2011年9月22日 (木)

1788話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!神仙沼のチングルマさん!~

 23日は仕事になっちゃいました(笑)。
 明日九時半から、札幌市南区の方7名ほどが森の案内をして欲しいとの電話があり、堀田出ます!
 ついでに、朝6時から、北方系生態観察園の森に入って、笹刈りを2時間ほどしちゃいましょ!

 さて、フィルム一眼レフカメラEOS-1v, マクロレンズ、Velvia50に写った神仙沼での私の心の色をお見せしましょう(笑)。
0040614

 横位置でも・・・
0040608

 久しぶりの『タイムトンネル!』。光の向こうからやってきたチングルマさんです(笑)。

 「地球に愛されてるわい!」。自画自賛してしまいますね(笑)。

 ただ・・・、実は・・・、私のイメージより明るい作品になっちゃったんですよね(涙)。

 でも・・、この時、この瞬間の私の心の色なんだなぁ~って思うと・・・、それもまた良し!ってことになるんですよね。
 実は・・・、チングルマさんの芽出しバージョンってのもあって・・・
0039811
 若葉が出たばっかりの時!
 チングルマさんて、樹木だってことご存知ですよね(笑)。
 2008年に撮った作品も!
0028812s
 全く心の色が違ってる!
 どちらもステキだけど、進化してるのがビジュアルに分かりますよね(笑)。

 ついでに、デジタル一眼レフで撮影したデータも!
_mg_2895s

_mg_2882s

 ここは、何も申しますまい(笑)。

|

2011年6月23日 (木)

1594話 ~ 植物エネルギー!タイムトンネルで光の国からやってきたチングルマくん! ~

 この植物エネルギーで100%充填です(笑)。
1

 なんともほんわかムードが漂ってますね(笑)。

 が、時間の経過とともに・・・

3_2

2

 なんとまあ!!!!!

 光の国からやってきたチングルマくん!

 そして、光は去っていきました。

 その間、わずか2分!

 ドラマですね(笑)。

|

2011年6月21日 (火)

1583話 ~ チングルマのタイムトンネル2011!~

 今日は何も伝える言葉が出てきません。

 これを見てやってください!

_mg_2897s

_mg_2877s

 タイムトンネル2011

|

2008年9月25日 (木)

植物エネルギー 第241話 ~2008年6月 神仙沼の植物エネルギー~

 本日2回目のブログの更新です。「自分に自信を持つ、自分を愛する方法」。このテーマは何故か私自身書いていて少し心が疲れるテーマです(笑)。私自身が植物たちのエネルギーを欲しているようです。なので、ステキな植物たちのエネルギーをご覧になって下さい。今年はまだニセコ、神仙沼の植物たちのエネルギーをご紹介していませんでしたね。

 慌てて編集しました。ご覧になって下さい。6月18日の神仙沼です。

 先ずは・・・

08061801

 どうですか・・・この緑光(りょっこう)!ミツガシワくんたちの緑の光です。

 で、この中から私の一番のお気に入りを探します・・・。見つけました。

08061802

 なんか・・・良いです。熱くなった心がスーッと冷やされていくようです。

 さらに・・・この中から一番輝いている部分を見つけちゃいました(フフ)。こんなんです。

08061803

 お花もステキですし・・・蕾も良いですネ(笑)。元気印そのものです。勢いがある!

 神仙沼は駐車場から15分くらいで行けちゃいます。なので、お日様が高くなるころには多くの観光客がやってくるんです。ですので・・・見ごろは午前中だと9時前まで・・・なんです。

 神仙沼とは・・・ステキな名前ですよね。高層湿原なのですが・・・そこまでに行く木道沿いにはフツウなら背の高い木のはずのミズナラくんやミネカエデくんなんかが目の前にいるんですよ。こんなふうに・・・

08061804

 すばらしい!ミズナラ(ドングリ)の花なんてご覧になったこと・・・ありますか?

 さらに・・・ショウジョウバカマくんもその花が枯れてもなお・・・ステキなエネルギーを発しています。こんなふうに・・・

08061804a

 でもね・・・神仙沼で一番ステキな植物くんは・・・チングルマくんです。大雪旭岳裾合平にいるチングルマくんたちのような圧倒的なパワーは無いのですが・・・落ち着いた、それでいて凛とした・・・なんて言うのかな・・・品があって・・・

 水面に立つチングルマくんの姿はそうそう見ることはできません。

先ずはご覧になって下さいな。

08061805

 後ろは沼・・・です。

 昨年も同じ日に撮らせてもらいました。こんなんです。

Photo

 だって・・・ネ。お天気しだいでは、水面に映ったお日様の中に・・・「天空のチングルマたち」が私の付けた名前です。

 今年もまた・・・うす曇でお日様が見えたり見えなかったり・・・ですが・・・それもまた良し!

08061807 08061808

 どうですか?今年の「天空のチングルマたち」・・・なんかモノクロっぽくって・・・これもまた良し!

 さらに・・・立て位置で・・・撮影しました。

08061806

 上左側の写真は・・・もちろん花びらが落ちた瞬間ですよ。

 あー、元気が出てきたっと!もう一仕事しましょう・・・とは思ったのですが、エネルギー120%充填の堀田は皆さんに秋の赤いエネルギーをお届けしたくなりました。

 北方系生態観察園の秋のエネルギーです。ご覧になって下さいナ。

 先ずは・・・

Blg1001 Blg1002

 大学構内の街路樹です。いかが?

Blg1003_2

 ハウチワカエデくんのお日様の光を吸った赤はすばらしい。

 で・・・お次は縁起木の1つです。オンコくんですが・・・漢字の正式名称はご存知でしたか?

Blg1004

 一位(イチイ)です。真っ赤な実がお日様の光を吸うと・・・こんな色になります。

 皆さんのお庭にもありませんか?これも縁起の良い名です。錦木(ニシキギ)くんの赤い紅葉です。

Blg1005

 森に入ると・・・

Blg1006

 オオカメノキくんの赤やハリギリくんのステキな黄色に会えます。

 さらに・・・この木に近寄るととんでもないことになる人もいますよね。

 ヤマウルシくん(ツタウルシくんって書いてありますが・・・間違いです)の紅葉も最高です。

Blg1007

 ということで・・私の心のエネルギー「気」充填150%です(笑)。

 

9月以降の私のイベント(写真展、講演)情報。こちらデス

ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」好評発売中です。HPはこちらデス

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

植物エネルギー 第228話 ~旭岳の植物エネルギー(4)~

 昨日、8月上旬に旭岳へ行って撮影した最後のフィルムが現像されてきました。朝6時からフィルムスキャナーで取り込みましたので、早速旭岳の植物エネルギーをお伝えします。

 前回のブログでは、裾合分岐までのお話でした

 中岳温泉から裾合分岐まで下りてきて、しばらくは湿地帯を進みます。で、たぶんタカネトウチソウくん(バラ科)だと思うのですが、白い花の大群落がありました。その地面にはミヤマリンドウが・・・

30

 裾合分岐到着時刻は13時50分。登山開始からすでに7時間半が経過しています。中岳温泉での40分の入浴がたたっているのか、それとも50歳という年齢のせいか・・・

 少し足にきています。首からかけている Canon EOS-1v(タムロン180mm望遠マクロレンズ付き)&鉄製の三脚が・・・どんどん体力を奪っているような気がします。5リットル持っていった水もすでにほとんど無くなって・・・

 でも・・・ここには植物エネルギーの宝庫。大丈です(笑)。

 春先に来たときには、色々な食物たちのお花でいっぱいだったのに・・・もういっぱいの実をつけていました。

 私の大好きなチングルマくんもこんな状態で、強い太陽の光を浴びて輝いていました。

 こんなんです。

35

 後ろに見えるのは旭岳です。腹ばいになってワイドレンズを付けての撮影でしたが・・・膝が・・・ガクガク(笑)。

 ここは姿見の池駅まであと30分の所なんですが・・・とてえもステキな所なんです。昨年7月15日の同じ場所からのチングルマくんと旭岳をご覧になって下さい。

36

 こんなのって・・・

 で、種になってしまったチングルマくんの大群。記念撮影です。

37

 黄金色に輝くチングルマくんたち・・・。風の谷のナウシカの映画の1シーンにもありましたね。黄金色に輝く植物たちの上を歩く青い衣をまとったナウシカ。そんなシーンを想像してしまいました。

 今度はタムロン社製の180mmの望遠マクロレンズで撮ってみました。

38

 ファインダーの中が輝いていました(笑)。

 よろよろと立ち上がって残り30分の道を行きます。

 ここを過ぎると・・・今度は秋の植物の代表、エゾオヤマノリンドウくんたちです。3分咲き!私はどの植物たちもこの状態が大好きです。

32

 旭岳をバックに、少しぼかして撮らせてもらいました。なんとなく、蝦夷お山・・・って雰囲気がありませんか?

 エゾオヤマノリンドウの目線でも撮ってみました。

33 34

 開きかけたリンドウくんの紫色の花に光が射して・・・良い眺めです。一番最後にステキな光に会えて・・・この旅も終了です。

 ロープウェイ姿見の池駅到着、15時15分。9時間の旅でした。

 冷えたお水1.5リットルを一気飲み! ただの水なれど、生命の水!全ての細胞が潤っていくのが分かりました。

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

植物エネルギー 第221話 ~旭岳の植物エネルギー(1)~

 さて、今日は7月8日の旭岳の植物たちのエネルギーをお届けします。チングルマくんやエゾノツガザクラくんたちの超強力なエネルギー、パワーを感じたいならここが一番でしょう。なんといってもとても楽なんです。富良野岳や大雪赤岳に比べると・・・そうですねえ・・ほんとに考えられないくらい簡単に行けるのです。旭岳温泉からロープウェイで姿見の池駅。そして姿見の池に行かずに裾合平方面(降車して左手の方向に)に歩くこと40分ほどで・・・こんなお花畑が目の前に出現します。

08070801 08070802

 どうです!!!あまり人もいなくて(午後になると増えます)・・・道も広いので、あぐらをかいてしゃがんで・・・ファインダーを覗きます。さしずめ、チングルマくんの海って感じですね。こうなると、先ずはワイドレンズを取り出して、チングルマくんたちのどこを切り取らせていただこうか・・・そんな感じにしかなりません。

 で、まだまだいきましょう!

08070803

 今度は紫色の大地が現れました。典型的なエゾノツガザクラくんたちです。

 次は・・・

08070804

 今度はピンク色の大地です。コエゾツガザクラくんたちです。向こうに見えるのは北海道の最高峰、旭岳ですよ。

 さらに・・・

08070805

 白い大地も・・・デス。エゾイソツツジくんたちです。

 ここでも朽ちかけた花は一つも無しです。タイミングがバッチリです。

 気軽に行けて、高山に生きる植物たちの元気をもらうならここが一番でしょう。8月の第1週には、姿見の池駅 → 姿見の池 → 旭岳 → 間宮岳 → 中岳温泉 → 裾合平 → 姿見の池駅、約12.5 Kmを8時間かけて縦走してきましたが、この場所にはお花はほとんどいませんでした。もう実をつけ、次世代の遺伝子をちゃんと育んでいました。9月に時間がとれればもう一度行ってみたいとは思っています。ツツジ科植物たちの紅葉はとてもすばらしいのです。

 とはいえ、この中から、ステキな植物たちを見つけるのも私の能力!

 で、こんなのを見つけました。

08070806

 白いエゾノツガザクラくんです。これまた幸運でしょう!

 お次です。

08070807

 アオノツガザクラくん、そして真上から見ると、まるで文字通り花輪のようなアオノツガザクラくん(ひょっとするとニシキツガザクラくんかも)です。ほんとにかわいいピンクのコエゾツガザクラくんもいました。

 さらに・・・

08070809

 目の前には開花したばかりのウラジロナナカマドくんです。紅葉もキレイなんですよ。で、この木の根元にはこんなのもいました。

08070808

 ヒメタケシマランくんと花弁が今さっき無くなったかのようなミツバオウレンくんです。

 いかがですか?目で見るだけでもOKですが、2度とは同じ場面に遭遇できない、この植物エネルギーを一眼レフカメラ&マクロレンズ&ポジフィルムで撮影して自分の心の栄養にしてみませんか?

 来年は、人数限定になっちゃいますが、心の栄養補給のツアーも企画したいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ