2013年2月17日 (日)

3059話 ~ (株)植物エネルギーより!「すずしろの花」、「すずゆきの精」、「雪のはと」 をお値下げします ~

Dsc01281
 私が代表取締役社長を務めている北海道医療大学発ベンチャー企業、(株)植物エネルギーが研究開発、商品化した堀田式製造方法で作っている(私がセッケン職人です)3つのセッケンです。
 「すずしろの花」は乾燥大根葉エキス入り、「雪のはと」は名寄市にある(独)医薬基盤研究所薬用植物資源研究センター北海道研究部で品種改良され育種登録された寒冷地仕様のハトムギ(漢方では薏苡仁、南方系の植物)、「北のはと」の糠エキス入りの手作りセッケンです。
 「すずしろの花」(http://suzushiro.sakura.ne.jp/)は、札幌市北区にある牧田病院の今井純生先生のアトピー性皮膚炎の患者さん約200人に使っていただき、患者さんたちからの熱い要望から会社を設立し製造販売し始めた商品です。
 ただお値段が60gで「すずしろの花」が1000円(現在は6個以上の方は
送料込で1個800円、1箱12個お買い上げの方は同じく700円)、「雪のはと」に至っては1個2000円になっていて、通常のセッケンよりはかなりお高くなっています。
 にも関わらず、販促活動も無しで、多くの方が5年間で10,000個以上を購入してくださいました。で、その多くはご自身、子供さん、お孫さんの肌荒れに良いと感じて使ってくださっているリピーターさんばかりなのですね。そしてその方たちの口コミだけで成り立っている商品になりました。
 当初から「口コミだけで広がる製品ならいいなぁ~」と思っていましたが、現実にその夢がかなっています。

 私もこのお値段が高いことについてはかなり気になっていたところなのです。化粧品流通業界の専務さん(私の会社の役員)から「先生、お値段は最低4ケタにしてください。でないと色々なもめ事になる可能性があります。」とのアドバイスによって1000円にしたのです(まあその他、包装紙代とか色々コストもかかります)。

 それと大学のベンチャー企業という事でちゃんとした会社のイメージのために株式会社にしたのですが、法人税などの税金及び決算のための会計事務所への経費など、最低50万円の利益を出さなければ赤字会社になってしまうため、生産個数も少ない商品販売の会社としては1個当たりの単価を高くしなければならなかったのでした。ですが、固定リピーターさんたちのおかげでなんとかやりくりできるようになり、かつまた使っている方が楽に購入できる価格帯にしようと思っていました。

 とうとう販売開始から今年の2月でちょうど5年が経過しました。
 
 で、お値段を大幅に下げてみたいと思います。ただし無包装になります(笑)。
 このセッケンの良さを感じて使ってくださる
リピーターさんならゴミになる包装紙など不必要ですよね(笑)。

 なので、リピーターさん向けに、
「すずしろの花」は1個500円(2個入り)、「雪のはと」は1個1000円にお値下げしてみようと思います。

 ただし、 私と私のスタッフによる手作りセッケンですので、限られた時間での製造ですので製造個数に限りがありますので在庫が無くなった時点で一時販売をお休みにさせていただきますね(笑)。

 なにせ、社長といっても役員報酬ゼロにしてますんで(笑)。まあつまり人件費ゼロの会社ってことで、生活のかてにしている会社ではないので・・・、講義も、植物たちの研究も、里山作りの研究も・・・etc・・・色々お仕事がある身ですのでご容赦くださいませ(笑)。

 試しに、今度の写真展で販売してみようと思います。


 近いうちにブログでセッケンのことについても詳しくお伝えしたいと思っていますが、化粧品セッケンとして販売する場合には国の定める薬事法により成分表示などが義務付けられています。もちろん効能効果は私の方からは表示できないことになっています。

 しかしながらすでに「すずしろの花」をご愛用いただいている方にもなにも語らなくてもでもOKですよね(笑)。その代わり無包装! 

 いかがでしょうか?

 ただし、一般小売店では表示義務が必要なようですから、包装された「すずしろの花」等の商品のお値下げ幅は小さくなると思います。

 送料については、まだ検討中ですが、とにかく今度の写真展ではトライアルしてみます。写真に興味はなくても、「すずしろの花」ヘビーユーザーさん、もしご都合が合えば私の写真展鹹最中に、富士フイルムフォトサロン札幌へお越しくださいませ!

 また、4月には札幌市中央区の宮の森に、私の友人がコスメのお店を出すそうなので、私やツッくんの座学、植物エネルギー写真の常設、、無包装セッケンの販売も企画しています。詳細が決まりましたらお知らせしますね。

 ということで、無包装セッケンです。これは「雪のはと」。
_mg_7263
 これは「雪のはと」製造の1日経過後・・・。特別注文の型(たしか1個40000円)。

_mg_7264
 これもです。

 で、4時間ほど冷却し、結露させてから・・・
_mg_7266
 1個ずつ型出しします。そして室温で最低2ケ月間熟成させます。
 「すずしろの花」よりも保湿性に優れているために、撮りだす際には一苦労なんです。
 「すずしろの花」は、ダイコン葉の香りが少しだけします。「使用感は良いけど、
ダイコンの香りがなんとかならないかしら!」という匂いに敏感な方もいらしゃって・・・(笑)。ゴメンナサイ!としか云えません(笑)。
 乾燥葉ダイコン葉エキス:ハトムギ糠エキス=1:1にした「すずゆきの精」はそんな方たちのために、そして保湿性を上げたセッケンです。今度の写真展では1個700円で無包装で販売してみようかしら。

_mg_7267

 2ケ月熟成させた「すずしろの花」。

 ということで、よろしくお願いしまーす!

 

 


|

2013年1月21日 (月)

2995話 ~ 「すずしろの花」のうれしい初注文!~

 北海道医療大学発ベンチャー企業で私が代表取締役社長をしている(株)植物エネルギーの主力商品の「すすしろの花」の初注文がメールでありました。
1
 北大前クリニックさんからの紹介で、ご自分が長年お使いになっていて、それでお孫さんにも!

 うれしいですねぇ~、ホントに!

 9年間の歳月をかけて研究開発、製品化、商品化したかいがあったというもんです。
 これまた研究者冥利につきますね。

 販促活動は今のところ何もしてませんが、着実に口コミで使ってくださる方が増えている実感があります。

 1月上旬には、兵庫県の方からも・・・、やはりアトピー性皮膚炎のお孫さんに使ってみといと、新規のご注文があったばかりです。
Img_6417s
 無農薬大根葉の刈り取りも、乾燥も、セッケンの製造、包装紙のデザインも、包装も、全部私たち自らが行っています。手抜きはいっさい無し!

 ぜひ一度お試しくださいませ!

 そうそう、このセッケンだけで、皮膚の状態が良くなるわけではありません。普段の食生活、考え方なども皮膚の状態に影響しますのでね、この「すずしろの花」が何かを変えるきっかけになってくれるのを願っています。

 ステきなものの足し算で、心からの笑顔になれて、心豊かな人生を!

 そんな願いを込めたセッケンです。

|

2012年11月16日 (金)

2882話 ~ 乾燥ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」が岡山県へ! ~

Img_6417  
 
8年がかりで研究開発した乾燥ダイコン葉エキス入り無添加手作りセッケン「すずしろの花」が11月に入ってからも好調です。

 岡山県在住のリピーターさんから1箱注文が入りました。
 アトピー性皮膚炎の子供さんをお持ちの方なんです。どこで知ったのか・・・、いつからか「すずしろの花」のリピーターさんになってくださいました。


1

 
こんなコメントをいただいちゃったら・・・、私の方が勇気と元気をいただいちゃいます(笑)。
 論文を書いて学会で認められるよりもずーっとやりがいのある研究ですね。

 どんどん行くしかない!

 西洋医学的は全ての人が皆同じ生命体!ってことなんですが・・・、たぶんそれは幻想です。科学者の洗脳と言っても言い過ぎではないでしょう!


 
全ての人が違う!に決まってる!

 なので、私たちの開発した「
すずしろの花」だって万人に効くわけでは、もちろんないです。

 ただ、乾燥肌などで悩んでいらっしゃる方の選択肢の1つとしての存在であればイイ!

 そう思ってます。

 私たちは、たくさん売って
たくさんお金を稼いで物欲にまみれた生き方をするつもりは毛頭ありません。

 前向きに生きようとして前に進めずにいる人の背中をそっと押すことのできるアイテム、考え方を商品としてるのです。それが(株)植物エネルギーの理念です。
 もしも 
すずしろの花」が地球に認められるセッケンなら、販促活動などせずとも口コミだけで広がっていくはずです。もちろん世界一ステキなセッケンだという自負はあります。が、それを決めるのは・・・、たぶん地球です(笑)。
 このセッケンが前向きに笑顔で生きる人たちの応援アイテムとなるのなら、ある一定数までユーザさんが増えると確信しています(笑)。
前向きに笑顔で生きる人たち地球を元気にする人たちだからです(笑)。

 それに・・・、
すずしろの花」は、私たちだけにしか作れませんのでね(笑)。数量に限りがあるのですね。
 1ケ月に500個!それが限界ですし、人を雇ってまで製造数を増やすことは毛頭ないのです。
 今は1ケ月約150個。あと3倍の人たちとお付き合いするので限界なのですね。
 (株)植物エネルギーは、焦らず、惑わず、憤らず
ゆっくり進んで行きます。

 それから、北海道発無農薬寒冷地仕様のハトムギ「北のはと」の糠エキス入り手作り無添加せっけん「雪のはと」も好評です。ただし、これは主に「すずしろの花」ユーザーさん向けにしか販売していません。
 ちょっと
作るのが難しいのと価格が高いのでね。

 ということで、ダイコン葉エキスと「北のはと」糠エキスを混合(1:1)で混合した新製品「
すずゆきの精」を作ってみました。
Dsc04042
 
 現在、 すずしろの花」を使っていただく方に、作った個数分だけ無料で差し上げ、使用感をすずしろの花」と比べていただくモニターさんをお願いしています。
 興味のある方、ぜひ私までご連絡くださいませ。
 連絡先は以下の通りです。

電話&Fax:0133-23-3792
メール:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp

(株)植物エネルギー 代表取締役 堀田 清

|

2012年1月10日 (火)

2031話 ~ 「すずしろの花」&「雪のはと」が好調です! ~

 乾燥ダイコン葉エキス入り手作りセッケン『すずしろの花』と、北海道産無農薬ハトムギの糠エキス入り手作りセッケン「雪のはと」が好調です。
01

Img_6417s
 ユーザーの方が徐々にですが、増えている感じです。
 もはや1個単位で購入される方はいなくなってしまいました。

 今日も、昨日行ったキムチ屋さんから注文がありました。やはり「キムチのお客さんが来て、在庫全部買っていきました」そうで、届けてきました。
Dsc02155

 ここは・・・、とても広いのですよー
 あの赤い屋根の建物の逆側、すなわち、私の後ろですが・・・
Dsc02153
 見渡す限りの雪原! 
 石狩大平原は広い!

 で、山側ですが・・・
Dsc02156
 イイ感じですね(笑)。

 最後は・・・
Dsc02158
 佐藤さんご夫婦!

 イイ顔してますでしょ!

 今年もよろしくお願いします。

 今日の昼食は・・・、豚キムチ丼でも作りましょうかね(笑)。

 そうそう、新商品、「すずしろの花」&「
雪のはと」のハーフ&ハーフ、「鈴雪の精」もぜひ一度お試しくださいませ!

|

2011年11月26日 (土)

1939話 ~ うれしいメール from 学生さん! ~

 先日の講義の様子(というか講義前の様子)です。
03_2
 植物薬品化学という講義なのですが・・・

 講義の後で、一番前の席に座っている男子学生たちに(株)植物エネルギー&乾燥ダイコン葉エキス入りセッケン『すずしろの花』の事を話したら、一人の学生さんが、「ぜひ使ってみたい!」
とのこと

 で、お試しに1個差し上げたのですが・・・、一昨日、学生さんから、うれしいメールが届きました。
01_3
 ということで、また2人、ユーザーさんが増えました。
 なにより、肌の痒みの悩みが無くなる=前向きエネルギーが増える!ですから、それがとてもうれしいです!

 もちろん、全ての人に効くというものではないのでしょう。
 なので、このまま口コミだけで、広がってくれればと思っています。

 また、自分のやってきたことが、若い学生さんに肯定されたことになります。彼の感動がまた、私のココロのエネルギーに変換されていきます(笑)。
02_2
 セッケン職人の私!
 一番の成分は・・・、愛かな(フフ)。

|

2011年2月24日 (木)

1315話 ~ 乾燥ダイコン葉エキス入りセッケン「すずしろの花」 ~

 先日作った乾燥ダイコン葉入り手作りセッケン「すずしろの花」194個を枠からはずし約60日以上の熟成をさせてきました。
 北海道医療大学発(初)ベンチャー企業の(株)植物エネルギーのセッケン工房は、薬用植物園にあります。
P1040928

 で、ここの敷地内に建っている伝統薬物センターの2階がセッケン工房です。
P1040929

P1040926
 これが「
すずしろの花」。
P1040927
 枠からはずして、約60日以上、室温で熟成されます。

 3月は、少しセッケン職人をしなくては・・・、在庫が少なくなってきています。
P1040930
 お仕事を終え、外に出ると、飛行機雲!
 もう春ですね。

|

2010年12月28日 (火)

1195話 ~12月28日は一応の仕事納め!最後は、「すずしろの花」の包装!~

 今日は12月28日。オフィシャルには、仕事納めですが・・・、私の場合この30年間、私個人の仕事納めは、12月30日。翌年の仕事始めは、1月3日と決まっています。明日29日は、大学にお泊りして、今年1年の全てに想いをはせながら、残務処理、そして、30日朝早く。、日の出前に北方系生態観察園に出かけ、全ての植物さんたちに、1年間お世話になった挨拶をしてきます。現在の日の出は午前7時13分前後ですので、その前に展望台に行きます!

 とにかく、他の人とは違う何かをしている感覚を常に持っていたい病なんでしょうね(笑)。そしてその感覚がどんどん前に進む心のエネルギーに変換されていきます。

 今日は、一応大学のオフィシャルの仕事納めの日ですが、(株)植物エネルギーの主力商品、乾燥ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」の包装&梱包をしました。

Dsc00505_2

Dsc00506

 合計150個、終了しました。

 販売を開始して以来、3年間で約8000個ほどの「すずしろの花」を買っていただきました。

 アトピー性皮膚炎などの肌のトラブルでお悩みのお子さんをお持ちのお母さん方の口コミだけで広がっています。10月からも500個以上の「すずしろの花」が売れました。

 私も毎日このセッケンを使っています。その昔、低温乾燥期(冬季)に唇が割れ出血していたのも全くなくなり、足のかかとの角質化もすっかり改善され、抜け毛も減りました。

 自信はありましたが、ちゃんと形になってきていることは、とてもうれしいです。

 使っていただいている皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 製品が完成するまでに最低2ヶ月間が必要なうえ、1ヶ月に1000個ほどしか作ることができませんので、2011年1月からは、堀田は、セッケン職人となります。想いを込めて作りますゆえ、これからも「すずしろの花」をよろしくお願いします。

 

|

2010年12月22日 (水)

1181話 ~乾燥ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」が好調です~

 さて、久しぶりに私が代表取締役している(株)植物エネルギーの主力商品「すずしろの花」のお話です。

Img_6417s

 2008年3月に発売していらいもうすぐ3年を迎えるこの商品。おかげさまで好評です。今日も120個の注文があり、今月は合計で170個ほど販売させていただきました。ほとんど販促活動を行ってませんので、口コミだけで広がっています。売上開始から延べ7000個以上のセッケンを買っていただきました。とてもうれしい。特に小児のアトピー性皮膚炎、女性の乾燥肌、男性のフケ症、かかとの角質化などでお悩みの方に好評なんです。

 販売していただいている所は、(株)植物エネルギーのホームページをご覧ください。

 こちらデス (株)植物エネルギー

 新琴似にある牧田病院の医師、今井純生先生、薬剤師の後藤先生、谷先生との協力で、先生のアトピー皮膚炎の患者さん、約200人の方たちから、ぜひ売って欲しいという要望があったので、大学教員の私は商いができませんので、このセッケン製造販売会社を作ったのでした。当初は、メジャーなセッケン会社3社に委託製造してもらい、小売店で売ってもらう予定だったのですが・・・・、私の製造方法は、とても特殊だったらしく、製造ラインにはのらないと言われたので、あくまで私の培ってきた有機合成化学を基本にした堀田式製法にこだわってますので、委託製造はあきらめ、自分でセッケン工房を作ろうと決意したのでした。もう4年も前のことになりますが、このイベントもだんだん形になってきています。

 JAS企画の農地をお持ちの農家さんからダイコン葉をいただき、乾燥させるところから、セッケンの包装まで全て2人でやってますので、どんなに急いでも、1ヶ月に2000個の製造が限界です。でも、この作り方は、私の知識の全てを総動員してますので、堀田式にはこだわり続けていきます(笑)。

 下のパッケージのデザインも私のスタッフが、一人でデザインしました。

Photo_2

 このセッケンは8年間かけて研究・開発、さらには製造・パッケージデザイン、包装、販売まで全て私とスタッフの2人だけで行っています。成分分析も保湿性成分も調べてありますが、ステキなものばかりです。なんてたって、乾燥ダイコン葉もセッケンを作る時の油も全て食用なのでね。安心安全です。

 私もスタッフも毎日使ってますし、どこへ行くにもこのセッケンを持ち歩いています(笑)。

 そろそろ、在庫が少なくなってきましたので、来年1月は、今度はセッケン職人として忙しくなりそうです。

Photo_3

 こんな感じでやってます!

Photo_4

01_2

 食用油が、こんなにドロドロになっちゃって・・・、型に入れて・・・一日間、保温箱で反応させて後、2ヶ月以上の熟成期間を経て「すずしろの花」の完成。最後に重さを量って、私たちが包装、箱詰めまでやっちゃいます。

 東急ハンズ札幌(池袋)さん、丸井今井1条館の6階では1000円で販売されています(丸井さんは1050円)。

01_3

P9230003

 一度使ってみてくださいね。

 さらに・・・、実は、「すずしろの花」ユーザーさんだけにお知らせしている商品があるんです。

 これ!

Img_4241e

 名寄市で育種登録された、寒冷地仕様無農薬ハトムギの糠を使った「雪のはと

 ハトムギは、世界最古の薬草の本、「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」の上品にも掲載されている、とえもすばらしいイネ科の薬用植物なんです。服用しても、肌の凹凸をなめらかにする作用があり、イボとりに効果があるほどです。美白効果もあるとされているようです。でも・・・糠は廃棄されてしまうので、堀田式では、とてももったいない!ということでセッケンにしてしまいました。好評です。1個2000円なのですが、顔は「雪のはと」、体は「すずしろの花」で使い分けている方も多いようです。

 これは、作るのが大変なので(保湿成分がダイコン葉よりも多いので)、「すずしろの花」のユーザーさん向けの商品にしています。

 つい最近、「すずしろの花」のヘビーユーザーさんに試供品をお送りした所、こんなメールが戻ってきました。掲載をお許しくださった部分だけ抜粋します。

Photo_5

 食べられる農産物の廃棄している部分にも、すばらしい効能効果があるものが、たーくさんあります。かつて、有機化学を極めようとしていたときに、いつかは!と思って溜め込んだ知識、アイデアが溢れんばかりです(笑)。

 前向きに生きようとする人向けの応援グッズをどんどん世に出していきますゆえ、よろしくお願いします。

|

2010年12月 7日 (火)

1147話 ~「すずしろの花」に使うダイコンの葉っぱは小原ファームさん!~

 いよいよ、乾燥ダイコン葉エキス入り手作りセッケンを作り始めます。おかげさまで、本州方面からも注文が増え、肌荒れ、アトピー性皮膚炎の子供さんをお持ちのお母さん方から好評です。
 で、このダイコン葉を下さる小原ファームさんまで行って来ました。JAS企画の農地(無農薬栽培)をお持ちで、こよなくダイコンを愛する農家さんです。
Sp1020459
 ご挨拶に行ったのですが、誰もいなかったので、ダイコン畑を撮影してきました。
Sp1020460
 夏は、こんなんなんですよ。
S_1400
 小原さんご夫妻です。この方たちの協力なしには、「すずしろの花」の商品化はありえませんでした。
 なんたって、乾燥する場所も貸してくださって・・・
S20069
 使わなくなった大きなビニールハウス丸ごと貸してくださってるんですよ。
 私が自分で干してます。
 この8年間、本当に多くの方が、私の進む方向の手助けをしてくださいます。ありがたいことですね。ホントに!
 どうやって、お返ししてよいのか具体的には分かりませんが、いつか必ず・・・ちゃんとします。
 
 で、遠くの森を見ると・・・まるで水墨画の世界!
Sp1020461

Sp1020466
 何気ない風景にも反応してしまう私でした。
 
 ダイコンの葉だって、本来なら捨てられていたものです。
 今なら、「いらないものなど何も無い!」。そう思えますね(笑)。

|

2010年12月 6日 (月)

1144話 ~北ガスジェネックスさんの情報誌 ぽけっと 2010年冬号~

 先ほど郵便物が届きました。北ガスゲネックスさんの情報誌『ぽけっと』、2010年、冬号が送られてきました。

 いつものように表紙に私の作品が・・・

S001

 薬用植物園内のニシキギくんの凍った赤い実!

 次のページは、見開きで、漢方から学ぶ冬の過ごし方が掲載されています。

1

 12ページ目には、私たち自らが研究・開発・製品化した乾燥ダイコン葉エキス入り手作りセッケン「すずしろの花」が読者のプレゼントになっています(2個1組、10名様)。そして私の紹介まで・・・

005

 「すずしろの花」ご利用の方は、ぜひ応募してくださいませ。

 それにしても・・・、北海道新聞さん、生協さん、北ガスさん、そして北海道テレビ放送(HTB)さん・・・、今年はとても濃いお付き合いをさせていただきました。北海道医療大学&私を、本当に良く紹介していただき、感謝の言葉以外見つかりません。ありがとうございました。

 どんどん前に進むしかないよなぁ~(笑)。

 

|

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ