« 2013年7月 | トップページ

2013年8月

2013年8月20日 (火)

ブログを引っ越します!

 @niftyココログの容量が一杯になってしまったので、livedoor Blogに引越しします!
 新しい
堀田清の元気の出るおはなし」はこちらデス http://blog.livedoor.jp/maruhogenkinotane/

 引き続き、よろしくお願いします。

|

第3484話 ~ 8月25日(日)は第5回漢方・薬用植物研究講座でーす!~

Photo_4 

 6回開催している漢方・薬用植物研究講座ですが、早くも5回目です。

 今回は昨年に引き続き当別町で開院していらっしゃる鍼灸師&整体師の石井先生をお迎えして、鍼灸の極意についてお話いただいたうえで、鍼灸を実践していただきます。お楽しみに!

 後半の森の散策会では、秋の入り口の森&植物たちの様子を見ていただきます!

 4月下旬、5月上旬、6月上旬と雪解け後の森がどのように変わっていくのか、そのスピードの速さと、植物たちの勢い、さらには森を楽しむための鳥見学・・・を学んでいただきました。全ては、漢方における病気予防の基本「自然と調和する」の実践講座です。

 森が、植物たちがどのように変わっているのかをビジュアルに理解してくださいませ!

 まだまだ虫たちの季節ですので、虫対策は万全に! 黒い色の服装は避けてくださいね!

Photo_2
 当別町で開院しています。
Dsc0067920111008
 「北方系生態観察園の里山化」研究の共同研究者さんでもあります。
Smg_4509
 襟裳岬の植物エネルギーメッセンジャーでもあります。
 地球のエネルギーを鍼灸を使って「気」を流して経絡の流れを良くして体のメンテナンスをされる、私にとってはなくてはならない先生です。
 私事ですが、石井先生は私の体のメンテナンス係でもあります。ここ3年間ほど毎月2回ほど定期的に鍼灸&整体をしていただき・・・すこぶる調子が良いです。
 後半は、北方系生態観察園の散策です。4月下旬、5月上旬、6月上旬と春の植物エネルギーの摂取方法をお伝えしてきましたが、その森が秋になってどのように変わっているのかをビジュアルに理解していただきます。
 「自然と調和する」は漢方における病気予防の基本です。
 また、私のかかりつけ農園の
野口農園さん旬の農作物セットを販売していただく予定です(25セットほど)。地産地消もまた漢方における病気予防の基本。ぜひお越しくださいませ。
 なお100名の定員のところすでに90名の参加希望者がいらっしゃいますので、お早めに申し込みくださいませ。
1_2
1_2

|

2013年8月17日 (土)

第3483話 ~ 8月16日、北方系生態観察園の類葉牡丹さんの実がステキだす~!~

01_3

01a_2
 類葉牡丹(ルイヨウボタン)さんの実がイイ感じですよー!

 そして・・・
Dsc07258
 栃葉人参(トチバニンジン)さんの実も・・・、すばらしいですよー!

|

第3482話 ~ 8月16日、「北方系生態観察園の里山化」研究 ~!~

 私の最も重要な研究テーマは荒れた森の復活研究!=「北方系生態観察園の里山化」なのですが、今年は過去最高に森に入って研究活動をしてます(笑)。
 何年か前までは10月上旬から根雪になるまでにしてたのですが・・・・、今年は精力的に研究活動をすることにしました。
 今の時期の森に入ってメンテナンスすると・・・、林床が荒れると思っていたのですが・・・、今年は勇気を出して少しずつ前年笹を駆除した後の後始末をしてみようと思いました。
01
 東の尾根散策路際。昨年秋、共同研究者の方たちが精力的に笹を駆除してくださって・・・
 今年の5月22日には・・・
01a
 いきなり様々な植物たちが地上に顔を出した場所です。
 ここにはいきなりギョウジャニンニクさんの開花株も出現し、たくさんの種を地面にばらまいたのです。

 で、昨日・・・、向こう側から撮影しました。
01_2
 右の赤色矢印部分は、昨年のままの笹。ここは日当たりが良いので笹の背丈も高く勢いがあるのです。
 上左赤色矢印部分・・・、見にくいかもしれませんが、なんとか生き延びようとした笹君たちがいる場所です。
 拡大しますと・・・
02
 なんとか葉っぱを展開して、光合成して、エネルギーを溜めこもうという作戦です(笑)。

 もっと近くで見ると・・・
04
 昨年切断された茎の下部から新しい葉っぱが展開してますね。この根元部分からブチっと切っちゃう!
 それでもなんとか生き延びようとして、光合成して地下茎に溜めたエネルギー源であるデンプンを使い果たして・・・枯れる!
 まあフツウ夏になって広葉樹の葉っぱが太陽の光を遮る場所なら3年あれば・・・全滅します。
 17年間、この繰り返しの先に今の北方系生態観察園があるのです。

 おもしろいことに・・・最初は残存する笹くんたちを切断しようと思っていたのですが・・・、一番上の写真の右側赤色矢印部分の笹が気になりだし・・・
03
 本格的に笹刈りが始まっちゃった(笑)。

 もうこうなると・・・、疲れ果てるまで止まらない、止められない(笑)。
05
 まあこうなるのは必然! で、さらに・・・上の写真右側赤色矢印の部分が気になりだす。
 あのキハダくんの木をすっきりさせてあげたい! と思ったら・・・もう止まらない!

 で・・・
06
 こうなっちゃった(笑)。

 さらに・・・、アイデアが湯水のように湧いてくる!
07
 笹が密度高く繁茂しているこの部分を私の実験場にしちゃいましょう! ということで・・・
08
 両サイドにわざと笹を残し、来春から笹を駆除した部分がどのようになっていくのかを観察する!
 エビデンス至上主義者さんたちが繁茂してるんでね、比較対象の実験場を作ってしまった(笑)。
 ここは比較的太陽の光が差しこむ場所にて、笹の回復力も観察できるでしょう。

 というように・・・、笹を駆除する効能効果は・・・、以前のブログにも書きましたが・・・「
能動的思考&行動!」。まあ、今の日本に最も必要なクスリではないかと思ってますね(笑)。

 さらにここ!
09
 かつての客土事業によって深く削られている東の尾根から谷への急斜面。
 昨年10月7日はこんな状態だったのですね。
 笹を駆除するまでは・・・、もちろん笹薮の中に他の植物たちの存在はゼロ状態!
 それが・・・

 春先にはカタクリさん、エゾエンゴサクさん、ニリンソウさん、エンレイソウさん・・・・etc・・・、すごい数の開花株がいきなり地上に顔を出し・・・
Dsc07243_2
 このようになり・・・
 上左の写真の場所をよーく見ると・・・
10
 ね、ちゃんと次世代の子孫を残す営みを行う植物たちがいた!
 笹が繁茂していると・・・、これまで通り・・・、何も起こらないどころか・・・、今いる樹木たちはどんどん年齢を重ね、やがて朽ち果てていくのですね。ですから、樹木たちだって、ちゃんと次世代の命を紡がなくてはならないのです。
 で・・・・
11
 ほらね、ちゃんと次世代の子孫たちが新しい命を展開させてるでしょ!
 そして、この植物たちが・・・、地球の元気そのものなんですね(笑)。

 北方系生態観察園の森はこうして元気になっていくのです!

 来週も森に入ります!
 

|

2013年8月16日 (金)

第3481話 ~ 8月10日、落日前の襟裳岬の植物エネルギー ~!~

 8月16日。今朝は朝5時に自宅を出て大学のオフィスでひたすらData整理にて・・・・、能動的になんでもやっちゃうのは良いのですがね・・・、後始末の量もどんどん増える(笑)。
 でもなんとか一区切りがつきました。
 昨日はカミさんの実家に行ってお墓参り、ついでに砂川の北菓楼本店まで出かけ、娘のために本店限定のアップルパイ&ソフトクリームを買って・・・(笑)
 私の実家&カミさんの実家イベントで2日間で600Kmを運転しました。
 ややお疲れ気味なのですが・・・、これから北方系生態観察園の森に出かけ、笹の駆除なんぞをやってこようと思ってます。

 その前に、8月10、11日の襟裳岬のDataをまとめましたのでアップします。
_dsc44751857
 襟裳岬のレストランなどのある駐車場のそばから見た落日後。
 地球のココロ・・・が沁みてくる! としか表現できないなぁ~・・・。めちゃめちゃすばらしかった!

 で、落日前の光りを浴びた植物たちもすばらしかった・・・
 場所はここです。
0
 こちらが駐車場側。駐車場の向こうにあるレストランが見えます。
 一目ものすごい数の植物さんたちがいることが分かりますよね。
 で、この180度反対側は海! もちろん断崖絶壁です。
_dsc4375

_dsc4711

_dsc4715
 さてさて、ここに何種類の植物さんがいるでしょう?(笑)。

 この日最も旬だったのは・・・
_dsc4408

_dsc4385
 ツリガネニンジンさんたち!
 で、ここにいた他の植物さんたちの名前を記載してみましょう。
 ナガボノシロワレモコウさん、チシマセンブリさんとエゾコゴメグサさん(大群落)、エゾフウロさん、エゾカワラナデシコさん、エゾマツムシソウさん、アカバナノエゾノコギリソウさん、コモチイワレンゲくん、アマニュウ(種)、マルバトウキくん(種)、ヒメイズイさん(種)、ハマナス、ネジバナさん・・・。それも密度が高いのですよね(笑)。
_dsc4419
 これ・・・、アカバナのエゾノコギリソウさんなんんですがね・・・アカバナノキタノコギリソウさんと名付けたくなっちゃう。

00

01
 私の大好きなチシマセンブリさんは終盤でした。
 でも、この駐車場そばにこんなにたくさんのチシマセンブリさんがいるとは・・・、気がつかなかった!
Dsc07145
 お分かりになりますか? すごい密度のチシマセンブリさん!それもめちゃめちゃ背丈が低い!
 エリモチシマセンブリさんて名付けても良いのではないかしら(笑)。
 何回もここに訪れてますが、今回初めて気がつきました。
 ということで、一般的には8月末からお花が咲き始めるチシマセンブリさんですが、襟裳岬では西海岸で7月第1週、で、襟裳岬先端では7月中旬ころから、そして8月末ころからは襟裳先百人浜で咲き始めることが分かりました。今回も百人浜のチシマセンブリさんの様子を見てきましたが・・・、まだ蕾さえなかったです。
 それに背丈がここよりは倍くらい高いですね。
 7月第1週から9月中旬ころまで、襟裳岬ではチシマセンブリさんを楽しむことができるのです。
 すばらしいですね!

 これまでの襟裳岬訪問では、この最も身近な場所の植物調査をちゃんとしてませでした。
 まさに
灯台下暗し!だわ(笑)
 これからは、襟裳岬灯台付近、駐車場付近、襟裳岬からえりも観光館さんまでの道端を重点的に調べてみたいと思います。
 今回も襟裳岬からお宿までの道端で・・・
Dsc07152
 真っ白なツリガネニンジンさんに会ってしまった(笑)。

 さらに今回、駐車場そばの道端で・・・
03
 ネジバナさんがごっちゃり(笑)。 それもめちゃめちゃ背丈が低いヤツ!
 これもエリモネジバナで良いのではないかしら(笑)。
02
 こうですもんねぇ~(笑)
 フツウは・・・
0019511
 こんな感じですよね(笑)。
 やっぱり
フツウという単語はあまり使わない方が良いですね(笑)。
 
フツウといえば、なんとなくそれが正しいことのように聞こえがちですがね・・・、フツウは、時、場所、時間、人によってすべて異なるのがフツウかもしれません(笑)。

 さて、今月末にまた襟裳岬へ行きますが・・・、今度の出張は・・・、ズバリ、絶滅危惧種にて襟裳岬界隈でしか見ることのできないヒダカミセバヤさんの自生地調査です!

 昨年、ついに過去最大の自生地をツッくんといっしょに見つけてしまったんですよね(笑)。
Dsc00122
 今回は、ここの開花状況ならびに、他の群落形成地を探してみようと思ってます。
 あっ、それとチシマセンブリさん(百人浜)の開花状況もです!

 それと、北海道に自生するトウキ属の種の採種ですね。

 なので、今回は狩勝峠(ホッカイトウキ)、日高山脈十勝側山麓(ホッカイトウキの原種だと思っているトウキ)、黄金道路(矮性のミヤマトウキ)経由で種を採取しながら襟裳岬に入るつもりです。
 もしも時間があればエゾノトウチソウさん(固有種)の自生地調査も! 欲張りかしら・・・ね(笑)。

 今回も朝3時には出発せねば(笑)。

 さて、森にはいってくるとしましょうかね(笑)。

|

2013年8月15日 (木)

第3480話 ~ 8月10日、襟裳岬の落日は過去最高だったなぁ~!~

 植物の修行をするために襟裳岬を訪れるようになってから9年。何回訪れただろう???、130回目までは覚えているのですが・・・(笑)。8月10日の落日は過去最高でした!
 襟裳岬は日の出と落日両方がとてもすばらしいのです。
 太陽が海から昇って海に沈む大地なんて私は他に知りません(笑)。
 ダイジェストで!

16:40

_dsc4392_2

 襟裳岬先端、駐車場そばから!
 この日は最初は晴れてたのですが、午後4時ころから霧が出始め、こんな状態になってしまいました。
 「今日はすばらしい落日に出会えるかも!」とかなり期待してたのですが・・・・、「こりゃダメだな~」と思ってしまって、一度お宿(えりも観光館)に戻り、お風呂をいただき部屋で麦酒を飲んでいたのでした。
 ふと部屋の窓から外を見ると・・・、霧がはれて・・・、何やらイイ感じ!
 カメラバックに機材を詰め込み、おもむろに襟裳岬に駆けていっちゃいました!
 で・・・
 18:00、

 私の撮影ポイントで!
_dsc44221800
 こりゃ過去最高かも(笑)。
Dsc07155
 同じ感性の人が数人!

_dsc4421
 襟裳岬西海岸方面を望遠レンズで!
 遠くに雲がかかったアポイ岳も! セピアっぽい感じがたまりませんねぇ~(笑)。

 夏ってのは、昇る太陽のスピードは速く、落日するまでの時間は長いので、たっぷり味わえるのです。
_dsc4427
 海もすばらしい!

 18:22
_dsc44391822
 いよいよです!

 18:22
_dsc44431824_2
 

 18:32
_dsc44501832_2
 
 落日!

 そして、ここから第2幕が始まりました!

 18:37
_dsc445318337

 18:42
_dsc44561842_3

_dsc44661842

18:47
Dsc071641847
 

18:55
_dsc44751857


 約1時間のすばらいドラマですよね(笑)。
 「運気益々増大だわい(笑)」と思いながらお宿へ歩いていると・・・

 18:57
_dsc44811857
 今度は百人浜方面がシアン色!
 襟裳岬の街に灯がともり・・・


19:00

Dsc071691900
 笑・・・しかないでしょ(笑)。

 完全に襟裳岬の大地に愛されてる(笑)!

 「人はなんのために生きる?」・・・・・、私の答えは、たぶん生まれる前から決まってました(笑)。

 前世でやり残したことが、悔いることがあったのでしょう(笑)。物心ついた時からただ1つの素朴な疑問に対する答え、理を絶対に知りたいと思っていた!

 ただ・・・、生まれてから多くの他者から私の答えとは真逆のことばかり聞かされて、教えられて、途中かなり自信が無くなりかけてたんですね(笑)。
 北半球で最もすばらしい大地、北海道とそこに生きる植物たちがその自信を取り戻してくれて、さらに確信に変えてくれた。

 まあ、とにかく自分のさ来世くらいまでの理想の自分をいつも頭の中にイメージしつつ、目の前のことを一生懸命にやって、その意味を理解しようとして・・・、生きて行けば、きっと今の自分の想定を超えた感動があることは間違いなさそうですね。
 さあ行くぞ! やれ行くぞ! バシバシ行くぞ! まだ見ぬ感動は無限にあるのさ!
 見ようとすれば、必ず見えるし、知ろうとすれば必ず知ることができるし、会おうとすれば必ず会えるし、聴こうとすれば必ず聞こえる!
 ただ・・・「何を見たい? 何を聴きたい? 何を知りたい? 何に会いたい?」が一番大切なところで、まあ、それは人それぞれに全て異なるってことです(笑)。
 いずれにしても、ただ1つだけ、「あきらねない!」だけでそれは具現化する!
 北大薬学部時代に心に刻んだ「
為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなさ。」とは、私の大好きな武田信玄公の名言。
 自分が納得するまでは絶対に進む!

 ところで、先日のブログで紹介したオリバーストーン(映画監督)の「もう1つのアメリカ史1~10」。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2013/05/post-589e.html
 私も第7話まで見ましたが・・・・、かなりためになりますね(笑)。

 光の存在を消そうとする闇の者たちのことを知ることができますよ(笑)。闇の者になる理もビジュアルに理解できます(笑)。

 さてさて、人間という生命体は皆、善なるモノ(地球という生命体にとって)たちばかりでしょうかね(笑)。
 11年前くらいまでは、人間は善なるモノ、善なるココロを持つ生命体であるはずだと・・・、思いこもうとしてましたが・・・、あなたはどう思いますかね。
 善なる者と、そうでない者との割合ってどのくらいだと・・・・思いますか(笑)。もちろんその中間の生命体もいます。

 簡単な設問です。「
地球上に善なる生命体ばかりだとしたら・・・、どーして人間同士が争い、殺し合い、差別し、地球環境を悪化させる? そしてそれを見て見ぬふりをする?」の答えはなんでしょうか?
 私は、幼いころからこの設問の答えをすーっと探し続けてきたし、そのために勉強をし続けてきた!
 だって、だーれも教えてくれなかった!

 11年前に知ったサイコパス(生まれつき良心のない生命体)の存在・・・、やっぱりそんなこと(良心の無い人間の存在)って信じられませんよね(笑)。

 良心のある心優しき生命体ってのは・・・、良心のない生命体のことは決して理解できないし、その逆もまた真なり。現実を見て、知って、強さも持たなきゃ良心と優しさだけでは、サイコパスくんの餌になっちゃうかもですよ(笑)。優しさってのは時に弱さにもなりますのでね。

 どうか様々な理不尽の源を知ろうとしてくださいね!

 知ろうとすれば見えてくるものが必ずあると思います。

 さてさて、私の修行もまだ始まったばかりなり! もっともっと摂理なるものを知る旅を続けます!

 ごいっしょしませんか?

 襟裳岬に通い続け・・・、そこに生きる全ての生命体があり得ないほど様々なことを教えてくれたのでした!




 

|

2013年8月14日 (水)

第3479話 ~ 8月10日、襟裳岬百人浜、悲恋沼付近の植物エネルギー!~

 日にちは前後しますが、再度襟裳岬の植物エネルギーです。
 悲恋沼・・・
_dsc432320130810
 毎度おなじみの場所からの撮影です。
 タチギボウシさんが咲いてました! 襟裳岬では初めて会いました・・・、松山湿原のタチギボウシさんよりも・・・、やはり背丈が低いですね(笑)。
_dsc4331 _dsc4317
 悲恋沼水際にいたタチギボウシさん(上左)と咲き始めのツリガネニンシンさん(上右)。

 さらに・・・
_dsc4318 _dsc4333
 白花のアカツメクサさん(上左)と、上右は・・・、たぶんイヌゴマさん(茎の毛があればエゾです(笑))。

 で、この日のメインは・・・
_dsc4337
 ミズオトギリさんが満開でした!

|

第3478話 ~ サラブレッドくん!~

 さて、実家からの帰路は国道を使わず裏道を使いました。
 国道は海岸線、裏道は山の中・・・、でもねすばらしいんですよ!
Dsc07203
 浦河から新冠まですーっとお馬さんを見ながら運転できるです。
 息子も娘もお馬さん大好きなんで、車を道端に止めて・・・撮影会!

 そしたら・・・
Dsc07206
 2頭がこちらに近寄ってきてくれました。

Dsc07210
 目の前にお馬さんの大きなお顔!
 思わず撫でちゃいました(笑)。

 お馬さんの目って・・・めっちゃ優しい!
 癒し系だわ(笑)

|

第3477話 ~ ネムノキ!~

 8月14日、今日は日帰りで実家のある浦河へ!先ほど戻ってきました。
 昨年秋に逝った初盆供養など・・・、色々!
 で、いつものように子供のころ隠れ家を作って遊んでいた実家そばの山を撮って・・・
Dsc07199
 中央最上部のトドマツくんたちの所に隠れ家を作ってたんだよなぁ~・・・
 あのころはまだ私の背丈よりも少し高い程度のトドマツくんだったのに・・・
 40年以上経過すると・・・すばらしい森になるんだなぁ~・・・
 私の愛する北方系生態観察園も、こんなステキな森にな~れ!(笑)
 とつぶやいていたら・・・写真中央部のところになにやらピンク色のお花が見えたんです。
Dsc07200
 なんと・・・ネムノキくんのお花が満開!
 思わず撮影会になってしまいました(笑)。
_dsc4722
 ネムノキくんの植物エネルギーってことで・・・

 こうなったら火がついちゃいますよね(笑)。お坊さんが来るまで撮影モードにて・・・、元祖植物エネルギーの私のオフクロの誇るお花畑へ!
Dsc07190

Dsc07193
 実は私のオフクロ・・・、植物育ての達人なんです(笑)。

 この中で私のココロに沁みたのは・・・
_dsc4742
 園芸種なんでしょうが・・・、名前は知りません! ですが、ステキな「気」を放っていました!
 それからアポイ岳6合目より上にいる・・・
_dsc4744
 キンロバイくんも満開でした!

|

2013年8月13日 (火)

第3476話 ~8月10日の襟裳岬西海岸!~

 やっと襟裳岬に着きました(笑)。

 早速西海岸へ!
Dsc07139
 ミヤコザサくんの大群の中を行くのです(笑)。

 こんな笹だらけの所にも・・・
_dsc4355
 エゾルリトラノオさん!

_dsc4358 _dsc4359
 ツリガネニンジンさん(上左)やらエゾホタルサイコさん(上右)なんかがわらわらと!
 「笹なんぞに負けん!」とさ(笑)。

 でもって50メートルはある断崖絶壁が続く西海岸に到着です!
_dsc434920130810
 イイ光だわさ(笑)。

Dsc0714220130810
 こちらは、アポイ岳の方向!

_dsc434820130810
 襟裳岬の先端まで続く断崖絶壁!

_dsc435220130810
 たくさんの植物エネルギーが炸裂してます!

 でも・・・岬方面はすぐに天気が変わるのです!
_dsc435120130810

|

第3475話 ~日高海岸線のミヤマトウキさん!~

 先週末の当帰(トウキ)さんたちの様子見の旅の続きです。
 日高山脈のホソバトウキくんたちは種の熟成も終盤でしたが、襟裳岬にほど近い海岸線にいる当帰さんたちの様子です。
Dsc07128
 まあフツウに40メートルはある断崖絶壁・・・
Dsc07129
 横から見るとこんな感じの急斜面にいるのがフツウなんですよ。
 ここはもちろん岩肌のもろく塩基性の蛇紋岩です。

 さて・・・
_dsc4291 _dsc4296
 こんな場所に生きるミヤマトウキさんたち!
 種の熟成度は中盤! ここは私の予想通り!
 今月末の出張の際には、いくばくかの種を採取させていただくつもりです。

 この断崖絶壁の植物たちです!
_dsc4292
 アカバナノエゾノコギリソウさんたち! ここのは色が鮮やかです!

_dsc4311
 カセンソウさん!

_dsc4305 _dsc4300
 エゾノタツナミソウさん!

_dsc4302 _dsc4309
 ベンケイソウ科のエゾマツムシソウさん(上左)とキリンソウさん(上右)。

 で、今月末にすばらしい色を見せてくれるだろう・・・
_dsc4293
 ノブドウくんの実も熟成中でした!

|

第3474話 ~ 8月13日はデータ整理の日、で、お昼ごはんは・・・(笑)!~

 出張に出かけ、様々な場所で色々な植物たちの写真を撮るのは良いのですが・・・
 そのData整理が大変(汗)。
 私のコンパクトデジカメにはGPS機能がついているので、撮影場所を地図化したのち、デジタル一眼レフカメラで撮影した植物たちをData化していきます。
 私はよっぽどでないと(依頼)植物標本は作製しないことにしてますので、その分様々な角度から撮影しなければなりません。
 ということで、本日は大学でData整理を続けます。

 頭を使うとお腹がへる。で、お昼ごはんは・・・
Dsc01315
 さっきいただいたトウモロコシ!
 鮮度の高いうちに茹でて・・・

 ごちそうさま!

 まあこれも身土不二でしょう(笑)。

|

2013年8月12日 (月)

第3473話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャーアポイ岳に登る!~

 先ほど私の友人にて十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師さんの石原先生からメールがあって・・・

Dsc02722

 なんと・・・アポイ岳登山!

 お目当てはアポマンテマさんだったらしいのですが・・・、ちょいと残念だったそうです。

Dsc02716 P8111977

 上左は・・・ホソバトウキさん(アポイ岳タイプ)かな?葉っぱの感じがわからないですが・・・

 それと石原先生の大好きなアポイハハコさん(上右)!

 そして・・・

P8111953

 終盤だったそうですが・・・、これまた石原先生好みのイブキジャコウソウさん!

 皆、どんどん行きますねぇ~!!!

 すばらしいっす(笑)。

 









|

第3472話 ~ ホソバトウキくんの自生地はすばらしいかも(笑)!!~

 またまた新しい一週間が始まっちゃいました。で、お盆休みの週ですね。皆さんはどうされるのかしら?
 私の予定は14、15日だけがお休みです。14日は昨年逝った父の初盆&骨納め!まあ日帰りってことですがね。
 15日はカミさんの実家の墓参りってことで・・・、結婚してからほとんどこの繰り返しです。
 そして、週末に撮影してきた膨大な量の写真のデータ整理をしています。明日も16日も・・・
 ただ、明日は天気が良ければ朝早くから森にはいって笹刈りをするかもしれません。勢いがついちゃって・・・
 汗だくになって・・・最後に中小屋温泉で汗を流す! まあ予定ですけど(笑)

_dsc4256
 さて、昨日に続いてここ!
 人為的に山が削られた場所だと思うのですよねぇ~・・・
 なのに」なんで塩基性土壌になってるのかしら????
 ここを歩くと、スポンジ的な感じで・・・、とても当帰(トウキ)くんたちが自生している場所とは思えないのですね。

 私には1つの仮説があります(笑)。

 それは後でお話しすることにして・・・、6月22日と週末に訪れた時の撮影した写真をまとめていました。
02
 ホソバトウキさんたちは・・・、あり得ない個体数です。

 その他・・・
01
 マルバシモツケくんもいましたし・・・

03
 エゾミヤマクワガタさんもかなりの個体数。

04
 ハイオトギリさんなのか・・・、はたまた・・・、とにかく相当数がいます。
 で、一昨日一株だけ花が咲いてました!
05

 さらに、驚きのイブキジャコウソウさんは・・・
07
 お花は終盤でしたが・・・、あり得ない個体数でした。全山と言っても過言ではないと思いますね。

 私がこれまで見たのは、アポイ岳(5合目より上)と神居利尻山(三叉路分岐から頂上まで)だけです。
 まあフツウに高山植物のカテゴリーに入ってます。
08
 こんな場所はごろごろ!

09
 神居尻山のB,Cコースの三叉路分岐点辺り。

10
 シソ科の小さな植物さんで、良い香りがします。まあタイムっていうくらいですから・・・、フツウに上等なハーブですよ(笑)。

 さらに・・・
06
 アポイハハコに似てるんですが・・・、たぶタカネヤハズハハコさんでしょう。
 この植物さんも相当数いました!

 それから・・・
11
 ヒロハヘビノボラズくんもかなりの個体数。

 そして昨日見たのが・・・
Photo
 ウメバチソウさん?かしら・・・
 咲きたて!
 ひょっとして、これから全山ウメバチソウさんになるのかしら???・

 ということで・・・、私はここの植物たちの研究をすることにしました!!

 なんでこんな場所に? という素朴な疑問に対する回答を自分で見つけます!!!

 来年からは足げく(←×、→足繁く○)通うことになりそう(笑)。

 1つの仮説です!

2
 あの赤い矢印部分にその答えのヒントが隠されてると思ってます。

 あそこから扇型に植物たちが分布しているということは・・・
 雪解けの頃・・・、たぶん、ここは川になってるはずです。
 事実、雪解け水の通り道が存在するのです。

 ここは日高山脈の中央に位置しますのでね、積雪も相当量でしょう。
 あそこから水が噴き出すように流れているのだと思います。

 で、昨日もお見せしましたが・・・
 あの赤い矢印部分の奥は・・・
Dsc07185
 いかにも!って感じがしますね(笑)。

 で、イブキジャコウソウさん、ハイオトギリさん、
タカネヤハズハハコさんの種が流れてくるってことは・・・
 あの奥にはすばらしい植物エネルギーがあるかもしれない!!!
0030505

 エゾコザクラさん

0121124s
 ヒダカイワザクラさん・・・

F30628
 ソラチコザクラさんたちなんかいちゃったらどーしよう(笑)。

 妄想は宇宙を超える(笑)。

 まあフツウに雪解け後をねらって行くしかないな!(笑)

|

2013年8月11日 (日)

第3471話 ~ 襟裳岬で究極の元気をもらちゃった(笑)!!~

 今朝です!
_dsc4610
 親子船! 鳥羽一郎さんの歌を唄いたくなったさ(笑)。

 偶然ですが・・・、いつもお世話になっているえりも丸の船長、松森さんと息子さん!
 こんなふうに生きてたら、絶対に心は曲がらないね(笑)。

_dsc4571
 静かな海も泡立つほど!

 「生きる!」チカラが伝わって来るのさ(笑)。

|

第3470話 ~ 襟裳岬のすばらしい落日(何年ぶりだろ)!!~

_dsc4434
 ただただすばらしかったっす(笑)!

 こんな撮り方もしてみました。
_dsc4414
 詳しくは明日以降のブログで!

|

第3469話 ~ ホソバトウキくんは完璧・・・でもお疲れモードです!!~

 先ほど札幌に戻って来ました。
 いい意味での想定外が重なり、、かなりのロングトリップになってしまって・・・、さすがにお疲れモードです。
 結局、樹海ロードを往復することになってしまったんです(涙)。

 今回のミッションの目的は、当帰(トウキ)くんたちの種子の様子を見ることと、先祖のお墓掃除、それと襟裳岬のチシマセンブリさんたち(百人浜方面)の様子などでしたが・・・

 最初から予定が狂ってしまったのです。
 朝3時に出発・・・
Dsc07091
 AM4:17
 樹海ロードの手前で空が白んできました!
 AM4:37
_dsc4256
 目的地に到着です。
 上まで登ってこちらを見ると・・・
_dsc4271
 ずーっと遠くに私の愛車が小さく見えます。で、何故ここまで登ってしまったのか・・・
 想定外のことが起きました!
_dsc4265 _dsc4259
 上左・・・、イイ感じで種が熟成されている・・・、でも、こんな感じのは少なくって、上右側のように、もう終盤の状態で、中にはカメムシくんがわんさか種に取りついてるのもあったりして・・・
 種集めは、8月末の予定だったのですが・・・、それでは遅すぎ!ってことで2時間ほどかけて種集めになってしまったのでした。
 再び上右の写真、茎の一番下に細い葉っぱが見えます。
_dsc4288
 こんなのは3株しかなかった・・・
_dsc4266
 地面には実生のホソバトウキさんの葉っぱが無数に!
 何故こんな人為的に削った山にこんなにたくさんのホソバトウキさんがいるのでしょう???
 そしてあきらかにアポイ岳周辺のホソバトウキさんとは形状が異なります。
   _dsc4316_2
 これがアポイ岳タイプですが、全く違いますね(笑)。一言で言えば長毛種って感じでしょうか・・・
 ということで2日がかりで集めた種が・・・
Dsc01313
 満願!
 明日、宮本さんに渡して種が使えるかどうか調べてもらいます。
 カメムシくんにやられてるのもたんくさんいそうだなぁ~・・・

 で、番外編です。
 実はこの山を削り取ったかのような場所が・・・、すばらしい場所だったのです。
 後のブログでお伝えしますが・・・
 一番驚いたことは・・・、全山イブキジャコウソウさんの大大大群落ってことです。
 なんかイイ香がするなぁ~とは思ったのですが・・・、よく見ればイブキジャコウソウさんだったのです。
 足元にたーくさんいるので間違って踏んじゃうとそこからイイ香りが漂ってくるのです。 それからハイオトギリさんも相当数いました。もう花ではなく種を形成中でしたけどね・・・
 さらに、初めて見たのがタカネヤハズハハコさん!
 最初はヤマハハコさんかと思っていたのですが・・・雰囲気がまったく違う!
 さらにウメバチソウさんも!
 6月22日にはエゾミヤマクワガタさん(終盤)もいましたし・・・、もっと早い時期に行けば・・・もっとステキな植物がいるかも・・・
 と想像してしまって・・・かなり有頂天!
 で、襟裳岬に着いてから・・・ジッツォの三脚を忘れてしまったことに気が付いた(汗)。
 これで3脚めか!!!!
 これまで有頂天になって2回も三脚を山の上、森の中に貢いでしまった私です(汗)。

 ということで、帰りもこのルートになりました(笑)。
Dsc07183
 上の写真下中央・・・、回収することに成功しました(笑)。
 ということで、感動屋の私は絶対にプロの写真家にはなれません(笑)。
 あー本当に良かった!

 この場所が何故に高山にいる植物たちがたくさんいるのかの理由は、たぶん分かっています(笑)。
Dsc07185
 この斜面の一番奥・・・、来年はここを調べて見るとしようかな(笑)。
 きっとまたビッグサプライズが待っているさ!

 それから、これも番外ですが・・・
Dsc07120
 餌付け子キツネくんが現れました(涙)。
 ごく少数の人間に限られてるのではないかと思いますが・・・・
(怒)
 人間が無作為に餌を与えると・・・、自分で餌を獲らない、獲れないキツネくんになってしまって・・・自然界では生きてはいけない動物になってしまうのですから!

 自動車が来ると、餌をくれるものと勘違いして、車にひかれるキツネさんだって・・・
 それに何より恐ろしい病気のエヒノコックスの寄生虫を持っている可能性も大!人間の餌の味を覚えて人里に現れ、感染するかもしれない、そして、一度そのようなことが起こったら、勝手な人間は、駆除し始めるかもしれない!

 そうなる方が、よっぽどかわいそうでしょ!
 野生動物には絶対に餌を与えないでください!


 なんど「あっちに行きなさい!」と大きな声を出しても、私の愛車に近づいてるキツネくん!

 かわいそうで、哀れで・・・、涙が出ました!


 あと2つ、今回の感動をタイトル画面としてアップしましょう!




|

2013年8月 9日 (金)

第3468話 ~ もう1つのアメリカ史(1~10)!!~

 私にとってすばらしいサイトを見つけちゃいました。まだ第2作までしか見てませんが、必見だと思いますよ!

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2013/05/post-589e.html

 第二次世界大戦前夜の1930年代からブッシュ、オバマ大統領までのアメリカ近代史を、独自の視点で描くドキュメンタリーシリーズ(全10本)です。邦題は「オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史」(原題"The Untold History of the United States")。「プラトーン」「JFK」など話題作を撮ったオリバー・ストーン監督が最新作ドキュメンタリーです。

 お盆休みに徹夜で見ちゃそうです(笑)

|

第3468話 ~ 8月8日、「北方系生態観察園の里山化」研究遂行中(笑)!!~

 8月9日、今日は雨です。
 
あっという間に一週間が過ぎ去ってしまいました(笑)。明日は朝2時に出発して襟裳岬に出かけます。夕張、樹海ロードは福山仙境、日高町経由で実家に寄って先祖のお墓掃除をした後、襟裳岬に入ります。
 固有種にて絶滅危惧種のヒダカミセバヤさんたちの様子を調べるのと、北海道に自生する当帰(トウキ)属の自生地確認及び種の生育状況チェック、可能であれば種の採種までできればThe Masxですね。北海道に自生する当帰(トウキ)属の系統保存研究は、私の最初の植物の師匠だった吉田尚利氏の長い研究テーマでした。なので、北海道医療大学・北方系生態観察園としてそれを受け継ぎ、次世代の心ある研究者に継承していく責務が私にはあるのです。さらに、私の2番目の植物の師匠である柴田敏郎先生から、高名な植物学者の一人である国立科学博物館の門田祐一先生が「トウキ属分類を最後の仕事にしたい!」ので、なんとか標本を集めてほしいとの依頼をつい最近受けたのでした。柴田先生と門田先生はお友達なのです(笑)。
 ということで、あらためて北海道に自生しているトウキ属の重要性が増しました。本来なら、歴船川上流、狩勝峠などでのトウキたちの様子も見ておきたいところですが・・・、今回は6月末に確認したホソバトウキたちの様子と様似町から襟裳岬にかけて自生している矮性のミヤマトウキたちの様子を見ることにします。8月末に、種の採種のために再び襟裳岬へ出かけます。

 さて、今日も北方系生態観察園の森に入って「北方系生態観察園の里山化」研究を遂行しようと思っていたのですが、残念(涙)。まあ神様がこれまでのデータを整理しろと言ってるのだなぁと思い直し、ずーっとデータ整理をしています。

 私自身が
北方系生態観察園に繁茂していたクマイザサくんたちの大群を駆除した始めたのが2004年からです。1999年から2003年までは、私が薬草園園長になった年に北大薬学部を退職されたばかりの吉田尚利氏を招へいし、彼が精力的に笹の駆除してくださって、その手法を学んだのでした。
 2004年は私と私の学生と2人で始めた笹の駆除でしたが・・・・
 2007年ころから札幌薬剤師会北支部の先生たちが参加されて・・・
 2008年からは徐々に参加者が増えて・・・
02
 ここは東の尾根に続く階段の上部左側の奥です。
 夏になっても光を遮る広葉樹がいないので、笹の勢力も強大でしたが・・・
03
 後藤先生ですね(笑)。
 その後のたゆまぬ笹の駆除をし続け・・・
04
 ほぼ笹の駆除が終了しました。なのですが・・・
05
 笹はなかなかしぶとくて、笹林から地下茎を伸ばしつつ、その勢力回復を狙っているのです。
 ピンク色の矢印部分は・・・、ひょっとしたら地下茎で繋がっているのかもしれません。
 堀田式の場合、吉田氏方式と異なって、あまり根っこを掘り起こさないことにしています。
 地中に播かれた種などのことを考えると・・・、たぶん手間はかかりますが、まめに地上部の一番下部分を刈り続け、光合成をできなくして、枯死させるのが林床に優しいのではないかと思っています。
 まあとにかくピンク色の矢印で示された笹を駆除していきます。
06
 笹駆除後はこうなります。で刈った笹は一か所に積層させていき、その下の笹くんたちも同時に弱らせしまいます。
 ここで笹刈りをしていると思わぬすばらしい効能効果が出るんですよ(笑)
 というのは・・・、オレンジ色で示された木がありますね。その横には赤い矢印で示された笹の大群がいます。
 当初の予定は、緑色の矢印部分の笹の駆除だけしようと思っていたのですが・・・・、ついでなので、あの赤い矢印部分の笹も駆除しちゃおう!!! そしたら、あのオレンジ色の矢印で示されている木をもすっきりして気持ちが良くなるだろうなぁ~・・・・。と思ってしまったらもうすぐに行動しちゃうのです(笑)。
 ということで・・・
07
 先ほどの裏側から見てます。
 すっきり! ってことで、私のココロもすっきり!(笑)。なんか地球のお役にたってる気持ちがどんどん湧き上ってくるのですよ(笑)。
 ということで、能動的がフツウ!(笑)。
 そうなんです。効能効果は・・・『
能動的!』なのです(笑)。
 能動的を止めるのが大変なんですよ(笑)。気がつけば汗はダラダラなんだけど・・・意気もハーハーなんですが・・・、ココロはすっきり!
 私にとってはこれもまた口から飲まない漢方薬なんです!

 さて、実際には・・・
08
 笹だって生き延びるために必死なんですね。なので、赤い矢印部分は、次世代の笹の芽!
 1本の太い笹の根元から4本も芽出しが始まってるんですよ!
 それらも剪定バサミで根こそぎ切断しちゃうんです! 「笹くん、すまんが許せ!」と、いつも心の中で呟いてます。
 まあ、こんなことを2004年からやり続けた先に今があるんです。
 すでにかつて師匠だった吉田氏が笹を駆除した面積の何倍もの広さの笹が駆除され、様々な植物たちが競うようにして地上に現れているのは周知の事実です。

 そうそう、この笹林と笹刈りした場所の境目に、何度も登場する重要な薬用植物の栃葉人参を発見!
09
 さらにはマイヅルソウさんの葉っぱもチラホラ!
 光が差し込みだすと、地中に眠っている様々な植物たちの種、根っこ、球根が動き出すのでしょう!

 さらに昨日はもう一か所メンテナンスをしてきました。
 それは・・・
10
 東の尾根から谷へ続く急斜面。
 2010年11月2日、石井先生が笹を駆除してくださいました。
 ロープがついてますが、この場所は2008年、2009年と私が一人で笹の駆除していたところです。急斜面なので、ロープにつかまりながらの笹&シダ類の駆除なので、なかなか大変だったんですよ(笑)。

 それが昨日・・・
11
 見事に笹は無くなってます。
 ここは広葉樹林の葉っぱたちが光を遮るので、3年で笹の駆除は完了です。
 ただその分、シダ類が繁茂し始めてますけど・・・・(汗)
 今年の5月には・・・、下から撮影しました。
11a
 こんなふうに!
 どんどんすばらしい森になっているのがビジュアルに分かりますよね(笑)。

 もう少しいきましょうか・・・
12
 ここは、2009年私が笹の駆除した場所ですが、さすがに1年では無理!
 で、石井先生が精力的に笹を駆除してくださいました。
12a
 笹は無し!

 もう一度石井先生に登場していただきます。
13
 2004年、東の尾根に続く階段の左側の笹の駆除してからオレンジ色の矢印沿いに笹を駆除し続け6年でここまで来ました(ピンク色の矢印部分は2009年に笹の駆除を完了した場所です)。
 そして2012年にはさらに奥の笹の駆除が行われています。
14a
 ここ! 2012年秋は、ついに延べ30人以上の方が共同研究者になってくださって、過去最大の面積の笹の駆除が行われたのです。
 東の尾根の散策路沿いからは見えませんが、谷の端から見ればすばらしいことにすぐ気がつきます!
14b
 そして今年5月17日には・・・、カタクリさん、エゾエンゴサクさん、ニリンソウさん、エンレイソウさんの開花株が多数地上に現れた!
 来週、ここのメンテナンスもするつもりですが、たぶん樹木の実生たちでいっぱいになっていると思います。

 夢中で笹の駆除をすると・・・、なんか地球と同化しているような感覚になって・・・
 色々なステキなものを見つけてしまうのです。
Dsc07088
 3年前にはこんなことにはなっていなかった!
 マイヅルソウさんたちが、たわわに次世代の子孫を残してる!

16
 類葉牡丹さんだって、たくさんいました!
 ここは完熟の実になってます。

 さらに・・・
15
 ギョウジャニンニクさんの完熟の種!
 ここは昨年までは笹薮だった場所です。いきなりギョウジャニンニンクさんの大主が現れ、子孫の残したのです。

 やっぱり・・・
17
 やっぱりこれですよね(笑)。

 地球が元気であってこそ、私たち一人一人の幸せ、笑顔があるのでしょ!
 そうではありませんか?

 地球環境が悪化しても、まだお金が大事なのでしょうかね(笑)。

 ということで、わずか16ヘクタールの大地ですが、ステキな地球に戻す大切な研究を遂行中です(笑)。

 すでに共同研究者さんとして登録済みの方は9月下旬から森に入ってご自分のエリアのメンテナンスを開始してくださいませ!なお、まだスズメバチくんたちが飛ぶ可能性のある季節なんで、私のオフィスまで連絡ください。

 それから、
10月4日(土)、5日(日)は、「北方系生態観察園の里山化」研究における笹刈りイベントにします。
 朝9時から森に入って、笹&シダ類の駆除の仕方をお伝えします。

 「参加してみたいなぁ~」と思ってる方がいらっしゃいましたら、ぜひ私の方まで連絡ください(電話&Fax:0133-23-3792、E-mail:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp)です。ぜひご参加くださいませ!

 なお、私は札幌に戻るのはめんどくさいので、中小屋温泉にお泊りしようと思います。漢方の勉強会でもしましょうかね。主に身土不二!
 参加ご希望の方、連絡くださいませ!



 


|

2013年8月 8日 (木)

第3467話 ~ 8月8日、北方系生態観察園の植物エネルギー!!~

 午前中、2時間ほど笹の駆除をしてきました!
 汗だく状態にて・・・お疲れモードです(笑)。このことについては後のブログにアップすることにして・・・
 今朝の北方系生態観察園の植物エネルギーです。
Dsc0703620130808
 今朝はmistyな森にて・・・
Dsc0703820130808
 展望台からの眺めもこんな感じです。

 森の中は・・・
01
 どんどん季節は進んでいて、多くの植物たちは次世代の子孫を残す営みに励んでいる様子です。

02
 重要な薬用植物の栃葉人参も種が色づき、もうすぐ・・・大地にばらまかれるのです。

04
 蝦夷接骨木と書いて・・・エゾニワトコと読みます(笑)。これまた重要な薬用植物です。
 真っ赤な実がすばらしい!

 しかして・・・
03
 ついに独活(ウド)さんのお花が咲きました!
 とても美味しい山菜にて、漢方薬の原料になる薬用植物。今日開花です!

05
 この植物さんも今が旬です!

06
 エゾミソハギさんも今が旬!
 ところで、エゾミソハギさんの雄しべって・・・、緑色だったんです。初めて見ました!

07
 スイレンも花期が長いですね!

 さて、明日もまた森に入るとしましょう!

|

第3466話 ~ 北方系生態観察園の植物エネルギー(類葉牡丹さんの実)!!~

1_2
 類葉牡丹さんの実!

 丸い緑色の実が、最終的には紫色になってしまうのだが・・・・
 毎日観察していると、一度黄色というかオレンジ色になってから紫色に変化していくようだ。

 これはいったいどういうメカニズムなのだろう???
 とてもおもしろそう!

 私の科学的知識によれば・・・・、緑色は葉緑素、クロロフィルのことだろうな。
 今日気がついたんだが・・・、この実っこの状態でも・・・光合成してるのかな???
 葉っぱだけじゃないんだ!
 で、きっと熟していく課程で、細胞が壊れて葉緑素が酸素に触れた瞬間・・・キレート構造していた真ん中のマグネシウムイオンが外れ緑色が消える・・・
3
 マグネシウムイオンがポルフィリン骨格の中の中央に居座って金属錯体を形成しているから緑色になる。
 ちなみにこの真ん中に鉄イオン(2価イオン)が入ると人間の血液の色になるし、銅イオン(1価イオン)が入るとエビやカニなどの甲殻類の血液の青い色になる。

 人間の血液の色だって鉄イオンがはずれるとウンチの黄色い色になることを考えれば・・・
 葉緑素からマグネシウムイオンが外れた瞬間は黄色になるのかもしれぬ・・・、しかし・・・、植物にはフラボノイド類という黄色い色素成分があるから・・・この色なのか????
 そして紫色というのはフラボノイド色素がアントシアニジン系色素へ変化するから紫色になるのか???

 カメラのファインダーを覗いていあたわずか数秒間の間に走馬灯のように走り去っていた疑問!

 森に入って色々な植物たちを見続けていると・・・かつて修行した有機化学の知識さえも楽さに花を添えてくれるのですね(笑)。
 そしてふとそばの葉っぱに目をやれば・・・
_dsc4211
 アマガエルくんがこっちを見ていたのでした!

 さて、これから森に入って、笹の駆除をしてくることにします!

|

第3465話 ~ 北方系生態観察園の植物エネルギー(トモエソウさんは1日花)!!~

1
 オトギリソウ科のトモエソウさん!

 昨日朝咲いたばかりのお花だったのに・・・今朝はこのようなお姿に・・・・

 「
これまで通り」など・・・地球上のいかなる場所にもあるわけがない!

|

第3464話 ~ 堀田式トマト&ニンニクチーズトースト!!~

 8月8日です。ついに立秋!
 秋が立っちゃいましたね。いよいよ陰の季節に向かて進んでいきます。
 ということで、今朝は
食養生から!
 今朝は少し朝寝坊にて、5時半に自宅を出ました。大学到着は6時半ころ!
 すぐに着替えて、北方系生態観察園内を回り、森の元気をいただき(後でブログにアップします)、8時にオフィス戻ってきました。良い汗をたっぷりかきました!
 で、朝食です。
Dsc07058
 野口農園産の完熟トマト、生ニンニク、北海道産小麦で作った自家製パン、よつ葉チーズに桑園の場外市場で購入している卵屋さんの作ったマヨネーズで・・・
Dsc07059
 さらに7分後・・・
Dsc07060
 漢方の基本は食養生です!
 身土不二を実践する私です!

 ということで、今日も全開フルパワーなり(笑)。

|

2013年8月 7日 (水)

第3463話 ~ 北方系生態観察園の植物エネルギー!!~

 笹駆除後、かなりお疲れモードでしたが・・・、やはり、目に入ってきたステキなモノは撮らせていただきます(笑)。
_dsc4174
 ルイヨウボタンさんの実が色づき始めました!
_dsc4172 _dsc4177
 いよいよ七色の実に!

_dsc4194
 エゾニワトコくんの実!
 赤と緑は補色の関係なんで・・・イイ感じです。

_dsc4192
 ミズキくんの実もまた色づき始めました!

 今は陽から陰への間の季節。土用!
 太陽の光はどんどん弱くなっています。次世代の子孫を残す営みをしっかり継続させている植物たちです。

 でも・・・
_dsc4186
 独活(ウド)くんはようやく蕾!
 これから花火のようなお花が咲き始めます!

|

第3462話 ~ 北方系生態観察園の里山化(真夏の笹駆除)!!~

 午前中、北方系生態観察園、東の尾根奥の笹の駆除を行ってきました。
 とはいえ、昨年笹を駆除した後の残存している笹でしたのでさほどの労力はいらないはずなのですが・・・
 真夏の笹駆除はキツイ! 途中から汗ダラダラモードになってしまって・・・
 ということで早速です。
01
 7月24日、昨年笹を駆除した場所ですが、日当たりが良い場所なのでかなり笹が繁茂しています。

 ですが、2時間後には・・・
02
 鎮圧(笑)。先日刈った笹は褐色になって枯れてます。

 で、今日は矢印で示されている部分の笹の駆除です。
 2時間半後には・・・
03
 このように完全に鎮圧しました。

 もう少しアップでも!
04
 こんな感じでしたが・・・
05
 こうなりました。
 やはり笹の繁茂していた場所は1年だけでは完全に鎮圧することができないのです。
 一昨年から多くの共同研究者さんたちの手がけてくださった場所で、越権行為なんですが・・・
06
 残存している笹を根こそぎ駆除していきます。
07
 まあこんな感じです。
 さて、昨年まで笹林でその林床には他の植物たちが何もいなかったはずなのに・・・
08
 ルイヨウショウマさんの立派な株に次世代の子孫がたっぷりついていましたよ!
 完熟の実に熟成中!やがては、笹のいなくなった林床に種が落ち、新しい命が誕生する!
 ツクバネソウさん2株にも次世代の子孫がかわいらしく乗っかってました。

 さらに・・・
09
 昨日ブログでお話した重要な薬用植物の栃葉人参さんも!
 根茎を見ると・・・矢印部分が1年間の成長部分ですから、地上に見えるだけでもざっと10年物の栃葉人参さんであることが分かります。
 ということで、笹が繁茂している林床にはほとんど植物たちがいないのに、笹を刈ると、いきなりこんな株が出現するんなんて・・・、森を育てるには植樹だけではなく、林床の整備もことのほか重要であることが理解できます。
 さらに・・・
10
 これらは、樹木の実生1年生!

 荒れた森の再生元年!

 ここから全てが始まるのです!

 そして来年雪解け後の5月には・・・・、さーて、どうなってるのでしょう?
 大変大変楽しみです!

|

第3461話 ~ 漢方の基本、地産地消を実践する(野口農園さん情報)!!~

 今朝は、漢方における病気予防の基本、食養生
 その土地に生きる人間は、その土地で生産されたものを食べることが病気予防になる!
 一言で言えば、
地産地消とか身土不二
 北海道に生きる人間は、北海道の気候風土の中で生かされてるってことで、北海道の大地が育んだモノを口から取り入れ、新しく生まれ来る細胞の重要な素材となす!
 言われてみれば当たり前のことなのですが・・・、現代社会において・・・それは化石みたいな状況になっているのです。
 ということで、気がついた人は、今すぐにこれまでの誤った食生活を改め、地産地消、身土不二を実践しようではありませんか!
 それにこの時代、高いガソリン、電気を使って遠くから運ばれてきた食材を食べるってのは・・・、どうなんでしょうね(笑)。私はNGです(笑)。

 北海道の大地は食料自給率100%をこす大地ですからね。摂理に合った食生活することが一番の病気予防の秘訣ではないでしょうか。

 私の実践編です。
 今朝早く、私のかかりつけ農家さんの1件である当別町中小屋にある野口農園さんに行ってきました!
 住所等はここ!
1
 もう10年以上のお付き合いになりますが、めちゃめちゃ美味しい!

Dsc0697720130807
 野口農園さんの入り口。昔はここでお店を出してましたが、最近は奥の本宅で販売しています。

Dsc0698320130807
 お米も美味しい!
 なんたって・・・ご自分の山から湧き出たお水だけで育ててるんですよ!
 お水も地産地消の農家さんなんです。

 で、ハウスの中も・・・
Dsc0697820130807

Dsc06980
 ミニトマト!
Dsc06979 Dsc06981
 こうなると・・・もはやアートでしょう(笑)。

 でも、今日のお目当ては・・・
Dsc06984
 ニンニク、トウモロコシ、完熟トマト!

 野口農園産ニンニクは甘い! そうですねぇ~、ユリ根みたいなんですよ!
 で、4Kg購入です。昨年は8Kgほど分けていただいたのですが、冷凍したのがまだ残っているので今年は少なめにしました。
 完熟トマトもこれで相当量分けていただき、その大部分は冷凍にしました!
 今年は豆類も冷凍して保存してます。
トウモロコシも冷凍! 後は、乾燥野菜も作って保存しようかと思っています。
 
 で・・・、北海道産の野菜のない11月~5月までの半年間は、冷凍したニンニク、トマト、豆類、若干の越冬野菜、シャガイモ、タマネギ、カボチャ類だけで過ごすのです(笑)。カレー粉も自分でブレンドしちゃいますんで・・・ね、体調に合わせて香辛料を変えたり量を変えるのです。香辛料も薬ですから(笑)。
 そうそう、10月~2月までは長沼町の仲野農園さんから1ケ月10Kgのリンゴを送ってもらいます!ですから一冬50Kgのリンゴを食べてるってことになりますか(笑)。
 そんなことを始めてすでに4年以上が経過してます。

 漢方における最高医療は「
食医」なんですよ。

 皆さんも知識さえあれば、国家資格などなくっても自分自身に対する
食医」になれるのです。どうかどうかたくさん知識を集積して笑顔で前向きに生きる心と体を作ってくださいね!
 サプリメントも西洋医学的病気予防も抗酸化物質・・・etc・・・、私はそれらを否定するものではありませんが、それよりもまず、毎日口から取り入れる食材について、漢方の陰陽、五行と合わせた意識を習得、ご自分に合った旬の食材を食べて欲しいと思っています。

 私にできることならなんでも応援させていただきますんで(笑)!
 もちろん私自身まだまだ修行の途中ですから、これからもさらに進化し続けていくのでね(笑)。

 最後は・・・
Dsc06990
 旬のモノはもぎたてが最高でしょ!

 めっちゃ美味しい!!!!

 で・・・
Dsc06991
 心からの笑顔!
 当然・・・「
心身一如」!

 ということで、今日も全開フルパワーで生きちゃるわい!(笑)

 そうそう、野口農園さんでは宅配もしてくださいます!
 私も!って方は電話してみてください!

|

2013年8月 6日 (火)

第3460話 ~ 北方系生態観察園の植物エネルギーが札薬誌にカラーで掲載されました!!~

 先日札幌薬剤師会誌が送られてきました。
 一般社団法人札幌薬剤師会の会報誌です。
  006
 で、69ページ目に・・・
007
 札幌薬剤師会北支部の菅原優子先生の作品がずらり!
 第2回漢方・薬用植物研究講座の際に撮影されたのですね!

 菅原先生は、もちろん北方系生態観察園の里山化の共同研究者でもあり、7年前に漢方・薬用植物研究講座(当時は年4回)をいっしょに立ち上げて下さった薬剤師さんのお一人でもあります。


 どんどんすばらしい作品が撮れるようになって・・・・
 これからもごいっしょしましょう!

 北海道薬剤師会さんも札幌薬剤師会さんも、いつも応援してくださってありがとうございます。
 これからもよろしくお付き合いくださいませ!

|

第3459話 ~ 第5回漢方・薬用植物研究講座(8月25日)ご案内!!~

 年6回開催している漢方・薬用植物研究講座ですが、早くも5回目を迎えます。

Photo_4 

 6回開催している漢方・薬用植物研究講座ですが、早くも5回目です。

 今回は昨年に引き続き当別町で開院していらっしゃる鍼灸師&整体師の石井先生をお迎えして、鍼灸の極意にうちてお話いただいたうえで、鍼灸を実践していただきます。お楽しみに!

 後半の森の散策会では、秋の入り口の森&植物たちの様子を見ていただきます!

 4月下旬、5月上旬、6月上旬と雪解け後の森がどのように変わっていくのか、そのスピードの速さと、植物たちの勢い、さらには森を楽しむための鳥見学・・・を学んでいただきました。全ては、漢方における病気予防の基本「自然と調和する」の実践講座です。

 森が、植物たちがどのように変わっているのかをビジュアルに理解してくださいませ!

Photo_2
 当別町で開院しています。
Dsc0067920111008
 「北方系生態観察園の里山化」研究の共同研究者さんでもあります。
Smg_4509
 襟裳岬の植物エネルギーメッセンジャーでもあります。
 地球のエネルギーを鍼灸を使って「気」を流して経絡の流れを良くして体のメンテナンスをされる、私にとってはなくてはならない先生です。
 私事ですが、石井先生は私の体のメンテナンス係でもあります。ここ3年間ほど毎月2回ほど定期的に鍼灸&整体をしていただき・・・すこぶる調子が良いです。
 後半は、北方系生態観察園の散策です。4月下旬、5月上旬、6月上旬と春の植物エネルギーの摂取方法をお伝えしてきましたが、その森が秋になってどのように変わっているのかをビジュアルに理解していただきます。
 「自然と調和する」は漢方における病気予防の基本です。
 また、私のかかりつけ農園の野口農園さん旬の農作物セットを販売していただく予定です。地産地消もまた漢方における病気予防の基本。ぜひお越しくださいませ。
 なお100名の定員のところすでに80名の参加希望者がいらっしゃいますので、お早めに申し込みくださいませ。
1_2
1_2

|

イベント情報などのお知らせ

 さて、7月も今日で終わりです。まだまだ暑い夏は続いていますが、暦の上では8月7日は立秋秋ってことです。

 今は陽の季節)から陰の季節)への端境期の土用ということです。

 皆さんは陽の季節陰の季節)を乗り切るエネルギーを摂取しましたか?

 私のブログユーザーさんならきっと大丈夫ですね(笑)。引き続き自然と調和する生き方をいっしょに修行して参りましょう!

 残念ながら、立秋を過ぎると、陽の季節)、特に芽出しエネルギーは北海道にはないのです(笑)。

0116120

 7月中旬の大雪山旭岳! チングルマくん、エゾノツガザクラくんたちが一斉に花を咲かせます。

 立秋まではなんとか春のエネルギーが残っているかもですね。

 しかし、立秋を過ぎると・・・

0032515

 すでに秋本番!チングルマくんたちは既に種!

 全ての植物たちは次世代の子孫を残す営みになってしますのです!

 そして平地でも・・・

1

 このように・・・、そして冬・・・・全ての植物たちが一度ゼロに戻ってしまうのです。

 ついに春の植物エネルギーも終了デス!

 
 太陽の光がどんどん少なくなっていく 陰の季節)の過ごし方です。

2

 春、芽出しのころにやりはじめ、何か手ごたえのあるものは、急がず慌てずにそのまま熟成させ、秋に大きな喜びとなるように育てましょう!

 

植物エネルギー写真エッセイ第2弾、びふか松山湿原の植物エネルギー(堀田清著、美深町教育委員会監修、(株)植物エネルギー出版)もおかげさまで多くの方に買っていただきました。

  S 

 1冊1300円+消費税65円(合計1365円也)です。 

 植物写真エッセイ「びふか松山湿原の植物エネルギー」取扱い書店さん86店舗です。ぜひよろしくお願いします。
12345

 これにジュンク堂書店さん(札幌)と紀伊國屋書店札幌本店さんの2店舗を加えると全道88店舗に私の植物写真エッセイを置いていただけることになりました!

 ぜひぜひよろしくお願いします! 7月1日販売開始だそうです!


 最後に上記86店舗において、
在庫が見当たらない場合は、「コア・アソシエイツ(という卸会社)扱いの本」である事をお店の方に伝えて下さると、スムーズに応対していただけると思います。
 お店の「検索機」では在庫があっても取扱いなしと表示される場合があります。

 上記の本屋さんのほかに、札幌市内では以下3つのお店で購入可能です。
1.ジュンク堂書店さん
札幌市中央区南1条西1-8-2 丸井今井南館B2~5F 電話: 011-223-1911 / FAX: 011-223-1900 営業時間: B2~4F書籍売場 10時~21時
 2.紀伊国屋書店札幌本店 札幌市中央区北5条西5-7  sapporo55 電話: 011-231-1911 / FAX: 011-241-0526 営業時間: B2~4F書籍売場 10時~21時
3.エコネットワークさん(札幌市北区北9条西4丁目エルムビル8F, 電話:011-737-7841, Fax:011-737-9006, E-mail:eco@hokkai.or.jp)
4.カメラのパラダイスさん(札幌市北区北17条西3丁目2-25, 電話:011-727-4111, Fax:011-727-4112)

 石狩当別町では

今のところ3つお店で購入可能です。
1.北海道医療大学発ベンチャー企業(株)植物エネルギー(石狩郡当別町金沢1757、北海道医療大学薬学部、電話&Fax:0133-23-3792, E-mail:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp)

2. 石井鍼灸接骨院(石狩郡当別町弥生52, 電話:0133-23-1933



 あと・・・、一応、この写真エッセイは1回きりの限定印刷になります。売りきれましたらそれで販売終了とさせていただきます。

 ≪申し込み先です≫

 
電話&Fax(共通):0133-23-3792

 E-メール:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp

.堀田清とその仲間たちによる写真展「植物エネルギー 氷の世界」

Dm201308s
 恒例になりました「植物エネルギー 氷の世界」です。ぜひお越しくださいませ!
 そして・・・
Photo
 スライドトークショーです。午後7時から!
 仲間5人のミニトークの後に私が1時間ほど真冬の情景をお見せしつつ、絶品の堀田トーク(笑)。
 もちろんお酒もありですから!
 スライドショー終了後はお酒を飲みつつ大笑いしませんか?

II.第5回漢方・薬用植物研究講座(北海道医療大学主催)

Photo_4 

 6回開催している漢方・薬用植物研究講座ですが、早くも5回目です。

 今回は昨年に引き続き当別町で開院していらっしゃる鍼灸師&整体師の石井先生をお迎えして、鍼灸の極意にうちてお話いただいたうえで、鍼灸を実践していただきます。お楽しみに!

 後半の森の散策会では、秋の入り口の森&植物たちの様子を見ていただきます!

 4月下旬、5月上旬、6月上旬と雪解け後の森がどのように変わっていくのか、そのスピードの速さと、植物たちの勢い、さらには森を楽しむための鳥見学・・・を学んでいただきました。全ては、漢方における病気予防の基本「自然と調和する」の実践講座です。

 森が、植物たちがどのように変わっているのかをビジュアルに理解してくださいませ!

Photo_2
 当別町で開院しています。
Dsc0067920111008
 「北方系生態観察園の里山化」研究の共同研究者さんでもあります。
Smg_4509
 襟裳岬の植物エネルギーメッセンジャーでもあります。
 地球のエネルギーを鍼灸を使って「気」を流して経絡の流れを良くして体のメンテナンスをされる、私にとってはなくてはならない先生です。
 私事ですが、石井先生は私の体のメンテナンス係でもあります。ここ3年間ほど毎月2回ほど定期的に鍼灸&整体をしていただき・・・すこぶる調子が良いです。
 後半は、北方系生態観察園の散策です。4月下旬、5月上旬、6月上旬と春の植物エネルギーの摂取方法をお伝えしてきましたが、その森が秋になってどのように変わっているのかをビジュアルに理解していただきます。
 「自然と調和する」は漢方における病気予防の基本です。
 また、私のかかりつけ農園の野口農園さん旬の農作物セットを販売していただく予定です。地産地消もまた漢方における病気予防の基本。ぜひお越しくださいませ。
 なお100名の定員のところすでに80名の参加希望者がいらっしゃいますので、お早めに申し込みくださいませ。
1_2
1_2

III.平成25年度第42回高文連道北支部写真展・研究大会審査会講師

 美深高等学校他から「日本最北の高層湿原、びふか勝山湿原の植物探索と写真撮影」講師の依頼が来ました!びっくりのオファーです!
004s
 写真家でもないのに・・・とは思ったのですが・・・、ドキドキしながら引き受けることにしました。
 8月29日、30日の両日に行われます。
005s
 


 
薬用植物園内に設置されている赤い色のポストみたいな箱の中に入っている入園者カードにお名前とご住所(札幌市北区、小樽市、当別町くらいで結構です)、来られた方の人数をお書きくださいませ!

 来園者の実数は、そのまま大学経営者に届けます。皆さんの声が多くなればなるほど、大学はよりこの園をサポートしてくださると思います。

 そして今年よりも来年、来年よりも再来年・・・、訪れるたびに感動の数が増える森になっていくでしょう!

 どうか訪れた方皆さんの声をぜひ届けさせてくださいませ!

 入園者カードのある場所は以下に写真でお示しいたします。
Photo

 先ずは薬用植物園に到着しますね。で、薬用植物園内に赤い屋根の東屋があります。

Photo_2
 赤い屋根の東屋です。
 上の写真にあるように赤い色の小さなポストのような箱があって、その中に入園者カードが入ってます。

01
 これですね!

 上のノブを手前に引くと・・・
Photo_3
 入園者カードです。

 よろしくお願いします! ご意見もどんどんお書きくださいませ!

 薬用植物園・北方系生態観察園のパンフレットも入ってます!

 皆さんの声がさらにステキな森になっていくのです!


 もう1つのお願いです。


 北方系生態観察園全部が「
荒れた森の里山化」研究用地になっています。
 散策路からはずれないように森の散策を楽しんでくださいませ!

北海道の大手ガス会社、北ガスグループ北ガスジェネックスの情報誌『ポケット』の表紙に私の植物たちの作品を使っていただいています。これまで、春・夏・秋で合計28点が『ポケット表紙ギャラリー』として、ホームページに掲載されています。また28点全てをダウンロードできるようになっています。ぜひご覧になってみてください。こちらをクリックしてください 北ガスジェネックス

 『すずしろの花』のホームページ及びブログもぜひご覧になってください。

東京、名古屋方面でも口コミだけで広がっているようです。

 で、東京方面で、大変精力的に『すずしろの花』を応援してくださっている会社をご紹介します。その名は株)マスト・ワン(東京都渋谷区桜丘町22-19-119、Tel:03-3476-0270、Fax:03-3476-0270、E-mail:info@mustone.co.jpです。

 ぜひ、この会社のホームページをご覧になってください。とてもすばらい動画で『すずしろの花』が紹介されています。こちらをクリックしてください  株)マスト・ワン

|

第3458話 ~ えりも岬の植物エネルギー新作ポストカード!!~

 実は・・・私の襟裳岬で撮りためた写真作品がポストカードとなって、えりも岬の「風の館」、私の定宿のえりも観光館さんなどで販売されているんです。
 で、在庫が無くなったので新しい作品のポストカードが欲しい!とのことで・・・
201308l
 ということで、よろしくお願いします(笑)!

|

第3457話 ~ 8月5日、北方系生態観察園の植物エネルギー!!~

 さて、昨日アップできませんでした8月5日の北方系生態観察園の植物エネルギーをご覧ください!
_dsc4127s
 これは・・・、イタヤカエデくんの種!
 昨年笹を駆除した林床に横たわっていました。
 ここから森の再生が始まると思うと・・・ワクワクドキドキしてきます。
 そして・・・
_dsc4128s
 緑の葉っぱは・・・、そのイタヤカエデくんの実生、昨年地面に落ちた種が発芽し、2枚の葉っぱになってる!
 その横には、すでに背の高い木に育ったイタヤカエデくんの枝先についていた葉っぱが・・・・
 この葉っぱはやがて大地の土になり、1年生のイタヤカエデくんの肥料の一部になるのです。
_dsc3672
 こちらは、まだ笹を駆除していない笹林! 18年以上はこのまま! 何もない!
 そして、昨年笹を駆除した林床には・・・
Dsc01258
 無数の樹木たちの実生がいるのです。
 なぜ笹が繁茂した森が存在するのか?
 いずれ詳しくお伝えしようと思っているのですが・・・、私たちの先祖が生きるためとはいえ、その原因を作ったのです。だからこそ豊かな毎日を過ごすことのできるようになった私たちが、先祖のためにも地球全体が元気になるように元の豊かな森に戻すことをすればよいのでしょう!
 北海道医療大学の森、北方系生態観察園はその最先端を行く森にするつもりです。
 そして、上の写真・・・、笹だらけになっていた荒れ放題だった森の再生の第一歩!
 そういうことです(笑)。

 その最初の27年間に関われることは、研究者の一人として大変うれしいことなのです(笑)。
 なにより
他者とは全く異なる、北海道医療大学でしかできない研究なんでね、どんな他者とも競争する必要もない!
 そして、ひょっとしたら・・・、この実生たちの一つが樹齢300年以上の巨木になるかもしれないじゃないですか!!!
 私が現世からいなくなって、魂レベルの存在になっても、この森の成長を楽しめるなんて・・・などと想像すると・・・時空を超えて研究できることになる!
 そして、この森の再生に関わった人たち全てとその価値観を共有できる喜び!
 決してお金で買うことのできないものなのですね。
 ということで、今日も午後から森に入って林床の整備をしてくることにします!
 自らが笹を、シダ類を駆除しつつ、森の様子をしっかり観察し、これまで通りではないステキな何かを見つけることができる北方系生態観察園!そしてそれを写真に撮り続け記録に残し、出版し、多くの人たちに伝えるのです!
 やる気全開フルパワー! 漲る勇気!・・・etc・・・、前向きな単語が1000以上は並べたい気持ちになりますね(笑)。
 たぶん、これが漢方で最も重要な「気」の上昇、「気」の巡りに連動しているのだと思いますね。
 一言で言えば「心のエネルギー」!

 ということで、昨日の北方系生態観察園の植物エネルギーです。
 先ずは・・・
Dsc01264
_dsc4131s _dsc4129s_2
_dsc4137s _dsc4138s
 漢方方剤にも配される重要な薬用植物、ウコギ科の栃葉人参(トチバニンジン)。もちろん日本薬局方収載のれっきとした医薬品です!
 17年前私と学生とで4時間以上もかけ笹薮の中を歩き回り有用植物を探していた頃にはほとんど見つけることができなかった植物さんです。昨日撮影した場所だって・・・18年前は冒頭のような深い笹薮だった場所です!
 それが今では全山で1000株ほどに増えています! 本当に覚醒の感がありますね。
 ウコギ科植物さんには、独活(ウド)、タラノキ、コシアブラ、ハリギリなどがあり、どれも私たち人間にとって元気をくれる植物さんなんです。漢方方剤の中に使われる元気を与えてくれるとても重要な朝鮮人参(オタネニンジンといいます)もウコギ科なんですよ。
 朝鮮人参は直根(地下方向にまっすぐに伸びる)なのですが、この栃葉人参ってのは、とても贅沢な植物さんで、根っこ(根茎)が腐葉土の中を進むんです。つまり地面に対して水平ってことです。

 逆に言えば・・・、腐葉土がなければ成長できない!ってことになります。020704
 これが薬用部分。実際に北方系生態観察園にいた栃葉人参で標本を作りました。
 上の写真で節がありますね。あれが1年分の成長部分です。節の数を数えるとゆうに30個以上はありますので、この株は30年以上物ってことになります。
 30年以上かけてたまった地球の元気を薬用として用いるわけですから・・・、そりゃ効きますよね(笑)。まさに植物エネルギーといえましょう!

 ということで、笹の駆除をすればするほどに、落葉樹の葉っぱが地面に落ち腐葉土と化していくのですね(笑)。
1
 このように笹を駆除した林床には落ち葉が積層されていくのです!

 さてお次です。
_dsc4145s _dsc4146s
 いよいよ類葉牡丹さんが色づいてきました!
 今日も撮影します!

_dsc4151s _dsc4156s
 野生ランの一種、オオヤマサギソウさんも開花しました!

_dsc4149s _dsc4148s
 アイヌ民族も重宝したし、漢方でも天南星として使われる重要な薬用植物さんのマムシグサくん!(上左)
 これもどんどん増えています。最後は本当に真っ赤な実になるのですが・・・・
 そのプロセスはとてもきれいです。
 さて・・・、このマムシグサくんの実、今は緑色ですが・・・下から色づくと思いますか?それとも上の方から下に向かって色づくでしょうか????(笑) もう少ししたら色づき始めますんで・・・、ぜひ見に来てくださいね!

Dsc01267
 そしてこれ・・・今年は相当お花を咲かせています!

_dsc4167
 糊空木(ノリウツギ)くんの花!
 まあ白いアジサイってとこでしょうか(笑)。

 今日は、最後に北方系生態観察園の入り口の様子です。
Dsc0696220130805

Dsc0696420130805
 私は北方系伝統薬物センターに2階にいますんでね、気軽に声をかけてくださいませ!




|

2013年8月 5日 (月)

第3456話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャー松山湿原に行く!!~

 タイトル通りです(笑)。

 私の友人で通称、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと石原先生が松山湿原へ出かけたそうです。

 メールが来て松山湿原の写真を送ってくれました!

P8041920

 登山道はエゾアジサイさんたちのエネルギーがさく裂してたそうですよ!

 で、石原先生のお気に入りは・・・、毛蟹蝦夷紫陽花!(笑)

 私の感性と共有できて大変うれしいですね(笑)。

 さて、気になる松山湿原トップの様子ですが・・・

P8041834

 はい松沼付近のタチギボウシさんたちが大ブレークしてたそうです!

 石原先生を待ってたのでしょうね!

 私が訪れた時にはまだ蕾ばかりでしたのに・・・・

 さらに・・・

P8041827

 やっぱり湿原全体が紫色になっているようです!

 これは・・・2004年よりもすばらしいです!

 今度いつ大ブレークするかわかりませんよー!

 ぜひぜひ日本最北の高層湿原の紫色を見に行ってくださませ!







|

第3455話 ~ 『北方系生態観察園の里山化』研究(樹木の実生)!!~

 「荒れた森の復活研究」=「北方系生態観察園の里山化」・・・、かつての北海道医療大学・北方系生態観察園は荒れた・・・、というよりは、荒れ果てた森そのものでした。
 16ヘクタールの森全部がクマイザサの大群落・・・というか、それしかいなかった!
 ただひたすら、
そのクマイザサの駆除&シダ類の駆除をし続けた17年間、加速度的に林床の植物たちが増え続けているのです。
6
 クマイザサの大群落の中・・・、四つん這いになって笹の中に入り込み撮影しました。
 ここは・・・、私が北海道医療大学に来る前からずーっとこの状態が続いているのです。だから18年間以上林床にはほとんど何もいない! まあ何かしらいたとしても・・・笹の背丈を越すようなことにはならない!
 なんてたって・・・、笹の林床には光が差し込みませんからね。

Dsc01260
 ここは昨年秋に共同研究者さんたちによって笹を駆除した場所です。
 日当たりの良い場所は先の写真に写っているほど多くはありませんが、まだまだ駆除できてませんね。
 笹は・・・、太陽の光りが当たる場所が大好きなんです(笑)。
 なので、夏になったら、広葉樹の葉っぱがいっぱいになって日陰になる場所から笹を駆除していくのです。
 笹は根っこどうしでつながっていますので、先ずは日陰になる場所の笹を駆除し、補給路を断ってから日当たりの良い笹を駆除していくのです。

 で・・・、昨年秋に笹を駆除した場所がどうなっているかと言えば・・・
2
 今は樹木たちの実生がたーくさん現れています!
 多くは種から発芽したばかりの1年物ばかりなんです。
 でも悲しいかな、私の修行不足ゆえ、実生を見ても樹木名が分からない(涙)。

 そうそうここは今年5月17日には・・・
7
 こんなふうになっていた場所です。
 笹が繁茂しているってことは森には元気がない! ってことがビジュアルに理解できます。

 ということで、これら樹木の実生たちが、いったいどんなふうに成長していくのかを観察し続けることにしました!
4
 このようにこれと決めた株に印を付け、ずーっと観察しつつ写真を撮り続けていくという手法です。
5
 こうすれば、10年間同じ株の成長する姿を観察することができるはず!
 さて、途中で自然淘汰されないことを願いつつ、見守っていきましょうかね(笑)。

 ちなみに一昨年の秋に笹を駆除した場所はどうなっているかといえば・・・
3
 こんなに大きな葉っぱになっています。

 私が見守ることのできるのはわずか10年間ですが・・・森が復活していく最初の段階を記録に残すことができると思っています。

|

第3454話 ~ 8月3日、スライドトークショーに来てくださってありがとうでした!!~

 またまた新しい一週間の始まりです。暦上」では今週中に立秋!ということで秋が立つ!
 肩書ある者たちはどんどん闇を呼び込もうとしているように思えるのですが・・・・(笑)。
 基本的には毎日を一生懸命に生きている庶民の方が圧倒的に多いのですね!
 毎日を一生懸命に生きている人たちの笑顔が増えれば増えるほどに闇は減っていくはずです!
 闇を減らすべく、どんどん前に進みましょうぞ!(笑)

 土曜日はイベントでしたが、日曜日は終日自宅にいて、ネット上で色々な情報を収集してました。
 山本太郎氏の動画を結構見ましたが・・・・、彼が日本で最も勇気ある生き方をしているのではないかと思いました。良いとか悪いとかではなく・・・、闇の中を光にしようとして全力疾走しているようで・・・、涙が出ちゃいましたね。
 心からエールを送り続けたいと思いますし、私自身、彼とは全く違うやり方で闇を明るくしていきたいと思いました。
 今朝も朝5時に自宅を出て・・・、当別町東裏防風林経由で大学に来ました。すぐに着替えて私の愛する北海道医療大学・北方系生態観察園で一仕事。このことについては後のブログで・・・!

 ところで、8月3日(土)、2日から始まった写真展「植物エネルギー、氷の世界」のオープニングイベントでした!
Dsc06883
 午後7時からのスライドトークショー直前の様子です。
 うれしいですねぇ~・・・、最終的には20名弱の方が来てくださいました!
 どうもありがとうございました!

 で、最初は私の共同出展者5名のミニトークから・・・
 最初はIshidaさん。。。でしたが、写真を撮るのを忘れてました。ゴメンナサイ(汗)。
 ここではお見せできませんが、なかなか誰もが見えていないステキな作品です。ぜひチャオさんに見に来てください!

Dsc06886
 岩内町から参加のOdaさん。昨年リベンジを誓ってましたが、今年の出来はいかがでしたか?
 この方のトークは実に面白い!
 昨年も出し物を持ってきたのですが今年も!
Dsc06889
 おもむろにカンジキを取り出して・・・皆、大爆笑!
 来年も期待してます!
Dsc06890
 初参加のステキな女性は・・・Mihoさん!
 なかなかステキな作品でしたし、トークもナイスでしたよ!

Dsc06897
 感性豊かな若き女性のNodokaちゃん。
 マクロレンズ初挑戦だそうですが・・・すばらしい作品でした。
 
 昨年参加のSugawaraさんもステキな水色の作品。さすがデス!
 で、私のトークが1時間ほど・・・、その後は懇親会で皆さん熱い談義!
 チャオママの極上の料理にアルコール・・・、皆すばらしいオーラでした!

 来年の参加希望者が数名!もちろん大歓迎!
 最大11名までオーケーですからねー、Igarashiさん、Ogasawaraさん、Yoshikawaさん、Matuiさん・・・
 おっと・・・すでに10名が決まりましたね(笑)。残り1名!でーす!

 10時でお開きでしたが・・・
 なんと・・・

 総勢9名がパブスナックUrara(札幌市北区北24条西3丁目杉森ビル2階)さんへ!!!Dsc06907
 始まっちゃいました(笑)。
Dsc06908
 はじけてます(笑)。
Dsc06911
 最近パパになったOsawaくん! パパになっても・・・ロックンロールですよねぇ~(笑)。
 動きが速すぎ!
Dsc06946
 (爆笑)
Dsc06920
 すばらしい!
 ちなみに背後霊のような手は・・・、私です。
Dsc06941 Dsc06960
 やっぱり一番落ち着いてるのは、私(上左)とIshidaさんでした(笑)。
 

|

2013年8月 3日 (土)

第3453話 ~ しみじみ・・・私は、18年間自然と調和してきたのだなぁ~(笑)!!~

Photo
 さて、今晩(午後7時)から画廊喫茶チャオさん(札幌市北区北24条西4丁目 ケーキ屋さんモンレーブの入っている3階、電話:011-736-3434)で開幕した写真展「植物エネルギー 氷の世界」、オープニングイベントが開催されます。お時間のある方ぜひお越しくださいませ(1ドリンク、1,500円)。

 今回は私の通勤途中の冬の感動を中心にスライドでお話させてもらいますね。

 まさに「
道端のステきな出会いと感動!」。

 北大薬学部で有機化学にのめりこんだ15年半間、そして北海道医療大学に来て植物たち&漢方の修行を始めて18年間、あっという間の32年半が過ぎてしまいました。

 特に北海道医療大学に来てからは時の流れの速きことよ!
 これを言うと多くの人は引いてしまうのですが・・・「棺桶に向かって笑顔で全力疾走!」が私には一番フィットしてます(笑)。
 今のこの充実した人生を誰に感謝したら良いのか・・・・、日々思う毎日ですね。
 もしもあのまま有機化学を続けていたら・・・たぶん、今私が最もなりたくない人種になっていて、たぶん心のエネルギーが尽きて50歳でこの世の人ではなかったと思っています。
 有機化学をやってた後半部分は、いつも「私は
50歳で逝くんだなぁ~」と思ってました。まあそれでもあり得ない人生を過ごさせてもらったしいいかな(笑)。有機化学と殉死しても悔いはないかも・・・
 まあ、15年半最後の方はそんな感じでした。身体も心もボロボロでしたし(笑)。一言で言えば刹那的人生!(笑)。
 それが今は・・・でしょ(笑)。あの頃は「怒りんぼ大将軍!」だった私が「どうやったら怒れる?」にまでなって・・・。毎日目を覚ますと「おっ、今日も生かされてる!ラッキー!」なんですよね。
 まあグリコのオマケみたいなもんだし、せっかくだから全力フルパワーで生きちゃるわい!の繰り返しで今日がある!
 これまで出会った全ての人類、全ての出来事に感謝なんだけども・・・、一番は地球かな(笑)。
 今私のもとには膨大な写真データがあります。
 北海道医療大学に通勤するようになってから、特に写真を撮りはじめてから・・・、通勤途中で出会った感動をずーっと撮り続けています。
 別に写真展をしようとか、コンテストに出そうとか・・・、全く考えずにただ撮り続けているのですね(笑)。
 通勤道路もまた地球の一部。撮り続けているうちに様々な地球の元気と勇気が細胞全てに沁み渡っている!
 そんな感じでしょうか(笑)。
 特に福島原発事故以降・・・、その感動エネルギーは無限大になった!
 森や川や山に近づけない大地になったところもあるんだと思ったら・・・、「いつかはステキな大地に還ってよ!」願いと祈りつつシャッターを押すようになった! そうでもしないと切なさにやられちゃう!

 ということで、今回のスライドショーの原稿を作成するために通勤途中に撮った膨大なデータを眺めているうちに、当別エリアもまたすばらしい大地なんだと思ったのでした。

 そして、漢方における病気予防の極意「
自然と調和する」を実践してきた18年間だったのだとしみじみ思ったのでした。
 ということで、今日の予告を兼ねて、当別町東裏防風林近くの四季を紹介しましょう!
1_2
 地図をのっけちゃいました。この辺りです。
 電車では絶対に行けない場所。ということで、文明の利器である自動車通勤のメリットを最大に活かしている私です(笑)。
 先ずは・・・
 2013年3月22日、朝6時36分
2_2
 夜中風が強かったらしく風紋ができてます。
 春分の日近くなのに・・・、大地は冷え切ったまま!

 5月10日
3_2
 すばらしいスギナくんの芽出しが道端にあります。
 この頃防風林では野鳥をたくさん観察できるんです。

4
 キバナノアマナさんもスギナくんの群落に影でそっと開花!

 5月23日 
5
 ツクシくんは、ちゃんとスギナくんになっていて、キバナノアマナくんのいた場所にはオオバナノエンレイソウさんが咲いてました。

 8月24日 
6_2
 昨年はツユクサさんが大ブレークでした!


 8月28日 
7

 お米も大ブレーク。こうなってもらわないと困りますけど(笑)。
 こうなると・・・、植物エネルギー&食物エネルギーですよね。

 さらに


 8月31日 
8
 同じ場所からの撮影ですけど・・・、3日間でこんなに色づいちゃうことに気づかせてくれました!


 2013年1月28日 
9
 通勤途中の東裏防風林近く! お月様が出ていて・・・、外気温は-25℃以下だったでしょう!(笑)。
 私には・・・ちょうど良いのですがね(笑)。

 実は、冬期間、こんなすばらしいお天気になるのは本当にわずかな日だけんなんですよ。
 こんな日を逃しては実にもったいない!

11
 その24分後には・・・すばらしい朝がやってきました!

 こんな日はもう2度とない!と思ってたくさんシャッターを押し続けたのでした(笑)。

 漢方の極意「
自然と調和する!」を実践し続ける私です!(笑)
1_3

2_3
 地平線から昇った太陽の、極上の光を浴び続ける私(笑)!

 そして2013年5月19日・・
3_3
 これがエビデンス!

 どんなにすばらしいことも眉間に縦皺3本、口はへの字の人が云っても、なんら説得力はありませんよね(笑)。

 先ずは自分の顔! これが一番大切だと思います。

 心からの笑顔になれてますか?

 さて、心からの笑顔を取り戻したい方、今晩も相当お裾分けします!

 ぜひごいっしょしましょう!

 チャオさんに大集合なり!(笑)

|

第3452話 ~ 松山湿原登山道のすばらしいエゾアジサイさんたち(再)!!~

 今日は土曜日。たぶん今日、明日の松山湿原登山道では、最高のエゾアジサイさんたちの植物エネルギーを摂取できるだろうなぁ~と思いつつブログをアップしましょう。
 今回は松山湿原に続くわずか900メートルの登山道に高密度にいるエゾアジサイさんのほとんど全ての株を撮影してきましたので・・・、データ整理が追いつきません。
 デジタル一眼レフカメラの便利なところではありますが、時に私の仕事処理能力を越す展開になってしまうこともあります。
 さて、ほとんど全てのエゾザジサイさんたちのデータ整理が終了しました(他の植物たちはまだです(汗))。

 あらためて・・・、実に色々なエゾアジサイさんがいるもんだなぁ~と感心しました。
_dsc3987_2
 まあこれがフツウのエゾアジサイさんでしょね。

 で・・・
_dsc3965
 この子もかなり変わってますよね。ピンク色の飾り花、さらに飾り花6枚! 
 3枚1組のが2つに重なってるんですね。

 でも、こんなのは序の口!
2
 飾り花のご注目ですよー!(笑)
 傑作なのは飾り花にフリフリがついてる!

 こうなると・・・、エゾアジサイさんは単なる植物ではなくって、超おしゃれな生命体ってことになるんですよねー。私の中ではフリフリちゃんという名前がついてます(笑)。

 さらに・・・
1
 これは・・・何????
 特に左上のエゾアジサイさんなんか・・・、飾り花が小さ過ぎでしょ!

 極めつけはこれ!
3
 こうなると・・・、エゾアジサイって名前で良いのでしょうかね。

 フツウのエゾアジサイさんからは、かなり遠くにある存在ですよね(笑)。

 ということで、今日の松山湿原登山道のエゾアジサイさんに思いをはせつつ・・・、執筆活動する私でした(笑)。

|

2013年8月 2日 (金)

第3450話 ~  野生ランのお好きな方、ぜひ見つけてください!!~

 登山道の仮払いを控えてくださっているおかげで、貴重な野生ランもまたこの時期に見ることがでいます。
 先週も、一昨年見た・・・
_dsc3929
 たぶん・・・、ミヤケランさん!

 ちゃんと大きな株になって咲いてました!
 私は一株しか見つけられませんでしたが・・・・、野生ラン好きの方、ぜひ見つけてくださいな!
_dsc3930 _dsc3931
 タチギボウシさんたち、エゾアジサイさんたち、トキソウさんたちの大群にココロがはずみ踊りながらも・・・、1株しかいないミヤケランさんを感知できる!

 地球の気の流れを感知できれば・・・、人の気の流れなど・・・いとた易い!などと思ってしまう松山湿原登山道!

 植物エネルギー、漢方の修行の旅は着実に進んでいると思えました(笑)。

|

第3449話 ~ 今週末の松山湿原登山道はエゾアジサイさんがThe Maxですよ!!~

 さて・・・8月になって、これから先は植物エネルギーも収束に向かっていきます。

 で、ぜひ行ってみてほしいのが・・・、松山湿原! それも登山道!

 美深町さんは、登山道の仮払いを控えてくださっていて・・・登山道際の植物たちが加速度的に増えています。
 ツバメオモトさん、ゴゼンタチバナさん、サンカヨウさん、エゾアジサイさんなどなど・・・、すばらしい登山道になりつつあります!

 で、美深町の方はあまり認識されていないかと思うのですが・・・、松山湿原の登山道で最もステキなのがエゾアジサイさんの大群落です。
 この前も北海道ボランティアレンジャー協議会の友人も言ってましたが・・・、こんな所、めったにないです!
 それも・・・、比較的容易に登れる場所に・・・デス!

 そのエゾアジサイさん、たぶん今週末がThe Maxですよー!

 先週末に登山道にいた全てのエゾアジサイさんを撮らせていただきました。なんでデータ整理が間に合わないのですが・・・、整理したものだけご覧ください!
_dsc3987
 一応、一般的、図鑑的なエゾアジサイさんもいます!

4
 かなり変わってますが、一応図鑑的なエゾアジサイさんのカテゴリーになるでしょうか(笑)。

2
 こうなると・・・、もはや宇宙人的。エゾアジサイさんの堀田版ってとこでしょうかね(笑)。

3
 これは・・・、アートの領域でしょう!

 そしてこれ!
5
 丸くない!
 海野先生にならって命名してみました。
 毛蟹蝦夷紫陽花(ケガニエゾアジサイ)!

 こんなにたくさんいるエゾアジサイさんたち・・・一株として同じものは無し!

 それは・・・、人間だって同じなんだ!

 植物たちは、ちゃんと真理をビジュアルに伝えてくれてるんだよ(笑)。

|

2013年8月 1日 (木)

第3448話 ~ 写真展「植物エネルギー 氷の世界」搬入終了!!~

Dsc06878

 画廊喫茶「チャオ」さんへ搬入が終了しました!

Dsc06877

Dsc06879

 全紙サイズは8点!

 その他に私の仲間5人が4Wで15点ほど展示します!

 真夏に真冬の写真をぜひ味わってくださいませ!

 そして、スライドトークショーの原稿作成も終了しました。

 当別町の春から秋、そして極寒期のすばらしさをお見せします!

 

 これ見ちゃったら・・・、思わず撮影に出かけたくなるですよ(笑)。

 

 ぜひ見に来てくださいませ!







|

第3447話 ~ 美深町の絶品ラーメン「すずや」さん!!~

 お伝えしたいことはブログにアップしていることの倍以上あるのですが・・・、なかなか手が回らず・・・

 今日は松山湿原で汗をかいた後に食べる絶品のラーメンを紹介しましょう。

Dsc06835

 美深町の中心街、国道沿いにあるレトロなラーメン屋さん。「すずや」さん!

Dsc06837

 人の好さそうな老夫婦が作る絶品のラーメンです。

 今風の豚骨ラーメンではなく、煮干しのダシベースのさっぱり系。

Dsc06838

 極上のチャーシューにネギ、シナチクだけ。私は醤油味にはまってます(笑)。

 そして・・・お値段が・・・500円なり!

 堀田イチオシ!のラーメン屋さんです。







|

第3446話 ~ 写真展「植物エネルギー 氷の世界」、明日開幕です!!~

Dm201308s  
 さて、いよいよ写真展「植物エネルギー 氷の世界」が明日開幕です!
 力作ばかりですのでね、ぜひ見に来てくださいませ!

 なお8月3日(土)、午後7時からはスライドトークショーを開催します。
 仲間5人のミニトークの後に私が・・・・、1時間ほど!

 かなりスライド原稿が出来上がってきましたので、少しだけ予告です!
Photo

 私の撮影テーマは・・・「身近な所にあるステキな瞬間!」。ですので、通勤途中に私が勇気と元気をいただいている場所をテーマにスライドをお見せします!
 場所は・・・
1
 石狩太美防風林そば!

2
 当別町の大学近くの当別川にかかる橋の上、それと当別町東裏防風林近くの3か所です!

 で、石狩太美防風林近くの情景から・・・
3
 2011年3月14日早朝!
 太陽はすでに春・・・、なれど、大地はまだ冬!

 それが5月20日前後になると、土手までがオオバナノエンレイソウさんでステキになる!
4

5
 8月末・・・、こんな瞬間に会えた!

6
 植物エネルギー&食物エネルギー!
 ミスティなのもまた良し!

 そして2013年1月29日はすばらしかった!
7


8_3
 通勤途中にあっという間にポジフィルム、Velvia502本を撮りきってしまったのでした(笑)。

 お話はまだまだ続きますよー!

 お酒を飲みながら、まったり冬の情景を楽しんでくださいね!
 

|

« 2013年7月 | トップページ