2011年3月31日 (木)

1390話 ~ 独り言・・・、地球が泣いている! ~

 いよいよ3月も今日で終わり。原子力発電事故のことがどんどん気鬱にさせていく。昨晩は地球が泣いている夢を見た。
 ここ何年か色々な所で講演させていただいたが、その講演で使った1枚のスライドをいつも思い出す。
1
 地球がどんどん茶色になっていく夢だった。
 つらつら思う・・・
 今回の大地震、原子力発電事故ってのは・・・、人類に対する地球の警鐘、怒りなのではと・・・

 人は言う「東電を信じたのに、政治家政府を信じたのに・・」、「こんなことになって、どうしてくれるんだ!」と・・、政府は言う「東電の責任だ」と・・・、東電の経営者は言う「科学者でも想定外のことだった」と・・・、科学者は言う「原子力発電は安全なはずだった」と・・・、地球は人類に問う「ではいったい誰が悪いのか?」と・・・

 ただ、1つだけ科学的エビデンスなどなくても誰でもが知っている唯一のことがある。「地球上から植物がいなくなったら人類は地球から滅せられる!」。これは絶対真理だ。

 もしも、現在地上にある原子力発電所に貯蔵されている使用済み核燃料の制御がきかなくなったら・・・、使用済み核燃料とはウランの燃えカスのプルトニウムという人類が科学者作り出した最強最悪の人工元素だ。その半減期は2万4000年!!!

 話を元に戻そう。地球の問いに対して私一人一人はなんて答えるのか?全ての人が「私は悪くない!」そう言いながら、原子力発電によって生み出された電気を使い続け、快楽をむさぼり続けていくのか?
 ではいったい誰が悪い???
 誰も悪くはないが、全ての人に責任はあるだろう。当然私も含めてだ。もはや「知らないこと」が罪になる時代なのだ。ひょっとして科学の発達も意図的に止める必要があるかもしれない。科学をしっている人は、そのリスクを民にきちんと話さないことは、今回の全てのことで分かったはずだ。なぜなら・・・自分の積み上げてきた研究成果とやらを否定されたくないから、全ての真実を語らない。それは、化学を極めようとしたことのある私には十二分に分かっている。そろそろ科学者を危険な人種として見る必要があるのかもしれない。
 人類が貧しい時代、モノが豊かになれば幸せになれると信じて科学を使い一見便利なものに利用し続けてきた。衣服、食、道具、医学・・・etc・・・。いつしか、それは歯止めのきかない、限度のない欲に変わった。
 しかして、その全ては地球の血肉そのものを利用し続けてきたことに他ならない。石油、ウラン、植物・・・etc・・。十分にモノが豊かになったはずなのに、200年前から見れば、どんな貴族、大名よりも豪勢に暮らしているのにもかかわらず、「まだまだ欲しい」、「まだまだ貧しい」と思い続ける。歴史をひも解けば、人類一人一人がモノがどのくらいあれば幸せなのかを判断できるはずなのに、ここでもそのことを知ろうする人は少ない。
 他人と比べて「まだまだ私は幸せではない」と言う。地球の血肉を分けてもらっていることに気が付かない。
 地球が、「ではあなたは全てにおいてどうなったらもう文句を言わず、欲することをやめるのか?」と人類に問うたら・・・、人々はどう答えるのか?
 他人と比べることなく、食べるモノ、衣服、車、家・・・、そして一番はお金!、「もうこれだけあれば何も望みません」という基準を一人一人が持とうとしなければ、原子力発電はなくならない。
 ひょっとしたら、人類すべての「限度無き欲」の象徴が原子力発電かもしれない。

 そして、「
人類の限度無き欲」の心を利用しているのがアメリカには25人に一人の割合で存在するという、「良心を持たない人たち」=「愛情を持たない人たち」=サイコパスなのかもしれない。
 一人が何千億円というお金を持つ。物欲の全てを満たせるほどお金。人類の多くは、この1点をうらまやしいと思い、お金を貯めこもうとする。でも・・・、地球レベルでこれは善なることとは到底思えない。
 何千億円というお金は・・・、原子力発電によって生み出された電気を使って生み出されたものだからだ。地球の血肉が貨幣というものに変わった。ただそれだけのことのように思える。

 『楽』という字は『薬』とい字から草が無くなることを言う。人間が便利なものを使いただただ楽することを求め続け、限度なき物欲を目指すと、必ず草は、植物は無くなる!そして・・・地球が死ぬ!
 

 自分の猫や犬を愛する、子供を愛する、孫を愛する・・・、が、自分のことだけでいいのか?他の人のペット、子供、孫は無関心でいいのか?自分の周辺だけでいいのか?最終的には、自分の大好きな、愛するものを生かしてくれている地球を愛さなくてもいいのか?
人類は、地球を生命体として見てるのか?モノとして見ているのではないのか? 地球はモノではないのだよ。1つの生命体だ。だから、地球上にある全ては地球が生き続けていくために必要なものなんだ。

 今回の原子力発電事故の全ての責任は、私を含めた全ての人にある。これが私の答え。「自分は悪くはない、○○が悪い!」と言い続けることは、さらなる厄災を呼び寄せる原因にしかならないはすだ。人類一人一人がこの答えに気が付き、反省し、一人一人がこれまで通りではなく、何かに気づき、変えていくことが、このような事故を防ぐ一番近道だと思える。


 こんな想いが、心の底から湧き上がってきました。

 私自身、今自分の使っている電気の30%が原子力発電によって生み出されたものだということを知らなかった、核燃料のことも、使用済み核燃料のことも、核分裂反応がどのようにして起こるのかも、その安全性のことについても何も知らなかった。知らないものをただ使っていた自分に腹が立ち、そんなことを思いながらも、日々電気を使っている自分に対してただただ悔い、やるせない気持ちが日々増えていく。

 歩けるうちは、あらゆる場面で階段を使おう、電気も必要な時だけに最小限に使おう、ペットボトルの飲み物は使用せず、お茶も水も自分のボトルに入れて持ち歩こう・・・etc・・・、が、どうしても、いかんともしがたい時にだけ「地球、ゴメン!」と思い、使わせてもらおう、あらゆる便利な物の理を知ろう、便利なものを使った限りにおいては、その分何か地球にお返しすることで許してもらおう・・・、そう思いました。

 便利なモノに慣れきった心と身体を鍛え直す良い機会だと思っています。可能な限り自分でできることは自分でする。どうしてもできない時は、人やモノにお願いする。そう決めました。

 そして、宗教、国、言語、人種を越えて、全人類が唯一地球を愛するきっかけを作ってくれるものが植物さんたちだという想いは昨日以上に確信となりました。

 身近な植物さんたちのステキな瞬間をフィルムに撮らせていただき、植物さんたちを愛する人、関心を持つ人をどんどん増やし続けることも私にできることの1つでしょう!

 目指す所はもう決まりました。お金、学歴、肩書が無くても笑顔で楽しく地球のために生きることのできる空間を作って、それを実践して見せてあげることです。アニメのスラムダンクの主題歌のワンフレーズに「人は誰も永遠を信じない、なのに明日を夢見る」という一節がありますが・・・
「明日を信じて生きれば永遠を夢見ることができる」と私は思います。

 さて、今朝通勤途中に見た昇る太陽です。
01

04

 私には、地球が泣いているように思えました。地球の涙色。思わず私の目からも涙が零れ落ちました。

 でもね、ここから大学まで行く途中の太陽は・・
05

06

07

 どんどん元気になってね、大地を照らしていたんです。
 地球にあらゆる恵みを与えてくれる光は・・・、「
くじけんじゃねーぞ!」とい言っているように思えました。

 くじけたら何度でもやり直そうよ!

 「
俺にあきらめろ、と言うことをあきらめろ!」と言ったのは、週刊ジャンプに連載されいるアニメの主人公、忍者ナルト。私もそう生きます!

|

2011年3月23日 (水)

1370話 ~ サイコパス ~

 独り言。

 世の中に「
良心を持たない人」がいるなどと思ったことはなかった。あったとしても一瞬間だけで、「きっとそれは何かの間違いだ!」と流してきた。しかし・・・、53年間の人生をじっくり振り返ってみると、確かにつじつまの合わないことも多々あった。
 最近、心理学系の本を読むようになった。特にアメリカの心理学者で実際にカウンセリングをしているお医者さんたちの書いた本。数年前に、「
平気でウソをつく人たち」が最初に読んだ本だった。で、先週「良心を持たない人たち」という本を読んだ。すでに絶版になっているが、ハーバード大学でカウセンリングしながら、心理学の研究をしている人が書いたもの。これまで疑問だったことが、私の全ての細胞にビジュアルに染み込んできた。
 植物たちと会話するようになって、生まれてから自分では説明できなかった人間に対する数々の素朴な疑問がどんどん解決されてきたが、あるカテゴリーの人間の言動に対する謎がまだ残っていた。それが一気に「なるほど!」ということになって、今はとてもうれしい。
 「
良心のある人には良心の持たない人を認識することはかなりの難しい」。アメリカでは25人に一人の割合で「良心の持たない人」が存在するそうだ。これってとんでもない割合だ。大腸癌で亡くなる人の割合以上でしょ!
 「良心の持たない人」のことをサイコパスというそうな。
 愛に溢れた人、正義感の強い人、優しさの塊のような人、世の中に悪人などいるはずがなく、いつかはきっとわかるはずだと思い込んでる人・・・、なんかがサイコパスの餌食になると書かれている。そう、サイコパスは、愛に溢れた人たちをエネルギー源にして生きていく。心に光のある人たちから、人に対する不信感、疑念、惑い・・・etc・・・を与え、光を奪うことを喜びにするそうな。今でもそんな人がいるなどと信じたくはないが・・・、悲しいかな・・・これまでにたくさん会ってきたことを認めざるを得ない。特定の人に一生懸命に何かを働きかけて、最終的に自分の方が何か悪いことをしたように思わせる人・・・、ん~、たくさんいた(笑)。なんとなく人の心に入り込んで支配していく技を無意識にできるそうな。まあ精神支配系の人だな。自分では増殖することのできないRNAのような存在とも言えるか。
 善なる心に闇をくれる人とも言えるか。肩書を持とうとする人に多いとか・・
 やあ、思い当たる人は、少なくはなかったなぁ(笑)。

 福島原発のネットニュースで、放射能が漏れても「健康に問題はない!」と言い切ってる。本当か?「現状では問題ないかもしれないが、数十年単位ではそうは言いきれまい」ウソは言ってはいまいが、本当のことも言ってはいまい。
今後色々な問題を生じる可能性があります」くらいなことを言ったらどうよ!これもメデイアという肩書の精神支配系かもしれん。一番上には必ずサイコパスがいて、部下にそうすることを強いているのだろう。愛ある人なら、福島県周辺に住む全ての人をなんとか疎開さえる方法を考えるだろう。何があってもだ。でなければ人の生命、健康など保障できるわけがない!大本営発表(肩書き)を信じる人の健康、生命の保障を数十年単位で保障できるか?数十年後には、今の首相も大臣も、官僚も、東電の幹部も生きてはいまい。いなくなってしまってら!
 大丈夫だと言ってるのは詭弁しか聞こえない。確かに大丈夫だとは言ってないな(笑)、大丈夫そうなイメージを植え付ける「問題はない!」だったな(笑)。まさに詭弁だ。数十年単位で「問題ない」という科学的根拠とやらを出してみろって(笑)。健康に問題ないなら、自分たちでその土地に行って対策本部を設置してみろって!そこから満面の笑顔で「私たちはここにいます。問題ないですよー」って言ってみろって!
 こんなことを言わせる人にも言ってる人にも全く愛は感じられないのは俺だけか。
 愛ある人ってのは、どんなにリスクがあっても、思ったこと、自分でやったことの全ての事実を淡々と話すものだよ。例えば東京都のスーパーレスキュー隊の隊長さんたちのように!思わず号泣してしまった。あれが愛ある人の言葉であり行動だと思う。自分の肩書を利用して、自分は安全な所にいて、自分のできないことを丸投げし、命令だけを出す!これもサイコパスのなせる技か!
 原子力発電に関しても、「
使用済み核燃料」って、何百年のレンジでずーっと冷やしておかなければ、放射能をまき散らすものだってことを知らせてはいなかった。この何百年単位で冷やすエネルギー量、耐用年数の過ぎた建物の建て替え費用等などのコスト計算をしたら、実際のコストはどうなるのかも示してほしいものだ。多くの人に「電力が無ければ食べて行くことはできない」と思わせるようにしているのもサイコパスだろう。地球を滅亡させるものは、戦争と核兵器かと思っていたが、原子力発電に使った使用済み核燃料だとは思いもしなかった。世界中の原子力発電所に蓄積された全ての使用済み核燃料を冷やすことができなくなったら、地球っていったいどうなるんだろ?????
 人間一人一人が、このままの生活を維持しようと思ったら、地球が滅亡する確率はどんどん増えるかもしれない。だって無毒化することのできない使用済み核燃料が加速度的に増えていくのだから。

 最終的に思う事。私は、地球が大好きだ。けど、サイコパスは地球が憎いなのかもしれない。そう思う。いや、ひょっとしたら、そんな感情すらないのかも。少なくとも愛してはいまい。地球を愛しているなら、地球を破滅させるような言動はするはずないもの。

 まあ、サイコパスには負けんさ(笑)。所詮闇の者。まばゆい光にはどうすることもできないことも知っている。多くの人の心にあり得ないほどの光と輝きが灯されれば、きっとステキな地球になるに違いない。
 ここはやはり最後は植物エネルギーで〆るとしようか(笑)。

 今日はこれ!
0037804
 急がす、騒がず、惑わず、ゆっくり行くさ(笑)。


 さて、サイコパスのことを知りたい方。詳しく書かれたサイトを見つけました。
 知りたい方は、こちらをクリックしてみてください
サイコパスって何か

 アマゾンでレ
「良心を持たない人たち」の感想ビューを調べてみると、「なるほど納得」という人が大多数。それと、「人の心に闇を与えるとんでもない本だ」と喚き散らす人が少数(笑)。Which is which ?(笑)

 とまあ、朝から独り言をつぶやいてしまいました。これで、人に対する多くの素朴な疑問の最後の1つが解決しましたね(笑)。サイコパスだって地球に生きる生命体の1つ。私にたくさんのことを教えてくれたありがたい生命体。「何かを信じる心」、「何かを愛する心」、「何かのお役に立ちたい心」、「心からの笑顔を願う心」、「争いごとが無くなればと願う心」・・・・etc・・・、心に光をくれるものは地球に山ほどありますからね。それも身近なところにです。それに気づくことさえできれば、きっと大丈夫なり(笑)。

 信じるモノがまだ見えないなら・・・、身近な植物たちと会話をし続ければ、きっとその人にとっての光が見えてくる。私はそう信じてます。だって、植物たちは、地球の元気そのものだから!

|

2010年12月10日 (金)

1154話 ~2011年の私の歌が決まりました(笑)~

 最近毎日の車の中で大きな声で歌ってる歌があります。相当お気に入りなんです。

 2011年の私の歌にしようかしら・・・。熱さの極みかもしれない(笑)。

 12月18日、2次会で歌っちゃいましょう(笑)。

 早速!

F2t0610062432_2 1_3 

 メロディー良し、歌詞良し!これを歌うとすっきりですわ(笑)。

|

2010年10月 2日 (土)

1000話 ~恋の街札幌 ブラブラ その9 ~

 しばらくパラダイスさんにいた後、歩いてチャオさんまで!

38img_5155

 南北線北24条駅そばにあるモンレーブビル。

 1階がモンレーブというケーキ屋さん。チャオさんは、その3階です。

39img_5156

 ここが、入口。エレベーターか階段を使って3階まで。今日は、階段を使いました。

40img_5157

 写真の右側が松井さんのシルエットです。

 松井さんの作品は、とても優しいです。ぜひ見に来てくださいね。

 なお、チャオさんのオムライス、パスタ、ピザは、とてもGood!ですので、ぜひ食べてみてください(笑)。

 おっと、気がつけば、今日がブログ1000話目だ!

 チャオさんで1000回目。これも何かの縁でしょうね(笑)。

 今日はとーっても疲れたので、もう寝ちゃいます!おやすみなさい!

 

| | コメント (0)

999話 ~恋の街札幌 ブラブラ その8 ~

 おっと、懐かしいお店発見!

33img_5150

北大15年半は、ほとんど学生食堂では食べなかったですね。朝から晩まで休日なしの実験がすべての毎日でしたから・・・、楽しみは、口からの感動。食べることと飲むこと(笑)。そりゃー病気になりますよね。ここへも良く来ました。

34img_5151

 ここは、子供2人が生まれた病院です。仕事大優先だったので、多少お金が高くても、薬学部のそばの病院にしました。中もステキだったしね。まるでホテルみたいだった。もう二度と中に入ることはないよなー(笑)。

 だんだんパラダイスさんに近づいてきました。

35img_5152

 スズカケノキ。プラタナスのことですが・・・、緑は良いです。

 いよいよ到着間近です。

36img_5153

 土のない街でも、植物を入れて撮ってあげると別世界なり!

 で、次の信号を右折すると・・・

37img_5154

 パラダイスさん到着!

 で、撮りきったネガフィルムを現像、プリントして、お店に置いてきました。なんたって初ネガフィルム(あれ、2本目?) 撮影だったので、常連さんに感想などいただきたいので!ヨロシクです。

 で、ここも札幌市!

| | コメント (0)

998話 ~恋の街札幌 ブラブラ その7 ~

 ゆっくり、ブラブラ歩いて、北12条西6丁目までやってきました。

24img_5137

 おお、北大だー!

 思わず12条門から中に入ってしまったデス。

25img_5139

 この銀杏並木はすばらしい!10月中旬以降、来て見るヨロシ!

 雨の日や夜もすばらしいですよ。

 と、向こうからスーツの集団!

26img_5140

 なんとか学会!そういえば、学会のシーズンだよ(笑)。とんと御無沙汰というか・・・、もう能動的に参加することは無いなぁ~(笑)。学会に行かなくてもできるステキ研究なんて、山ほどあるのですよ(笑)。

 余談ですが、「人から評価されてこそ・・・!」って結構いろいろな人から言われましたが、私も聞きたい「人って誰のこと、どんな人のこと?」。肩書きが付いているからすばらしい人だなんて言う定義は、もう無しだよ(笑)。肩書きがあったって、地球レベルでダメな人はダメさ(笑)。肩書きがなくたって、地球レベルでステキな人はステキなのさ(笑)。ちゃんと地球が見ていてくれます!地球レベルでの正義ってのはただ1つです。地球を愛しているか?そして地球にほめられる生き方をしているのかどうか!だと思いますね(笑)。地球が元気になるように生きてるのか?その1点を見据えて毎日を生きたいと思うのですが・・・(笑)。なかなか・・・、修行は厳しい!

 話をもとに戻しましょう。北大薬学部時代の15年半は、この時期、こんなかっこで日本中のいろいろな街をかっぽしてましたね(笑)。なんか学会に行くのが当たり前。義務みたいな感じでしたが・・・。今は、研究なんて一人でやり続けた方が、ぜったいに楽しいし、ステキなことができると思います。准教授、教授になって、実際に自分で実験して、感動し続けている人は、恐らく皆無に等しいでしょう。それで本当に研究のすばらしさが、次世代の若者に伝わると思っているのかしら???学生にやる気を起させるのは、教授の一番の責務でしょうに!会議ばっかりやってる場合じゃないでしょう!と私は思うのですがね(笑)。

 私は、いつも現場にいたかったし、大学にいる限り、これからも、自分自身で勉強し、疑問をもち、それを解決するための方法論を見つける。何においても、この1点は譲れません。なんたって、私は謎解きをするのが大好きです(笑)。いずれにしても、稚拙だったあの頃を思い出しました。が、稚拙でも、恥ずかしくても、今は、全てが良い思い出になっている自分を見つけました。

27img_5141

 ここが北大薬学部。私の実験室は2階、ちょうど、あの玄関の真上あたりでしたね。

 あの頃の教え子が、今や40代になって、准教授や教授になってます。

 入っちゃおー、で会ってきちゃいます。教え子ですから、当然アポ無し!ですが、ちゃんと三越でお土産のお団子を持ってきてます。

28img_5143

 優しくて、信念をもったすばらしい研究者です。時間があれば、写真展に来るそうです。でも今日は不在。

 そうそう、私の所属していた研究室名は・・・、精密合成化学だった!すっかり忘れてました。

 で、5階まで行って、私が有機化学にのめり込ませるきっかけを作ったI准教授の実験室へ!

31img_5148

 いたいた!で、「おい!」と声をかけたら、びっくりしてました(笑)。彼も感性がすばらしい!ステキな教授になって、襟裳岬の風の館で、有機化学の学会をしてくれる約束をしてくれました。頑張れよ!

 もちろん、写真展に来てくれます(笑)。

 で、もう一人若き有機化学者に会ってから薬学部を後にしました。

29img_5144 30img_5146

 ここは、薬草園。今、私の大学にいる吉田尚利氏がいたところです。この藤棚の下で、よく学生たちと焼肉をしたっけなー。普段忘れていても、ちゃんと思い出す。でも、今は、全てがよき思い出です。

 一時はトラウマ的存在だったこともあるのになぁ~。全てがステキな方向に進んでいる。そんな気がしました。

 で、ここも後にして、パラダイスさんのある北17条西3丁目まで進みます。

32img_5149

 北大病院から横断歩道を渡ります。

 ここも札幌市!

| | コメント (0)

997話 ~恋の街札幌 ブラブラ その6 ~

 食ったら動け!定石通り、大通り公園、北海道大学薬学部、パラダイス経由で最後は、松井玲子さんが写真展を開催している、北24条にある画廊喫茶「チャオ」さんまで歩いて!

 で、大通り公園で感じた何気ないスナップ写真です。

17img_5112

 コロッケの包み紙(笑)。

17img_5116

 やっぱり植物たちに反応してしまう私。

19img_5123

20img_5126

 礼文島という言葉には・・・、植物エネルギー&食物エネルギーを感じてしまう私(笑)。

18img_5119

 思わず・・・(笑)。

22img_5125

 同じ名前に反応!きっと美味しい農作物ばかりなのでしょう!(笑)

21img_5124

 やはり、テレビ塔にもごあいさつ!

 で、最後は、ビートルズのレコードを連想しました。

23img_5135

 ここも札幌市!

| | コメント (0)

996話 ~恋の街札幌 ブラブラ その5 ~

 目から感動をいただいた後は、口からの感動をいただきました。

13img_5105

 ここです(笑)。私がこんなに人が、たーくさんいるこんなところに来ることなど、かつては皆無でしたのにね(笑)。避けてましたから(笑)。

 富士フイルムフォトサロン札幌のあった大通り西6丁目から8丁目に来てます。

 目的の場所はここ!

14img_5108

 先日『イチオシ!』に出演した際に、ヒロさん、ディレンクターさんから「美味しいコロッケだよ」と言われちゃったら、もう行くしかない(笑)。

15img_5109

 お勧めは、「とろ~りハムチーズ」&「辛旨ラー油」。で、両方とも買っちゃいましたが・・・

16img_5111

 「とろ~りハムチーズ」の方が私の好みでした。

 夕張市からやっていた生ラム串焼き4本、音威子府蕎麦と・・・札幌クラシックビールを買って、舌鼓(笑)。

 口からの感動もたーっぷり!

 ここも札幌市! 

| | コメント (0)

996話 ~恋の街札幌 ブラブラ その4 ~

 富士フイルムフォトサロンでは、北海道を代表する写真家さんたちが、すばらしい写真展を開催していました。

 中もかなりシックな作りになってました。

08img_5097

 ぜひ皆さん、足をお運びくださいね!

 で、私がお付き合いさせていただいている写真家さんの作品を紹介します。

 先ずは、岡本さん!

10img_5102

 彼は、植物、動物、昆虫、気候・・・、勉強なさっています。そんな岡本さんからのメッセージ、ぜひご覧になってください。私は、大雪山旭岳、裾合平の秋のチングルマさんたちに反応しました。

 お次は、襟裳岬では、いつも大変お世話になっている、駒井さん。

09img_5098_2

 彼女は、とーっても森に生きる全ての生命体を愛しちゃってるのでしょう。ステキでやさしい波動が伝わってきます。

 そして、今年、MyLoFEに私の記事が掲載されましたが、その時に私を撮影してくださったのが、札幌コマーシャルフォトの岸本さん。以前は、人の写真を撮っていたそうですが、突然ネーチャーフォトに目覚めたとおっしゃってました。迫力ある作品が2点!

   11img_5131_3

 そして、高橋さん。

 最初は誰かわかりませんでしたが、昨年暮れに、画廊喫茶「チャオ」さんで植物エネルギー2人展をした、ケンケンと呼ばれる写真家さんだったことを思い出しました(笑)。彼も、植物エネルギーにはまっているようでした。

12img_5134

 すばらしいです!

 ここも札幌市!

   

| | コメント (0)

995話 ~恋の街札幌 ブラブラ その3 ~

 そして今日!

 朝、雨竜町の写真家、岡本洋典さんと、えりも在住の写真家、駒井千恵子さんに電話を入れ、写真展開催のお祝い&エールを直に届け、お二人が9日に富士フイルムフォトサロン札幌にいらっしゃることを確認した後、新しい富士フイルムフォトサロン札幌に出かけました。

 朝食後、家を出て、先ず地下鉄の駅に向かいました。

01img_5087

 地下への階段も撮っちゃいました。

02img_5088

 土曜日、日曜日乗り放題のドニチカ切符を買って・・・

03img_5089

 真駒内行きの地下鉄電車がやってきました。

04img_5092

 一度地下鉄北18条駅で下車し、カメラ屋のパラダイスへ寄って、池原社長と写真展のことなどで盛り上がり、なんとなくネガフィルムを購入し、ニコンF2に装てん。で、なんとなくスナップ写真を撮ることにしちゃいました。

 パラダイスさんを出て、再び地下鉄に乗ります。

05img_5093

 もうすぐ大通り駅!、ここで下車し、西6丁目にできた、新しい富士フイルムフォトサロン札幌へ!

06img_5095

 富士フイルムが自社ビルを建て、その1階に写真ギャラリーを作りました。かなりハイセンスですね。

07img_5096

 次回開催の案内がしっかり!熱い気持ちが湧きあがってきました。

 ここも札幌市!中心部では最も緑=植物エネルギーがいっぱいの所です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ