2012年9月27日 (木)

2748話 ~ 地球の『気の巡り』!~

 さて、『地球の気の巡り』のビジュアル化です。
3
 ここ数年間使い続けてきたスライドですが・・・、何かものすごく足りないものがあるような気がしてたのですが・・・

 昨日いきなり下の画像が頭の中に浮かび上がったのでした。

Photo
 何度もお伝えしてる通り『
植物が地球上からいなくなったら地球上の全ての有機生命体は絶滅する!』は科学で証明するまでもない絶対真理であり永遠に変わらないことですね(笑)。

 お金であろうモノであろうと、地位肩書であろうと・・・、人間が身に着ける、食べるモノ全ては地球の生み出したモノを利用してるわけでですね。地球の生み出したモノを利用するだけが人間ってことなのですが・・・

 さて、地球が生み出したもの(地球の元気)を使って得たお金、地位、肩書、満足感・・・etc・・・ですが・・・、最終的には『
いただいた地球にどうお返しする?』が欠如してるのが、物質文明の発達した現代なのでしょう。
 『俺が発見したのだから、全部おれのモノ!』、『俺が最初にやったことだから全部俺のモノ』、『俺の努力で得たものだから全部俺のモノ!』・・・etc・・・ではね、『地球の元気の巡り』は滞ることになるのでしょう(笑)。

 そして『もっと欲しいもっとじゃ!』では・・・・、地球が泣くってもんです(笑)。

 地球の気の巡りが滞ってるということは・・・人間の気も滞る! まあ病気になるってことです!

 さてさて、高度に発達した物質文明の中に生きる私たちは、満足した分、便利なものを使ってどのように地球にお返しする?
 これはとても大切な事のように思えますね(笑)。

 上の図でいえば黄色い破線矢印で示されてる2ヵ所が・・・、たぶん滞っているのです!

 つまり地球の生み出した『気』が人間の所で滞っているということです。

 例えば・・・、ステーキ、生寿司を食べちゃって・・・、「美味しかった!」。それで終わりですか?自分で稼いだお金だから当たり前ですか?

 それ以上は考える必要はないのでしょうか? 

 ってことだと思いますね(笑)。

 なんてことを講演してきます!

 さて、それでは行ってきまーす!




|

2012年9月 7日 (金)

2680話 ~ロストした元気は早朝の植物エネルギーで補給する(笑)!~

 あーでない、こーでもない・・・、ん~・・・、「この文章、最低だ!」、「俺は稚拙過ぎる!」、「なんで俺のココロをそのまま文字にできない!」、「最悪だ!」・・・etc・・・。こうして私のココロのエネルギー=「」が失われていくのです(笑)。で、喉がつまり気味になり、声もかれる!
 そんな時は半夏厚朴湯を飲んで気鬱を改善するのですが・・・、なにせ元々のココロのエネルギーの総量が減っているのでね、
口から飲む植物エネルギー漢方薬では限界があるのです。
 さりとて4時間ほど車を走らせ松山湿原に登って植物エネルギーをゲットということができませんのでね・・・(笑)
 まあこれを図式化すると以下のようになるのです。
1
 私の持っている心の元気の一日量を100とすると・・・、一生懸命に生きるとどんどん減る!
 「
を遣う」、「が滅入る」、「にする」、「根がなくなる」・・・etc・・・、なので喉がつまって、声がかれる!
 上の図で言えばレッドゾーンが増える!ということです。
 漢方では・・・れっきとした
ということです。この状態を放っておくと・・・、熱が出たり、咳をしたり・・・etc・・・、さらに重い症状になっていくのです。
 だから可能な限り速やかにレッドゾーンを元気で埋める! これが漢方で最も大切な「未病を治す(みびょうをちす)」なのです。

 なので、一生懸命に生きればココロのエネルギー=「」が減るとは当たり前!
 悩んでいるのも、苦しんでいるのも・・・etc・・・、全ては一生懸命に生きてるエビデンス!
 なにせ、自分にあきらめていない!を実践しているのですからね(笑)。それを一生続けられるのが人としてThe Maxの才能なのだと思っています。
 「まあこんなもんだろう」、「俺には無理さ、できっこないよ」・・・etc・・・そんな自分の内なる声に負けて、それを実践した時にその人のその件に関する才能が失われる。そう思っています。
 悩み、苦しんで、でもあきらめない! が人生を楽しく、元気に生きる骨(笑)なのかもしれませんね(笑)。

 漢方を学んで以来、消費したココロのエネルギーは地球の元気そのものである植物たちのステキな瞬間をカメラという文明の利器を使って摂取し続けてきたのが私ってことです(笑)。エビデンスにはなりませんかね(笑)。

未病を治す」を今日も実践中!

 スギナくんから感動という名のあり得ないほどの元気をいただきました。
  _mg_5189
 f 2.8で!

  _mg_5187
 f 8.0で!
 あり得んなぁ~!
 

|

2011年11月 2日 (水)

1885話 ~ 巨大地震発生を予想している地震研究者がいました! ~

 1つ私が重要(情報を受け取る側の資質を判断する上で)だと思われる情報をキャッチしました。

 私も研究者の一人です。お伝えしなければいけないことは、どんなことがあってもお伝えし、情報の受け手の判断材料を提供するのが責務なんです。

 で、情報元は、北海道大学理学研究院 付属地震火山研究観測センターの森谷武男先生です。
 先生のホームページのトップの画像です。
2
 大雪山五色岳から見たトウラウシ山の写真です。
 ということは、森谷先生は、実際に登っているのでしょう。
 ということで、たぶん信じるに足る人間だと思いましたね(笑)。上の画像にリンクを貼っておきましたのでご覧になってください。
 で、『
ふたたびM9地震の発生の可能性について』ということが掲載されています。

 なんらかなの影響で、このサイトが消滅する可能性も否定できないというか・・・、十分にあり得ますので、私が証拠を残すために画像化しました。
 以下のアップしましょう!
_mg_7081_2
 少し読みにくいかもしれないので、ご覧になりたい方は、上の画像をクリックしてみてください。
 で、その科学的根拠も添えてあります。
_mg_7082_2

 起こる時期としては、今年の12月から来年の1月ころと想定しています。
 場所は、東北地方南部から関東地方沖の日本海溝南部付近であると推定しています。

 さて、あなた、この方の行動をどう受け止めますか?

 この時期に、このような行動をする森谷先生をあなたはどう感じますか?

 受け入れようと思いますか?受け入れたくないと思いますか?悪意に感じますか?善意に感じますか?どーでもいいですか?・・・

 私は、地震が本当に起こるか、起こらないかではなく、彼の情報を知って、一応、水、保存食、懐中電灯・・・etc・・・災害用品のチェックをして足りないモノを補充しておくことにします。

 最低半月は、どこから何の支援がなくても生活できるように備えます。

 政府のようにパニックを起こすようなことを発表するな!人を不安に陥れるようなことを言うな!
 これも1つの愛かもしれませんが、私にとっては受け入れがたい愛ですね(笑)。

 研究者たるもの、自分のやっている研究を愛し、人々の役に立てることだと信念を持っているのなら、誰に何を言われようとも、ただ、伝えるだけで良いのです。

 もしも、予想に反して、何も起こらなければ、それはそれですばらしいことでしょ。
 いざと言う時のために、訓練になったと思えば済むことですよね。

 もしも彼の発表を悪意あるものとして受け止めた方・・・・、それは、あなたの心の中に悪意があるのですよ(笑)。それが反映されてるだけです。ご確認くださいませ(笑)。

 私は、彼の発表は、もしも地震が起こらなかった時に、彼自身が『ウソつき』呼ばわりされ、傷つくかもしれないことを知りつつ、人類愛の立場からのココロからの優しさだと思います。これが、真の勇気ってもんです。

 その根拠は・・・、この発表をすることによって、発表した本人に何も利益がもたらされないってことです。

 私が、政府、大手メディアの情報を、そのまま受け入れがたいのは、彼らが発する情報によって、必ず多大な利益(お金とか地位)を受ける少数の者がいるという事実。そして、その代償に、毎日をただ一生懸命に生きてる多くの人達が、必ず甚大な被害をこうむっているという事実です。それもそのリスクは5年先以降に起こる可能性があって、その5年先に今、安易で軽めの情報を流し続けている者たちが、誰も責任をとりそうにないと感じるからです。

 それが私が政府系報道を受け入れがたいエビデンスです。

 さて、以下のサイト、もしも、大手メディアの情報に満足していない方がいらっしゃたら・・・、一見する価値があります。

 政府の人たち、大手メディアが発信する情報の真裏から見ている人たちもいるのですね。

 何が正しくて、何が間違っているかではなく、色々な見方を知って、そして、その後の事態の推移を見て、自分にとって良いと思える判断をする材料になると思います。下の画像にリンクしておきましたので、興味ある方はクリックしてみてくださいませ。
1

 森谷先生の情報・・・、私は、万全の備えをしようと思いますが・・・、森谷先生の予想が外れることを切に願っています。

 もしも、本当になったとしたら・・・、地球は、相当怒り狂ってることになります・・・(汗)。

|

2011年10月12日 (水)

1828話 ~ 10月11日、落日の光! ~

 昨日の落日前はステキでしたね。
Dsc01132s
 オフィスのテラスから、薬草園&北方系生態観察園の森!
 秋の夕日が山を赤く染めあげる!
Dsc01131s
 何があっても、地球は回り続けるのですよね。
Dsc01133s
 石狩大平原に沈みゆく太陽と、その光が演出するすばらしい世界!
 何度見ても、同じ情景はなく、あきることもない。

 人は、永遠を信じないのに、明日が来ることを夢見る!

 人は、いつか死ぬことは知っていても、明日死ぬかもしれないことは信じない!

 さてもさても、人間とは、おもしろき生命体なり!

 こんな夕日を眺めていると、私の中の時間軸が宇宙レベルの時間軸になってしまう。

 今生きてる自分を愛せずして、他者を愛せるはずもなく、今生きてる場所を愛そうとせずに、自分を愛せるはずも無し!

 だから、人は争い、競争し、あげく、地球を劣化させ続けるのだと思う!

 この先、こんな事がいつまで続くのだろう?

 そして、一番最後に残った人間は何を思うのか・・・
 
 そんな日が来ることすらも想像できないのが人間という生命体だとは思いたくないが・・・

0265314
 色々なことがあっても、どんどん先に進むしかなさそう!

 人類一人一人が、自分のことを愛せるような世界になるよう、ステキな植物たちを増やし、そして、そんな植物たちに関心、愛情を持つ人が増えることを切に願って生きることにしよう!

|

2011年10月 6日 (木)

1820話 ~ 地球のエネルギー&食物エネルギー! ~

 夕方、オフィスのテラスに出ると・・・
Dsc01038
 絵のようです。
 すぐに愛車をかって、近くの畑まで・・・
Dsc01039
 すばらしい落日!!!!
 太陽のエネルギーが地球の全ての生命体の生きるエネルギーを生み出してくれる。
 当たり前すぎるほどフツウのことで、いちいち思い出すこともないことになってしまいましたが・・・、
 今、太陽エネルギーのありがたさを具現化、ビジュアル化してくれるものが、私たちの身近な所にある植物たちであり、そして、最もすばらしい植物とは・・・、農産物ではないでしょうか。
 植物たちは、春に芽を出し、秋までかけて、太陽の光を浴び、大気中の二酸化炭素と地球の大地から水と栄養分を吸い上げ、地球に生きる全ての有機生命体の生きるエネルギー源を生み出すのですね。農産物は、その一部なんです。
 その大地と大気が汚れ、農産物も汚れ始めているのです。
 太陽のエネルギーだけでは、私たち人類は生きることはできないのです。
 さて、私たちは、どーすれば良いのでしょうね。

 多くの日本人のこれまでは、目上の人を尊び、学者、知識人を尊び、地位ある人を尊び、それが理(ことわり)であるかの如く生きてきたのですね。そして、彼らの持ち出した思想を何も考えることなく、そのまま受け入れて集団で行動する。それがフツウだった。
 なんとなく醸し出された雰囲気に従って集団で行動するようになると、それに反対する人、集団行動から外れる人は、ワガママ、勝手な事をする人・・・・は、無視、排除するような、そんな社会が古来から熟成され続けてきたのです。一言で言えば『
村八分!』。まさに差別の文化とも言えるかもしれませんね。
 もしかして
村八分!』が怖いから、恐ろしいから、なんとなく多くの人が流される行動に従う習性が身に沁みちゃってるのかも・・・ですね。
 さて、これからもそうあり続けるのでしょうか???村八分!』って、そんなに怖いことなのかしら????(笑)
 もしかしてそのことは・・・、他人の言ったことに流され続けてしまうならば・・・・、5年後以降に、身近な人、例えば、子供、孫・・・・etc・・・、にとても悲しい出来事が、今私たちが想像している以上に起こる確率が跳ね上がってしまうということです。

 私は、全てを北海道産のモノに切り替えました。
 これから先、加工品に放射能汚染されたモノが混入してくる可能性が大ですから、どこまで貫けるか分かりませんが・・・これまた可能な限り The Max を目指します。ワガママでも自分勝手でも良いです、人間レベルの常識は、もはや、地球、宇宙の摂理に反していることの方が多いことを知りました。
 宇宙、地球の摂理に反して生きるということは、人類が絶滅するということを意味すると思うのですね。
 当然のことです。
 私は、人類が好きです。地球も北海道も大好きです。なので、いつも夢のようなことを考えていて・・・笑われるのですが・・・、北海道に宇宙、地球の摂理を理解し感じて生きる人類を増やし、それを世界に発信したいと思っています(笑)。宇宙、地球の摂理に反して生きる人もいてまた良し!そんな人たちが、どんな一生を送るのかを、応援しながら見続けてみたいとも思っています。

 なので、可能な限り自給自足をしつつ、自分で補えない部分は誰かにお願いする。その対価としてお金ではなく他の何かでお返しする。お金は、最小限度あればイイ(笑)。それで、全ての事が足りる空間を創世してみたいですね(笑)。

 ということで、修行中です。

 すでに、豆腐、納豆は自前になりました。昨日、自前の糠床(野口農園さんから分けていただいた玄米の精米後にできる糠を使用)に漬けたゴーヤ、カボチャを食しましたが、バッチリでした。
 今週は味噌作りです。
 で、昨日は、北海道産の薄力粉&強力粉を使って、自分でウドンを打ってみましたが・・・、絶品でしたね(笑)。
 早速、自分で打ったウドンとカボチャを使ってホウトウ鍋を作ってみましたが・・・・、いやー、これまた絶品です。
 カボチャだけで出汁をとって、味噌味(これは市販)でしたてましたが、味噌とカボチャの相性は、抜群!
 それに、新潟名産のかんずりを入れたり、自分で香辛料を調合して作り置きしておいたカレーのルーを入れて食べてみましたが、
ナイス!カボチャ、味噌、カレーの組み合わせもオーケーでしょう。
 さらに・・・、おそらく、
脾虚の方には、北海道産のチーズを鍋の中でメルトさせ、さらに、、北海道産バターも少々加えると良いでしょうし、若者向きのほうとう鍋になると思います。色々なバリエーション可能なカボチャ!いずれ、日本最北でとれる美深町産の色々な種類のカボチャを使った、心も身体も温まる、未病薬膳ほうとう鍋を作ってみたいっすね(笑)。

 カボチャの効能効果のエビデンスとは・・・・、戦前、お米の無い時代に、お米の代わりにカボチャを体中黄色くなるくらい食べ続けていた世代・・・が、長寿であることです(私の父親、母親の世代ってことですね)。

 最後の〆は・・・
_mg_6508
 石狩大平原の向こうに沈みゆく、人類を照らし続ける太陽です!



|

2011年9月20日 (火)

1782話 ~ 地球ってすばらしいっす(笑)!~

 夕方、オフィスの窓から、あまりにステキな落日が見えちゃって・・・

 思わず、夕焼けスポットまで車を走らせちゃいました(笑)。

 旬の夕焼けです。

01_3

02_2

03_2

04_2

05_2

06_2

 地球ってすばらしい!

|

2011年6月24日 (金)

1598話 ~ 原子力発電推進者たちの心の中!~

 昨晩帰宅してから、本を読みました。
 小出裕章さんの執筆した『原子力のウソ』。
03
 彼の執筆した本3冊を何度も読みました。
 彼は、学会から無視されようと、昇進しなくても、学位が無くても(そんなものを求めていなかったんですね)、ご自分の信念、理念を信じ、ただ淡々と哲学をし続けてきた方のだという事も理解できました。
 私も23歳から大学の薬学部に身を置き、30年になります。
 しかし、私は、小出さんとは違い、新薬開発の最先端の有機合成化学を15年半、そしてその後は、紀元前に興った漢方、東洋医学の陰陽論、五行論を学び、さらにその過程で薬用植物学、生薬学、そして、今は北海道に生きる植物たちのステキな瞬間をフィルムに収め、それを漢方、西洋医学とビジュアルに連動させる研究を進めています。
 彼のどの本を読んでも、原子力、核エネルギーが地球を滅亡させるものでしかない。だから、今すぐに全廃しなければならない!そう書いてあるように受け取りました。

 私は、この3ケ月間、原子力について、私の頭脳をフル回転させて学びました。
 で、結論は小出さんと同じですが・・・

 では、どーやって全廃する?

 この方法については、小出さんの著書からは、読み取ることができませんでした。

 私はここ5年間ほど、様々な講演会に呼ばれ、人は『
心が元気で無くして、身体の健康はあり得ない』。
05
 漢方では基本中の基本、『心身一如』の四文字に人間の生き方が凝縮されていると、そうお話してきました。
 人類は善か悪か?では、なく、善にもなれるし悪にもなれる!
 それは、人類一人一人の心の有り様で、どうにでも変わる。そう思っています。

 幼いころから私は、車の中から、ゴミやタバコをポイ捨てする人人を見るたびに、その全ての人たちに限りない無限の宇宙レベルの憎悪を感じていました。ある意味、強盗や殺人よりも罪深い人たちだと思い続けてきました。今でもそうですが・・・
 『自分さえよければ後はどーでもいい』、『自分の車の中にゴミを置くのはいやだけど、地球を汚してもなんら問題ない!』という心が、その人の本質だと思えたからです。そんな人が、どんな美辞麗句を言おうとも、全てはウソ!
 幼いころから、そんな部分を見続け、その人たちの顔を見続けていたので、さらには、漢方の修行のおかげでそんな人たちは、顔を見ただけで、心の奥底にある愛の無さ、虚無を見抜くことができるようになりました。

 原子力発電とは・・・、愛の無い人たちがいる限り存在し続けるのです。
 『愛の無さ』とは・・・、見て見ぬ振りする心、無関心を装う心が起点になります。そして、その根源的な原因は畏れ!自分自身に対する自信の無さが、全ての始まりのように思えてなりません。

 では、その大元を探ると・・・、私はこんなふうに思えるのです。
 私は『生きたい』、『地球のステキなものを見続けたい!』、そしていつか来る死の直前に、私の関わった全てに対して『ありがとう、そしてゴメン!』と言って地球の土に還れたら最高だと思います。その日は、今日なのかもしれないし、明日かもしれない、その翌日かもしれないのです。『人は皆永遠を信じないのに明日を夢見る!』という歌があります。私は『永遠を信じれば、明日の夢は必ずかなう』。そう信じて生きていきました。
 そして、『生きたい!』のと『死にたくない!』では、全く異なった生き方になることも知りました。
 私は、『生きたい』のです。『死にたくない』ではないことに、数年前に気が付きました。

 私は、アニメが大好きです。『沈黙の艦隊』というマンガをご存じですか?日本人クルーが乗り込んだ
たった一隻の原子力潜水艦『大和』が、アメリカ、ソ連、中国相手、核の脅威とは何か叩きながらを身を持って全世界の人類に問いかけていくというお話です。その主人公の海江田艦長が、兵器産業の送り込んだ暗殺者の凶弾に倒れながらも残した言葉があります。『独立せよ!

 親、兄弟、組織、国家、宗教・・・etc・・

 人類一人一人が何から独立するか考えよ。
宇宙レベルで自分のことを見つめよ!ということでした。

 死というのは、たった一人のイベントです。誰も一緒に付き合ってくれるものなど何もない!のです。

 必ず全てから独立する日はやってくるのですね。この単行本も何度となく読み返しましたが、最後はいつも涙がこぼれてきます。

 で、原子力発電に戻りましょう。

 これまでの講演で何度もお見せしました。


06
 なので、人間の心が変わらなければ、何も変わらないのです。

 私からするとみる価値もない三面記事番組。でもたさくさんの人が見るから無くならない。これも原子力発電が無くならないのと、同じ理由です。『人生に全く関係ない芸能人のプライベートを何故そんなに知りたがるの?あなたの生きる!ことに対してどんなメリットがあるの?』と尋ねてみたい。
 でも、その人にとっては、心の欲することなのでしょうね。私とは生命体レベルで違うのだと、漢方を学んでから理解できました。それはそれでいいのだ!と今は思っていますが・・・
 たぶん、そのような人が大部分を占めるうちは、原子力発電は無くならないと思います。

 車の窓からゴミをポイ捨てする人たちと心の奥底は同じだと思っています。一言で言えば『自分のことを愛してはいない』のデス。自分のことを愛そうとしていたら、自分の住んでいるその大元の地球を汚す行為をするはずがないし、よしんばそのような行為をした後で心が痛むものでしょう。
 ひょっとしたら・・・、『かわいそうな自分』になったのは、地球のせいだとも思っているかもしれませんね。それも無意識の内に・・デス。

 北海道大学薬学部時代までの私もそうだったかもしれません。でなければ、地球に存在しない人為的で、地球を汚すものを合成する有機化学などに命を懸けたりはしなかったでしょうから。自分に自信なんて無かったし、人から愛されてる感覚などかけらもなかったですね(笑)。ましてや、今のように、地球に愛されてるなんてことは、夢のまた夢!というか、異次元の感覚で思いもつかなかった!
 有機化学を愛するなんて正気の沙汰ではなかったし、自分が人から愛されるはずなど無いという臆病者の極みだった。と今なら思えます。なので、有機化学よりも毒性の強い原子力にしがみつこうとする人たちの心も手に取るように理解できるつもりです。
 自分の自信の無さとは・・・、自分にとって大切な何か、人から愛されるはずなんてない、という心に起因するのでしょう。だから、それを埋め合わせるために、地位、お金、名声を求め続ける。それもエンドレスに・・デス。
 人から愛されるはずのない自我とういのは・・・、あまりに切ない!

 かつて、『ニンジンの奇跡』とい本を紹介しました。
01
 赤峰さんというお百姓さんが書いた本です。その中に傲慢という字の意味が書かれていました。
02
 傲慢の傲は、人が、人の心が土から放れること。と書くのです。と書かれていました。
とは=地球のことと置き換えても良いでしょうね。

 心の中の闇、邪など誰にでもあるものです。闇を照らす光があれば、闇、邪の具現化した原子力発電も自然になくなると私は信じています。そして、その光とは・・・・人類一人一人が『
地球から感じる身近な出会いと感動』であり、その数が増えれば増えるほど、人類の心の中に光、愛が宿っていくのだと・・・、それはもはや確信です。
 
 そして、かつて臆病者の極みだった私が今の私になれたのだから、人の心は、簡単に変われるのだと信じています。

 心のエネルギーをステキなモノでいっぱいにしていき、その波動を他の人に伝えていく。それが一番の近道です。先ずは、地球の元気の源である、ステキな植物たちのエネルギーもらってみませんか?

0259422
 道端にいる数多くのアカツメクサさん。
 ステキな一輪をぜひ探してみてくださいな!

 そこから、何かが始まります。

|

2011年6月 8日 (水)

1564話 ~羊蹄山&ニセコ連山 ~

 地球がくれた贈り物を紹介しましょう。
Dsc01482
 もう少しアップでも!
Dsc01481
 さらに国道沿いの道端からも!
Dsc01485
 蝦夷富士こと羊蹄山の元気!
 さらに・・・
_mg_2029

_mg_2033
 ニセコ連山。ニセコアンヌプリとイワオヌプリ!
 地球、北海道がくれた最高のプレゼントです。

 こんなもんを見ちゃったら・・・、どんどん進むしかない!

 それにしても、今年は、この光景をたーくさん見ました。

 やっぱり何かが起こりそう(笑)!

|

1563話 ~ 雲海! ~

 今日は、午前中、シニアネット55名を森に案内します。午後は北海道テレビHTBイチオシ!出演。
 様々なイベントがやってきます。自分の播いた種とはいえ・・・汗汗モードなり!
 なのに昨日はニセコの神仙沼、五色温泉付近の植物調査に出かけてしまいました。
 朝5時、出発。朝里、キロロ経由で五色温泉、神仙沼に入りました。
 晴天なり!
 で、これです!
Dsc01478

_mg_2025

_mg_2020
 雲海!
 完全に気持ちがHi!
 気持ちは天空の城ラピュタ状態なり!

 今日は、ステキな何かが待っている!
 

|

2011年4月15日 (金)

1424話 ~ 泣きたくなるような落日! ~

 茨戸公園から見る落日はすばらし過ぎます!
02_3

 横位置でも。
03_3
 泣きたくなるような色ですね。

 でも・・、本当は地球が泣いているのかもしれません・・・

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ