2013年4月24日 (水)

第3207話 ~ Scene 北海道(創刊号)!~

 北シーン! 覚えてますでしょうか?

 休刊中でしたが・・・、Scene北海道という名に変わり再開しました!

 創刊号です
  Scene001
 この方が中心になって・・・
  Scene002
 写真家の岸本さん!
 相変わらずパワー溢れる作品ばかりです。

 実は、私も岸本さんから頼まれて仲間とともに出展させていただきました!
Scene003
 「カタクリの魂魄!」大好きです(笑)。

 写真仲間の菅原さん、石田さん、松井さんとで1ページ!

 でも、もう一人仲間がいたんですね(笑
Scene004
 オオハナウドくんの茎の輝く毛を撮影してるのは、私の一番弟子の後藤先生!

 やりますよねぇ~(笑)。

 そして22ページには・・・
Scene005
 国道275号線沿いの道端の感動スポットを紹介させていただきました!

Scene006
 会員募集も!

 それからこの雑誌の配布してるお店一覧です。
Scene007
 
    

|

2011年1月23日 (日)

1252話 ~ カメラ修理専門店パラダイス ~

 1月22日午後からは、札幌市北区北17条西3丁目にあるカメラ屋さん(修理専門店)のパラダイスさんへ行ってきました。パラダイスの池原社長とは、2004年からのお付き合いです。私の手元にあるフィルムカメラのほとんどは、このお店で購入したものです。池原さんの修理は、たぶん完璧ですね(笑)。
 自宅から1.5キロ、天気も良かったので、ブラブラと歩いてパラダイスさんまで。Velvia502本の現像が上がってるのと、来月サンピアザで開催する写真展のDMを持っていったのでした。
01
 春の訪れを予感させる良いお天気!
 今年は、雪壁が高い!
02
 北24条界隈。北大通りですが・・・、なぜか自転車に乗ってる人もかなり多い!危ないと思うんだけどなぁ~
 などと言ってるうちに・・
03
 北18条通りに到着。
04
 ここがパラダイスさん。2004年から比べると、ありえない程のお客さん。それも常連さんがやってくるカメラ屋さんに変貌しました。すばらしいです!
 なにがすばらしいかというと・・・
08
 フィルムカメラを使う若者がたーくさん集う場所なんです。さらに高校生からお年寄りまで、フィルムカメラで撮影する人たちが幅広く集い、語り合うお店なんですよ。
 手を上げているのが、通称オッくんと言われている北大生。スタッフの一人です。出会ったころは、バンドのボーカルをやってましたが、私の撮影会に参加後は・・・、こんなことになってます(笑)。
 店内は・・・
05_2
 
06_2
 池原さんが修理したフィルムカメラでいっぱいです。
 春からの撮影会で使おうと思っているミノルタ製SRT101とマクロレンズを探してもらうことにしました。
 現像されたスリーブ2本を受け取った後、また歩いて自宅に戻ります。
 途中、北24条にある画廊喫茶チャオさんに寄って
、DMを置かせていただき、コーヒーを一杯飲んでから帰宅しました。
07
 チャオさんには、いつもお花が活けてあります。

|

2011年1月21日 (金)

1251話 ~ 写真 ~

 皆さんにとって写真って何?
 写真を撮る方には、なぜ写真を撮るの?
 こんなことを自分に問いかけたことはありますか?
01_2
 私にとっての
写真とは・・・、その時その瞬間の自分の心の様を写してくれるものです。
 特にポジフィルムVelvia50を使って撮影するときには、失敗に対する畏れの他に、その時の精神状態(焦り、惑い、憂い、喜び、悲しみ・・・)全てが投影されるものです。
 先ず、どんな植物の何に自分の心が反応しているのか・・・勢いが欲しいのか?勇気が欲しいのか?元気が欲しいのか?優しさ温もりが欲しいのか?・・・・。被写体が地球の元気そのものである植物だからこそ判断できるのです。ということが、9年間撮り続けて理解し始めています。
 例えば、自分の熱い心を鎮めたいと潜在的に思っている人は、小さくて紫色の花を欲しているようです。
F6000709091227
 いかがでしょう?
 私は、早春の植物たちについている朝露が大好きです。
F6001620
 可憐な紫色のお花についた水滴なんぞは・・・私にとって、地球がくれる最高の心のクスリです。

 バッチフラワーレメディーってご存じですか?私も少しだけ勉強して、しばらく飲んでましたが・・・

 バッチ博士とバッチフラワーレメディーについてはこちらをご覧くださいバッチフラワーレメディー

 簡単に言えば、すべての病気は、その人の心の中にある。そのことに自分で気づき、克服するために野に咲く植物たちの花が昇る太陽の光で抽出されるエネルギーの助けをかりましょうということです。自分でも遠い過去に封印してしまった負の感情を掘り返し泣く!なんてこともその中に含まれます。

 ここでは、この話をするつもりはありません。

 私は、北海道は世界で一番元気な大地だと思っています。これは、私にとってはもはや確信です。なので、北海道の大地に息づく植物たちの元気を世界一です。

 そして、フィルム一眼レフカメラ、マクロレンズ、ポジフィルムVelvia50を使えば、21世紀の植物レメディーを実践でき、21世紀の漢方も実践できると思っています。

植物たちにつく光輝く朝露!これを口から飲むのではなく、森の中に入って自分の意志、決断で目から取り入れる。それがシャッターを押す!ということであり、地球の元気と勇気をいただくということです。そうは思えませんか?少なくとも私は、9年間それをやり続けて今に至っています。

 なぜ写真を撮る?の問いにはいかがでしょう?

 いろいろな想いで撮られていることでしょう。一番根っこには、『褒められたい!』があるのではないですか?

 さらなる問いです。では誰に褒められたいの?

 ここから先は、様々は方向に進んでいくのでしょうね!それについて解説するつもりは毛頭ありませんが、言葉には表すことができない様々な想いがあることでしょう!

 私は・・・、自分が、ステキですばらしい植物を感じていたい、そんな自分に褒められたいといつも思ってきました。私はいつも『私は世界で最高の植物たちのすばらしい瞬間を感じてる!オレってステキ!』っていつも現像後のスリーブを見て思っています(笑)。ただ、私だけがすばらしい。とは思っていませんがね(笑)。

 そうこうしているうちに、『俺って地球に褒められるかもしれない!』などと思うようになり。今はそれがフツウになっちゃいました(笑)。ですから、撮影会にいっしょに行った方から、私の作品はどうでしょう?と聞かれても、「すばらしいですね」と言います。だって、ステキなんですもの。その方がすばらしいと思ったものは、すばらしいのです。その想いが伝わってくるので「すばらしい」と私も思うのです。

 写真展を開催し、たくさんの方かた褒められました。『こんな植物写真は見たことがない』。いつもそう言われますが・・・、そう感じた方は、私と同じ、いや私以上に、植物たちのすばらしい瞬間に出会える人たちでもあります。それもだんだん分かってきました。

 身近なすべての人の認めてもらう必要もないですし、一人でも心の波動の合う方がいてくれれば、とてもうれしいことです。写真展を通して実にたくさんの方の心の波動と同調できることが分かったので、今は最高に幸せです。本当にありがとう!

 だから、私の写真を「すばらしい!」と言ってくださった方、ぜひごいっしょして、ご自分の写真を撮ってくださいな。フィルム一眼レフカメラって実に簡単です。だってシャッターを押すだけなんですから(笑)。だいじょーぶ!

 9年間の私の経験では、カメラのこpとなど全く知らない人の方が、たぶんすばらしい写真を撮れると思います。私のカメラの師匠だった人(応援してくださった方)がいつも言ってくださいました。『被写体を愛する心が最も大切。技術は後からついてくるもんです!』と! もっとも、私が超ビギナーだったのですから説得力があるでしょ(笑)。

02_2

 いったい私は何に感動してシャッターを押したのでしょう?

03_3

 オオアマドコロさん!蛍光色の緑色!最高っす!

 ここに地球の元気と勇気が詰まってる!

 そうは思えませんか?

 

|

2010年12月26日 (日)

1191話 ~ポジフィルムアーティスト、廣島経明さん!~

 光映堂さんの次に向かった先は、札幌ファクトリー!

 そこには、写真家にてポジフィルムアーティストの廣島経明さんのショッピングスペースがあります。

 廣島さんは、友人・・というよりは、ほとんど同志って感じです。2006年、私の最初の写真展の時に、富士フイルムが誇る最高プリント、クリスタルのプリンターをなさっていて、私の作品をプリントしてくださった方です。

 なんて言って良いのでしょうね。一言で言えば、色味の天才!私はそう思っています。彼もポジフィルムにこだわり続けている方のお1人ですね。

 で、廣島さんは、とてもアイデア豊富な方で、私の作品を使って、小さなポジフィルムの瓶詰めを作るアーティストです。こんなお店が、札幌ファクトリー内にあるんですよ。

01p1020892_2

 白い柱には・・・

05p1020887_2

 さすが廣島さんだわ(笑)。ポジフィルムでこんなものまで作ってる(笑)。

 お店の商品を撮らせてもらいました。

02p1020883

 レイアウトがすばらしい!

 もっと近寄ってみましょう。

03p1020886_2

 小瓶に詰められた小さなポジフィルム。瓶詰めストラップ!

 私をきっかけにVelvia50で植物エネルギーを撮影し始めた皆さん。ご自分の作品で、ストラップを作ってみてはいかがですか?

 このストラップを作るためには、特殊なデュープ用のフィルムが必要なのですが、富士フイルムでは、もうそのフィルムを作っていません。なので、廣島さんの持っている在庫が無くなると、もうこのストラップは作れないってことです。実は、私も100本ほどこのフィルムを持っています。廣島さんに頼まれたので、ストックしてあるんです。

 そして廣島さんのこだわりは、こんなところにまで!

04p1020890

 すばらしいですね。

 皆さんもぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょう?

 廣島さんとは、ここで待ち合わせをして、今年1年のご挨拶をさせていただき、その後は、しばらく写真談義!

 廣島さん曰く。写真を撮るタイプには3通り。(1)技術で撮るタイプ、(2)マシンパフォーマンスで撮るタイプ、(3)心で撮るタイプ。

 あなたは、どのタイプですか?

 締めのお話は・・・、楽しく笑顔で撮った作品が、それを見た方に笑顔の波動を伝える!

 お互いに一致した意見でした(笑)。廣島さん、今年も大変お世話になりました!

 そして廣島さんのこだわりは、こんなとこ

|

2010年12月16日 (木)

1166話 ~北方系生態観察園のカタクリさんが、北海道医療大学公式年賀状に!~

 さて、先ほどメールボックスにステキなモノが入ってました。

 これです!

H23

 今年も私の作品が、私の名前入りで北海道医療大学の公式年賀状に採用されました。

 実は、確か7年前くらいからずーっとそうだったのですが、すっかりファイルするのを忘れていて、3年前からいただいた年賀状をファイルしてきました。

 一昨年(平成21年)のがこれです。

H21

 北方系生態観察園から見た昇る朝日。確かこの年までは、風景ばかりだったのですが、昨年から、北方系生態観察園の植物さんが年賀状に登場し始めました。昨年のがこれ!

H22

 ニリンソウさんの名作「命のぬくもり II」。写真展以降、継続して人気のある作品です。

 なんか、大学の役に立ってる感が、バリバリです(笑)。大学の方も私を応援してる感があって、さらに加速して進んでいけそうです。自分の今生きてるこの場所、さらには、北海道の大地、地球のお役に立ててる感覚って最高です!「私が、地上に生を受けた理由」が、ビジュアルに伝わってきます。

 やっぱり北海道医療大学に戻ってきて大正解!なんたって私の愛してきた北海道医療大学は、たーくさんのプレゼントをくれる!もっと大学のお役にたって、自分自身が笑顔で生きられるよう修行を続ける決意を今しました(笑)。堀田出ます!

 最後に今年の年賀状に使われたカタクリさんたちををアップで!

F6004010050331

 さーて、来春は、どんなステキな姿を見せてくれるのかしら?

|

2010年11月22日 (月)

1103話 ~Cyber-shot(コンデジ)で切り撮った大都会の輝き!~

 先週末の夜、札幌の中心部に出かける用事があって・・・。

 大都会の中のステキな瞬間をコンパクトデジカメで撮っちゃいました。ISO感度設定を3200にしての撮影です。

Sdsc00122

 なんか良い感じでしょ!

 縦位置でも1枚。

Sdsc00117

 ん!これも良し(笑)。

 木の部分だけをこんなふうに撮ってみました。

Sdsc00125

 手持ちでこれだけの写真が撮れるなんて、夜間撮影はデジタルカメラの威力を感じますね。

 でもまあ、いつかは、Velvia50で、この闇の中の光を写してみましょう(笑)。

 ずーっと真夜中の植物さんたちの見てみたいシーンは、頭の中で描かれているのですがね、夜はついついその土地の旬の食材&お酒の方が優先されちゃって・・・、今だにトライしたことがないんですよ(笑)。

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

1090話 ~SONY Cyber-shotグリーン(DSC-W320)~

先日、コンパクトデジタルカメラを買っちゃいました。

 SONY製のCyber-shotグリーン!これです。

Cybershot

 幅92.9cm, 高さ51.9cm, 奥行き17.3cm、重量が117g。かなり軽量です。お値段も11,600円とお手ごろ。 Carl-Zeiss社製のレンズ(バリオ・テッサー)を使用しているのもうれしいですね。

 コンデシ撮影は、このカメラを使っていきます。

 先ほど北方系生態観察園に行ってきましたので、このカメラで撮影した写真も掲載します。

 先ずは、薬草園から・・

Photo

 もうすっかり冬景色!

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

1044話 ~ 干場忠夫写真展『森の息吹』 in 画廊喫茶チャオ!~

 写真展のご案内です。私の友人にて、フォトマスター、エキスパートクラスの資格を持っている、ベテランカメラマン&写真家の干場忠夫さんの写真展『森の息吹』(12月3日~15日)が、札幌市北区北24条西4丁目にある画廊喫茶『チャオ』さんで開催されます。
Photo
 迫力あるDM画像ですね。楽しみです!
 お時間のある方もない方も、ぜひ見に行ってくださいませ。もちろん、私も行きます。
 チャオママ特製オムライス、ピザ、パスタを食べながら・・・森の息吹を感じるのもおつなものかもしれません(笑)。

 なお、干場さんのブログは、私のブログにもリンクしていますので、アクセスしてみてくださいませ。ブログ名は自由人です。

| | コメント (0)

2010年4月30日 (金)

植物エネルギー 第658話 ~ 植物エネルギーが第57回北海道薬学大会へ ~

 先ほど郵便物が届きました。

 5月8日、9日に開催される第57回北海道薬学大会要旨の表紙に私の植物エネルギーが!

 早速です。

57

 13年前から始めた北方系生態観察園の植物たちの元気がどんどん広がっています。もっと広がって!デス(笑)。

 表紙の裏側には蝦夷延胡索さんについてのコメントも。

4月中旬から5月下旬』、濃淡のあるステキな青紫色のお花を森の林床に散りばめてくれます。芽出しから次世代の種子を残すまでの営みは、わずか2ヶ着き間。その後は、地上から姿を消してします春の短命植物「Spring Ephemeral(スプリングエフェメラル)」の代表的な植物の1つです。その根は延胡索(エンゴサク)と呼ばれ、漢方薬、安中散や神効湯などに配合されるとても大切な薬用植物です。

 昨年の表紙は力強い芽出しでしたが、蝦夷延胡索のすばらしさは、雪融け後の森の林床を青紫色に染め上げる高貴な色の花でしょう。薬とは、なにも口から飲むだけではないはずです。目から飛び込んでくる感動も心のクスリです。「心身一如」は漢方の基本です。

 一生懸命生きているからこそ、色々な感情がやってくるのです。色々大変な目にもあうのです。もしかして、その数が多いほど、その人はステキなのかもしれませんね。ステキだからこそ、色々なことに遭遇すると・・・私は思うのです。そして、心優しい人は、心を強くしなければいけないのかもしれませんね。『人間は皆同じだ』と思い込んでいるとしたら・・・、優しいだけでは、困難を乗り越えられないかもしれません。

 その時、その瞬間の自分の人生に必要なものと、そうでないものとを見極める能力も必要かと・・・私は思うのですが・・・

 植物たちを知る前の私は・・・、自分の心の中にある思い込みと執着との格闘の歴史でした。

 事実を正確に読み取る、感じ取る力は、大自然の中にあると思います。特に・・・北海道は最高だい(笑)。

 おっと、独り言が過ぎたようです(笑)。

 実は、第57回北海道薬学大会要旨については、おもしろいオチがあるんですよ。

 裏表紙にも私の撮影した植物エネルギーが少し小さく掲載されています。

    57_2

 襟裳岬の百人浜で撮影した、たぶんクロマツくんですね。6月上旬だったと思います。

 なんか、お目でたい気持ちになって撮影したんですが・・・

 以前、北海道薬剤師会に何点かお渡しした作品の1つだったんです。

 スタッフの方で、何か心に響いたのかもしれませんね(笑)。

 何の説明もなく唐突に掲載されていたので、何かとっても心が温かくなりました。

 薬剤師会のスタッフさん、ありがとうございました。

 さて、明日は5月1日。当別町にある道民の森がオープンします。一泊二日で神居尻地区の植物たちと会話してきます。

 先ほど管理棟に電話したら・・・散策路は雪、雪、雪・・・だそうです。

 再びカンジキを出動させます!

 さあ、どんな植物たちに会えるのかしら・・・今から楽しみです。

 そして、5月6日、静岡に飛びます。

 なんか今年もあっと言う間に過ぎ去ってしまいそうな雰囲気ですね(笑)。

 

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

植物エネルギー 第611話 ~堀田式植物エネルギーカレンダー発売中~

 カレンダーを発売します。

 5月始まりで2011年4月までの植物エネルギーカレンダーと・・・

(12月に発売したカレンダーの1月~4月は別の作品を使ってます)

 6月始まりで2011年5月までの植物エネルギーカレンダー

(12月に発売したカレンダーの1月~5月は別の作品を使ってます)

 を発売します。1冊1000円なり、イベントなど販売しますので、ぜひ!

All

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ