2013年6月10日 (月)

第3329話 ~ Nikon D800E と Nikon F6 & Velvia 50との比較! ~

 さて、タイトル通りなのですが・・・
 フィルム一眼レフカメラ(Nikon F6) & Velvia50と最近購入したデジタル一眼レフカメラNikon D800E、中盤フィルムカメラマミヤ7をどう使いこなすかを試行錯誤しながら撮影しています。

 ほぼ方向性が見えてきました。
 風景写真はNikon D800Eをメインに、植物さんたちの近接撮影にはNikon F6 をメインに!

 これで良いかもしれないと思い始めています。

 というのは・・・
F6009001
 Nikon F6 & AF-S NIKKOR 16-35mm (f 4.0)ナノクリスタルコート仕様レンズで
 5月30日に撮影しました。
 幌加内町の道端で撮影したエゾエンゴサクさん、笹の向こうにある三頭山、そして抜けるよな青空!
 今年私のベスト3に入れても良いと思っている作品です。
 Velvia50、そしてフィルムらしい優しさがありますよね。
 そして・・・
_dsc1309
 Nikon D800Eでレンズ、絞り値を同じにして撮影したものです。
 
NX2でRaw現像しました。現像ソフトってのは実に色々な機能がついてるもんですね(汗)。撮影者に良心がなければ、どんな作品にも仕上がるという・・・、なんか別次元の道具!

 個人的にはVelvia 50使用の作品の色調が好きなので、やはり同じ作品のポジフィルムデータは必須かと思いました。
 
 群生しているエゾエンゴサクさんを部分的に拡大してみると・・・
F6009001s
 これがVelvia50で撮影した作品の拡大版!

 お次がNikon D800Eで撮影した作品を部分的に拡大したものです。
_dsc1309_2
 群落のエゾエンゴサクさん一株一株が鮮明に写っています!

 このことについての良し悪しについて論ずる気持は全くありませんが・・・

 これほどに違うということです。

 3700万画素の意味!は、このようなことなのかとビジュアルに認識できました。

 私はVelvia50の色調が大好きなので、色合わせに関しても現在堀田オリジナルを検討中です。
 まあそこにのめり込むつもりはないのですが、jpg画像でもVelva50に近い色調にできそうですね。
 
 後のブログで、植物たちの近接撮影についても比較してみますが、この点に関しては、まだまだVelvia50の方が私の好みの色です(笑)。

 なので、Velvia50で撮り続けながら、D800Eでも撮影する。そしてデジタルデータとポジデータを比較しつつ、デジタルデータをより好みの色調に合わせる努力をする!

 現時点での結論です(笑)。

 その場、その時、そこにいる植物さんの最高の輝きをいただくときには、Nikon F6 & タムロン社製望遠マクロレンズ180mm(f 3.5)&Velvia50で!
 まあこれは譲れない線かもしれませんね(笑)。

 

|

2012年3月31日 (土)

2242話 ~ フィルムカメラ屋さんのパラダイス!~

 今日は、午後から札幌市北区北17条西3丁目にあるカメラ屋さんのパラダイスさんへ行ってきました。
_mg_9505
 ここです(笑)。

 来週の金曜日から始まる写真展の打ち合わせなど・・・で・・・

 店内に入ると・・・
_mg_9506
 常連さんのお一人Sugawaraさんの現像されたばかりのポジフィルムをお客さん皆で鑑賞会!

_mg_9508

 池原社長(上右)がお客さんの持って来たペンタックスk-マウントのカメラの修理を頼まれてました。

 どんなカメラもしっかり修理しちゃうのですね。

 店内です。

_mg_9510

_mg_9511

 ここはフィルムカメラ屋さんなのです(笑)。

 店頭には・・・

_mg_9514

 かつての名フィルムカメラが並んでます。全部池原社長が修理して完璧に仕上げたものばかりです。

_mg_9515

 オレンジ色のジャケットを着たHazuさん・・・・、オーロラに魅入られちゃって・・・、カナダまで行っちゃったんですよ(汗)。ガイド無し、自分で車を運転して!デス。

 フィルムカメラで撮影してました!

 最後は・・・

_mg_9512

 熱く語ってるオジサンがいました。


 さて、いったい誰でしょう(笑)。

|

2011年4月11日 (月)

1414話 ~ お引越しとmy camera ~

 私は、お引越しします!
 現在のオフィスは、薬学部棟なのですが・・・
 今月中に、伝統薬物センター2階へ移動します。
01
 この写真のこちら側の角部屋です。
 薬学部の教授会の決定だそうで・・・、正直うれしいですね。先日、学部長&薬草園長から、『
益々頑張って欲しい!』と云われ、武者震いしました(笑)。
 今後も、これまで以上に、薬草園、北方系生態観察園を発展させていくつもりです。皆さん、ぜひ応援してくださいね!よろしくお願いします。

 で、重要な物から少しずつ移動させてます。今朝、全てのフィルムカメラ&交換レンズを運び終えました・・・、なのですが・・・
02
 いつも間にこんなに増えた?(汗)
 フィルム一眼レフカメラだけでも20台もあったデス(汗)。
03
 あの~・・、一応私は、コレクターではありませんからね(笑)。
 しかし・・・、集まったもんだ!と誰かのせいにしちゃいます(笑)。

 確か10台以上にマクロレンズが装着されてます。
 カメラなどいじったことがない!というあなた、大丈夫です(笑)。きっとステキな感性をお持ちですのでね、ぜひ試してみましょう。
 堀田式で、フィルム一眼レフカメラ&マクロレンズで植物エネルギーをゲットする方がどんどん増えてますよ(笑)。早春の植物エネルギーこそ、これまで通りのあなたの何かを変えてくれるものかと思いますのでね、ごいっしょしましょう!
 私の愛機以外は、全て貸し出し用です。

|

2011年2月25日 (金)

1317話 ~ CANON系マクロレンズ ~

 昨晩、札幌市北区のカメラ修理専門店パラダイスに行った時にCANON製一眼レフカメラのマクロレンズを購入しました。CANON MACRO LENS EF 100mm (f 2.8)です。これでEOS系一眼レフカメラに使用できるマクロレンズが3本になりました。
P1040932
 真ん中が新しく購入したレンズです。3本とも春から始まる植物エネルギー撮影会にお貸しするカメラに装着します。使用カメラは、EOS Kiss, EOS 55, EOS 7s, EOS-1Nの4台です。タムロン社製マクロレンズ90mm(f 2.8)もありますので、これでフルです。
 EOS-1Nに装着してみました。
01
 このカメラもまた中学校の亡き恩師の形見分けとしていただいたものですから、たぶんステキな作品を撮れることと思います。
02
 これは、私が一番最初に買ったマクロレンズです。 
 さらに珍しいレンズもあります。
03
 90mm(f 2.8)の接写レンズですが、縦横にレンズの先を手動で動かすことができます。
 貸し出し用カメラは他に、Nikon F4, 
Nikon F3, Nikon F2フォトミック, ミノルタSRT101(2台になる予定), SR505, CONTAX RX, オリンパスOM-2Sの12台です。全てにマクロレンズが装着されています。
 カメラを触ったことのないビギナーさん、一流カメラばかりです。で、堀田式撮影術は、大変簡単です。なんたって、シャッターを押すだけなんでね(笑)、ぜひ撮影会にご参加くださいませ!

|

2010年12月26日 (日)

1190話 ~ミノルタ MD MACRO ROKKOR 100mm(f 4.0)ゲット!~

 今日は日曜日、今年お世話になった人、場所にご挨拶をするために、午後11時ころから出かけました。

P1020880  

 先ずは、富士フイルムフォトサロン札幌に出かけ、ご挨拶。すでに閉館でしたが、門のそばまで行って、「今年もありがとう!」と言って大通公園を歩きました。今日はツルツルでしたね。怖かった(笑)。

 4丁目まで来て、何気なくカメラの光映堂さんに入って、中古フィルムカメラやレンズを物色。オリンパスの90mmマクロレンズ(f 2.0)なんかないよな~、CONTAX Aria Dなんかはどうだろ・・・などと見ているうちに・・・

 見っけ!

P1020898_2 Md_macro_rokkor_100mmf_40p1020902_2

 ミノルタSRT101時代のカメラに使うマクロレンズ!初めて見ました、それも100mm。ほとんど未使用ですね。

 即買い!(笑)

 高校3年の時にオヤジにねだって買ってもらった一眼レフカメラがミノルタのSRT101です。そのマクロレンズをゲットしました。来春からは、貸し出し用カメラとして、堂々とデビューできます。

 ミノルタSR505には、タムロン社製マクロレンズ90mm sp(f 3.5)を装着して、これも貸出用にしましょう。

 後は、本当にオリンパス社製の90mmマクロレンズさえそろえば・・・パーフェクトだなぁ~(笑)。

 

|

2010年3月16日 (火)

植物エネルギー 第604話 ~植物エネルギー撮影会、カメラ紹介 ~

 さて、今日で3月も中盤が過ぎます。どんどん春の陽射しが長くなっています。

 最近森に出かけてませんが、きっとどこかに春の息吹きを感じる何かが待っているはずです。3月28日(日)は、いよいよ第1回目の「植物エネルギーをもらう撮影会」です。

 今日はお貸しするカメラを紹介しましょう。今のところ7台プラスα・・です。

01s

02s

 主力7台が勢ぞろいです。

 その他に。Micro-NIKKOR 55mm(f 3.5)とTAMRON 180mm MACRO(f3.5)の2本のマクロレンズが残ってますの、緊急でも9台のカメラが出動準備中です。TAMRON 180mmは重いので、女性向きではありませんが・・

 人数オーバーの場合はお二人でシェアーしていただくこともありますが、もうカメラがございませんのでね(笑)。

 参加される皆さん、どうぞご期待ください!

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

植物エネルギー 第479話 ~ ポジフィルムに写る心の真⑧ ~

 さて、『ポジフィルムに写る心の真(まこと)』シリーズも今回で一応一区切りしようと思います。私は、かつて・・・全てにおいて自信の無かった時代ありました。今も『自信があるのかどうか自信はありませんが、「自分はこう進みたいのだろう」という「確信」はあります。』

 でも、それも何か不確かでもあります。『今の自分の心がぶれているのかいないのか』。それを確かめるために、私は植物たちとフィルム一眼レフカメラを使って植物たちと会話し続けています。今は・・・「自分の心は不確かで、いつもグルグル回っているもの。まるで漢方の陰陽対極図のように・・」というのが基本になってます。ぶれている心を、自分の心の欲しているもの、方向に軌道修正してくれるのが、植物たちの接写なんですね。きっと。

 などと、通り一篇の説明をつけたりしています(笑)。そんなやこんな。全て有りってことで(笑)。

 もはや「・・ねばならない(must)、・・にちがいない(must be)、・・すべき(should)」の世界は遠い過去です。そんな場面が出てきたときに考えます。今、多くの日本人に求められているのは、「何をすべき」かではなく、「何を一番にしたい」のかであることは私の中では確信ですね(笑)。「何を一番にしたい」のかが無ければ、先に進めない。そう思います。

 私は・・・森の中でステキな植物の姿に出会いたい。それをポジフィルムちゃんと残したい。それが一番です(笑)。

 前おきが長くなってしまいました。

 では最終回、植物たちの秋のステキな姿をご覧になってください。キャノンEOS-1vVelvia50からもらった元気です。

 北方系生態観察園の晩秋。種力とでも言いましょうか・・・元気もらっちゃいます。

02

 ニコンF6Velvia50からもらった元気です。ニセコはイワオヌプリのツバメオモトくんです。瑠璃色が目に沁みますねえ~

01

 イワオヌプリでもらった、マイヅルソウくんの赤い元気。透きとおるような赤と緑・・・たまらんです。完熟前の赤とゴールドのまだらクンも良いですねえ~

03

 そして、北方系生態観察園のミヤマガマズミくんの赤い元気・・・

04

 でもって・・・最近購入したCONTAX s2で撮影したミヤマガマズミくんの赤い元気です。レンズはCarl Zeiss 60mmのマクロプラナー、Velvia50の組み合わせです。

    10img_07691

 なんか・・・元気すぎかもですね(笑)。何事も過ぎたるはなお及ばざるが如し・・・かもしれません。

05

 そして、秋の晴れた日に見つけたピカピカの赤い色です。

 いつも同じ場所の同じ株が赤い実を付けます。ユリ科のユキザサくんです。山菜名はアズキナくん。

06

 上右は・・・やっぱり近づきすぎ?ですか?

 でも・・・一粒の迫力は相当ですね。

 最後はこれ!びっくりしないでください。

Contaxs20416

 ただただ・・・すごい!

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

植物エネルギー 第475話 ~ ポジフィルムに写る心の真⑤ ~

 フィルムの整理をしてますが、結構ステキな作品も撮れてたんです。やはり・・・気がどこかに拡散してたようですね。原点に戻りましょ(笑)!

 さて・・・来春から、私のような植物の元気をいただきたい方へのご案内です。実は・・・本音を言いますと・・・私の撮った作品を色々な方が感動してくださるのは、私にとってとてもうれしいことではあるのですが・・・私の作品に感動された方ご自分で私と同じかそれ以上の作品を撮れる方なんですよ。間違いないです!なので、私の願いとしては・・・そんな方は、ぜひフィルム一眼レフカメラ(マクロレンズ)で、ご自分だけの心の元気を撮っていただきたいと思っています。

 なので、もし私も自分で植物の元気をフィルムに写して、植物たちから元気をもらいたい!』と少しだけでも思ってらっしゃる方向けに、来春3月末から『植物エネルギーをもらう撮影会』を、最低月1回開催していくつもりです。場所は、北海道医療大学・北方系生態観察園です。日曜日を予定しています。費用等はこれから試算しますが、何回でも気軽に来れる値段設定にするつもりです。カメラの貸出しも行います。私一人で講師を務めますので、申し訳ありませんが、定員を10名とさせていただきます。申込順で締め切らせていただきます。私が一番愛する森、北海道医療大学・北方系生態観察園の植物たちと一年間お付き合いしてみませんか?特に、植物は大好きだけど、フィルムカメラは触ったことがないという方、ビギナーさん大歓迎です。ぜひぜひごいっしょしましょう。

 フィルム一眼レフカメラをお持ちでない方、だいじょーぶです(笑)。私の持っているカメラ(6台ほど持ってます)をお貸しします。

 今日から仮予約を開始しますゆえ・・・気軽にメール(maruho@hoku-iryo-u.ac.jp)を送ってください。

 さて、ポジフィルムVelvia50に写る心の真。第5回目ですが、その前にポジフィルムVelvia50を紹介しましょう。

 これです。写っているカメラは、これも私の愛機お1つ、キャノンEOS-1vです。大変お世話になったカメラです。こんなんのを使って、来春から植物たちと接近して、植物たちの芽出しから枯れるまで、その波動を感じ取ってみましょう!

1_2

 さて、本題です。

 秋の森の中には、春には感じることのできない・・・なんというか・・・驚きがあります。

 先ずは、ユリ科のツバメオモトくんです。春先のお花は真白でとても清楚。

 遠くから眺めても、近くに寄って見ても・・・ん~すばらしい!ってことなんですが・・・

01d0114710 01cf6001509092230

 秋には・・・こんなステキな実になります(左下)。この瑠璃色。私の欲する色です。

 なのですが・・・今年9月、ニセコのイワオヌプリに登ったときに・・・虫食いの実を発見しました(笑、右下)。中が空洞になっていて、ファインダーを見つめているうちに「プッ」っと笑ってしまいました。誰が食べちゃったのかしら?下左を地球に例えるなら、これは、虫食いの地球(笑)・・・etc・・・様々な物語が頭の中で展開されました。実におもしろい!

01af6001509092230 01bf6001509092231

 そして・・・やはりユリ科のツクバネソウくんのピカピカくんの実(下左)です。なのですが・・・ピカピカの実をのせている赤い台座に着目してくださいな。下右は、ピカピカくんが熟して、地面にころがり落ちたあと・・・なんです。まるで・・・赤いヒマワリのようですね。木漏れ日の光が当たると・・・ただただすばらしい赤になります。

03af6001009091708 03bf6001009091711

 そして、この時に見つけた白いヤツ!

02f6001009091716

 キノコくんなんですが・・・お名前は?と尋ねても、応えてくれませんでした(笑)。苔むした林床にボールのように・・・「まあなんてステキ!」と声をかけてしまう私・・・もステキ(笑)。

 来春からぜひごいっしょしましょう。

 最後は・・・2005年春。私は何かを感じ取って、森と一体化している様子です。地球といっしょって感じです。

01

 で、他の人がこんな姿をご覧になっても「何やってんだか・・」くらいにしか思えないでしょうが・・・

 カメラのファインダーの中は・・・春の森の元気がいっぱいなんですよ。

 こんなふうに・・・デス。

0006010

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

植物エネルギー 第474話 ~ ポジフィルムに写る心の真④ ~

 今日は、3回もアップしちゃいましょう(笑)。

 なんだかんだ言っても・・・植物たちの元気をポジフィルム Velvia50に写す!

 そして、スリーブ(フィルムを現像したモノ)からお気に入りを選ぶと同時に想いはその撮影した瞬間にタイムスリップしちゃいます。

 「あ~あの時は○○○だったよなあ~」などと・・・

 フィルム撮影は、駒数に限りがある失敗するかもしれないすぐに結果を確認することができない、なので、1枚1枚真剣に無心に撮る!一生懸命!、そして現蔵が上がるまでドキドキモードになる= 心待ちにする心が自然に芽生える・・・etc・・・

 もちろん一眼レフデジタルカメラをお使いの多くの方だって、真剣に撮影されているはずですが・・・お使いなっていらっしゃる方、いかがでしょう?

 真剣度はフィルムもデジタルも同じでしょうか? 今度お酒を飲みながら、そんなお話に花を咲かせませんか?(笑)

 そんなやこんなんも、心のクスリになると私は思います。

 さて・・・今年秋、私の大好きなオオカメノキくんのステキな作品が撮れてました。とてもうれしい!私が植物たちの修行を始めて、一番最初に覚えた植物くんです。

 では、早速ご覧になってくださいませ。

 先ずはこれ!

F6001909100930

 なんか泣けてきちゃいますねえ~

 意味なく、オオカメノキくんの一年の想いが心に沁みてきちゃます。

 北海道医療大学・北方系生態観察園のオオカメノキくんです。

 そして・・・

 ニセコ連山のイワオヌプリで出会った過去最高のオオカメノキくんの赤です。

F6001509092234

 やあ~・・・出てくる言葉は何もないですねえ~

 この2つの作品は、出展したいと思っています。

 いかがですか?もっと大きな写真で見てみたいと思った方・・・ぜひ拍手(ホームページ、元気の種のトップページに拍手するところがあります)などしていただけませんか?

 拍手が多いと・・・自信を持って最高のプリントで仕上げ、皆さんの前にお持ちいたします。

 なんだかんだ言っても、森の中では心は元気ですな(笑)。

 少し安心しました。

 

| | コメント (0)

植物エネルギー 第474話 ~ ポジフィルムに写る心の真③ ~

 ポゾフィルムの写る心の真(まこと)の第3回目は・・・

 ハウチワカエデくんを想う心・・・

 私は、なぜかハウチワカエデくんの葉っぱに心が惹かれてしまいます。何故なのでしょう?

 何故かを言葉で、文字で表現できたら、自分自身をもっともっと理解できると思うのですが・・・いつもいつの時も、とにかく心が惹かれれるのです。

 こんなことくらいも自分のことを説明できないでいる自分は、まだまだ修行が足りんなあ~と考え込んでします。でも・・・「まっ、いつかはきっと言葉になってくれるさ(笑)」とつぶやきながら、マクロレンズでハウチワカエデくんを見つめる私でした。

 さて、ハウチワカエデくんの全てをお見せしましょう。

 先ずは・・・こんなのはご覧になったことはありますか?

 まるで、生まれたての雛鳥のような実生です(下左)。

 そして・・・私たちが『天使の翼』と呼んでいる春先の新葉(下右)。

0254601 0254618

 さらに・・・

 『天使の翼』の下には・・・赤いお花が・・・(下左)。

 で、やがて・・・次世代へつなぐ種に・・・(下右)。

0122335 0028430

 真夏の森の中で一際目立つ蛍光発する緑色の葉っぱもまた、心を落ち着かせてくれます。『緑光(りょっこう)』と呼んでいます。

00contax0515

 そして秋・・・・緑色の葉っぱさんが赤く染まっていくその途中もまた良し!

F6001909100931

 最後は赤く染まるギザギザの葉っぱ。その色もまた色々・・・

 今年は、この淡い赤が私のお気に入り!

F6002109102229

 そうそう、使用カメラはニコンF6, 使用レンズはTAMRON sp MACRO 180 mm (f 3.5), 使用フィルムは富士フィルム社製Velvia50です。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ