2010年1月14日 (木)

植物エネルギー 第542話 ~忙しさが佳境に入ってきました(笑) シラネアオイくんに逃避しちゃいましょう ~

 昨晩は大雪でした。大学前の除雪も朝早くから・・・

Img_1505

 気温はそれほど下がっていませんでしたね。

Img_1504

 忙しさが佳境に入ってきました(笑)。

 昨日は定期試験(植物薬品化学)をして、140人分の採点!

 答案を読んでいるとおもしろくって採点が滞ります。実は・・・私の問題の最後には2つほどこんな問題があるんです。

1.「試験問題以外で、勉強したことがあれば(化学構造式も含める)、私に思いが伝わるように書きなさい」

2.「植物に関すること(講義以外)で、伝えたいものがあれば、なんでも書きなさい」

 この問題の解答には学生様々な想いが伝わってきて、とてもl興味深いんですよ。日本の将来は絶対明るいです!

 最近の学生って、秘めた力があるんですよ。ホント!なんたって感性がすばらしい。文系じゃないかって思うくらいの文章を書く学生もいます。多くの教員は「最近の学生はやる気がない」・・みたいなことを言ってますが、私はそうは思っていません。やる気はあります絶対に!ただし・・・能動的にやりたい・・・なんです。大学における教育って・・・厚い専門書をどうやって能動的に読んでもらえる講義をするかにかかっています。先ずは伝える教員自身が、高いレベルの学問を楽しくやっていることが一番大切だと思っています。教員一人ひとりが毎日、自らの知識の集積に貪欲でかつ能動的に楽しくやっていれば、自ずと伝わるもんです。今の学生たちは高いレベルでホンモノの知識を欲しています。

 教員一人ひとりが、将来ある学生たちにどんな背中(やる気)を見せるかにかかっています。それこそ最近の教員にの中には「勉強してる?」って思うこともありますね(笑)。「忙しい」を連発して言ってる人ほど・・・笑笑笑・・・なんですが(笑)・・・

 まあ人はどうであれ、私は、講義することが楽しくてたまりません。だって・・・お給料をもらって、自分のしたい勉強をして、知識が集積できて、それを自分でまとめてお話させてもらえるんですよ。さらには、私の伝えたことを学んだ学生たちが、どんな前向きな人生を送っていくのかを見ることさえ可能なんです。こんな夢のあって、自分のやった結果が10年、20年先に出るワクワクドキドキする職業なんてそうはないですよ。っと思ってます。 最近の教員は自ら「授業」だなんて言ったりして・・・。ちがうでしょ(笑)。大学では「講義」のはずです。英語でclassとlectureは似て非なるものなんです。いつから授業になってしまったんだか(笑)。

 少し語ってしまいました(笑)。

 ところで、少し忙しくなってきました。北海道新聞の朝刊(札幌版と石狩当別版)に来週月曜日から連載される原稿の校正がデスクの方からどんどん戻ってくるし、MyLoFEさんに寄稿する原稿も・・・半分は終わったけれど・・・(汗)、今日は2時間ほどMyLoFEさんの取材でしょ、明日は・・・虫歯の治療・・・ん~治療後は腫れて痛いかもなあ~、北ガスジェネックスに寄稿する原稿、1月31日のノルト塾のレジュメ・・・月末の3本の講演原稿(パワーポイント)の作成・・・

 2年前の私なら・・・「どーしよー(汗)」でしたが・・・、今は「余裕ッス!」ってことで進んでます。焦ったり、急いだりしそうになった時にには、大きな声で「だいじょーV」を4回ほど言ってます(笑)。大丈夫だと思えば絶対大丈夫なもんです(笑)。

 でも・・・今朝は、ちょいとお疲れモードなので、目から元気を取り入れちゃいます。今日の私の欲していたのは神居尻山に住むシラネアオイくんでした。

 どーですかこの勢いある蕾ちゃん!下右の写真なんて今にも走りだしそうなエリマキトカゲくんに見えません?

0055717_2 0122602

 そして、花が咲くと・・・

 早春の森で、こんなにあでやかな花は他にないかもですね。特に神居尻山のシラネアオイくんは、紫色なんですよ。そうそう、下右の蜂さん、エゾマルハナバチさんで良いのかしら?将来(来世かも)は、森の虫さんのことも知りたいですね。

0255604 0055728

 とか言っているうちに空が明るくなってきました。

 今朝は、シラネアオイくんに少しだけ逃避しちゃいました(笑)。

 さあ行きます!今日も前に進んで行きましょう!

 地球に対する大切なお役目です(笑)。

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

植物エネルギー 第370話 ~ポジフィルムからの植物エネルギー~

 今日は、今年、ポジフィルムVelvia50で撮影した神居尻山のシラネアオイくん、北方系生態観察園のエンレイソウさん、日高浦河町のソラチコザクラくんのベストショットをお届けします。

Photo

01

Photo_2

 いかがでしたでしょう?

 現世における人同士のゴチャゴチャなんて、全て、はるか下界のできごとです(笑)。

 ブログの追加デス。

 先ほど北海道テレビ(HTB)イチオシ!出演から戻ってきました。ヒロさんや森さんともかなり呼吸が合ってきました。これからも、『イチオシ!』から元気をお届けしますので、皆さんどんどんテレビの前に集合してご覧になってください。

 6月の出演日6月5日(金)、6月17日(水)です。午後3時45分からですので、ぜひご覧になってください。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

植物エネルギー 第368話 ~神居尻山 ・・その3・・~

 5月24日(日)、神居尻山に登ってきました。第3回目です。

 ブログでご案内した結果、3名の方とごいっしょすることになりました。皆さんの時間軸に合わさせていただき、午前9時登山開始です。植物たちを堪能しながら、そしてまた撮影しながらの登山。5時間半が予定です。

 今回の神居尻山・・・最高でした、前日の雨がウソのように、山頂に進むにしたがって、雲が晴れ、風もなくなり、山頂に着いたときには360度の大パノラマ!

 そして・・・すばらしいシラネアオイくんが登山口から山頂まで・・・カタクリさんも山頂で待ってました。さらに・・・稜線沿いで今が見ごろの桜のお花見!!!!

 さっそくダイジェストでお届けします。

 今回はBコースからCコースを行きます。入りはこんな感じです。

012009_0524

 そして・・・、もう初夏の森って感じですね。

022009_0524

 最初はゆっくり、体の中のエンジンルーム、すべての細胞の中のミトコンドリア内のTCAサイクルをゆっくり加速させていきます(笑)。

 ふと上を見上げると・・・葉っぱくんのすばらしい光が体全体を包んでくれます。

032009_0524

 先日の強風で倒れた大きな木。残念ながら・・・自然淘汰です。弱きものが大地の土に還るの瞬間です。

042009_0524

 少し汗ばんできました。その時、オオカメノキくんのステキな白が目に飛び込んできました。北海道医療大学・北方系生態観察園の森からは1ケ月以上遅い春。

052009_0524

 今日のお目当ての1つ・・・ムラサキヤシオツツジくんです。新緑の中に清楚な赤!ここでしばらく堪能。

062009_0524 072009_0524

 今日のパートナーのお二人。薬剤師さんのK先生と奥様です。大学時代はワンゲルに所属していたとのこと。腰に手を当て、なんかさまになってます。

082009_0524

 ところどころで、植物たちとカメラさんで会話をしています。

092009_0524

 何を撮っているかって・・・それは・・・今日の主役の1つ、シラネアオイくんです。予想をはるかに超えるすばらしさ!これが、頂上まで続くとは・・・まったく想像できませんでした。頂上付近のシラネアオイくんは・・・背丈が低くってとてもキュートなんですよ。

102009_0524_2 112009_0524

 ヒトリシズカくんも全開。

122009_0524

 さらにさらに・・・すばらしいカタクリさんもいました。カタクリさんも頂上までごいっしょしてくれたのでした!最高ですね。こんな山・・・初めてです。

1320090017

 かなりキツイ登りですが、あそこを過ぎると稜線です。もう少し!

1520090017

 山登りは何がステキかって、自分の歩いてきた道を振り返ることができるからです。上だけを見ていると結構つらくなりますが、自分の歩いてきた道を振り返ると・・・「俺ってやるじゃん!」そう思えるのです。

 で、遠くに増毛山系の山々が見える高度にまでやってきました。まだまだ視界良好とは言えませんが・・・「まだ行けそう!」。そう思わせてくれるのが・・・山登りの魅力の1つです。

1420090017

 稜線に出ました!下の写真左上。ガスがかかっているあたりが山頂です。このガス・・・は、正午ごろには必ず晴れるのです(笑)。確信を持って進みます。

162009

 左手は切り立った崖です。まだ雪渓が残っているんですよ。

172009

 さらに登っていきます。かなり全景が見えてきました。先ずは、正面のコブまで。そこがCコース(右手に下りていく)との分岐地点です。

182009

 こんな急斜面にもシラネアオイくんがいました。雪渓といっしょなんて・・・最高です!

202009

 そして・・・またもやお目当ての1つ・・・デス。ミネザクラくん。この低木の桜くん。自分の目の前にいるんですよ。最高のお花見だと思いませんか?おそらく・・・2、3日だけのお花見なんでしょう。

192009

 目の前に桜のお花がいっぱい!桜吹雪の顔面受け!大きな声で「最高!」の7連発ってことで!もはや、興奮状態の極みデス(笑)。滑落を気をつけるだけで精一杯!

212009

 さらに・・・デス。

222009

 興奮状態のまま、分岐点まできました。下を見ると・・・さっきまで元気だったパートナーのお一人が・・・疲れてます。がんばれ!

 下を見ると・・・自分が一歩一歩、歩いてきた道が遠くまで続いています。なんか人生といっしょですよね。最高です。

232009

 ここで少し風景の撮影です。写真左の小高い山が山頂です。もう少し登ります。右手は切り立った崖なんですよ。

242009

 少し休憩をして最後のアタックです。しばらく歩いてから、右手を写しました。こんな感じです。切り立った崖。ここがお花畑になるんですよ。

262009

 キジムシロくんがあんなところに!

27a2009

 エゾノハクサンイチゲくんが咲いていました。今が旬ですね。富良野岳や旭岳なんかはまだまだ1ケ月以上先なんですよ。この花が咲くのは・・

272009

 アブラナ科の元気なタナネグンバイくんたちもこの急斜面に咲いていました。27b2009

 山頂手前で、また自分の来た道を振り返ってみました。まあよく来たもんだ!

282009

 いよいよ山頂!ちょうどお昼。ゆっくり登って3時間でした。カミさんの作ってくれた美味しいオニギリと半熟のゆで卵に美味しいお塩をたっぷりぬってほおばります!

 最高のご馳走ですね。

 とかやっているうちに、ガスも完全に晴れました。予想通りです。

 360度の大パノラマ!これまた最高!

 で・・・・こんな風景も!遠くに見える雪をかぶった高い山。たぶん暑寒別岳でしょう!

 一昨年はあそこに行ったサ(笑)。今年も行けたらいいなあ・・・

302009

 残雪のこる山々。まるでゼブラ模様ですね。

292009

 で、下山です。パートナーたちに先に行ってもらいました。帰りはCコース。このまま真っ直ぐ進みます。

30a2009

 Cコースではこんな植物に会いました。

 センボンヤリくん(左下)と不思議なエンレイソウくん(右下)です。センボンヤリくんは昨年襟裳岬で出会ったのが初めてでした。小さな白いキクって感じです。

31a2009 31b2009

 その他オクエゾサイシンくん、ムラサキヤシオツツジくん、濃い紫色のシラネアオイくんがいました。サンカヨウくんは最終盤でした。1株だけ元気ものがいました。

 駐車場到着は午後2時半。5時間半の旅は最高のドラマでした。

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

植物エネルギー 第366話 ~神居尻山 ・・その2・・~

 今週も石狩当別町の神居尻山に登りました。今年は徹底的にこの周辺の植物調査をやって、データをインプットしようと思っています。4時20分起床、5時半大学到着。準備を整えて、5時50分大学出発です。

 田園風景を楽しみながら車を走らせていたら、ステキなものに出会いました。

 田んぼに水がはって、もうすぐ田植えの予感です。

012009_0519_2

 さらに・・・とてもステキなオーラを発する木を発見!

 リンゴさんの木ではないかと思うのですが・・・、いかがですか?

022009_0519_2

 車の窓を開けて、森の元気をいっぱい吸っちゃいました。そしてあっという間に、道民の森、神居尻山地区に到着です。目指すは、遠くに見える山のトップです。

032009_0519_2

 そして、駐車場に到着です。お山の反対側の景色です。

042009_0519_2

 私の歩いていく方向はこちら。小屋の向こうの道を10分くらい歩いたところに登山口があります。

052009_0519_2

 歩いていたら、左側にエゾノリュウキンカくん発見!北方系生態観察園のリュウキンカくんはもう果実をつけているというのに・・・山の中は春が遅いのですね。

062009_0519_2

 さて、いよいよ登山口に到着です。いつもの・・・熊さん印!

072009_0519_2

 ここから少し森の中を歩きます。ステキなアカイタヤくんの葉っぱに出会いました。

082009_0519_2

 登り始めてすぐにマイヅルソウくん(下左)とクルマバツクバネソウくん(下右)の蕾に出会いました。一週間前にはいなかったのに・・・

09a2009_0519 09b2009_0519

 さて、一週間前は絶好調だったサンカヨウくんの様子は・・・、もうはや花が散っちゃってます。未熟な実が形成されて・・・。なんとか絶好調の一株を発見できました。

10a2009_0519 10b2009_0519

 さらに・・・、ノゴウイチゴくん(下左)とオオカメノキくんの花(下右)。

11b2009_0519 11a2009_0519_2

 そして、第1休憩所に着きました。オニギリ1個と水の補給です。

122009_0519

 ここを過ぎると・・・いよいよ紫色のシラネアオイくんたちがいるはずです。

 いましたいました。すばらしい姿です。

142009_0519

15a2009_0519 15b2009_0519

 まさに・・・絶好調!

 ここからはいろいろな植物さんたちが登場します。先ずはエンレイソウくん、アオミノエンレイソウ(下左)とちょっと変わったエンレイソウくん(下右)です。こいつは昨年も同じ場所にいました。

16a2009_0519 16b2009_0519

 お次は・・・、オクエゾサイシンくん(下左)とコキンバイくん(下右)でしょう。

17a2009_0519 17b2009_0519

 まだまだいきます。ミヤマスミレくん(下左)とフイリミヤマスミレくん(下右)です。

18a2009_0519 18b2009_0519

 フイリくんをもう少しアップで・・・

18c2009_0519_2

 さらに・・・、カタクリさん・・・なんですが・・・雄しべが青い!ナニワズくん(下右)も絶好調!結局カタクリさんは山頂付近までずーっといっしょでした(笑)。

19a2009_0519 19b2009_0519

 でも・・・目的地まではまだまだ遠い!

202009_0519

 ここで2度目の休憩!まだまだ先ですなあ(笑)。

212009_0519

 どんどん行きます。風が強く、ビュービュー音をたててます。

222009_0519

 これは・・・オオカメノキくんかと思ったけど・・・ガマズミくんでしょうか?

232009_0519

 いよいよ急勾配です。慌てず、騒がす、ゆっくり行きます。

242009_0519

 高度を上げると、ステキなミヤマスミレくんたちがどんどん増えます。

252009_0519

 下を見ると・・・絶景!ダケカンバくんの林もまた良し!

262009_0519

 風は相変わらず強い!そろそろ森林限界です。

 ステキなコキンバイくんと咲いたばかりのミネザクラくん。日曜日は・・・お花見だーい!

27a2009_0519 27b2009_0519

 上を見上げると・・・

282009_0519

 ここを過ぎて地面に目をやると・・・、なんとステキなニリンソウさんが、登山道に!さらにキジムシロくん(下右)。

29a2009_0519 29b2009_0519

 で、キジムシロくんの蕾だと思うのですが・・・とってもステキです。

302009_0519

 ちゃんとフィルム(Velvia50)にも写しましたので、いずれ!

 景色もかなりダイナミックになってきました。

312009_0519 322009_0519

 CコースとBコースの分岐にはこんなのがいました。ミヤマオダマキくんのかわいらしい蕾ちゃんですね(笑)。大好きです!

332009_0519

 こんなのも。タカネグンバイくんです。今が旬!

342009_0519

 さらに・・・下左はヤナギの一種だと思うのですが・・・エゾノタカネヤナギくんですか?わかりません。IGARASHIさんコメントください!下右は白いショウジョウバカマくんです。

 頂上までの稜線沿いには元気な植物たちがいませんでしたので、分岐からBコースを経て下山です。

35a2009_0519 35b2009_0519

 ここをおります!

372009_0519

 しばらく進むとこんな木が・・・いつも強風なのでしょうかねえ。すっかり風が盆栽しちゃってます(笑)。

382009_0519

 ここから振り返ると・・・こんなんです。まだまだ雪渓が残ってます。

392009_0519

 ここからは転がるように降りていきます。で、こんなすごいアカイタヤくんの木を見つけました。パワー感じるわー!

402009_0519

 で、こんなのも見つけちゃいました。シラネアオイくんの蕾なんですが・・・白い!ここから紫色になるのかしら????24日は絶対確認しちゃいます。

 この辺りでムラサキヤシオツツジくんのかわいらしい蕾を見つけたんですが・・・風の影響で撮影は×!

412009_0519

 最後は木々たちの緑光(りょっこう)を浴びて・・・さあ元気いっぱいデス!

422009_0519

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

植物エネルギー 第363話 ~神居尻山 ・・その1・・~

 今年は、石狩当別町の植物調査&写真撮影もまめにやるつもりです。私のキーワード『身近な植物たちとの出会いと感動』。地元の植物の勉強が手薄でした。

 先ずは当別町から車で30分のところにある道民の森、神居尻地区にそびえる、神居尻山を今年は重点的にやろうと決めました。

 で、早速朝4時半起きで、神居尻山の登山口(C-コース)に向かいます。

 朝6時・・・到着です。遠くに見える山がそうです。まだ雪があるかも・・・と思いつつ、お目当ては・・・紫色のシラネアオイくん、サンカヨウくん、鹿の子模様の無い葉っぱのカタクリさん、そして・・・コキンバイくんなのですが・・・どうなることやら・・・。ここから駐車場まで5分くらいです。

012009_05110020

 着きました。駐車場から神居尻山と反対方向を撮影しました。サクラくんも見ごろですねえ(笑)。

022009_05110020

 ここから登山口までは約15分、道の向こうまで徒歩です。

032009_05110020

 少し歩くと・・・カタクリさん、エゾエンゴサクさんの群落ですが・・・終盤ですね。

 でも・・・登山道沿いのカタクリさんは期待が持てそう!

042009_05110020

 さて・・・登山開始です。午前6時半スタート・・・なのですが・・・、何やら・・・熊さん印のポスターが・・・

052009_05110020

 なっ、なんと・・・5月6日に熊出没!!!!Aコースだそうですが・・・。まあ大丈夫なんですけど・・慌てて熊よけ鈴2個と蚊取り線香を激しく燃やし始めました(笑)。

062009_05110020

 最初は急斜面を直線的に登るので、なかなかつらい!

072009_05110020

 やっと稜線に出ました。しばらくは、らくちんらくちん!

 で、ここから色々な植物たちが登場します。

082009_05110020

 いました、いました。紫色のシラネアオイくんです。でも・・・2株だけ発見!ラッキーでした。

092009_05110020

 だらだらと稜線を歩いて行きます。ここで一休み!眺めが良いんですよここは・・・

102009_05110020

152009_05110020 182009_05110020

 どうですか・・・この風景!山の上はまだまだ早春。森の元気を体いっぱい取り入れちゃいます。

 目の前にこんなのが・・・。ミヤマハンノキくんの雌花(小さくて赤く上を向いて咲いてる)と雄花(大きくだらんと垂れ下がってる)です。

112009_05110020

 しばらく歩いていると、地面にこんなのが・・・。いましたいました。葉っぱに鹿の子模様の無いカタクリさん。この山のカタクリさんは、ほとんどこのタイプなんですよ。

122009_05110020

132009_05110020

 で、さらに・・・また見っけちゃいました。これは学者さんだって知らないよ。きっと(笑)。

 クビ無しカタクリさんです。この他にもたくさんいました。かつて北方系生態観察園の笹の中にこのカタクリさんがたくさんいました。恐らく、花を咲かせても受粉できなかった、あるいは蕾の段階で、寒さにやられたりして、子孫を残せないと判断して、一番エネルギーの必要な花を自分で落としてしまうのでしょう。きっと!葉っぱだけ残して、光合成してエネルギーを回復しているんです。

142009_05110020

 その他にも・・・オクエゾサイシンくんも地味に咲いてました。

14a2009_05110020

 お目当ての1つコキンバイくんも見っけ!デス。

14b2009_05110020

 頂上までいけるかしら・・・と思ったのですが・・・登山道はこんな感じで・・・断念です。

162009_05110020

 この道の右側に大きなキノコくんがいました。

172009_05110020_2

 登ってくる途中では発見できなかったお目当てのサンカヨウくんも見っけデス(笑)。

192009_05110020

 下山するとお日様の光も当たって、森中が輝いてました。

 下左はなんの木でしょう。分かりません。下右は、アカイタヤくんの黄色いお花と赤い葉っぱくん。見事です。

202009_05110020 212009_05110020

 下左の写真はエゾノリュウキンカくんです。下右の写真はヤドリギくん。なかなか風情があります。

222009_05110020 232009_05110020

 さらに・・・、キクザキイチゲくん発見!

242009_05110020

 さらに・・・、危ない生き物を発見!マムシくんでした。危うく踏みつけるところでした。

 クワバラ、クワバラです。日向ぼっこでもしてたのでしょうか・・・

252009_05110020

 ここを後にして、さらに一番川地区に行ってみました。早春の川の流れとその音は最高!山から勇気と元気を運んでくれるから大好きです。

262009_05110020

 で、びっくりしたのがこれ!サクラくんがすばらしい!

 サクラくんに感動したのは、これで二度目ですね。

272009_05110020 282009_05110020

 右上の写真のサクラくんの中に思わず走り寄って、枝の下でお花見です。

 どうです!もうもうもう・・・最高っす!

 この枝、風でゆれて、私のほっぺをくすぐったりするんですよ。大笑い!デス。

292009_05110020

 最後は・・・気持ちが良くなると・・・セイヨウタンポポだって最高っす!

302009_05110020

 さて、来週も神居尻山に登っちゃいます!

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ