2013年8月 6日 (火)

イベント情報などのお知らせ

 さて、7月も今日で終わりです。まだまだ暑い夏は続いていますが、暦の上では8月7日は立秋秋ってことです。

 今は陽の季節)から陰の季節)への端境期の土用ということです。

 皆さんは陽の季節陰の季節)を乗り切るエネルギーを摂取しましたか?

 私のブログユーザーさんならきっと大丈夫ですね(笑)。引き続き自然と調和する生き方をいっしょに修行して参りましょう!

 残念ながら、立秋を過ぎると、陽の季節)、特に芽出しエネルギーは北海道にはないのです(笑)。

0116120

 7月中旬の大雪山旭岳! チングルマくん、エゾノツガザクラくんたちが一斉に花を咲かせます。

 立秋まではなんとか春のエネルギーが残っているかもですね。

 しかし、立秋を過ぎると・・・

0032515

 すでに秋本番!チングルマくんたちは既に種!

 全ての植物たちは次世代の子孫を残す営みになってしますのです!

 そして平地でも・・・

1

 このように・・・、そして冬・・・・全ての植物たちが一度ゼロに戻ってしまうのです。

 ついに春の植物エネルギーも終了デス!

 
 太陽の光がどんどん少なくなっていく 陰の季節)の過ごし方です。

2

 春、芽出しのころにやりはじめ、何か手ごたえのあるものは、急がず慌てずにそのまま熟成させ、秋に大きな喜びとなるように育てましょう!

 

植物エネルギー写真エッセイ第2弾、びふか松山湿原の植物エネルギー(堀田清著、美深町教育委員会監修、(株)植物エネルギー出版)もおかげさまで多くの方に買っていただきました。

  S 

 1冊1300円+消費税65円(合計1365円也)です。 

 植物写真エッセイ「びふか松山湿原の植物エネルギー」取扱い書店さん86店舗です。ぜひよろしくお願いします。
12345

 これにジュンク堂書店さん(札幌)と紀伊國屋書店札幌本店さんの2店舗を加えると全道88店舗に私の植物写真エッセイを置いていただけることになりました!

 ぜひぜひよろしくお願いします! 7月1日販売開始だそうです!


 最後に上記86店舗において、
在庫が見当たらない場合は、「コア・アソシエイツ(という卸会社)扱いの本」である事をお店の方に伝えて下さると、スムーズに応対していただけると思います。
 お店の「検索機」では在庫があっても取扱いなしと表示される場合があります。

 上記の本屋さんのほかに、札幌市内では以下3つのお店で購入可能です。
1.ジュンク堂書店さん
札幌市中央区南1条西1-8-2 丸井今井南館B2~5F 電話: 011-223-1911 / FAX: 011-223-1900 営業時間: B2~4F書籍売場 10時~21時
 2.紀伊国屋書店札幌本店 札幌市中央区北5条西5-7  sapporo55 電話: 011-231-1911 / FAX: 011-241-0526 営業時間: B2~4F書籍売場 10時~21時
3.エコネットワークさん(札幌市北区北9条西4丁目エルムビル8F, 電話:011-737-7841, Fax:011-737-9006, E-mail:eco@hokkai.or.jp)
4.カメラのパラダイスさん(札幌市北区北17条西3丁目2-25, 電話:011-727-4111, Fax:011-727-4112)

 石狩当別町では

今のところ3つお店で購入可能です。
1.北海道医療大学発ベンチャー企業(株)植物エネルギー(石狩郡当別町金沢1757、北海道医療大学薬学部、電話&Fax:0133-23-3792, E-mail:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp)

2. 石井鍼灸接骨院(石狩郡当別町弥生52, 電話:0133-23-1933



 あと・・・、一応、この写真エッセイは1回きりの限定印刷になります。売りきれましたらそれで販売終了とさせていただきます。

 ≪申し込み先です≫

 
電話&Fax(共通):0133-23-3792

 E-メール:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp

.堀田清とその仲間たちによる写真展「植物エネルギー 氷の世界」

Dm201308s
 恒例になりました「植物エネルギー 氷の世界」です。ぜひお越しくださいませ!
 そして・・・
Photo
 スライドトークショーです。午後7時から!
 仲間5人のミニトークの後に私が1時間ほど真冬の情景をお見せしつつ、絶品の堀田トーク(笑)。
 もちろんお酒もありですから!
 スライドショー終了後はお酒を飲みつつ大笑いしませんか?

II.第5回漢方・薬用植物研究講座(北海道医療大学主催)

Photo_4 

 6回開催している漢方・薬用植物研究講座ですが、早くも5回目です。

 今回は昨年に引き続き当別町で開院していらっしゃる鍼灸師&整体師の石井先生をお迎えして、鍼灸の極意にうちてお話いただいたうえで、鍼灸を実践していただきます。お楽しみに!

 後半の森の散策会では、秋の入り口の森&植物たちの様子を見ていただきます!

 4月下旬、5月上旬、6月上旬と雪解け後の森がどのように変わっていくのか、そのスピードの速さと、植物たちの勢い、さらには森を楽しむための鳥見学・・・を学んでいただきました。全ては、漢方における病気予防の基本「自然と調和する」の実践講座です。

 森が、植物たちがどのように変わっているのかをビジュアルに理解してくださいませ!

Photo_2
 当別町で開院しています。
Dsc0067920111008
 「北方系生態観察園の里山化」研究の共同研究者さんでもあります。
Smg_4509
 襟裳岬の植物エネルギーメッセンジャーでもあります。
 地球のエネルギーを鍼灸を使って「気」を流して経絡の流れを良くして体のメンテナンスをされる、私にとってはなくてはならない先生です。
 私事ですが、石井先生は私の体のメンテナンス係でもあります。ここ3年間ほど毎月2回ほど定期的に鍼灸&整体をしていただき・・・すこぶる調子が良いです。
 後半は、北方系生態観察園の散策です。4月下旬、5月上旬、6月上旬と春の植物エネルギーの摂取方法をお伝えしてきましたが、その森が秋になってどのように変わっているのかをビジュアルに理解していただきます。
 「自然と調和する」は漢方における病気予防の基本です。
 また、私のかかりつけ農園の野口農園さん旬の農作物セットを販売していただく予定です。地産地消もまた漢方における病気予防の基本。ぜひお越しくださいませ。
 なお100名の定員のところすでに80名の参加希望者がいらっしゃいますので、お早めに申し込みくださいませ。
1_2
1_2

III.平成25年度第42回高文連道北支部写真展・研究大会審査会講師

 美深高等学校他から「日本最北の高層湿原、びふか勝山湿原の植物探索と写真撮影」講師の依頼が来ました!びっくりのオファーです!
004s
 写真家でもないのに・・・とは思ったのですが・・・、ドキドキしながら引き受けることにしました。
 8月29日、30日の両日に行われます。
005s
 


 
薬用植物園内に設置されている赤い色のポストみたいな箱の中に入っている入園者カードにお名前とご住所(札幌市北区、小樽市、当別町くらいで結構です)、来られた方の人数をお書きくださいませ!

 来園者の実数は、そのまま大学経営者に届けます。皆さんの声が多くなればなるほど、大学はよりこの園をサポートしてくださると思います。

 そして今年よりも来年、来年よりも再来年・・・、訪れるたびに感動の数が増える森になっていくでしょう!

 どうか訪れた方皆さんの声をぜひ届けさせてくださいませ!

 入園者カードのある場所は以下に写真でお示しいたします。
Photo

 先ずは薬用植物園に到着しますね。で、薬用植物園内に赤い屋根の東屋があります。

Photo_2
 赤い屋根の東屋です。
 上の写真にあるように赤い色の小さなポストのような箱があって、その中に入園者カードが入ってます。

01
 これですね!

 上のノブを手前に引くと・・・
Photo_3
 入園者カードです。

 よろしくお願いします! ご意見もどんどんお書きくださいませ!

 薬用植物園・北方系生態観察園のパンフレットも入ってます!

 皆さんの声がさらにステキな森になっていくのです!


 もう1つのお願いです。


 北方系生態観察園全部が「
荒れた森の里山化」研究用地になっています。
 散策路からはずれないように森の散策を楽しんでくださいませ!

北海道の大手ガス会社、北ガスグループ北ガスジェネックスの情報誌『ポケット』の表紙に私の植物たちの作品を使っていただいています。これまで、春・夏・秋で合計28点が『ポケット表紙ギャラリー』として、ホームページに掲載されています。また28点全てをダウンロードできるようになっています。ぜひご覧になってみてください。こちらをクリックしてください 北ガスジェネックス

 『すずしろの花』のホームページ及びブログもぜひご覧になってください。

東京、名古屋方面でも口コミだけで広がっているようです。

 で、東京方面で、大変精力的に『すずしろの花』を応援してくださっている会社をご紹介します。その名は株)マスト・ワン(東京都渋谷区桜丘町22-19-119、Tel:03-3476-0270、Fax:03-3476-0270、E-mail:info@mustone.co.jpです。

 ぜひ、この会社のホームページをご覧になってください。とてもすばらい動画で『すずしろの花』が紹介されています。こちらをクリックしてください  株)マスト・ワン

|

2012年6月 9日 (土)

2475話 ~6月16日は、『森の自然散策と知らざれる植物の不思議』が北海道ガーデンショー(十勝千年の森)で開催されます!~

 今日は自宅でデスクワークです。色々な所からくるオファーは可能な限りお引き受けしようと思っているのですが・・・、その準備ってのが私にとってかなり苦手なデスクワークなんです(笑)。で、今日も来週16日(土)午後1時から十勝千年の森で開催中の北海道ガーデンショーでのイベント準備に心の汗をかいてます(汗&笑)。
Photo_3
 写真展、講演、森の散策の3部作になってます。
 写真展につきましては、6月2日から開催中です。いつまで展示してくださるのか分かりませんが、ぜひご覧になってくださいませ。オオアマドコロさん、エゾノリュウキンカさん、カタクリさん、ニリンソウさん、ルイヨウボタンさん、オオカメノキさん、ハウチワカエデくん、マイヅルソウさん、ユキザサさんの芽出しから枯れるまでと十勝平野にいる山野草たちの花、全部で67点を大きなパネルに貼って、さらに私の想いの入ったコメントも掲載されています。
 これまで未発表の作品も多数です。お時間のある方はぜひお立ち寄りくださいませ。
 さて、16日(土)、午後1時からのイベント内容です。

 先ずは1時間ほどの講演
2
 『
元気と勇気のクスリは、森の植物エネルギーから』を開催します。
 漢方、植物エネルギー、荒れた森の再生のお話を軽くした後、講演後に散策するForest Garden内に自生している植物さんの一生をスライドでお見せして『身近な植物たちのステキな出会いと感動!』が、漢方で最も大切な『
』=『ココロの元気』の原動力になることをビジュアルにお伝えしたいと思っています。

 15日には千年の森に入り植物たちを撮影し、フレッシュな植物エネルギーをお届けします。

 ここからは私のつぶやきデス・・・

 10年前の私だったら・・・、こんなにたくさんの仕事が来たら焦りまくり、惑いまくり、慌てまくり・・・etc・・・、だったよなぁ~(汗)。今でも不安もあるしドキドキするのだけれども・・・『きっとだいじょーぶ!』と思える自分がいて、結局ちゃんと全てをこなせる自分を何度も確認できて・・・、それが次へ進む原動力になっていく。
 そして大局的に見て・・・、昨年の3月11日以降、多くの人たちが放射能汚染に対して潜在的恐怖を持って生きてる中で『私がなんとかするのだ!(笑)』という気持ちしかなく、その後押しを地球がしてくれているから、植物エネルギーをお伝えするイベントがどんどん増えているのだ!と100%思える自分がいる。
 人のココロの根幹を変えることのできるものは言葉なんかではなく、何か別のモノであるはずだ。と40年以上思い続けてきた。私の生きてる間に見ることはできなくても、誰かがきっと紡いでくれるだろうと信ずることのできるチカラが植物エネルギーなのだと思える。
 私はただ種を播き続ける。それがお役目なのだと思う。そうそう、それが『元気の種!』(笑)
 人それぞれに地球に対するお役目があるのだとも思う。どうかあきらめずに見つけてほしい!
 私の幼いころの夢は・・・、国立公園の森の番人になることだった!それと勇者と仙人にもなりたいと思っていた。紆余曲折があったが・・・、今その道を歩いているのだとも思える。そして紆余曲折の人生こそが私に課せられた道なのかもしれないと思うと・・・『これからもどんどん苦難よ来い!』とも思える(笑)。
 もっともっと賢くなって、勇気と元気を増幅し、体全体から発せられるオーラーの質を上げ、もめ事、戦争、差別のない地球になる礎になれれば最高の人生なのだろう!

 などと思える瞬間があることがすばらしい!

 しかしながら・・・、目の前にやってくる未知の出来事、イベント、人、現実にはいまだ不安、ドキドキ、惑いがある自分もいるのだが・・・・、やはり私の中に色々な私がいてイイのだと思える(笑)。

 さて、現実には数多クリアーしなくてはならぬこともある。
 
 8月上旬には・・・、熊本から写真展&講演の依頼がやってきた。10月は襟裳岬という話もあるのだが・・・
 そうそう9月下旬には温泉学会に招待講演でよばれてたんだっけな(汗)。広島県からも同窓生のセミナーで呼ばれ・・・、美深町から依頼されている植物写真エッセイの執筆、MyLoFEの執筆、イチオシ!、そうそう8月中旬からは画廊喫茶チャオさんで写真展もあったっけな・・・・、そうだ12月には放送大学講座の講師もだった・・・(汗)、あっ、もう一つあったな・・・、クラシエ(株)主催の薬剤師向けの漢方いろは・・・後2回!

 来年2月末&3月末には富士フイルムフォトサロン札幌%大阪での写真展も決まってたっけな(汗)。

 今ブログを書いてる私の頭の中は『どーしよー(汗)』しかないのだが・・・、ブログに自分の気持ちを書いてしまえば・・・『よーし頑張る!』がやって来るに違いない!

 とにかく先ずは来週のイベントの講演パワーポイントを作成することにしよう!

 おっと今晩は・・・、飲み会だった(汗)。
 写真屋さんのパラダイスさんの昔から常連さんの結婚式に招待されたのだが・・・、結婚式に出ないことにしている私なので、出席しなかったかわりに新郎新婦さんをお祝いする会催すことにしたのだった。
 飲み会も久しぶり・・・大いに飲んで・・・歌うとするか(笑)。

 あーすっきりしたっと!
 さーてやりまっか(笑)

|

2012年5月23日 (水)

2419話 ~北海道ガーデンショー、イベント『森の自然散策と知られざる植物の不思議』開催のご案内! ~

 タイトル通りなのです。
 その前に、先日、熊本県から写真展&講演のオファー、そして、なんと襟裳岬先端から写真展&講演のオファーが届きました。美深町からも同じようなオファーがあって・・・、正直、どうしましょうね(笑&汗)。
 写真エッセイの執筆も、年末の大学放送講座、クラシエ薬品(株)の「薬剤師のための漢方いろは」・・・・
 ん~~って感じですが・・・、私の直観でピンと感じたイベント・・・、すなわち・・・地球のお役に立てるイベントだと感じたモノは全て受け入れることにしています。
 その理由は・・・、なんどもブログに書いてますが、『
地球を汚し続ける原子力発電人の自信のなさからやってくる限度無き欲(お金、肩書、地位・・・)』をとめたいからです。『人のココロの中に地球で生きてるだけですばらしい、地球に愛されてる、ステキ!』だという想いが80%以上になれば・・・、きっと全てはうまくいくと思うのですね。
 原子力発電所がまき散らす『
死の灰』が危ないとか怖いとか癌になるとか奇形児が生まれるから・・・etc・・・とかそれだけでは何も変わらないし、変わる必要もない!
 止めるためには、国、政治、宗教・・・etc・・・の関係なく人類全ての人がステキだと思えるであろう植物エネルギーのチカラを借りたいのですね。植物たちのいないて争い事の多い国にだって、私の植物写真を届け、講演したい!そんな思いでいっぱいです。
 私は・・・、ステキでキレイで美しいモノの中でステキに生き、他者からではなく、自分ですばらしいと思える一生を過ごしたいから!汚らしいモノの中では生きていたくないから! そうなれるのなら、今の生活レベルを半分以下にしても良い!そう思っています。
 事実、やれることは全て自分でやるように心がけて以来、どんどんお金を使わなくなっています。
 お金、地位、肩書とは、他者に丸投げするという意味なのでしょう(笑)。

 さて、あなたはどー考え、どー生きようとしていますか? ただそれだけのことです。
 もちろん・・・「
これまで通りで良い!」だってそれも1つの選択です。ただ・・・、自分で決めた結果の先ある、やがてやってくるであろう未来をぜひぜひシミュレーション、想像してみてくださいね(笑)。本当にこれまで通りで良い!」で地球が元気になれるのかどうか????

 ということで、今私のやっていることをあきらめることなく地道にやり続けていきます。

 それが、私が自分で自分のことをステキですばらしいと思えるからです(笑)。今進んでいる道を行けば必ず光が待っている!そう確信しています。

 さて、来月6月2日から十勝千年の森(十勝清水町)で開催される北海道ガーデンショーで私が開催するイベント『森の自然散策と知られざる植物の不思議』のお知らせです。
   Photo
 『元気と勇気のクスリは、森の植物エネルギーから!
 ぜひごいっしょしましょう!

 先ずは5月31日、6月1日、6月2日・・・、千年の森周辺の植物エネルギーを感知しに行ってきます!

|

2011年8月15日 (月)

1700話 ~ 今年の山は過ぎたかも(笑) ~

 明日でたぶん今年一番の山を越せそうです(笑)。
 12日夜は、札幌市北区北24条西4丁目にある画廊喫茶チャオさんで、オープニングイベント!
 小松崎健さんのハンマダルシマーと長崎さんという女性のクラリネットのデュオ&私のスライドトークショーでした。お盆中なのに、実に多くの方が参加してくださいました。ありがとうございました。
02

 いやー、すばらしい波動でした。今年暮れに開催予定の写真展、「皆の植物エネルギー」でも、健さんにお願いしたいです。いや実にすばらしい!
01
 常連さんもたくさん!ありがとうございました。
 この後、2次会へ行って、愛と正義と勇気の歌をガンガン歌って(笑)、朝5時に札幌を出発し美深町へ向かったのでした。そして、午後の講演をこなし、講演終了後、松山湿原(天竜沼)付近、で、仁宇布地区のリーダー的存在の、かつて北大農学部の教授先生をしていた寺沢先生宅へおじゃまし、地元の人たちと懇親(いやー飲みました)、翌日5時に松山湿原に登り、激しい雨の中を運転しながら帰宅。で、15日はカミさんの実家へお墓参り、で最後は明日、私の実家(浦河町)へ行って(日帰り)お墓参り、戻る途中、苫小牧市に寄って親父の様子を見て戻ってきます。17日は、北海道テレビHTB「イチオシ!」出演・・・、まあ今年一番のハードスケジュールをこなせそう(笑)。
 そうそう松山湿原の植物たちは、早くも終盤です。ツバメオモトさんの実も紫色、湿原はホロムイリンドウさんを残すのみですね。そして・・・紅葉から白い季節。
 まあ、ここまでは行くつもりです。あと3回は行くことになりそうですね。
 で、9月になったら執筆も始めます。
 こんなに一生懸命になれることをたくさんいただき、「ありがとう」しかないですね。
 どんどん進みますゆえ、エールを送ってください!

|

2011年6月28日 (火)

1603話 ~ 名寄市、美深町から戻ってきました! ~

 2泊3日の出張から戻ってきました。
 先週金曜日、大学にお泊りして、朝3時に美深町松山湿原に出発。6時半に松山湿原の下にある雨霧の滝、女神の滝に到着し、ついついそこで2時間ほど過ごしてしまい、朝8時半に名寄市の(独)医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センター 北海道研究部に向かいました。
 名寄市&北海道研究部主催の『
薬草花・まつり』の講師としてお呼ばれしたのでした。
 先ずはその様子から・・・
01
 サブリーダーの菱田さんからの挨拶で始まり、
1時間ほど広い圃場を薬草、漢方のお話をしをさせていただきました。
02
 今年は、天候不順で植物たちの開花時期が遅れています。
 いつもならシャクヤクが満開なのですが・・・、こんな感じです。

 この日もとても寒く、まだまだ早春という感じの気温でした。

 で、1時間ほどの説明会の後は、お昼ご飯です。
 若き名寄市長さんの挨拶の後、みんな揃ってお弁当です。
03

 このお弁当、ただのお弁当ではないのです。

Dsc01891s

 薬膳弁当の復活!

 実は新しい市長は、名寄市のホテル『藤花』の御曹司にて、薬草の街を目指しているそうです。

 なので、このお弁当藤花の調理部で作られたものなんですよ。

 私は、当帰と薄荷のテンプラが一番美味しかったです。

 このイベント、長く続くと良いと思います。

|

2011年6月12日 (日)

1571話 ~ 日本東洋医学会学術総会終了! ~

 2年間かけて準備してきた日本東洋医学会学術総会が大盛況で終了しました。

 なんか、さすがにお疲れモードです(笑)。

01

 6月10日、白石区のコンベンションセンターで始まりました。

02dsc01525

 参加登録が始まりました。目標は2000名だったのですが、3日間で、なんと2100名の方が参加してくださったのでした。大塚先生、今井先生をはじめとする準備委員会のメンバーは大感激でした。

 私と言えば・・・、会場内で写真展の開催、展示販売ブースの設営、バスツアーカイド、シンポジウムの座長・・・、久しぶりの学会参加でフルパワーでした(笑)。

03

 はるにれ薬局の小寺先生、コア調剤薬局の菅原先生、牧田病院の後藤先生、つじ調剤薬局の谷口先生たちも作品を展示してくださって・・・、ありがとうございました。

 実にたくさんの方が見てくださいました。そして、「すずいろの花」、ポストカード、北海道新聞社から出版した植物写真エッセイ「植物エネルギー」も、実にたくさんの方に買っていただき、本当にうれしかったです。

 感想などをぜひ教えてくださいませ。

 そして、北海道医療大学・北方系生態観察園のバスツアーも、なんと40名+20名ほどの方が参加してくださいました。バスの中での私のたわいのないお話にお付き合いくださいまして、重ねてお礼申し上げます。

 北海道に来ることがありましたら、ぜひぜひ相談してください。フツウのツアーでは味わうことのできない感動コースをそっとお伝えします。

 この学会は実におもしろく、様々な先生方が西洋医学では到底説明のできないすばらしい発表をなさっていました。私自身とても勉強になりました。

 たとえば・・・

04

 さらに最終日の午後には、大長老の本間先生自らが・・

08

 食べ物は、すべて薬。食べモノをおろそかにしてはなりません!

 そして、準備委員会のグルメたちが、全力で企画した懇親会!

 全ての料理が、食べつくされました!

 そして、こだわりのお酒も全て飲み干して!

07

 余興は、インドの伝統楽器を使ったアイルランド音楽。HARD TO FINDの素晴らしい音色。

 すばらしいお酒の波動とステキな音色の波動が私の心の波動と同調して・・・、叫んで、踊って(汗)・・、はしゃいでしまったようです(笑)。

 若き漢方医の鈴木先生も特別出演!

06

 会場にいた全ての方が笑顔のまた笑顔!

 それを見ている私たちも笑顔!

 「気の巡り」はマックスでした。

|

2011年5月 2日 (月)

1447話 ~ なんと、北方系生態観察園の植物エネルギーがJR北海道の特急電車に!!! ~

 さて5月2日です。また新しい一週間が始まります。
 どんどん時は流れていきます。人の心だけが時の流れについてはいけないものなのかもしれません。
 それは、執着とい名の過去なのかもしれません。
 過去と向き合いながら、未来を見て、現実を進む。これは人類にだけ与えられた修行の場なのでしょう。

 さて、14年前に始めた過去が、未来へと繋がるイベントとなる現実になりました。
 昨日から、JR北海道の全ての特急電車に、北海道医療大学・北方系生態観察園の植物エネルギーがのっかちゃいました(笑)。特急電車の座席シートにある手前の網ポケットに入っている、JR Hokkaidoとい
情報誌です。

 早速表紙から!

Jr001

 表紙に、特集『植物の教えで健やかに 当別・名寄・札幌、北の薬草を究める』と書かれてます。ここが私たちの特集記事になってます。ライターの石室さんという方の感性がステキで、とても伝わる文章になってます。

 5ページ目から始まります。

Jr002

 タイトルの植物エネルギーは、昨年、名寄の(独)医薬基盤研究所薬用植物資源研究センター北海道研究部で栽培されている、漢方薬には欠かせぬ芍薬の花です。すばらしい!自画自賛しちゃうほどです(笑)。

 どんどんいきましょう!

Jr003

 さらに北海道医療大学だけではなく・・・

Jr004

Jr005

 (独)医薬基盤研究所薬用植物資源研究センター北海道研究部の取り組みも紹介されています。ここ10年間ほど私の植物の修行を支えてくださった、植物たちをこよなく愛する柴田先生と柴田先生が育てた、若き研究者、菱田さんと林さんも、すばらしい笑顔での登場です。

 さらには・・

Jr006

 道立衛生試験所の方々の取り組みも紹介されたいます。姉帯先生は、これまた北海道内では、とても有名な方です。

 3つの施設のコラボ記事・・・、まるで漢方薬のように、それぞれの良さが重なり合って、大きな波動を形成しています。北方系生態観察園の取り組みは、まだ始まったばかりです。どんどんステキな森にしていきますのでね、これからも皆さん、応援、サポート、よろしくお願いします。北方系生態観察園を愛する人たちが集まれば、世界で誰もやっていないステキな何かがどんどん起こり続けていくと思います。

 これからの地球を担う若い人たちが、前に進めるステキなきっかけを得られるような森にしていきたいと思います。願い、想いは必ず繋がります!

 さて、このイベントのきっかけも紹介しましょう。

 事の始まりは、2008年に、北海道新聞社から出版した『植物エネルギー 北方系生態観察園の四季』という植物写真エッセイでした。その年、(財)北海道新聞野生基金が刊行している『モーリー』という雑誌の編集者から執筆を頼まれました。

 その時のモーリー19号(2008年12月13日発行)の表紙です。

Jr008

 北海道の里山と、その取組が紹介されていて、全て、実際に、そこに携わった人が執筆しています。

 で、私のページを少々。

Jr009Jr010

 このモーリーを読んだライターの石室さんが、取材してくださったんです。

 過去が未来に繋がる現在になったイベントです。

 それも、14年前、植物のことなど何も知らなかった私が、1ケ月になんども足を運んだ名寄の(独)医薬基盤研究所薬用植物資源研究センター北海道研究部で栽培されて、柴田先生他が愛情をたっぷりかけて栽培されたステキな芍薬さんが表紙を飾ってます。さらには、姉帯先生。先生は、ずーっと日本薬学会北海道支部の春の総会の講演要旨の表紙を飾る植物写真を掲載されたいた方でした。その姉帯先生が、数年前に、その表紙を飾る植物写真の後継者に私を指名してくださったのでした。

 前向きに生きようとする多くの人たちの想いが具現化した瞬間に、私は、かなり感動しています。

 感動は、感謝になり、さらに何かお返ししなくっちゃ・・という気持ちがどんどん湧き上がっています。

 なにがあっても折れない心を植物たちが教えてくれました。

 北海道医療大学・北方系生態観察園はどんどん進化し続けていきますのでね、よろしくお願いします。

 で、最後に、このJR北海道の情報誌。非売品です(笑)。

 この情報誌をお求めの方は、ぜひぜひ、JR北海道の特急電車の乗ってくださいませ!

|

2011年1月28日 (金)

1269話 ~シンガーソンングライター 林田よしきサンのライブ! ~

 ライブのお知らせです。
 札幌市北区の画廊喫茶『チャオ』さんで開催する私の写真展の際、何度かオープニングライブをしてくださっている、シンガーソングライターの林田ヨシキさんが、明日ススキノでライブを行います。本当にステキなギターワークと歌です。お時間のある方はぜひ!
場所:カフェ&ダイニングHoney Kix(札幌市中央区南2条西4丁目 札幌中億区南2条西4丁目乙井ビル
 B1)
時間:午後7時~

 昨年12月28日、チャオさんでのライブをしていただいたときの林田さんです。
02dsc00465
 料理も美味しそうですね。

 私は・・・、とても残念なのですが、別件の新年会があって・・・行けません(涙)。

 林田さん、全開でねー!応援してます!

|

2010年11月29日 (月)

1119話 ~青森県の安全な薬草栽培による新産業創造プロジェクト~

 金曜日は、終日「青森県の安全な薬草栽培による新産業プロジェクト」の研修会でした。

 先ずは、青森県庁の方と建設業者さん、そして私と、化粧品流通会社、クラウン商事の専務さんとの販売戦略に関するセミナーでした。

 この専務さんは、私たちの研究・開発・商品化した「すずしろの花」を取り扱ってくださっている方です。

 東急インでの会議。

01dsc00256

02dsc00260

 午後からは、13年前から手がけた、北方系生態観察園をお見せしました。建設業者の皆さんは、広大な山をお持ちなので、ぜひ、里山作りをしていただききたいものですね。

03dsc00262

 最後は温室へもご案内しました。

 左が洋ラン(名前は知りません)。下右はパパイヤの花です。

1

 青森県の自然も北海道に負けずにすばらしいのでね、「食べる」以外のイベントも考えていって欲しいと思いました。  

|

2010年10月24日 (日)

1038話 ~徒然なるままに!~

 さて、10月もあっと言う間に過ぎ去ろうとしています。

 11月は、私の生まれ故郷の浦河町での写真展が始まります。場所は、浦河町立図書館内で、29点の作品展示となります。2008年に北海道新聞社さんから出版した植物写真エッセイ、「植物エネルギー 北方系生態観察園の四季」に掲載されている作品がメインです。2006年、2008年に富士フイルムフォトサロン札幌で展示した作品の中から精鋭部隊を昨日送りました。お近くにお住いの方、ぜひ見に来てくださいませ。

 さらに、11月5日(金)には、北海道栄養士会日高支部に招かれ、講演会も開催します(詳細は明日)。こちらは、漢方の基礎をやさしくお伝えし、病気予防の極意、日高の植物、食材の写真をふんだんにお見せしますのでね、こちらも、ぜひ!参加無料です。

 昨日は、午前中は、札幌市北区のカメラ屋さん『パラダイス』に出かけ、池原社長と今後のことなどについて話し合ました。自宅で昼食後、再度パラダイスへ出向き、世界レベルのフォトグラファー、相原正明さんのスライドトークショーを2時間ほど聞いて、夜は、薬剤師会の皆さんと懇親会。勢いでススキノに出かけ熱唱!(笑)。

 では、なんとなくダイジェストです。

 一昨日の大学近くの落日は、すばらしかった!

00

 相原さんのお話の中で、撮影する場所、人と同化して、楽しく撮る!が、一番大切だとおっしゃっていましたが、私もそう思います。私は、人は撮れませんが、地球が大好きで、中でも植物たちは大好きをはるかに通り過ぎるほどに愛しちゃってます。「植物さんたちとお話ができる!」。今ではそう思っています(笑)。あっ、動物さんも猫さんなら撮れるかもしれませんね。大好きなんです(笑)。なので、近いうちに、地球とも会話できちゃうかもしれないと本気で思ってrるんですよ(笑)。

 で、取り留めもなく、いきなりパラダイスさんです。こんなお店です。

00a

 高校生から会社を退職なさった方まで、老若男女が集うお店です。

00c

 遠く岩内町から来た人、最近知床から戻ってきた人。実に様々!

 ショーウインドウをのぞいてみましょう。

00b

 こんな感じです。

 上から2段目棚の一番奥には、ニコンF2ブラックフォトミックのボディーが・・・、フォトミック部分は少しやつれてますが、池原社長は、新品と取り換えると言ってました。石井先生・・・いかがですか(笑)。

 さて、今日は、午後からチャオさんに寄って、3時半から相原さんのトークショー(共済サロン)に行ってきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ