2013年4月24日 (水)

第3213話 ~ 黎明期(国道275号線沿い)!~

 落日・・・、それは陽の世界が陰の世界へ移行する時!

 日の出は・・・、陰の世界が陽の世界に転ずるとき!

 その狭間が黎明期!
Dsc02272

Dsc02273
 なんと表現すればよいのだろうか!!!!

 ただただ沁みる!

|

2012年8月16日 (木)

2637話 ~ 国道275号線沿いの植物エネルギー&感動です! ~ 

 今日は体がだるくて・・・、オフィスでだらだらしちゃってます(汗)。少しやり過ぎですかね(笑)。
 明日から・・・やることにして、これからフクロウの湯に行って緊張状態をほぐしてこようと思ってます。

 さて、しかたがないのでだらだらとデータ整理をしてました(笑)。
 デジカメってやつは、気軽に撮ることがことが良いのですがね、あとの整理大変なんですね。
 連射機能は使ってませんし、思いも入ってますが・・・、やはりVelvia50を使って撮影する時とは半分以下の気しか使ってませんね(笑)。

 テレビ、マスコミは現実に起こっている、進行中のシリアスな問題から目をそらせるような番組編成ばかりですが・・・、そう感じてる私ってやはりフツウのではないのでしょう(苦笑)。
 オリンピックで金メダルを取ってる選手は、すばらしい!し、頑張ってるなぁ~とも思うし、それなりに心が動くのですがね・・・、感情むき出しに熱狂的になっている国民を見たり聞いたりすると何故か切なくなるのは何故でしょうかね(苦笑)。

 昨年の3月11日以降・・・、私の中では全てが変わった。
 それまで地球が汚されていく感覚だったのが、ついに最悪の形でビジュアル化されてしまった・・・・
 何故か自分の身体の全ての細胞の中に毒が入り込んで、痛い! そんな感覚って共有してもらえませんか?

 そして、今の自分にできることってなんだろう????と毎日毎日考え続けています。

 これまでもそうでしたが・・・「太平洋のど真ん中の無人島の浜辺で一人マドラーで海をかき混ぜてる」感覚なのですね。物心ついたときから、いつもそんな無力感との戦いだった!
 でも、何かしたい、しなくちゃ! マドラーでかき混ぜれば、ひょっとしたら大きな波になるかも・・・
 「あきらめたら終わりだ!」といつも自分に対して熱く語り続けてきたのです。
 「こんなことしてて何か意味があるのかな?」、「でも意味なんてやり続けた先にしかない!」。なんかいつもそんな感じで生きてきました。
 「私が地球に生を受けた意味?」。これが私の究極の謎なんですね(笑)。
 知りたい!とても知りたいのです!だからあきらめない!のですね。きっと(笑)。
 45歳までは「誰か教えてほしい!」とも思ってましたが・・・、植物たちと会話するようになってからは・・・、何か地球と会話ができてるようでね。地球が答えを教えてくれてる感覚なのです。それがうれしい!

 そして、私が地球に生を受けた意味なんてのは、私が地球上から形ある者ではなくなった先にあるのだろうということもなんとなく見えてきましたね。地球の時間軸の中で私が形ある者である時間など取るに足らない一瞬なのだということも理解できたし・・・、何よりも私の体全ては波で構成されていることも理解できた。なので、形ある者でなくなった時に宇宙を構成する全ての波になれるのではないかということも・・・、もはや確信ですね。
 だから・・・すばらしい波になって宇宙を漂うことができれば・・・、地球の時間軸で私の生きた意味をビジュアル化できるはずなのです。とにかく今は私の全ての細胞の波動をレベルが高く、優しい波にすることが一番の目標・・・なのですね(笑)。
 そして・・・「生きて息をして、悩んで、悔やんで、惑って、悲しんで、喜んで、感動して・・・etc・・・」その全てがすばらしいことなのだと思えるようになった。
 自分の事全てを肯定できて初めて人生における全てのスタートラインなのだということもです!
 そこにどうやって到達するのかは・・・、人それぞれに地球が課した課題なのでしょうか?

 「誰もいない所で自分一人だけになった時にでも・・・、寂しくない自分であるためにはどーしたら良いのか!」も私の生きるテーマの1つでしたが・・・、これもまた植物たちが教えてくれた!
 きっと大丈夫です(笑)。というか・・・地球上から形ある者でなくなる時には・・・、一人きりでありたいとさえ思えるようになった(笑)。
 地球から形ある者でなくなる日というのは、もはや私にとって悲しい日ではなくオメデタイ日なのだとも思えるようになったのですね。「地球に対してお役目を果たした!」。だから波に戻る!のでしょう(笑)。

 あー、すっきりしました(笑)。思った事は全て書く、話す(森の中で植物たちに)とまた前に進める!ということも知った!
 今の自分に惑うことなく、進めそう!
 昨年の3月11日以降・・・それまでに比べて、無限大で確信を持てるようになった!

 「堀田行きます!」でイイのだ!!!!(笑)。

 ということで・・・、たぶん、フツウの人からはどんどん離れているのかもしれませんね(笑)。

 人間の細胞全てが波の関数であるならば、その人の波のレベルを上げるのは・・・、たくさんの感動と、感謝の気持ちと、そしてもらった感動を地球にお返しする気持ちと、前に進む勇気と・・・、そしてその人のすばらしい笑顔なのだということももはや私の中では確信です!!!!

 全ての感情があってこそ・・・その人のココロの波動はすばらしくなるのでしょう!

 そんなふうに思える方・・・、ごいっしょしましょう! とにかく私は行きますね!

 そしてそれが、自分があらゆるモノから独立することなのでしょう!

 こんな事を書くつもりなどなかったのですが・・・、急に言葉が溢れてきちゃいました(笑)。

 だから・・・書く!

 さて本題です。

 美深町を訪れる時には高速道路は使わずに国道275号線を行くのはもはや私にとってはフツウなのです。それは・・・、国道275号線のオーラがとてつもなくすばらしいからなんです。

 先日も!
Dsc02548
 美深峠を美深町市街に向かって下って行くとうるしべ橋があります。

 深い谷にかけられた橋でね、紅葉(春も秋も)の名所なんですが・・・、橋の上から谷底を見ると100メートル以上あるのではないかと思うほど高い所にかかる橋なのです。

 で、その橋の上から・・・
_mg_4966
 なんかね・・・、私のココロの湧き立つモノと連動してしまいます。

 紅葉のころか、初雪直後に来て見たいですね。

 そして・・・
Dsc02621
 朱鞠内湖!
 私の撮影スポットです。もちろん道端!

 で・・・・
_mg_4969
 すばらしく元気なオオイタドリくんがいたのです。
 一番すばらしい部分をアップで・・・
_mg_4971
 たぶん雌株ですね!

 実は私・・・、最初はオオイタドリくんは嫌いでした。
 でも、シャッターを押すごとに・・・、オオイタドリくんの存在する意味を知るほどに・・・、どんどん想いが高まって、今は愛しちゃってますね(笑)。
 植物学者はたぶん誰も云ってないと思いますが(調べる気はないです)、たぶん、オオイタドリくんは、笹と闘っていて笹の侵入を妨げているのです。
 それは・・・、国道275線沿いのスプリングエフェメラルたちが教えてくれました。
P5290213

Dsc00734

Dsc00544120520
 上の写真・・・、茶色の枯れ木みたいのが横たわっていますが・・・、これが前年のオオイタドリくんの残骸なのですね。
 今、ここに行くと・・・全てオオイタドリくんとオニシモツケくんで覆われた林になっています。
 笹は・・・日陰には入ってこれない!
 だから、今オオイタドリくんの林になっている場所こそ・・・、来春またすばらしい春の植物エネルギー満載になる場所でもあるのです。
 たぶんこんなことは・・・、どこの本にも書かれてはいないはず!
 でも・・・、学会なんぞには発表する気は毛頭ないです(笑)。
 ココロある人は来春、ここを訪れてくださいな!
 きっときっとあり得ないほどの元気&勇気をもらえるはずです!

 オオイタドリくんが地球に存在する意味・・・、一つは見っけ!
 でも・・・まだまだたくさんあるのでしょうね。知りたいもんです(笑)。

 そして・・・、ここでもエゾニュウくんが・・・
_mg_4972
 すばらしい!
 エゾニュウくんだってね・・・、茎が緑色のモノ、紫色のモノ、赤い色のモノ・・・、色々いるんですよ。
 ご存知でしたか?

 で、エゾニュウくんが地球に存在する意味・・・、ステキな蝶が生きるためにある!
 今回、その意味を1つだけ知ったのです。

 地球に存在する意味は、私たちが見つければイイ!





|

2012年7月 3日 (火)

2541話 ~ 薬草花まつり ~

 名寄市主催の「薬草花まつり」で講師として参加しました。
 会場は(独)医薬資源研究所薬用植物薬用植物資源研究センター北海道研究部でした。

 先ずは薬用植物の大群落から(笑)。
Dsc01612

 漢方薬に欠かせぬ薬用植物、芍薬です。これは・・・赤い花ですね。

Dsc01616

 ピンク色の花もあるでよ(笑)。


 さらに・・・

Dsc01613

 白い花!

 見渡す限りシャクヤクさん!

 根っこは口から飲む植物エネルギー、漢方薬なれど・・・

 旬のお花は目から取り入れる感動と言う名の理気薬でしょう(笑)。

 さらに・・・

Dsc01610

 ホッカイトウキ! 婦人薬の要です。


 しかし、この日も34℃!!! 暑すぎます!

 ということで説明会を早めに切り上げ・・・

Dsc01627

 閉会の挨拶は、若い名寄市長さん!

 で、名寄市にホテル藤花が作る・・・

Dsc01628

 薬膳弁当を食べてお終いなり!

|

2012年6月30日 (土)

2527話 ~ 真夜中の国道275号線!!! ~

 大学を出発して浜頓別町はベニア原生花園に着くまでに、美深峠で星の撮影をした他は美深町の道の駅で一休みしただけであとは運転しっぱなし!
 真夜中、対向車もほとんどいない道を運転してるとですね・・・、地球ではない別の空間の中に入り込んでしまった感覚になるのです。
 おもしろい!(笑)

 で・・・
 午後11時20分
2751120dsc01493
 幌加内町の道の駅を過ぎた辺りから人家はほとんど無くなって・・・
 こんな風景の中をひた走るのです!

 久しぶりの街、美深町に入ってすぐ・・・、気が抜けた(笑)。

 突然の睡魔が襲ってきたのです。なので、美深町の道の駅でしばし休息!
6月30日午前1時の美深アイランドです。
Dsc01495
 この先に美深温泉があります。
 それにしても・・・、本州ナンバーの車が多いアル(笑)。

 多くの日本人のココロの欲するものが・・・、ここにあるということなのですね。

 顔を濡れタオルで拭いて、首筋も火やし、メガネの油をキレイにして・・・いざ出発!

 目的地まではもうすぐ!ヨーソロってことで再び運転再開です。

|

2526話 ~ 美深峠で見た星たち!!! ~

 今日は日本一熱い名寄市からブログをアップします。34℃だそうで・・・、暑いっす!!
 先ほど無事「薬草花まつり」が終了し、その後の植物観察会にも同行し、ホテルに入りました。

 さて6月29日(金)、予定通り夜の9時に大学を出発し浜頓別町に向かいました。
 3時間ほど仮眠をとってから・・・、と思ったのですが・・・、眠れませんでした(笑)。小学生だったころ、運動会前夜、修学旅行前夜のように興奮しちゃって(笑)。

 まあいいやってことで、出発進行!
 結局、朝3時40分にベニア原生花園に到着しました。
 国道275号線をずーっとひた走る! すばらしかったですよー!!!

 午前零時15分・・・、美深峠の手前の駐車場に到着です。

 天気は快晴!

 空を見上げると満天の星!!!
 星が降ってくるというのはこのことを言うのか!と思いました。
 で、しばし撮影!
_mg_3327
 デジタル一眼レフって本当に便利! 北斗七星があんなにくっきりはっきり!
 当然・・・人工的な音など何もないし、車も通らないから・・・、しーんとした中に私一人!
 すばらしい!の10連発ってとこです!

 さらに・・・
_mg_3327a_2
 天の川の中を飛ぶ白鳥!!! 白鳥座ですが・・・分かりますか?
 あまりに星が多く、一等星でも分からない(汗)。

 分からない方に・・・
_mg_3327b
 これならオーケーでしょ!

 夏の大三角も分からない! 春の大曲線も忘れてしまった(汗)。

 やっぱり将来は美深町か名寄市に住んじゃおうかしら・・・(笑)。

 晴れた日、こんなに星たちが見えるのなら、星座とギリシャ神話を修行したくなるよなぁ~(笑)。

 たくさんお祈りをしました!!!

 たぶん、願いはかなうと思います!!!

 で、もう1つ!
_mg_3327c
 カシオペア座!

 それにしても・・・何万光年もかけて地球に届いた星の光だってあるのですよね。

 今見えてる輝きは・・、何万年も前に遠くの星が発した光なのだすよね。

 で、ひょっとして、今、その星が消滅してるのかもしれないのですよね。

 宇宙レベルの輝き、光ってやつは・・・、私の時間軸を変えてくれる。

 私が形ある者として地球に存在する時間というのは・・・、宇宙レベルの時間軸の中では取るに足らないほんの一瞬間の輝きにしかならない!

 そんなふうに考えていると・・・、やるべき事、進む方向性が自然に見えてくる!

|

2012年6月25日 (月)

2510話 ~ 国道275号線(幌加内&朱鞠内)!~

 さて週末は・・・、またもや800キロほど運転してきました。
 来月15、16日に開催される『
第4回漢方・薬用植物研究講座 in 美深』の打ち合わせ。そして美深町教育委員会から依頼されいる松山湿原周辺の植物調査結果&その報告書を兼ねた植物写真エッセイの出版のことについて、教育長&スタッフさんとの相談でした。
 思いもよらなかった北海道新聞社さんから出版企画の不採用の報告・・・。瞬間最大で日本海溝の深みまで落ち込みましたが・・・、30秒後には・・・富士山頂までになっていた私の心(笑)。すばらしいでしょ!
 ココロのアップダウンは、生まれるつき(笑)。一生懸命に生きてる明確なエビデンスってことで、すぐに立ち直りました(笑)。「もう大手メディアさんの助けがなくてもやれるでしょ!そろそろ独立、自立しなよ!」ってことなのだと認識しました。「北海道新聞社さん、これまでのサポート、ありがとう!」デス(笑)。本当に心から感謝してます。
 で、私の持っているアイデアは2つ。それを美深町さんにお伝えし、もしも美深町さんでそれ以外のアイデアをお持ちでしたらそれで!ってことでってことをお話ししたところ・・・、(株)植物エネルギーは発行元になるってことになりました。デザインなどを担当してくれる方もそても波動の合う方で、たぶんThe Maxができると思います。初版2000部ほど発刊するつもりです。さーてっと・・・、後は私の執筆だけ!!!!
 今度は編集者は波動のぴったち合う私、スタッフ、デザイナーさんの3人!なんの制約もなく思いっきり書けます! ご期待くださいませ! 出版は、2月中旬を予定してます。レイアウトが完成しましたら・・・ブログにアップしmすゆえ、どんどんご予約くださいませ!!!

 ということで、先週の土曜日、朝3時に札幌を出発しました。今度は最初っから国道275号線です。
 で、幌加内辺りからご覧ください!
Dsc01284
 植物エネルギー全開や~! それも芽出しエネルギーなり!
 やがてこの子たちが幌加内蕎麦になって・・・私たちの口から入る感動、食物エネルギーになるのです。

 幌加内町市街を過ぎ朱鞠内へ・・・

 5月19日。残雪が残る道端にはミズバショウくんやエゾノリュウキンカさんでいっぱいでしたね。

27502

 そして5月29日には

27503

 雪も無くなり、元気いっぱいの植物たちの大群落が・・・

 そして6月23日には・・・

27501

 オニシモツケくんやオオイタドリくんの大群が出現していて・・・、春の植物エネルギーたちを守っているかのようでした。そうなんですね・・・、笹の侵入を妨げる役割をしているかもしれないのです。何故かって・・・、笹はお日様に光が当たる乾燥した大地が好きなのです。ですから、オニシモツケくん、オオイタドリくんたちの葉っぱは大地からの水の蒸発を妨げ、日陰を作る!誰もそんな論文など書いてはいないと思いますが・・・、たぶんビンゴでしょうね(笑)。植物たちには・・・、それぞれ地球を守る役割があるのでしょう!

 それにしても・・・、観光シーズンの6~8月に来て、この状態を見て・・・、5月下旬にあんなにすばらしい場所なのだと想像できる人は・・・、たぶんゼロでしょう!

 この情報をくれた道北の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師の海野先生には大感謝です。

 ありがとう!

 さて、次も定点観測している場所です。

 先ずは5月19日から・・・

27504

 先ずは5月19日の様子です。まだ雪がたくさん残ってますね。で、①、②、③の3か所の様子です。

27505

 雪渓の上を歩いて森の中に入ると・・・、エゾキンポウゲさん&エゾエンゴサクさんの咲き始めが林床に現れ始めてます。

 そして急斜面を笹につかまりながら登って見ると・・・カタクリさんもたくさんいました。

27506

 眼下には国道が見えますね!

 10日後には・・・

27507

 植物エネルギー全開ですね!

 それが・・・

27500

 私の背より高いオニシモツケくんやオオイタドリくんで覆われています!

 とてもあの森の中に入る勇気などわいてきませんね(笑)。

 それに・・・、虫もたくさんいます。

 あのありえない程の春の植物エネルギーたちを守ってるという私の仮説はビンゴでしょう(笑)。

 そうそうこんな写真も・・・

27509

 国道275号線の土手!

27510

 翌20日には・・・、バリバリ元気なカタクリさんたちも!皆でカメラを使って植物エネルギーをごっつぁんです(笑)。で、茶色のひょろ長い朽ち果てた茎状のものが写ってますが・・・、あれがオオイタドリくんの残骸です。

 そして、母子里・・・、もちろん国道275号線の道端です!

27513

 これまで見たどんなミズバショウくんたちの群落よりもでかい! それに道端!

 で、昨日です。

27512

 あと1ケ月もすれば、全てが雑草に埋もれてしまい、何もなかったのごとく!になるのです。

 そうそう、上の写真の手前・・・、茶色に変色してるのがオオイタドリくん!

 ここは・・・、とーっても冷える大地なのです。たぶん季節外れの霜にやられたのでしょうね!

 ということで、同じ場所に通い、同じ植物を見続けるは・・・、自然と調和することなり!

 すなわち・・・漢方の説く病気予防の極意ってことです(笑)。


|

2012年4月26日 (木)

2293話 ~国道275号線、幌加内町付近の元気!~

 『生きてるってすばらしい!』って思えることがたくさんあればあるほど・・・、その人の心は元気なのでしょう!
 で、免疫力も格段に上がる!

 先日、美深町を訪問した時、もちろん国道275号線で行ったのですが・・・

 道端に地球の元気をたくさん見つけちゃいました(笑)。

 先ずは、幌加内町の手前、鷹泊付近で!
_mg_9786275
 雨竜川! 雪融け水で増水してる!

 と、上を見上げると・・・
_mg_9783
 白鳥のツガイが・・・、どこに戻っていくのでしょう?

 鷹泊という場所も一度ちゃんと調査してみたいところの1つなんですよね(笑)。
 きっとステキな何かがわんさかあると思っています。

 で、車を幌加内町へ!
_mg_9789275
 あのトンネルを過ぎると幌加内町。

_mg_9790275
 通り抜けました!

 で、幌加内町方向に目を向けると・・・
_mg_9793275
 ここは大きな池なんですよ!

 幻想的な世界がありました。

_mg_9794
 幌加内町市街を通り過ぎた所です。

 まだまだ雪に覆われていますね。ここは蕎麦畑です。で、遠くに雪を頭に載せた三頭山が見えます。

 今年は、本気モードで植物調査をしてみようかしら???

 海野先生、ガイドしてくれませんか?

 そして、道の駅を過ぎた辺りでは・・・

_mg_9797275
 まったりとした大気の流れ!

 襟裳岬とはあまりに違う天空の気をいただいちゃいました!

 一言で言えば・・・、まったり!(笑)。

 私の大切な友人が「生きてるだけで丸儲け!」と言いましたが・・・

 まさにその通り!

 だから全開で生きる!のですね(笑)。

|

2011年10月23日 (日)

1849話 ~ 幌加内の美味しいお蕎麦(十割)! ~

 国道275号線。
 沼田町から美深町までは、山の中、樹木の中を運転することになります。人家もほとんどなく、車を止めて撮影するのも自由自在!
 そして、何も無さげに見えて・・・、実は、素晴らしいものがたーくさん!

 で、10月14日も、10月19日にも、お昼ご飯は、ここで決まりです!
Photo
 マジ美味いです!

01_2
 メニューがもり蕎麦とかけ蕎麦だけ!で、500円!

 過去最高のお味でした。実に甘くて香りが良いのですね。
 お蕎麦好きなら一度は食べなきゃ、絶対損です(笑)。

 また、蕎麦湯もすばらしい!

 で、お蕎麦を打って作っているのが、この人!
02_2
 この顔ですもんねぇ~(笑)。お国のために一生懸命やっておられる?テレビに出てくる政治家さんや官僚さんたちの顔と比較すると・・・、ビジュアルに理解できますよね(フフ)。

 こんな顔をお金で買うことができるとしたら、いったいオイクラになるのでしょうね???

 やっぱり、顔が全てでしょう(笑)。美味しいエビデンスは、オヤジの顔ってことで


 で、この方、春先は山菜取り、秋から冬にかけてはキノコ採りだそうで、真冬でも山スキー(スキーの裏側にアザラシの毛を装着して山を登っていく)を使ってカバノアナタケを採ってたそうで・・・

03_2
 これ・・・、自家製カバノアナタケ茶!

 毎日飲んでりゃ・・・、さらに元気!ってことですね(笑)。

|

1848話 ~ 国道275号線沿いの紅葉! ~

 さて、神門の滝を見て、下川町で特産のウドンを購入、そして、名寄市から士別市へ抜け、ここから国道275号線に向かいました。

 国道そばの紅葉をご覧ください。

 先ずは・・・
01
 ハウチワカエデくんですか・・・、イイですねぇ~!

 お次は・・・
03
 ステキな黄色だけど・・、これ・・・、なんという木でしょ(汗)

04
 ミズナラくんもなかなかイケてます!

 さらに・・・
02

06
 ヤマブドウくんの紅葉も捨てがたいのですよねぇ~(笑)。

 最後は、紅葉ではないのですが・・・
05
 逆光のススキさんも、なかなかイケてますね(笑)

|

2011年10月15日 (土)

1831話 ~ 10月13日、国道275号線の元気②! 美深町の紅葉はすばらしい!~

 さて、朱鞠内湖を後にして、母子里(もしり)という集落を過ぎ、美深峠に来ると、その先が美深町です。
 美深峠の手前の
母子里(もしり)には、ミズバショウくんの大群落があるですね。私が見た中では最大です。それも・・・国道の土手下なんですよ(笑)。
09275_2
 来年また行くからさ-!
 これも今年5月27日に撮影したものです。

 で、いよいよ美深峠です。


 私は、この美深峠が大好き!
 いつも峠付近で車を降りて、しばし瞑想&深呼吸するのですが、気持ちが、とてもイイ感じになるのです。

 やはり5月27日の様子から・・・
09a275_2
 すばらし過ぎ!
 道端じゃーなくって、道の真ん中!
 こんな時には、公共事業ありがとうって思う私なんですね。
 東京、大阪・・・、ん~・・・、たぶん本州の方からは、あり得ない光景だと思うのですが、いかがでしょう?
 で、峠付近から、早春、森、山全体が夏に向かって始動するパワーが・・・
09b275
 一見、ないも無さげですが・・・、実は、木々たちの冬芽が動きだし、それが、こんな色になって表れる!
 たぶん、この一週間後くらいには、春の紅葉が見られたのではないかしら。
 そんな瞬間にも来て見てみたいですね!

 で、13日。秋の紅葉です。
10
 こちらが、峠から見た美深町側!

 さらに・・・

12

 すばらしいですね!

 下の写真、奥が美深峠方向です。
 峠を下る途中に、長くて高い橋があるんです。

 この橋、真ん中くらいの所から下を見ると、くらくらするほど高い所にかかっているのです。
11

13

 そして、橋の中央から上の写真の右側をながめます。

 太陽の光が全開でもも・・・

14

 雲で、一部太陽の光が遮られても・・・

15

 どれも皆ステキです。

 反対側といえば・・・

16

 私は、陰影のある方が好きですね(笑)。

 この橋の上、相当に気の流れが良いですね。ずーっといたくなっちゃう(笑)。

 ここはたぶん、ステキすばらしいすごい!の3つの言葉が合体した場所と言えましょう!

 でも、道端ならず、道の真ん中なんです!

 あっ、だからすごいのか(笑)!!


|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ