2012年8月15日 (水)

2633話 ~ 美深町、仁宇布地区の道端の植物エネルギー(エゾニュウ)! ~ 

 美深町、仁宇布地区にいた道端の植物エネルギーです。
Dsc02587
 咲いたばかりの粋の良いエゾニュウくんたちです。
 せり科の植物の中で一番好きです。
 一言で言い表すなら・・・「威風堂々!」。
 背丈は大きなものだと3メートル以上になります。
 で、その花の蕾が力強いのです。
 下左の写真が蕾。でその蕾から花火のようなお花が飛び出してくる!
01
 で、花を咲かせた株は、たくさんの種を作り・・・、枯れてしまう!
 余力を残さず全力で生き抜き子孫を残して朽ち果てる! なんかかっこいいんです(笑)。

 8月12日は、さしずめエゾニュウくんの花火!って感じでした。

 すばらしい2株をお見せしましょう!
_mg_4925

_mg_4946
 どーですかこれ???
 見上げるほどの背の高さ!
 絵具でお花に色づけしたら・・・、さぞやキレイでしょう! なんてことを考えてました(笑)。

 そしてそして驚きの光景を見てしまった!
02
 エゾニュウくんのお花にたくさんの蝶がやってきて蜜を吸ってる!
 たぶん・・・、ヒョウモンとヒトスジorフタスジチョウでしょう!

 他のセリ科の花には結構汚い虫がやってくるのですが・・・、例えばオオハナウドくんなんかはハエのような感じの虫でしたし、エゾノシシウドくんなんかも蝶なんか寄って来てなかった。

 蝶が受粉をさせてるなんて・・・

 エゾニュウくんはステキです! 益々大好きになってしまった!

|

2010年7月22日 (木)

814話 ~セリ科植物エネルギー、エゾニュウの追加! ~

 以前のブログでエゾニュウのパワーをお届けしましたが、その背丈をご覧になってください。

Img_4465

 2メートルを越えてますね(笑)。

 10センチに満たない植物エネルギーから2メートルを越える植物エネルギーまで、北海道はすばらしい大地です。

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

806話 ~セリ科植物エネルギー、エゾニュウ! ~

 湧洞原生花園から生花(せいか)を経由して晩成温泉に続く道端にいた、恐らく北海道で最も背が高くかつ力強いエネルギーをくれるセリ科のエゾニュウを紹介しましょう。先ずはこれ!

Simg_9755

 ほとんど車の通らない道路に車を止めて、たぶん牧草なのだと思うのですが、そこにどうどう立つエゾニュウくん。ただただすばらしいと思ってしまう私でした。

 で、よーく見ると茎の色は赤いヤツと緑色のエゾニュウくんがいました。

Simg_9753 Simg_9754

 以前は、北海道に生きるセリ科の植物たちが全部同じに見えたものです。植物たちの分類をやっている人たちのように、花びらが何枚だとか、ガク片がどうだとか・・・、私にはそんな覚え方は先ずできません(笑)。なので、この9年間、色々な場所に行って、様々な植物たちをたーくさん、たーくさん見ました。で、今では、完全に雰囲気で植物たちの名前が分かります(笑)。せり科の植物たちは、難しかったなあ~

 襟裳岬から、十勝川河口付近までの太平洋岸で、大型のセリ科の欲物たちの一番最初に出現するのが、オオカサモチくん。

 6月下旬ころから7月上旬が旬でしょうか。

 6月下旬に襟裳岬にいた元気者です。

0262431s

 でも、今はもうこんな状態。子孫を残す営みに入ってます。

Simg_9736

 どんどん植物たちが代わっていく北海道の大地、すばらしいと思います。

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

植物エネルギー 第347話 ~ 北方系生態観察園にエゾエンゴサクさんが咲きました!~

 今日は朝7時から北方系生態観察園に行って、植物たちに春のご挨拶をしてきました。いよいよ漢方が説いてくれる『発陳』の季節になってきました。北海道の白くて長い冬の間に溜めてきた色々な思い(潜気)を一気に爆発させましょう。少々の失敗など怖れずに、誰に影響されることなく、どんどん前に進みましょう。それが・・・漢方の教えてくれる春の病気予防の極意です。

 先週土曜日には・・・エゾノリュウキンカくんが咲きました。今日は・・・エゾエンゴサクさんの一番花の開花です。先ずはご覧下さい。

 なんか今年の一番花はすごくかっこ良いです。もちろんポジフィルムVelvia50と今回はニコンF6を使ってちゃんと撮影しています。現像が上がってきたら・・・ブログにアップしますね。いずれにしても・・・北方系生態観察園の森の中は植物たちの芽出しエネルギーが炸裂しかかっています。今週末、12日の日曜日は今年第1回目の植物エネルギー撮影会&観察会ですが・・・。恐らく芽出しエネルギーはMax状態でしょう。12日朝9時に北海道医療大学に集合です。1年を乗り切るだけのエネルギーをたくさんたくさん補給しましょうね(笑)。

2009_040708

 で、森の様子といえば・・・、先ずは入り口です。

 もうほとんど雪が無くなっています。長靴さえあれば・・・OK状態です。こなってくると雪さえも愛おしくなってきます。また11月まで白い雪には会えなくなります。

2009_040701

 一番大きなカタクリさんのいる場所をよーっく探してみると・・・、いましたいました(笑)。

 カタクリさんの一番芽出しです。見っけ!ここから・・・春は始まるのです。

2009_040702

 谷を見下ろすと・・・、雪がどんどん融けて減っています。

2009_040703

 一番雪融の早い東の尾根の様子といえば・・・、とても良い感じで光が差し込んでいました。

2009_040709

 地面に腹ばいになってみると、実に様々な植物たちの芽出しを見つけることができます。

 ギョウジャニンニクくんの芽出しもすばらしい!でも・・・絶対取らないで下さいね。園内の植物は持ち帰り絶対禁止ですからね(笑)。ギョウジャニンニクくんは種1粒から花を咲かせるまでに10年もかかるんです。

2009_040704

 さらに・・・、オオウバユリくんです。これで・・・まだ3年くらいでしょうか?オオウバユリくんも種から花をさけせるまでに8年以上かかるんですよ。

2009_040707_3

 下の植物は・・・背丈2メートル以上になるセリ科のエゾニュウくん。なかなか迫力ある芽出しですね。

2009_040710_2   

 さらに・・・、ツンツンした芽出しは・・・クルマバツクバネソウくんたち。かわいいッス!

2009_040711

 そうそうナニワズくんが開花です。雄花ですけどね・・・。雌花はもう少しあとでしょう?これでも樹木なんですよ。低木さんです。雄花と雌花の違いってお分かりですか?

2009_040706

 で、谷の様子といえば・・・、どんどん雪融けが進んでいます。

2009_040712

 谷へ下りてみると・・・、雪どけの清き水の流れと音が・・・たまらんですなあ~!心の中の邪がどんどん追い出されていきます。

2009_040713

 こちらは土手にエゾノリュウキンカくんの蕾が・・・

2009_040714

 そうこうしながら1時間以上が過ぎてしまいました。最後はため池で1枚。

 昨晩は晴れたので、放射冷却。薄氷が張ってとてもきれいでした。冬から春へ・・・すばらしいエネルギーです。

2009_040715

 最後に温室に寄って。ヒスイカズラくんを撮影してみました。

2009_0407  2009_040701_2

 今週は見ごろですよ!ぜひお越し下さい。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ