2011年6月24日 (金)

1601話 ~篠路わいわいサークルの方たちが来園! ~

 本日は、篠路ボランティア会が在宅療養者、高齢者支援のために月1回開催している『わいわいサークル』の方たち30名が来園してくださいました。かねてより私に園内を案内してほしいとの要請があり、先ず最初に北方伝統薬物センター資料室にて、簡単に漢方が説く病気予防と心身一如の実践の仕方をお話させていただき、薬草園内の薬用植物と漢方方剤、ハーブ、スパイスについての説明後、比較的足の丈夫な方12名を、北方系生態観察園の森にご案内しました。
Dsc01851
 かなりのお歳を召しているとのことでしたが、心はお若い!
 なんてたって、人生の大先輩ですから、皆さんのお話も大変勉強になりました。

 ゆっくりと登っていただき・・・
Dsc01854
 展望台へ!
 皆さんのお顔の『気』がすばらしい!
 ステキな方かどうかは、顔で判断すれば良いですね。特に、50歳を過ぎると、人生の全てが顔に現れるようです。一生懸命生きてこられた方の顔はやはりすばらしい!
Dsc01853
 全ての方が、ここからの眺めに『おー!!』ですって(笑)。
 一気に皆さんの気の巡りがすばらしくなりました。

 そして、私もうれしい!
 森の中は、もう夏真っ盛りですね。
Dsc01855
 まだ雪の残っていた4月下旬から2ケ月。
 時はどんどん流れていきます。

|

2011年6月20日 (月)

1578話 ~ 6月19日、薬草園を見る会終了!~

 6月19日、第25回目の薬草園を見る会が終了しました。
 実に118名もの方が参加してくださいました。中には4月末に開催した第1回漢方・薬用植物研究講座から連続4回参加してくださった方もいらっしゃって、大変感激しました。
 心より感謝申し上げます。ありがとうございました。次は、8月28日(日)の第5回漢方・薬用植物研究講座です。
 早春、初夏・・・そして晩夏へと季節が変わっていきます。さて、あの4月下旬、芽だしエネルギーに満ち溢れていた森は、どのようになっているのでしょう。
『自然と調和する』は、漢方での病気予防の基本中の基本です。
 ぜひぜひお越しください!

 さて、昨日の様子をダイジェストで!
 先ずは私の講演からです。
S
 漢方の教えを現代に活かす様々なお話をさせていただきました。
 福島原発事故以来、潜在的に放射能に対する恐怖が人々の心に広がっています。
 北海道は、まだまだ
地産地消身土不二を実践できる大地です。
 心が元気でなくして、身体の健康などあるはずがありません。
 北海道に生きる私たちから、ステキな何かを発信していきましょう!
 講演内容もいずれブログ上にアップしていきます。


Sdsc01739

Sdsc01738
 心身一如も漢方の基本。
 『人は食うためだけに生きるのか?』、『食うとは何か?』、『自分だけ食えれば良いのか?』・・・・
 私たち大人は、これまでの生き方、考え方を180度以上変えなければ、後世に続く私たちの子孫に馬鹿にされる日が来ると思うのは私だけでしょうか?
 ぜひ考えていただきたいと思います。

 この日の最後は、『カロリーオフ』のお話!

1

 カロリーオフ!と記載されている食品の表示を見てください!

 アセスルファムK(カリウム)とスクラロースを組み合わせてあるものがほとんどです。

 これ、人工甘味料なんですが・・・、ネズミを使った実験では、ほとんどが吸収されることなく排泄されるから安全!・・・、5年、10年、人が口から摂取し続けてなんの影響もないという科学的エビデンスはゼロ!

 特にスルラロースには塩素原子がたくさん含まれている!本当に大丈夫だと思いますか?

 私は、絶対摂取しません!

 なぜなら・・・、もともと地球上に存在しなかった物質だからです。

 楽をして体重コントロールするなど摂理に反してます。

 ちゃんと砂糖を摂りすぎないように食べて、動いて、汗をかいて、身体から毒を出して・・・etc・・・。体重をコントロ-ルするのが王道でしょうし、国民の健康にかかわる仕事をしている私たちが、国民に伝えるは、責務です!

 ネズミで大丈夫だから食べましょうね!というは、医療系に関わる人間のすることではありません。

 地球が生み出すモノをちゃんと食べて、前向きなエネルギーで、地球に優しい生き方をすることが地球に感謝する唯一のことだと思っています。

 この人工甘味料のこと、ぜひ気に留めておいてください!

 
 さて講演終了後は、薬草園&北方系生態観察園での植物観察会。
 ナビゲーターは、北方系生態観察園をこよなく愛する4人です。
 私、北方系生態観察園の設立に最初かかわってくれた私の卒業生にて士別市立病院の薬剤師、海野先生、それから、牧田病院の薬剤師さんの後藤先生、そして、一般の方で薬草をご自分で育て、使っていつまでも若くステキでいらっしゃる浅沼さん。御三方、ありがとうございました。本当は当別町のIgaさんにも来てほしかったのですが、たぶん夏至祭に参加されていたのでしょうね。残念です。

 ということで・・・
Sp1060728
 私の所には、リピーターさんがたくさん!
 漢方での『証』のお話、漢方薬と冷え、痛み、便秘などお話、ダイオウの所では、ルバーブジャムは多くの日本人には合わないよ。というお話などなど、盛りだくさんでしたが、いかがでしたか?
Sp1060729_2
 背丈の所にホウノキの花が!
 皆さんにすばらしい香りを届けてくれました。
 気鬱、気滞に著効する半夏厚朴湯に配される薬木です。たまに私も飲ませてもらってます。
 効きますよ!
 で、森の中へ!
Sp1060731

 森の中は涼しげですね。広葉樹の葉っぱからどんどん蒸散されてます。なので、気化熱を奪うので、森の中はひんやりしてるんですね。

 最後は、ミズキくんの花です。

Sp1060736

 縁起木の一種です。

 皆さん、またのお越しをお待ちしています!


|

2011年6月18日 (土)

1576話 ~ 6月19日は、薬草園を見る会です!~

 明日、北海道医療大学で開催される『薬草園を見る会』の講演準備が終了しました。
 今年は、何も宣伝していないのに、すでに130名近くの方が参加予約しています。
 私が薬草園園長だった時代(14年前から4年間)、私の恩師だった故縣功先生の想いを引き継ぎ様々なことをやってきて14年。なんとか形になってきました。
 今年から植物観察会も、ただ私たちが教える!ということはやめます。
 ただ、疑問、興味のあることに対しては、どんどんお答えしていく。そして、見る、感じる、知る、学ぶ、撮る、実践する方たちをどんどん増やしていく会にしていきますのでね、ぜひぜひご協力ください!
 さて、後援のタイトル画面です。
1
 旬とは・・・、地球から、北海道の大地から生きるエネルギーをいただくことだと思います。旬のエネルギーを取り入れ、くじけぬ、折れぬ心を育みましょう。
01
 これしかないですね。
 人まね、受け売りを何の疑問も感じずにそのまま受け取るうちに、どんどん心が弱くなっていきます。
 さて、心を元気にする方法とは・・・
 そして、怒り、喜び、憂い、悲しみ、驚き、恐怖の感情と五臓、病気の関係。
 特に、怒りの感情は、木・火・土・金・水のうち、木性の感情であり、木性の臓器の肝臓から生まれ出るものです。そして、肝臓には精神が宿る。全ての始まりは怒りからあるのです。この怒りの感情をどう処理していくのかが、人生を豊かにする秘訣であると思っています。
 地球に生れ落ちて、最初に怒りの感情をくりえるのは、さて誰でしょう?
 全ての人類がこのことに気づけば、争いごとの多くは消滅するはずです。と私は思っています。
 漢方って奥が深いのです!

 明日をお楽しみ!

|

2011年6月 6日 (月)

1562話 ~ 6月4日。森の学校 in ときわ山荘! ~

 話は相前後しますが、6月4日(土)は、札幌市南区常盤で、『森の学校 in ときわ山荘』の観察会&講演会の講師として招かれました。
 大変大変すばらしい所でした。
01dsc01451
 これが、広大な森の中にある山荘。なんたって薪ストーブ。ストーブの上に鉄瓶なんかのっかてる!
 とても私の波動にピッタンコ!
 で、ここのオーナーの服部さん一家が森の整備をしている!
 で、散策路も整備されてました。
02dsc01448
 それもすぐそばには、渓流が!!!!
04_mg_1941
 今年は滝、清流、渓流に縁があります。
05_mg_1946
 マイナスイオン出まくり(笑)。
 もう私の魂は、この森を駆け巡ります!
 植物たちもすばらしい!
0_mg_1925
 イヌエンジュくんの銀色の芽だし!
01a_mg_1930 B_mg_1938
 オオバタケシマランさん(上左)にオニシモツケくんの赤い花芽もすばらしい!
_mg_1950
 ウアマモミジくんのお花が満開!

 ってことは、秋は最高ですね(笑)。

 春の片栗さんたちの季節もすばらしいのでしょう!

 またまた身近な植物たちの感動をゲットできました。

 服部さん、これからもよろしくお願いします!

|

2010年6月21日 (月)

732話 ~ 第24回薬草園を見る会終了!~

 『第24回薬草園を見る会』が終了しました。

 ダイジェストで!

Img_3892

 朝10時からの講演会からスタートです。

 120名以上の方が来場してくださいました。

 講演終了後1時間ほどしてから、薬用植物園、北方系生態観察園に移動にして、森の植物観察会を1時間半ほど。

 昨年建った伝統薬物センター1階では、北方系生態観察園の植物ナビゲーターにして、お花の先生でもある内山恭子さんたちの薬草を使った生け花の展示もあり、会に花を添えました。内山さん、ありがとうございました。

Img_3902

 散策路には真新しいウッドチップが敷き詰められ、とても気持ちの良い散策会になりました。こんな道を歩いていきます。

Img_3897

 私に付いてきて下さった方たちは・・・、笑いあり、苦味あり、酸味あり・・でしたよね(笑)。 私のナビは、『植物の名前を覚えないように』から始まります。

Img_3899

 森に入ると皆さんこんな笑顔になります。手前にいるバイケイソウくんのパワーかしら(笑)。

 午後3時、参加された皆さんが笑顔で帰られました。

 私は、一度帰宅して、シャワーを浴びて、札幌市北区北24条西4丁目にある画廊喫茶『チャオ』さんに向かって、午後6時からのスライドトーク。

 参加者は13名。顔見知りの方ばかりで・・・、私も麦酒なんぞをいただき、リラックスモードでの講演でした。大学でロストしたエネルギー再チャージ!

 午後8時頃には、コア調剤薬局のステキな女性薬剤師さん、菅原先生もやってきて、まさに花を添えていただきました。

 皆さんありがとうございました。どんどん行きますね(笑)。

 さて、今週もハードです。24日は襟裳岬、7月2日の下見兼打ち合わせ。25日は、黄金道路経由で、湧洞原生花園へ行って来年の下見、そのまま狩勝峠、富良野を抜け、天人峡。その間、然別湖への途中にある千畳崩の植物たちを見ます。26日は朝8時のロープーウェイで大雪旭岳の姿見の駅までいって植物たちをちょっと見。で、午後1時頃には名寄に到着して、(独)医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センターの柴田先生と会って、研究打ち合わせ&薬用植物の写真撮影。夜は懇親会、27日は朝7時には名寄を経って札幌へ戻ります。

 植物たちは待ってくれませんのでね(笑)。

 北海道のステキな植物とどんどん行くしかない!

| | コメント (1)

2010年5月19日 (水)

植物エネルギー 第677話 ~ 5月18 日、札幌シニアネットの皆さんがやってきました ~

 昨日は、3月の末に講演させていただいたNPO法人札幌シニアネットのデジカメクラブの方が、北方系生態観察園に来てくださいました。5月4日、北方系生態観察園が最もすばらしかった日にも来てくださったNさんが皆さんを連れてきてくださいました。30名くらいはいらっしゃったでしょうか・・。

 皆さん、相変わらずステキな「気」をお持ちの方ばかりで、私も気のめぐりが相当良くなりました。

 天気も快晴!

 午前10時半に北方系生態観察園のお山に登り始めました。

 東の尾根の散策路の両サイドはニリンソウさんの花壇です。10年先にはどうなっているのでしょう?

Img_3040

 皆さん、展望台から眺める石狩大平原に感動なさってました。

Img_3039

 この日の主役は、ヒトリシズカさんと、ニリンソウさん(ピンク&ミドリ)です。それから・・・いつものことなんですが、私が感じるステキな植物たちをカメラでとらえ、そのファインダーを皆さんに覗いていただきました。

 「おー!」、「わっ!」・・・これはもう定番になってしまいました。その後は皆さん、何かステキなモノはないかと、獲物を狙うような目になって、森を散策されていたのでした。

 そんな皆さんの姿を見ている私は、どんどん元気をいただいているのですよ。ありがとうございます。

 で、すばらしいミドリニリンソウが居ました。形が整っている上に、花びら(ガク辺)の先がややピンク色のステキなヤツです。私も持っていたNkikon F6 で撮影しました。後日!

 こんな感じです。

Img_3041

 最後は池から森を眺めます。

 北海道の新緑の季節は、本当にすばらしい!勢いを感じます。

Img_3042

 で、薬草園に戻ってくると、ハクモクレンくんの花が全開でした。

Img_3043

 約2時間。あっというまに過ぎてしまいましたね。植物たちと会話をしていると何時間でも歩けるし、森の中ににいたくなってしまいます。これぞ植物エネルギー!

 シニアネットの皆さん、ありがとうございました。またお越し下さいませ。今日見た植物たちの成熟した果実のころもまた良しです。

 さて、余談ですが、サプライズがありました。

 シニアネットの中に、私が北大薬学部を辞めてから、事務長さんだった方がいらっしゃって、私が北大薬学部時代に大変お世話になった北大でも超名物事務長さんだったNさんのお話で盛り上がっていたら・・・、なんとひょっこり薬草園にご友人といっしょに現れた!!!!

 Nさんは北大退職後に本学の参与として3年間ほどまたごいっしょしたのでした。高校時代には甲子園にも行かれたことあるステキな方です。 

 懐かしいなあ~・・、私が27,28歳のころでしたからね。薬学部に若手事務職員と若手教員の野球チームを作って朝5時から練習なんかしちゃって、スクイズとかバント練習なんかもね(笑)。で、北大内の大会で優勝しちゃったんですよ。ちなみに、私はチームの4番バッター兼エースだったんですよ(笑)。練習後や試合後には事務の方といっしょにお酒を飲んだり・・・、Nさんには研究者以外の人付き合いの仕方を教えていただきました。

 それと、もう1つのサプライズです。Nさんのご友人が、千葉県の方で、なんと・・・私のブログユーザーさんにて、北方系生態観察園のリピーターさんでした!千葉県から何回か北方系生態観察園に来られているとのこと。で、私の植物写真エッセイもお持ちで、昨日は、サインを頼まれちゃったりして(汗)・・・。とてもうれしかったです。ありがとうございました。またのお越しの際には、ぜひ連絡してくださいませ。

 やあやあ!どんどん広がれ!北方系生態観察園の植物たちのエネルギー!!!!!

 ってことで半日終了です。

 午後1時からは、一路道民の森、神居尻地区の植物調査に出かけました。

 これまた・・・、新たなサプライズがたくさんでした。

 今年は・・・、雪が降るまで何度も通うことにしています。

 このブログについては、すぐに!

| | コメント (2)

2010年5月 8日 (土)

植物エネルギー 第665話 ~小笠山観察会 ~

 5月8日(土)は楽しいハードワークでした。

 天気は快晴!午前中は、植物がとても豊富な掛川市小笠山での植物観賞会(観察会&撮影会)、午後は東京女子医大の構内での講演(トークショー)。先ほどすべてが終わり、ホテルに戻ってきました。シャワーを浴びて、午後6時からは、吉岡記念館の橋本館長、事務長さん、スタッフの皆さん、東京女子医大図書館長さん、5年前ほどからご縁のある植物さん大好きなMさん、そのお仲間たちと打ち上げがあります。

 今日も麦酒が進みそうです(笑)。

 トークショーの様子はデジカメを忘れたので、Mさんに撮影していただきましたので、画像を送っていただいた後にアップさせていただきます。

 そうそう、ビッグサプライズが1つ。私の教え子と子供さんが、ご両親といっしょにわざわざ会いに来てくれました。すごくうれしかった!

 これが教員冥利ってやつですよね。会いに来てくれてありがとうでした。益々元気と勇気をもらいました。

 それにしても・・・教え子に子供さんが・・・(汗)。私も歳をとっているんですね(笑)。

 観察会の様子をダイジェストで!

 続々と参加者が集まってきます。定員50名ですが、満員御礼状態です。

Img_2840

 植物エネルギー観賞会の始まりです。サポーターの3人は一昨日いっしょに山を回った方、呼吸はピッタリです。森の人Oさん、テンプラ大好きなNさん、シダを愛するTさん。すばらしい観賞会でした。ありがとうございました。Oさんは、今日ももぎたての甘夏を持ってきてくださって・・・とても美味しかったです。またお目にかかりたいです。

Img_2843

 観賞会とは・・・、参加者全ての方が植物に楽しむことです。最初はみんないっしょでしたが・・・、思惑通りみんながバラバラに。それぞれの人が波動の合う方といっしょに散策する。参加者の中には、私なんかよりたーくさん植物のことを知っている方がいるので、自然にその方が参加者に何かを伝えられる環境を私が作ることが、一番の仕事tです。

 皆が能動的に参加する。これが、私の目指す植物エネルギー観察会です。植物の名前を覚える努力は無駄ではないですが、疲れますのでね。1つでも2つでも心の残る植物を感じてもらう。これが一番です。

 私は、途中で立浪草さんのすばらしい姿を参加者すべての方にマクロレンズを通して見ていただきました。全ての方が、。「おー!」ですって(笑)。この後は、みんなが自由に散策し始めたように思えました。立浪草さんありがと!

 私は、いつの間にか最後方で歩いていました。

 ヘビイチゴさんです。

Img_2846

 そして、おめでたい名前のシダです。タカサゴシダくんです。

Img_2852

 さらに・・・、この植物たちが、花を咲かせるとすばらしいでしょうね。

 イワタバコさんです。

Img_2850_2

 池を通って、元の場所に戻ります。

 いつものことですが、森に入る前のお顔と、散策後のお顔が全く違うことをお伝えしました。

 これぞ植物エネルギーです。漢方の極意、大地のエネルギーを能動的に取り入れる。これが病気予防の基本です。ぜひ皆さん、四季の植物エネルギーを感じてくださいね!

Img_2854

 観賞会終了後、吉岡彌生記念館に戻って、皆さんと昼食。

 で、これを見てくださいな!

Img_2855

 こんなに大きな看板を道のそばに・・・。超うれしい!

 スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 午後からは講演会でした。いかがでしたか?

 いつものことですが、講演会終了後の皆さんの笑顔は、私にとっての勇気と元気そのものです。多くの方が能動的に質問してくださいました。

 またぜひお目にかかりましょう。

 ありがとうございました。

 今、夕食から戻ってきました。

 すばらしい夕食でした。ステキな方たちと旬の食材をいただく、最高ですね。地酒もいただきました。開運という名前の地酒。まったり口の中に広がる芳香。これまた最高でした。

 夕食メニューをダイジェストでお届けします。

 前菜です。左から、モズク、真中が春キャベツ、右側が湯葉&ワラビです。

Img_2856_2

 さらに、おつくりです。左側から、牛刺し、真中が鯛、右側がマグロの中トロです。で、静岡県産のワサビでいただきます。

Img_2857

 お次は・・・、忘れちゃいました(笑)。

Img_2858_3

 ウニ、鯛入り茶碗蒸し。絶品なり!

Img_2859_2

 これもまた絶品!

 桜海老のかき揚げ。それも・・・お茶の葉っぱとワラビ入り!

 これまた絶品なり!

Img_2860_2

 ここまでで、お腹はマックスですが・・・、最後に出てきた、茶そば!

 お茶が本場の茶そばは、食べるしかないですよね(笑)。

Img_2861_2

 ここまで食べたら・・・、もう生きるしかないですよね(笑)。 

    

| | コメント (2)

2010年4月12日 (月)

植物エネルギー 第636話 ~21世紀の漢方学 ~

 昨日、日曜日も朝からイベントでした。

 地球の元気、勇気そのものである植物たちから、フィルム一眼レフカメラ+マクロレンズ(接写レンズ)+ポジフィルムVelvia50を使って、その瞬間に自分が一番心の響く、植物たちの輝く姿を切り撮る「21世紀の漢方学」を実践しています。これは・・・世界初ですね(笑)。参加されている方は総勢12名。1年間続けて・・・「さあどうなる?」を実感していただきましょう。「心のクスリ、栄養」こそ現代人に最も必要なモノでしょう。

 さて、昨日の様子からです。

 初参加の方ですが・・・感性がすばらしい!36枚撮りフィルム1本全てをこの芽出しに使っていました。私が、「まだフィルムを使いますか?」には「もうお腹がいっぱいです」。私よりも何倍も感性がすばらしい!

 「過ぎたる欲」。これをどう減らしていくのかが私自身のテーマでもありますが、この方はそれをちゃんと実践していました。見習うこと大なり。

01

 一度参加された方は、もうご自分で散策路沿いの植物エネルギーをゲットされていました。

02

 私のすることはほとんどありませんデス。

 こんな方もいらっしゃいました(笑)。

04

 何を見てらっしゃるのでしょうね(笑)。私は解りませんが・・・この方を見ているだけで笑顔になれます。

 日一日と雪がなくなっていますが・・・谷はまだまだ冬が残っています。

03

 「21世紀の漢方学」終了後は、私の部屋に戻って、お茶をしながら、皆さんの撮られたスリーブを拝見しました。

 全ての方が初めてカメラを手にしたというのに・・・、絞りもシャッタースピードも知らないのに、補正なども知らないのに・・・、一番難しいとされているフィルムなのに・・・、どの方も露出OKです(笑)。すばらしい色が出てました。あと5年たったら、私よりもすばらしい作品を撮っていることでしょうね。少しへこみます(笑)。

 そして、先週と今週の森を比べて、雪の残る森の植物たちの変化の速さに驚いていました。それと、蝦夷延胡索さんの実に様々な形状の芽出しに感動されていました。同じ芽出しなど1つも無し!

 漢方の基本を皆さん自然に習得なさっていました。

 「愛の反対語は無視、無関心」です。地球のすばらしい瞬間に気付かぬことは、無意識で地球無視し無関心でいることだと思います。植物は地球の元気そのもですから、植物たちのすばらしい瞬間に気付き、感動することは、すなわち地球を愛していることになるはずです。これまでは、植物を人間の道具、食べ物などとして人間のための植物として扱ってきた人が多いのです。21世紀に生きる私たちは、これから21世紀を作る若者に対して、地球のすばらしさを伝えてこそだと思っています。先ずは身近な植物たちの勇気と元気を自ら感じ取ることが第1歩だと思います。

 ぜひごいっしょにそんなステキ波動を広げていきましょう!

 続きまして、4月12日、今朝の北方系生態観察園の様子をお届けします。

 朝4時半起床です。森に入っているせいか、とても気持ちよくおきることができます。

 朝4時51分、いつものように自宅から当別方面です。

20100412

 今日も良い天気みたいですね。森に1時間だけ入ることにします。

 5時40分大学到着。

 用意を整えて、いざ森へ!

 薬草園は雪がなくなりました。オウレン、ハシリドコロ、トリカブトなどの芽出しが始まっていました。

2010041201

 森へ続く階段の雪も無し!

2010041202_2

 森の入り口にはあのタチヤナギくんがいます。

 どこに行っても人気のこの作品。

0111012s

 今年はもう無理です。くちばしが取れてしまいました。また来年まで!

Photo

 また来年まで・・・ですね。

 森の中はまだまだ冬が残っています。

2010041204

 でもこんな中にもちゃんと春は訪れています。

 いつもの場所にいつもの形状のカタクリさんの芽出しです(下左)。

 下右は・・・・エゾニュウくんだと思いましたが・・・オオハナウドくんかも知れませんね。

Photo_2 Photo_3

 東の尾根へ出ると、ここは春!

2010041205

 さらに、今日はとても空気(天空の気)がキレイ!

 ご覧くださいな!

2010041206

 石狩大平原の向こうに、札幌、その向こうには雪をかぶった山々がくっきり見えます。深呼吸を3発!

 地球のすばらしい天空の気をいただいちゃいました。これも漢方における病気予防の極意の1つなり!

 さて、地面に腹ばいになると様々な植物たちの「発陳エネルギー」がいっぱいです。

 先ずは、私の大好きな蝦夷延胡索さんたちです。いたるところにいました。

 紫色の芽出しくん(下左)です。このお山では1箇所だけです。咲き始めは7色になるんですよ。

 で、今日か明日開花の蝦夷延胡索さん(下右)です。

02_203_2

 この紫色の芽出しは成長するとこんなんになります。

0119618s

 こんなの見たことありますか?北方系生態観察園内では、私の知る限り1株だけです。

 まだまだ行きましょう。

 赤い芽出しもありますね。

04_2

 さらに・・・、こんなのも!

 この状態では、同じ名前の植物だとはとうてい思えませんね。当然遺伝子だって全て異なるのは、高価な試薬を使わなくたって、調べなくたって、一目瞭然です(笑)。

05

01_3

 まだまだいきましょう!

 アキタブキ(フキノトウ)です。そう言えば・・・先週金曜日にとある場所でこのテンプラをいただきました。

Photo_4

 さらに・・、オオハナウドくんです。芽出しのフサフサした柔らかい毛が朝の光にキラキラしてるんですよ!

 もうたまりませんね(笑)。

01_2 Photo_5

 オオウバユリくんとクルマバツクバネソウさんのコラボレーションです。

Photo_6

 最後は木の植物エネルギーです。

01_4 Photo_7

 エゾノバッコヤナギくん。この子たちのお花、とてもキレイなんですよ。もうすぐですね。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

植物エネルギー 第510話 ~ 冬芽観察会 & 撮影会 ~

 カタクリさんダイジェスト③2005年の前にお知らせです。

 昨晩急に思いついちゃったんですが・・・・、冬芽観察会 & 撮影会を開催いたします。冬のお天気は気まぐれなので、曇り、雪、吹雪、たまに晴れ・・・なのと、車で来られる方が冬道(特に当別町と札幌では路面状態が全然違うので・・)の来られるのが危ないかしら・・・などと思っていたのですが・・・

 NHKに出演して以来、冬芽のお話のことを聞かれるようになりました。

 で、私・・・毎年年末に森へ入って木々たちに『今年もありがとう、来年もまたよろしく』と挨拶してまして・・・

 新年は1月3日に必ず森に入って、植物さんたちに新年の挨拶をしています。

 お時間の合う方、ごいっしょしませんか?

第1回冬芽観察会 & 撮影会

日 時:12月30日(水) 午前9時~

場 所:北海道医療大学・北方系生態観察園(薬草園に新しく建った伝統薬物研究センター集合)

持ち物:カメラ(持っていない方はお貸しします)、フィルム(Velvia50で良ければお分けします)、三脚(持っている方でけっこうです)、メモ帳(撮影データと植物名をメモしていただきます)、飲み物、おにぎり、カップ麺など、ホッカイロ、長靴、スノーシュー(一応)、着替え(汗をかきます)、お風呂セット(終了後、中小屋温泉で温まりましょう)

参加申し込みはメール(maruho@hoku-iryo-u.ac.jp)かお電話で(0133-23-3792)お願いします。私は・・・晴れれば・・・早朝から森に入っています。

参加費:イベント終了後にその方の感動した度合によって、参加者一人一人で決めてください(笑)。ゼロ~2000円くらいまでの間でお願いします。

第2回冬芽観察会 & 撮影会

日 時:1月3日(日) 午前9時~

その他は第1回目と同じです。

12月30日は、画廊喫茶『チャオ』さんで開催している写真展最終日です。私は温泉に入ってそのまま『チャオ』さんに行きます。最後はアールグレーの『チャオ』さんの1階にあるケーキ屋さんモンレーブの美味しいケーキで1年をしめませんか?

 さて・・・冬の森にはどんな感動があるかっていいますと・・・

 こんなんです。

 先ずは・・・カラマツくん。

0022232_2  0022235

 スズカケノキくん(下左)とシラカバくん(下右)

0025917_3 0026936

 オオカメノキくんでしょ(笑)

0026412 0118011

0118007s

 シナノキくんでしょ!

0034916 0034908

 下の2枚は3月のザラメ状の雪&晴れた朝なんですが・・・

 ニコンF2 & 50mmマクロレンズで(下左)とキャノンEOS-1v & 100mm マクロレンズで(下右)。シナノキの包葉です。雪を黒く撮ることを、この時に覚えました(2006年)。

Niconf2black05 0110921s

 さらに・・・

 なんの葉っぱさんですかねえ~。初めてお見せする作品ですが・・・心が洗われません?

0012802

 ミズナラくんのしぶとい葉っぱさん(下左)とエゾノバッコヤナギくんの元気な冬芽(下右)です。

0118012_2  0117921

 晴れた朝は・・・青い森!

0034801

 新雪が舞い降りた翌日の夜明け直後の晴れた赤い森では・・・

 金粉の森になることだってあるんですよ(ニコニコ)

0026731s

0026903

 冬の森だって・・・毎日その表情が変わるんですよ!

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

植物エネルギー 第405話 ~ 『すずしろ花』が本州へどんどん進出中 & 北ガス『ポケット表紙ギャラリー』~

1. 『すずしろの花』のホームページ及びブログもぜひご覧になってください。

東京、名古屋方面でも口コミだけで広がっているようです。

 で、東京方面で、大変精力的に『すずしろの花』を応援してくださっている会社をご紹介します。その名は株)マスト・ワン(東京都渋谷区桜丘町22-19-119、Tel:03-3476-0270、Fax:03-3476-0270、E-mail:info@mustone.co.jpです。

 ぜひ、この会社のホームページをご覧になってください。とてもすばらい動画で『すずしろの花』が紹介されています。こちらをクリックしてください  株)マスト・ワン

2. お知らせです。北海道の大手ガス会社、北ガスグループ北ガスジェネックスの情報誌『ポケット』の表紙に私の植物たちの作品を使っていただいています。これまで、春・夏・秋で合計12点が『ポケット表紙ギャラリー』として、ホームページに掲載されています。また12点全てをダウンロードできるようになっています。ぜひご覧になってみてください。こちらをクリックしてください 北ガスジェネックス

 

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ