2011年8月11日 (木)

1696話 ~ 石原先生、北大雪平山に行く! ~

 昨日、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師さんの石原先生からメールが届きました。
 な、なんと・・、北大雪山は平山へ登ってきたそうです!!!!
 どこまで昇る石原先生って感じです(笑)。
 早速いきましょう!
01
 7月21日に私が登った時には、ここまで行けませんでした。
02
 天気は、曇りだったそうですが、これは、これでステキです。
 レンジャーさんのお話では、ここは風の通り道なのだそうで、晴れてる時の方が少ないそうです。
 私が、登った時は、超ラッキーだった。
00a
 私が登った時には、稜線に出てすぐ、三叉路の所で、タカネシオガマさんたちで釘づけ、そこで時間を費やしてしまったのでした(笑)。悔いはありませんよ(笑)。
 あの時は、第1雪渓が見事でした。
00b
 で、今回石原先生は、たぶんここで見つけちゃったんじゃーないかしら・・・
03
 まるで黄色いギンリョウソウさんのようなエゾノリュウカンカさんたち!!!
 わずかな光に反応して、雪渓の中で花を咲かせている!
 これは・・・、絶対に見ることができない究極の植物エネルギーかもしれませんね。すばらしい!
05
 山頂に咲く宇宙船のようなお花は、タカネシオガマさん、石原先生を待っていたのでしょう!
06
 カラフトゲンゲくん!これも高山でなければ会えませんね。
04a04b

 リンネソウさん(上左)とイワブクロくん(上右)。

 高山に生きる植物たちは、勢いがありますね。

 夕張岳、赤岳、北鎮岳、そして北大雪・・・、あとは・・、どこ行くの??(笑)

|

2009年7月28日 (火)

植物エネルギー 第402話 ~ 旭岳2009 ・・ ポジフィルムVelvia 50の世界・・ ~

 さて、どんどんポジフィルムのスキャニングが行われています。

 今年は、6月7日と7月6日に旭岳に行ってきました(登ったのですはないですよ)。毎年7月の第1週は必ず旭岳に行ってます。今年は・・・何か変です。

 レンジャーの方が言ってたのですが・・・「今年は例年より雪が多い!春は遅いよ!」。北海道医療大学・北方系生態観察園では雪が多い・・けれども雨も降って・・・雪解けが早い⇒カタクリさんの開花時期が早まっている・・・。いったいどうなってるんでしょう?

 さて、6月7日の旭岳の様子と言えば・・・以前速報でコンパクトデジカメの写真でお届けしましたが・・・今日はニコンF2 & Velvia50でお届けします。

 姿見の池に行く途中、夫婦池?から・・・まるで冬!写真も完全にモノクロの世界ですね。

F2b09070709s

 夜になると氷点下まで気温は下がるのでしょうね。しかし・・・植物たちは動き始めてるんです。

 2種類ほどお見せします。実に小さな高山植物です。コメバツガザクラくんとミネズオウくん。いずれもツツジ科の植物たちです。

 このほかに、キバナシャクナゲくん、ガンコウランくんのお花が開花してました。

Photo

 さて1ケ月後の旭岳はどうなっているでしょう?

 こうです。姿見の池からの撮影です。残雪が残ってます。

F2b09070627s

 ちなみに、2007年の7月の第一週はこうでした・・・

0115819s

 もうイワブクロくん(画面右下の紫色の植物です)が満開!

 夫婦池から縦位置の撮影です。

F2b09070623s

 太陽が池にも映って・・・その光が残雪に反射してキラキラモード!とてもすばらしい!

 そうそう、ロープウェイの姿見の池を降りてすぐに、旭岳と記念撮影もしたんです。忘れてました(笑)。

F2b09070619s

 私は・・・どうも昇る太陽の光が大好きなようです。皆さんはどんな光がお好きですか?

 前回もそうでしたが、今回も膝までくる長靴を履いて動き回ります。

 で、裾合平の方へ移動しました。

F2b090706es

 なんとキバナシャクナゲくんが満開とは・・・、高山植物の中でも一番に早く開花する植物が、7月上旬に・・・やはり春が遅い!

 ちなみに、2007年7月の第一週のここの様子はこうだったんですよ。

0116119s

 チングルマくんとエゾノツガザクラくんの大群・・・というか海でした。

 さらに・・・進んでいくと、こんな風景も・・・

F2b09070633s

 雪渓です。やはり今年は春が遅いようです。

 この時はチングルマくんもエゾノツガザクラくんも・・・日当たりの良いところにチョボチョボって感じでした。

 それでも・・・輝く植物たちはいるんですよ。

 エゾノツガザクラくんとメアカンキンバイくん。完全に作品レベルです。いずれ写真展でお見せするつもりです。

Photo_2

 こんなエゾノツガザクラくんもいました。

Photo_3

 コエゾツガザクラくんとジムカデくんです。

 今までで最高のジムカデくんの作品が撮れました。ただね・・・この植物の名前が・・・、どうなんでしょう(笑)。

Photo_4

 今年、9月には再度旭岳を縦走(姿見の池旭岳頂上中岳裾合平姿見の池)しようと思ってますが・・・さてさて・・・願いはかなうかしら(笑)。

 現実の問題です。後期は週に4回も講義が入ってるんです(笑)。さてさてどうなることやら・・・(笑)

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

植物エネルギー 第219話 ~富良野岳の植物エネルギー~

 昨日に続いて、2000m級の山に生きる植物たいの元気をお届けします。富良野岳の植物たちです。

 平地の植物たちの修行もかなり進んできたので、昨年から高い山にしか住めない植物たちの勉強を始めました。植物写真家の梅沢俊さんの名著「夏山ガイド」や駒井千恵子さんの写真集を読んでいたら・・・富良野岳の植物たちは、赤岳や旭岳の植物たちとは少し違うように感じていたので、数年前からチャンスがあればぜひ行ってみたいと思っていました。いつものようにCanon EOS1とタムロンの180 mmマクロレンズ(F/3.5)、Canon EF17-40 mm(F/4.0)ズームワイドレンズと愛用の鉄製のGITZO(ジッツオ)三脚を手に持っての登山開始です。フィルムはもちろんフジフィルムVelvia50。

 2008年6月30日。朝4時に札幌を出発。登山口の十勝岳温泉に7時半到着。色々な準備を終え、8時に登山開始です。天候はうす曇、微風。少し肌寒い。

 先ずは、登山口から15分ほど歩いたところから・・・

01

 本格的な登山道へ入るにはもう少し先かしら・・・などと思いながら、砂利道を歩いていきます。山の上はガスっている。頂上は寒いかも・・・

02

 先ずは、上の写真のピンクのの山の横を水色のに沿って登っていくらしい・・・。大丈夫だろうか・・・。なかなか「険しいそう」少しだけ気持ちがひるみます。

 さらにゆっくりと登っていきます。

03

 いよいよ本格的な登山開始!黄色いが登山道。真っ直ぐ向こうが十勝岳、の安政火口。そこまで行って戻ってくる人もたくさんいます。

 さらに行きます。

04

 登山口近くから見た小さな山・・・そこをトラバースしていくのですが・・・なかなか・・・デス。もう汗がうっすらと・・・写真奥を超えると少し楽になりました。

05

 一見すると登山道には思えませんよね(笑)。私を追い抜いて行った年配の方がもうあんなに遠くにいます(赤い)。「戦前生まれの人の体力は違うよなあ」などと負け惜しみ。

 とか言っている内に・・・

06

 眼下にはステキな雪渓が・・・そして目の前には・・・そうです。今が絶好調のステキなコエゾイワザクラくんが・・・「ワーイ!」。ますますゆっくりの登山になっていきます。

07

 ツツジ科植物が絶好調!おそらくクロウスゴくんだと思うのですが・・・今の私にはクロマメノキとの区別がつかないのです。修行せねば!

08

 そして私の大好きなチングルマくん!富良野岳のチングルマくんはまた別物ですね(ニコニコ)。蕾のかわいらしいこと!最高ッス!

09

 群落ではないものの、キバナシャクナゲくんとかっこいい典型的なエゾノツガザクラくんに会えました。

 そして・・・

10

 雪渓がなくなった所には、ステキな紫色のショウジョウバカマくんが・・・「ここはまだ早春なんだ」。

 で・・・ふと見上げると・・・

11_2

 「いやー、右側上のトップまで行くんだよなあ(笑)。急がず、慌てず・・・」と自分に言い聞かせます。

 そして・・・、一気に稜線まで・・・

12

 ここまで3時間ほど・・・先ほど見上げていた辺りを見下ろしてみました。

 ここからも植物たちでいっぱいだったのですが、写真は一気に頂上まで進んでみましょう。

13

 さっき写真を撮った辺りを頂上から見下ろしました。山頂到着12時です。

 稜線沿いには、この過酷な環境でしか生きることのできない植物たちの元気でいっぱいでした。

 先ずは・・・

14

 コエゾツガザクラくん。咲いたばかりで朽ちた花は1つも無い!

15

 次は・・・エゾノツガザクラくんの形をしてますが・・・色が違う。たぶんニシキツガザクラでしょう。で、その右・・・コエゾツガザクラくんらしいですが・・・シワシワです。で、シワコエゾツガザクラくん!そう呼びかけてしまいました。

 でお次です。

16

 イワウメくんとコメバツガザクラくんです。イワウメくんには初めて会いました。岩壁にびっしり咲いていて・・・まあびっくり!デス。

17

 ジムカデくんとイワヒゲくんも絶好調!

18

 稜線に入る手前にはジンヨウキスミレくんと一輪だけシナノキンバイくんがいました。

19_2

 そして・・・初めて会えました。トカチフウロくんです。なんか優しいオーラですね。エゾコザクラくんも絶好調でした。

20

 ミネズオウくんも最後の頑張り。キバナシャクナゲくんも今が盛りと・・・

 ふと上を見上げると・・・・まあびっくり!

21

 大群落です。思わずレンズ交換!ワイドレンズで!

22

 こんな大群落もありました。エゾノハクサンイチゲくんです。それにしても背が低い。

暑寒別岳のそれはもっと背が高かった!

23

 かっこいいエゾノハクサンイチゲくんをパチリ!その横にはアオノツガザクラくんも・・ 

 そして・・・

24

 ホソバイワベンケイくんとエゾヒメクワガタくんです。

25

 地面をよーっく見ると5 cmほどの小さな黄色い花が・・・ヒメイワショウブくんです。初めて会いました。近寄ってマクロレンズ越しにファインダーを覗くと・・・最高ッス!

 そして・・・

26

 ラッキーでした。咲きかけのウズラバハクサンチドリくんがいました。それと・・・ミヤマキンバイくんです。

 最後にお目当ての・・・

27

 どうです!咲いたばかりのコイワカガミくんたち!ラッキーでした。

 北海道内では富良野岳とあとどこでしたっけね・・・そんなにポピュラーではないんですよ。他の大雪山系山にはいないようです。

 最後は当然アップで!

28

 今年は行く先々で最高の植物たちに会えます。「このまま進め!」と神様が言っているように思えてなりません。神様に感謝!そして、急がず、騒がず、怯えず、焦らず、邪とは交わらず、自分の心にウソをつくことなくゆっくり、光だけを見て真っ直ぐに目指す方向に進もうと思った往復8時間の登山でした。

 北海道の山、森の植物たちは元気いっぱい。いつもいつの時も私に勇気と元気をくれます。

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

植物エネルギー 第218話 ~大雪赤岳の植物エネルギー~

 今日は大雪山は赤岳の植物エネルギーをお届けします。今年は色々忙しくって(汗)、中々写真の編集がせきませんでした。行った順番どおりではありませんがぜひご覧になって下さい。7月7日・・・そうです、あの襟裳岬のイベントの翌日に大雪山の植物たちの勉強に行ってきました。襟裳岬を朝3時半に出発。広尾町→帯広市→上士幌町→三国峠→銀泉台についたのが朝7時40分。登山の準備をして朝8時に登山開始です。天候はうす曇り。コマクサ平から先はガスも・・・という状態でした。まあ白や黄色の花を撮影するには絶好の日和り。

 先ずは登山口の銀泉台の様子から・・・

01

 雪渓も見える・・・あそこの先に頂上はあるのです。真っ直ぐ進んでいよいよ登山道へ・・

02

 上り始めてすぐ、エゾイソツツジの大群落が・・・まあびっくり!結構な急斜面で早くも腰を下ろして一休みしながら周りをみると・・・こんな植物たちがいました。

03

 なんとなんとチシマヒョウタンボクくんの花が咲き始め!

 日が差してきました。逆光で撮ってみると・・・こんなんです。

04_2

 雄しべの先がオレンジ色なんです。

 まだまだ居ました・・・・

05

 モミジバカラマツくんとホソバイワベンケイくんの咲き始め!

 カラマツソウの仲間は色々あって・・・あとはアポイカラマツくんとチャボカラマツくんを見ると勉強終了です。

 たらたら歩いていると・・06

 ミヤマキンポウゲくん(初めてです)、ステキなウコンウツギくん、そしてこれも初めて見ましたジンヨウキスミレくんです。

 そして・・・汗を拭きながら第1花園到着。予定が遅れているのでそのまま通過。

07

第2花園到着。少しスピードを上げたので、予定通りなのですが・・・疲れます。

08

 りっぱな雪渓が・・・そのすぐ下にはエゾコザクラくんとチングルマくんの小群落も見えます。っと、ガサガサ音がするので、左側を見ると・・・エゾシカがお食事中。雪渓を渡ってくる風、雪渓が解け出して流れる水の音、人はいないし・・・最高!・・・なのですが、前日の襟裳岬のイベントに全力を出したせいか・・・心なしか足取りが重いように感じる。

 で、お次は・・・

09

 皆さんご存知のコマクサ平。初めてきましたが・・・ここでも全ての植物たちは咲き始め。

 コマクサくんってこんな感じで咲いているんですね!

 朽ちかけた花をつけた植物たちが1つも無い!神様のプレゼント!それ以外に無い!と思いながら、カメラで植物たちと会話してみました。

10

 いやはや、キバナシオガマくんチシマキンレイカくん、コマクサくんのお出迎え!疲れが吹き飛んでしまいます。

 平坦なコマクサ平を過ぎると、最後の急斜面が待ってました。でもこの急斜面を見上げると・・・

11

 ミヤマキンバイくんの大群や・・・・・

12

14

15

16

 どうしましょう!すばらしいの一言。

 ただ・・・下山のときにもう一度撮影しようとして、ファインダーを覗いて、シャッターを押して、立ち上がった瞬間に立ちくらみ・・・で、危うく崖から落ちそうになって・・・左足を軽く捻挫してしまい・・・「ああどうしよう!」と30分くらいそこで休んでいました。痛みも治まり・・なんとか下山。植物たちのエネルギーをもらってもよる年波には勝てないものだなあと少しだけ反省。

 とにかく頂上目指します。

17

 最後の斜面。すごい雪渓です。あの先にトップがあるんです。

 2000m の頂上にも、岩だらけの間に植物たちが力強く息づいていました。

18_2

19

 雪がとけたわずかの時間に次世代の遺伝子を残そうとする植物たち敬意を表しながらの撮影でした。

 次は富良野岳の植物たちの元気をお届けしますね。少々お待ち下さい。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ