2009年6月15日 (月)

植物エネルギー 第378話 ~札幌市⇔名寄市 480Km ・・前編・・~

 先週末は名寄市へ行ってきました。研究打ち合わせと今月28日(日)に開催される「薬用植物観察会&撮影会」(主催:札幌薬剤師会北・東・石狩支部、共催:日本生薬学会北海道支部)の打ち合わせ&下見。そして、14日から名寄市北国博物館で開催される私の写真展「春の植物エネルギー ~勇気と元気~」の搬入&夜は、私の講演会「北海道の植物たちの元気」(主催:名寄市北国博物館、後援:なよろ野の花の会)のためでした。その様子を前編、後編の2回に分けてダイジェストでお送りします。写真は全てデジカメ(富士フイルム社製、FINRPIX F200EXR)で撮影しました。ポジフィルムでの作品は後日。

 名寄市。思い出多き街です・・・。14年前に植物たちの修行を始めてから4年後、いよいよ本格的に薬草、山野草勉強をさせていただいたのが、名寄市でした。1年に6回は通ったよなあ~。日帰りなんてこともあった。旧厚生労働省の薬用植物資源センター「現在は(独)医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センター 北海道研究部と長い名前になっちゃいました」の圃場。母子里の山々、沢、そして美深町の松山湿原・・・。なにより場長の柴田先生、鈴木さん、坪井さん、三浦さんとなよろ野の花の会の皆さんには本当に色々と教えていただきました。それも優しく、丁寧に。3年前にも写真展&講演をさせていただきましが・・・あれから3年。堀田は相当進化することができました。皆さんのおかげです。ありがとうございました。坪井さんもいつまでもお元気で!いつかクマさんとお話させてくださいね。

 それから、理容店を経営なさっている小野さん。ダイコン葉入り手作りセッケン「すずしろの花」の製品化には小野さんのご協力なしには成立しませんでした。ありがとうございます。

 などなど・・・名寄市にはステキな思い出がいっぱいなんです。今回のイベントは胸が熱くなる想いでした。

 さて13日は朝5時半に札幌市を出発。私は国道275号線沿いの風景が大好きなので、高速ではなく国道を行こうと思ってました。そして皆さんへのお土産は野口農園の美味しいイチゴと決めていました。

 6時19分野口農園到着です。お家の庭にステキなカンボクくんの花が満開でした。

012009_06140001

022009_06140001_2

 イチゴ5パックを買ってすぐに出発。後に、皆さんにイチゴを食していただきましたが・・・「すばらしい」との声がすぐにあがり、私は大満足でした。野口さん、ここのイチゴは最高です(笑)。

 さて、浦臼町を通過したころから、雨がすごくなってきました。おまわりさんに捕まらないように法廷速度で運転していたら・・・9時到着が怪しくなってきたので、砂川から高速道路を使いました。15分遅刻。

 名寄市北国博物館って、森のそばにあるとてもステキな建物なんです。

032009_06140001

 反対方向には、とても懐かしい蒸気機関車がちゃんとキレイに保存されています。館長の鈴木さんは、一見おとなしいそうな方なのですが、昔は北海道の山々を登っていた心熱き人です。そのオーラがこの建物から感じ取ることができます。

 この反対方向です。博物館は名寄市の街も見える高台にあります。余談ですが・・・名寄市は盆地なので寒暖の差が大きく、全ての農作物の美味しさが他とは相当差があるように思えます。特にアスパラは別格だと思います。ぜひ食してみてください。感動もんです。

042009_06140001

 作品の搬入です。ほぼ終了!すばらしい展示会場なんです。

 お手伝いいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

052009_06140001

 この後、柴田先生とお食事、先生のオフィスに戻って、研究素材についても打ち合わせ、そして6月28日(日)に開催するイベント会場の下見です。

 先ずは、こんな場所です。先生の車が先に行きます。そして、鍵を開けて入ります。

062009_06140001

 こんなんです。とても広い圃場なんです。ここに様々な薬用植物が栽培され、品種改良が行われています。漢方薬には欠かせぬ植物たちがほとんどです。

072009_06140001

 さらに、柴田先生は全ての植物たちに愛情を持っている方です。ここは薬用植物からヨブスマソウ(道端にもフツウにいる植物です)までちゃんと管理されています。すばらしいデス。

082009_06140001

 本日の、一番色鮮やかだったのはこれ!純日本産のオニゲシです。鮮やかなオレンジ色です。

092009_06140001

 さらに・・・これも鮮やかな赤い色。名前・・・ケシの一種で、自由に栽培できないい品種・・・教えてもらったのに、忘れてしまいました(笑)。修行不足なり。

 圃場の広さもイメージしていただけたかしら?

102009_06140001

 さらに・・・、漢方薬にはなくてはならないダイオウくん。エネルギー(邪のエネルギー)を削ってくれる瀉剤(しゃざい)です。中国の高山植物でもあります。

112009_06140001

 まだまだいきましょう。

 マメ科のナイムオウギです。その根を乾燥させたものを黄耆(おうぎ)といって、漢方薬に配される重要な植物です。肺の「気」を上げてくれます。

132009_06140001

 さらに、カノコソウ(下左)とホッカイトウキ(下右)です。両者とも重要な薬草で、カノコソウは女性のヒステリーやイライラに著効しますし、ホッカイトウキは婦人薬に欠かせぬ補血作用があります。

12b2009_06140001 14a2009_06140001 

 チシマフウロくん(下左)とミカン科の植物で???(後で柴田先生にお聞きします)。

 チシマフウロくんはフウロソウ科の中では最も好きな花です。

12a2009_06140001 14b2009_06140001

 こちらも柴田先生がお作りなったロックガーデン。すばらしい所です。なんでもアツモリソウも3株咲いたとか・・・

 下2枚は順に、タニウツギくんとハイキンポウゲくん。

162009_06140001 172009_06140001

 そして、今日のメインはこの2つ。

 ベニバナヤマシャクヤクくん(下左)!最高です。花は開花して約1日で枯れてしまうんですよ。そして・・・オオタカネバラくん(下右)。これまた最高!両方とも死ぬまでに一度は森の中で会ってみたいものです。いつか、きっと!

15a2009_06140001 15b2009_06140001

 さて、下見も終了してホテルへ戻って1時間ほど仮眠。夜に備えます(笑)。

 夜です。

 私のためにステキな皆さん全員集合でした。ありがとうございました。

182009_06140001 192009_06140001

 一日の閉めは、口からの感動です。皆さん・・・この鍋、ただの鍋じゃあないんですよ(笑)。全てのお料理に感動をいただきましが、この2つは別格でした。

 ホルモン鍋と厚切りダイコンのサラダ。麦酒が進む進む!(笑)。

 このホルモン鍋、塩味なんですよ。それも相当お出汁がきいてるんです。新鮮なのですようね。初めて食べました。すばらしい!

20a2009_06140001 20b2009_06140001

 口からたくさんの感動をいただいた後は・・・いただいた感動を歌にして、地球に音として感謝の気持ちを伝えたのでした(笑)。

 そして・・・夜は更けていきました。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ