襟裳岬に通い続け・・・、そこに生きる全ての生命体があり得ないほど様々なことを教えてくれたのでした!




 

|

« 第3479話 ~ 8月10日、襟裳岬百人浜、悲恋沼付近の植物エネルギー!~ | トップページ | 第3481話 ~ 8月10日、落日前の襟裳岬の植物エネルギー ~!~ »