2012年10月20日 (土)

2803話 ~ 襟裳岬の元気⑬ ~番外編、ヒダカミセバヤさん!~

 10月20日です。昨晩なんとか今日午後のスライド原稿作成を終了しました。 まあやれやれってとこです(笑)。
 来週は論文書き! なんとなくはぁ~って感じですが・・・「お役目お役目(笑)」・・・、疲れてる暇はないぞい!

 なんとか水曜日までに上げて北方系生態観察園内の笹刈りをしたいと思ってるのですが・・・、はてさてどーなることやら・・・


 それにしても襟裳岬ってヤツは・・、感動をありえないほどくれるところだわい(笑)。

 襟裳岬から札幌へ戻る途中の道端にさえ・・・すばらしい植物エネルギーが待ってました(笑)。
Sdsc0338320121014
 ここなんですが・・・、切り立った崖が太平洋に突き刺さる。で、国道がすまなそうに海岸線に沿って・・・
 だーれもいないんですよ(笑)。
 実はここ・・・、旧国道なんです。
 岩石の崩落&大波の浸食で、ついに海岸線の道路のメンテナンスを放棄して今は長いトンネルになってしまってるんです。
 でもこんな旧国道沿いの岩壁や崩落事故防止の覆道のトンネルの上なんかはですね・・・、植物たちの宝庫なんです。この切り立った崖に生きてる植物たちの種が転げ落ちてトンネル上で止まる。長い年月の間に色々な植物たちが住み着きだす!当然彼らの成長を妨げる高い木はいませんからね・・・他にはない特殊な植生がそこにあるのですよ(笑)。この15年間、そうやって植物たちの修行を続けてきたのでした(笑)。でもまだ行ったことない覆道が山ほどありましてね・・・・、まあ修行は無限に続く!ってことになるんです。
 ただね・・・、岩石の崩落しやすい場所なんで・・・ある意味命懸けの修行ではあります(笑)。

 で、そんな旧国道の道端にですね・・・、すばらしい植物エネルギーを感知したのでした!
_mg_5842
 ヒダカミセバヤさん!
 私たちを待っていたのでしょうかねぇ~(笑)。とてもうれしい!

S_mg_5843
 こちらは枯れちゃってます!

 もう少しですばらしい紅葉を見せてくれるのですが・・・、望むのは欲張りですね(笑)。

 いずれにしても、北海道の道端ってやつは・・・ステキです(笑)。

|

2012年9月 9日 (日)

2685話 ~ ヒダカミセバヤさんづくし(9月9日)!~

 9月9日、美味しい朝食をいただいた後見つけたヒダカミセバヤさんのThe Max!

 岩壁一面にこんな群落がたくさん!

Dsc00122

   一部をお見せしましたが・・・、すばらしい! 過去最高ですね(笑)。
 この地を100回以上訪れましたが・・・・、ここは初めて! 襟裳岬も奥が深い大地なり!

  Dsc00101
 ツッくんも植物エネルギー補給中(笑)。

 私もいただきました。
 これだけたくさんの中から一番ステキだと感じるものを感知します。

  _mg_5256_2
 いましたいました(笑)。

_mg_5258
 ん~~って感じです(笑)。

_mg_5312
 一輪だけ咲いてました!

_mg_5321
 そのお花だけ切り撮っちゃう!

_mg_5313

_mg_5331
 いや~・・・素晴らし過ぎて言葉がありませぬ!

  _mg_5330
 縦に切り撮ってもステキ!

  _mg_5332
 これ・・垂直の岩壁に・・・、やるなぁ~(笑)。

  _mg_5338
_mg_5342

 いかがでしたか?

 ヒダカミセバヤさんのお裾分け!




  

|

2684話 ~ ヒダカミセバヤさんづくし(9月8日)!~

 今回襟裳岬訪問の目的は超ステキなヒダカミセバヤさんに会って執筆で消費したココロのエネルギーを補給することでした。
 はたして・・・
_mg_5223

_mg_5224
 ビンゴ!!!
 咲き始めのヒダカミセバヤさんたち!
 さっそくマクロレンズで植物エネルギーをゲットしました。
  _mg_5226_2
 咲いたばかりのお花!蕾もいっしょです!


_mg_5244_2


_mg_5244

 一番ステキな瞬間に会えちゃったとこの時は思ったのですが・・・・

|

2011年9月19日 (月)

1778話 ~ 襟裳岬!⑥ ツッくんのヒダカミセバヤさん!~

 翌17夜からは、どしゃぶりの雨 + 強風!
 18日朝には雨は小降りでしたが、風速15メートルはあろうかと思われる強風!

 ですが、最後のお仕事!

 ②のブログで黄色い矢印で示された襟裳岬の最先端へ出かけました。
35
 襟裳岬の先っぽデス。
 この先っぽの左側の海は嵐、右側は静かな海!
 風の吹きつける方向で、海の様子が2分されるのです。
 右側の海です。
35a
 左側の海は・・・
36
 大嵐!
 で、この下に、私のブログにたびたび登場する、ツッくんこと、お医者さんの津村先生が、2年前に見つけた、すばらしいヒダカミセバヤさんがいるのですね(笑)。

 カッパを着てますが、この時点でズボン(下のカッパをはくのを忘れたのです)はびしょ濡れ!
 でも、行くところまで行っちゃいます。
37
 これ以上は進めません状態の場所。
 ピンク色の矢印の先に、ヒダカミセバヤさんがいます。
38
 時に風速40メートル以上の強風、それも塩分たっぷりの風が吹きすさぶ岩の割れ目に根を張って生きるヒダカミセバヤさんたち。時には、大波が砕け散った波しぶきだってかkるでしょうに!
 いつも思うのですが・・・、「なんでこんな所に住んでるのさ?」。
 まあ、究極の元気者たちでしょうね(笑)。
 私もマクロレンズを使って、元気と勇気のお裾分けをしていただくことにしました。
39
 ここにいるヒダカミセバヤさんは、色も様々なんです。
 最も見事な色で、かつ、一番ステキだと思っているのが・・・
40
 いやーーーー、素晴らし過ぎでしょ!
 もっといただきます。
41
 さらに・・・もっと切り撮っちゃいます(笑)。
42
 いかがですか?
 勇気&元気、伝わったでしょうか?

 ツッくん、お約束通り、たーくさん見てきましたよ!

 もちろんVelvia50(CONTAX Aria使用)でも撮影しましたので、後日、お見せしましょう!

|

2010年10月 5日 (火)

1012話 ~ニコンF6&Velvia50に写ったえりも岬の植物エネルギー!こゆい紫と赤はいかがでしょう!~

 また1本現像が上がってきました。9月24日、日帰りのえりも岬で撮影したたVelvia50です。
 晴天だったのでね、お花の色が相当こゆいんですよ(笑)。
F6006619
 かなりシャッタースピードを上げて、エゾノコンギクさんの濃い紫色を演出してみました。
 で、さらに濃いのがこれ!
F6006604
 で、もっともっと濃いのがこんなんです。
F6006608
 私は、ファインダー全部がこの色なのが良いです。いかがでしょう?

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

990話 ~ニコンF6&Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!しっとりしたヒダカミセバヤさん!~

 さて、ブログもあと10回で、ついに1000話になります。正直、こんなに長く続くとは思いませんでしたね(笑)。

 今年は、ヒダカミセバヤさんの当たり年です。今度はしっとりした赤をお楽しみ下さい。
Sf6006221



 もう1つ!
Sf6006223
 全部同じ株なんですよ。
Sf6006225
 ちなみに、後ろは、断崖絶壁です(笑)。

| | コメント (0)

2010年9月30日 (木)

987話 ~ニコンF6&Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!輝くヒダカミセバヤさん!~

 襟裳岬周辺を歩き回って、また・・・、見つけちゃいました!

 こんなのはいかがでしょう?
Sf6006533
 こんなのもいました。
Sf6006530
 最後は、花束ですね(笑)。
Ssf60065e
 ここまで育つのに何十年かかってるのかしら????

 地球の財産と思わずに掘っちゃう人!、金銭に変えちゃう人!また金銭で買っちゃう人!

 地上から植物がいなくなる=地球が病気になる!

 地球に責任とれますか?

 撮るだけにしませんか?

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

985話 ~ニコンF6&Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!黄金色の雄しべのヒダカミセバヤさん!

 黄金色の雄しべのヒダカミセバヤさんでーす!!!

Sf6006302

 もっとアップでも!

Sf6006312

 黄金色の雄しべと真っ赤な雄しべを持ったお花がいる????

Sf6006330



 黄金色がだんだん赤くなっていくのかしら???

 こんなのもいました!

Sf6006336

 不思議なことばかりです!(笑)

| | コメント (0)

984話 ~ニコンF6&Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!ヒダカミセバヤさん!

あ 9月18日に襟裳岬にいた元気者のヒダカミセバヤさんを、ニコンF6と富士フイルム社製Velvia50で撮らせてもらいました。先ずは、スリーブ全部です。

Sf60063

 ほとんどが、ヒダカミセバヤさんでいっぱいです。後半部分には露出オーバな駒もありますね(汗)。ニコンF6とキャノンEOS-1vでは、まったく勝手が違うんですよ(笑)。ニコンF6で使い慣れたEOS-1vと同じ露出にしようとしたら・・・絞り優先で、通常-0.7補正しないとダメ!で、太陽の光が強くなったり、反射率の高い被写体だとそれ以下にしないと・・・(汗)。まあいい訳なんですがね(笑)。

 で、1段目と2段目の中では、フィルムNoが2、3と6、7、8、9が、私のお気に入り!

 そこだけ切り出しちゃいますと・・・

Sssf60063Ssf60063

 私は縦位置が大好きなんで、縦に並べてみましたが、こうなっちゃいます。

 とにかく、色がね・・・ステキなんですよ(笑)。

 今日は、ここまで、特別に気に入ったのは、後日アップでお見せします。

 そうそう、明日は、北海道テレビHTBの「イチオシ!」に出演します。お時間のある方はぜひ見てくださいね!


| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

965話 ~ 9月24日の襟裳岬の植物エネルギー!ヒダカミセバヤさん再! ~

 今回は、ヒダカミセバヤさんを、たーくさん撮ってきました。

 で、訪れた場所に咲いているヒダカミセバヤさん全てを撮影しました(笑)。

 で、今回の一番はこれです。

Sp1010432

 潮風にも塩水にも負けず!

 この子たちの紅葉もまたステキなんですが・・・、これるかどうか?

 で、急ぎ百人浜で移動して、植物たちの様子を見ました。

Sp1010454

 ススキくんもすばらしい!

Simg_4956

 悲恋沼からの眺望もすばらしい!

 で、植物たちです。

Sp1010445

 ほとんどが終盤でしたが、絶好調の1株を見つけました。

 そのそばには・・

Sp1010449

 小さな小さなコガネギクさん。チシマセンブリさんと同じ背の高さ!

 さらに・・

Sp1010452

 今回はこの2つが旬!エゾノコンギクさんとカセンソウさんです。

 アップでも!

Sp1010451

Sp1010453

 そうそう、悲恋沼のそばでは、サワギキョウさんがいました。

Sp1010455

 秋本番!

 で、短い秋は、あっという間にすぎさって、植物たちが、力をためるながーい冬になります。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ