2009年9月24日 (木)

植物エネルギー 第436話 ~ ニセコの元気 ~

 9月23日はニセコ町の植物たちに会ってきました。いつかは行こうと思っていたイワオヌプリに登ってきました。

 イワオヌプリとは・・・硫黄の山という意味。もちろん超酸性土壌ですから、フツウの植物たちはいない・・・のです。

 天気は・・・快晴!

 朝4時7分、自宅を出発。いつものように自宅から・・・

01img_0457

 明けの明星、金星が輝く朝早くです。

 コンビニで登山用の水、チョコレート・・・を購入。で、天空を眺めると・・・

02img_0461

 星系写真はとんと・・・ダメ(笑)。ちょいとブレてますが・・・冬の星座オリオン座が・・・もうすぐ冬がやってきます。

 愛車を駆って、友人との待ち合わせ場所、進路を中山峠へ・・・

 峠近くの、とある場所で見つけた森の元気です。朝5時30分。

03img_0462

 東の空が白んできました。もうすぐ夜明け!

 朝5時34分。

04img_0464

 もうすぐ太陽が顔を出します。

 出ました。朝5時39分。

05img_0464

 ここで友人と合流。一路登山口のあるニセコ町は五色温泉へ・・・

 なのですが・・・寄り道ばかりの道中になってしまいました。

 先ずは中山峠から見た蝦夷富士です。

06img_0464

 看板が微妙ですが、まあまあ良い味ですね(笑)。

 中山峠を下り、喜茂別町から京極町へ向う途中です。

07img_0464

 すばらしい・・・ですね。

 いよいよ京極町に入りました。で、思わずすばらしい蝦夷富士に魅入られてしまい、しばし撮影会になってしまいました。朝6時24分。

08img_0464

 どうです?このテースト!たまらんですねえ~

 こんなすばらしい蝦夷富士は生まれて初めて見ました。ホント最近ついてますね。なんか感動の嵐です。

 数秒後に、このお山はこんなふうに・・・

09img_0464

 まさに地球は動いている。これまで通りなど何一つなし!

 「すべての終わりは全ての始まり」がそこここにころがっています。執着、こだわり・・・過去に生きるのも人生には必要な手続きではありますが・・・全ての始まりもすぐ目の前にあると私は思うのですが・・・

 なんたって、地球がこんなに変化しているんですよ。一生懸命生きて、全てを受け入れながらどんどん前に進みましょ(笑)。そしたら・・・きっと地球が何かステキなプレゼントをくれるように思えます。

 とか言ってるうちに、登山口に着きました。朝7時7分。

10img_0464

 こちらの方角はニセコアンヌプリ。山から遅い朝日が顔を出しました。

11img_0464

 で、登山靴に履き替え、カメラの機材を用意します。今回はニコンF6とF2の2台を持って登ります。

 準備も終わりいざ出陣!

 始まりはここから・・・。朝7時17分。

12img_0464

 この道を真っすぐなのですが・・・、この橋を渡りきったと所には高山植物の群落がありました。

13img_0464

 シラタマノキくんとアカモノくんの朝露のついた熟した実が朝日に照らされて・・・

 思わず撮影会が始まっちゃいました(笑)。フィルム1本分をたっぷり撮りきってしまいました。30分間ほどここで時間を使っちゃいました。

 私の旅はいつも予定通りにはいかないのです。だって・・・想定外の感動がいつも飛び込んでくるんです(笑)。

 さて、いざ出発。

14img_0464

 ここを行きます。急な階段が続き・・・

15img_0464

 いよいよ本格的に登りが始まります。

16img_0464

 五色温泉郷が眼下に見え始めました。下山したら・・・ですね(笑)。

17img_0464

 オオカメノキくんの完熟の実がたわわに・・・

 その他にもツバメオモトくん、マイヅルソウくんの実が美しく、アートでしたね。

 その他にもオガラバナくんの葉とかミヤマハンノキくんの葉っぱ・・・たくさん撮らせていただきました。フィルムの作品は後日!

 相棒も撮影しながら登ってきます。今年、神居尻山で鍛えた足腰はだてじゃないですね。どんどん進化しています。

18img_0464

 イワオヌプリ=硫黄の山。

 いよいよ急勾配。

19img_0464

 ここを行きます。

 そして・・・

20img_0464

 植物などなにもいない世界をたんたんと登っていきます。

21img_0464

 眼下には五色温泉郷があんなに小さく・・・

 トップからは日本海も見えました。

22img_0464

 積丹半島です。泊村の原子力発電所も見えました。

 トップで朝食後、すぐに下山です。

23img_0464

 ここには、五色温泉の主、ニセコの番人がいます。

 この方です。ニセコのことならなんでも知ってるすばらしい方です。

 五色温泉周辺のことを毎日のようにブログに掲載してくださっています。ぜひご覧になってみてください。こちら⇒ニセコお花畑だより

24img_0513

 とても美味しいコーヒーが飲めるのですよ。味ものど越しも最高です。ぜひお試しあれ。

 松ボックリやドングリさんの実などを使った工芸品もすばらしい!

 美味しいコーヒーをいただいた後は・・・そうです(ニヤリ)、汗を流すために・・・温泉にはいっちゃいます。今日は本館が大混雑・・・なので、初めて別館に入りました。

25img_0513

 ここは・・・誰も人はいなく・・・私たち二人で貸し切り状態!

 こんなところです。

26img_0513

 私の裸はお見せできませんが、ここで汗を流して、新鮮な天空の気をいただき、さらに心のエネルギー充填します。 

 ご主人にお話を伺うと・・・一泊3600円ほど・・・!

 湯治用の温泉だそうで・・・持ち込んで自分たちで作って食べ飲みできるすばらしいお宿なり。

 いかがですか?晩秋の夜、豚汁と美味しい肴で、すぎゆく秋を愛でながら、一の蔵酒造の『金龍蔵』なんぞを冷酒で・・・もしかして晴天なら・・・満点の星空、天ノ川を肴に美味しいワインなんかもステキですね。きっと。などと、見果てぬ夢はエンドレス!

 気持ちが良くなると、どんどんステキなことが浮かんできます。

 すっかり心のエネルギーをいっぱいにした後は・・・さらに・・・お口からも魂の入った食材をいただきに行きます。

 ここです。

27img_0513

 札幌方面から行くと、京極町に入る手前、国道の右側の畑の真ん中に建つ饂飩屋さんです。その名は・・・『野々傘(ののさん)』

 北海道医療大学の職員だった方です。とても学生に人気のあった方なんですが・・・ある日大学をやめて、饂飩の修行を始め・・・ついに・・・すばらしい饂飩屋さんを・・・

 麺も出汁も美味しいけれど・・・なんたって、饂飩全てに野々さんの気合、想い、魂が入ってるのがうれしい。ニセコに行った帰りはいつもこれでしめます。

 私のお勧めは以下の二品。

 大きなマイタケの天ぷら2ケ、海苔の天ぷら、紫蘇の天ぷらののったぶっかけ饂飩。最高なり。

28img_0519_2

 それから・・・私はこちらの方が好みです。大きな竹輪の天ぷら2本と半熟玉子の天ぷらののっかったぶっかけ饂飩。これも最高なり。

29img_0519

 心もお腹もいっぱい!エネルギー充填200%か(笑)。

 ノノさんご馳走様でした。いつまでもアクティヴでいてくださいね。また寄らせていただきます。See you again !

 

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

植物エネルギー 第246話 ~2008年9月9日、大雪山旭岳の植物たち(2)~

 2009年9月9日、大雪山旭岳の植物たちをごご覧下さい。

 昨日のブログの続きです。

0001

 エゾイソツツジの果実って・・・少し怖い!上右はコケモモが風でブレましたが・・・光の入り方がすばらしい!

 で・・・紅葉には少し早かったのですが・・・この植物だけは素晴らしい秋色を見せてくれましたよ。

0002 0003 0004

 タムロン、180mmマクロレンズを使うと・・・ファインダーの中が様々の光でいっぱいになります。

9月以降の私のイベント(写真展、講演)情報。こちらデス

ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」好評発売中です。HPはこちらデス

| | コメント (0)

植物エネルギー 第245話 ~2008年9月9日、大雪山旭岳の植物たち(1)~

 2008年9月9日、大雪山旭岳の植物たちの調査に行ってきました。その時のフィルムデータをようやくスキャナーで取り込みましたので、早速お届けします。

 いつもよりもやや遅めの朝4時に札幌を出発 → 7時半に旭岳温泉到着 → 8時半ロープウェイ姿見の池駅到着 → 裾合平に向かって歩く → 下山は徒歩で、天女ヶ原経由で下山。

 今年は、姿見の池もう雪が降って真っ白だそうですよ。ようするに冬デス。ロープウェイ姿見の駅にはテレビカメラが設置されています。その様子を見ることができます。こちらデス。

 9月9日はまだ紅葉には少し早かったのですが・・・高山植物たちの実でいっぱいでした。ガンコウランくん、コケモモくん、シラタマノキくん、ウラシマツツジくん・・・・etc・・・。富士フイルムVelvia 50にバッチリ写しました。何回に分けてご覧いただきます。

 歩き始めてすぐに・・・

00

 上の写真左は・・・ガンコウランくんの朝露が・・・・デス。

 上の写真右は・・・ガンコウランくんとコケモモくんのツーショット!赤と黒。

 そして・・・

001

 上の写真左は・・・シラタマノキくんの白い実。

 右の写真は・・・コケモモくんとシラタマノキくんの赤と白のツーショット。

 いやーなかなかこんな場面には出会えませんよね。「すばらしい」の一言です。

 さらに・・・

02

 会えるとは思っていませんでした。エゾオヤマリンドウですよ。もう枯れてると思ってたのに・・・ただ「うれしい!」(上の写真はデジカメです)

03

 ちょっと引き気味に撮ってみました。

04

 マクロレンズで撮影するとこんなファインダーはこんなふうです。

 風景も・・・

01

 後ろの高い山が旭岳です。

 チングルマくんたちを撮る場所はいつも決まっています。枯れ際もなかなかですよ(笑)。

05

 さらに近寄って撮らせてもらうと・・・

06 07

 いやはや・・・チングルマくんってヤツは・・・最後まで楽しませてくれます。

9月以降の私のイベント(写真展、講演)情報。こちらデス

ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」好評発売中です。HPはこちらデス

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ