2012年10月10日 (水)

2778話 ~ 第29回日本東洋医学会北海道支部学術大会 平成24年度第2回専門医制度教育講演会!~

 タイトル通りです。
 またしても招待講演ということで・・・(汗)
001
 お時間ある方ぜひ! でもまあお医者さんがメインかもしれませんので、一般の方はどうなのか・・・、私も分かりませんので、興味のある人は以下の問い合わせてくださいませ。
日本東洋医学会北海道支部 事務局
〒001-0901札幌市北区新琴似1条2丁目(牧田病院内)
電話:011-761-4835, Fax:011-764-0431


 さて『
21世紀の漢方薬目指して ~北海道医療大学北方系生態観察園自生する薬用植物たち他~

 という講演タイトルなのですが・・・、ハッキリ言ってスライド原稿はまだ途中です(汗)。

 お伝えしたいことはただ2つほど!

 漢方薬をメインに治療なさってるお医者さんは・・・、口からの植物エネルギー(漢方方剤)がほとんどでしょう。
 なので、口から飲まない、あるいは傷寒論などに掲載されていないものででも薬用植物はたくさんありますし・・・、例えばウド(独活)。独活とは酢味噌和えにして食べる部分の「ことですが・・・では・・・その茎は?その実は?使うことができないのでしょうか?
 オオアマドコロの新芽は?種は?ギョウジャニンニクの種は?・・・・
 臨床で使われる漢方方剤の多くは、「これまで通り!」の処方が多いのですが・・・・

 さて21世紀以後・・・果たして『これまで通り』の漢方方剤は『これまで通りであり続けられるのか?』ということをお話したいのですね。

 このテーマは、たぶん誰も話せないし、私も全く未知の領域です。

 ただ・・・福島第一原発事故以降・・・
3_2
 地球がどんどん汚され、地球自身が病になっていることに気が付けれ方も多いはずですね。

 で、漢方方剤に使われる薬用植物とて、どんどん減っているし、汚染され続けているのです。

 実際に私が青森県で立ち上げた薬草栽培イベントに関しても、噂によれば・・少なくとも2011年度は、・東北地方の薬用植物は医薬品原料として使用できない(死の灰汚染)と聞いています。
 『食品は100ベクレル/Kgでもいいのに・・・』、医薬品になると基準が厳しいのか???
 と思ったほどです。

 で、未来を見据えると・・・、漢方方剤に使われる植物たちをどーする?

 というシンプルな疑問に突き当たります。

 さてどーする?

 実は私は・・・植物の修行をするようになって以来・・・、森の中で色々な植物たちを生で食べtてるのですよ(笑)。例えば最近食べたのはウドの完熟の実!
 これかなり効きそう! なんてね(笑)。
 最初は冗談半分でやっていたのですが・・・、最近はマジです。

 漢方の祖と言われる神農の真似事を始めてます(笑)。

 北海道民には北海道の薬用植物で漢方方剤を!というのが理想ではないかと思っている私です。
 まあ地産地消ってやつです。
 余談ですが、バッチフラワーレメディーだって北海道の山野草で!と思ってますし、フラワーセラピーだって北海道に生きる植物たちのステキな瞬間で!なんて思ってるのですよ(笑)。

 ということで、私一人ではたかが知れてますのでね・・・、お医者さんも薬剤師さんも鍼灸師さんも未来に新しい漢方の種を播きませんか?ってことなんですが、いかがでしょう?

Photo
 お医者さんも自ら森に入って実践してみませんか?

 みたいな講演をしたいと思っています。

 全く新しいスライドばかりなので、それと中医学大辞典で色々調べないと・・・(笑)。


|

2012年5月16日 (水)

2386話 ~『第1回薬剤師のための漢方いろは』のお知らせ!~

 先日ご案内した漢方の勉強会のお知らせです!

 一般の方も聴くことができますので(ただし参加費は500円)、ぜひお越しくださいませ!

 私は臨床での経験がありませんので、健常人向けの「病気予防」に関する漢方の基礎をお伝えします

 で、タイトル画面を変更しました。

1

 初回はやはりなんといっても『気』のお話でしょう(笑)。『気』がなくては全ての始まりはありませんね(笑)。の

 で、タイトル画面のお花は・・・、気鬱、気滞の際の様々な症状に用いられるととても重要な生薬、厚朴(ホオノキの樹皮)の花なんです。とてもステキな香りがするのです。

 詳細は以下の通りです。

 第1回薬剤師のための漢方いろは

 漢方医学に対する見識を深めることを目的にクラシエ薬品株式会社主催の講演会を開催します。年3回?だったかしら、継続講座ですよ!

 薬剤師さん向けではありますが、一般の方も来てくださいませ!

 第1回目は、漢方と西洋医学の違いをビジュアルにお伝えしようと思っています!
 

場 所:札幌市教育文化会館 3階 研修室305

時 間:平成24年5月21日(月) 18:30~20:00

参加費:500円

≪問い合わせ先≫

クラシエ薬品株式会社 北海道医薬支店(電話:011-824-0211)

札幌市白石区東札幌6条1丁目2-30

 なぜかこんな写真も登場します(笑)。

07060530

F2t111031_110631

 陰陽を説明する時に欠かせぬ落日の太陽・・・、そして私にとっては気鬱、気滞を改善する目から入ってくる理気薬なんです!

 てな感じで講演しますので・・・、来て見るよろし!(笑)

|

2012年5月14日 (月)

2379話 ~5月21日は『第1回薬剤師のための漢方いろは』 !~

01

 ということで・・・、漢方の勉強会のお知らせです!

 一般の方も聴くことができますので(ただし参加費は500円)、ぜひお越しくださいませ!

 詳細は以下の通りです。

 第1回薬剤師のための漢方いろは

 漢方医学に対する見識を深めることを目的にクラシエ薬品株式会社主催の講演会を開催します。年3回?だったかしら、継続講座ですよ!

 薬剤師さん向けではありますが、一般の方も来てくださいませ!

 第1回目は、漢方と西洋医学の違いをビジュアルにお伝えしようと思っています!
 

場 所:札幌市教育文化会館 3階 研修室305

時 間:平成24年5月21日(月) 18:30~20:00

参加費:500円

≪問い合わせ先≫

クラシエ薬品株式会社 北海道医薬支店(電話:011-824-0211)

札幌市白石区東札幌6条1丁目2-30

|

2012年4月28日 (土)

2297話 ~4月25日、美田内科クリニンクさんでの講演!~

 4月25日のお話です。
 漢方薬のメーカーさんのクラシエさんの主催で札幌市手稲区星置にある美田内科循環器科クリニックさんで、スタッフさんと患者さんを対象にした講演会に行ってきました。

 ホームページもステキですよ!
  1_2

 私の講演もアップしていただいたのですね。ありがとうございました。
  2
 とてもステキな病院で、建物、院長先生、奥様、事務長さん、スタッフさん・・・、全てが私の心の波動にピッタンコ!

 で、2階にあるコミュニティホールもすばらしく、グランドピアノなんかも置かれていて・・・、きっと患者さん向けにコンサートなんかも開催しているのでしょう!すばらしいですね。

 さて、講演です。
Dsc09435
 奥様が私の紹介をしてくださって・・・、それにしても満席!
 で、写真展に来てくださった方、漢方・薬用植物研究講座に通ってくださる方・・・、なんか結構知り合いが多くって、照れちゃいました(笑)。

 バージョンアップした植物エネルギー講演会でした。

 講演終了後には・・・
Dsc09461
 美田院長先生のご挨拶をいただきました。

 ステキなオーラですね。患者さんは安心して美田先生に診てもらっているのでしょう。そんな気の流れを感じました。
 で、美田先生が・・・、カメラ大好き人間で・・・、最新のオリンパスOM-Dを持っての登場だったのです(笑)。

 講演終了後は、地球の元気を撮る!
Dsc09466
 室内撮影です。

 私も!
Dsc09481
 こんな感じで実演会!

 で、患者さんが撮った作品を4つほど!
1_3

2_2
 ね、室内んだって、マクロレンズがあれば・・・元気をもらえるのですね(笑)。

 ステキな部分だけを・・・、切り撮るのです!

|

2012年1月19日 (木)

2059話 ~ 明日は北大薬学部で講演です。 最初で最後のお話かも(笑)。ぜひ!~

 さて明日の講演の予告です。
1
 本邦初公開!
 久しぶりに科学のお話がメインです。

 私は、トンカツ定食がだーい好き!

 皆さんはいかがですか?

 『
身近な植物たちの出会いと感動』が、目から飛び込んでくる感動と言う名の免疫力アップの最強のクスリならば、『身近な食べ物の理!』は、普段食べている食材の美味しさアップに繋がる・・・、やっぱり感動かしら(ププ)。

 言われてみれば当たり前! こそが、最も必要なことなのですね。

 お時間のある方、ぜひぜひ北大薬学部第1講義室へ!

 車で来られる方も、門番さんに講演です!と言えば、有料(時間の有無にかかわらず300円、だったかな?)ですが、駐車可能なはずです。

 詳しくは・・・
Photo
 懇親会は立食で、約30名ほどオーケーだそうです。

 北大薬学部の中でも、私の北大薬学部修士時代からの知り合いで、私の恩ある井関先生のお招きです。

 そして、名古屋からくる牧野先生も、大変クレバーな方で、私よりも漢方の事にはお詳しい方ですよ。で、お酒大好きな先生です。

 ぜひぜひお越しくださいませ!


|

2012年1月10日 (火)

2027話 ~ 午前1時、夜戦終了!万歳! ~

 午前1時、夜戦終了です。
 1月20日、北大薬学部での講演原稿が完成しました。2~3日間熟成させ、マイナーチャンジしつつ The Max に仕上げます。
1
 タイトル画面ですが、いかがですか?

 講演時間が45分くらいですから、スライドの枚数を44枚ほどにしました。
2
 科学がいっぱいで、多少お疲れモードですね(笑)。

 とにかく・・・、万歳!デス。活性酸素、抗酸化剤から漢方へ・・・、編集が大変でした(笑)。かなり無理があったかも・・・ですね(笑)。

 仮眠をとって、次のノルマくんを完成しましょ(笑)。

 1月20日、お時間のある方はぜひ! 損はさせませぬよ(笑)。
 私の講演は、午後7時15分ころからです。
S
 お待ちしてまーす!

|

2011年12月12日 (月)

1975話 ~ パーキンソン病とともに歩む会! ~

 12月11日は午後から『パーキンソン病とともに歩む会』にお招きいただき、『植物エネルギーと元気の種』というタイトルで講演(ほとんどが元気の出る植物たちの写真をお見せしたのです)させていただきました。
 2008年の富士フイルムフォトサロン札幌での会場で、本学看護福祉学部の佐々木先生とお目にかかったのがご縁です。
 パーキンソン病・・・、久しぶりに薬理学を本を読んでみました。
   1_3
 「中脳の黒質緻密体のメラニン細胞の変性であり、黒質、線条体では、チロシンヒドロキシラーゼおよびL-アミノ酸デカルボキシラーゼ活性が低下し、ドパミンが欠乏する」と書かれていました。
 現象としてはそうなのでしょう。科学のすばらしさは、起こっている事象について解説できることですね。ただ、ではなぜメラニン細胞が変性するのでしょう?という問いには・・・、まだまだ、というか、あくまで科学で説明しようとしてくのでしょうね。

 講演させていただき、集まった方皆さんの「気」の流れが、一言で言えば、一直線とか真剣。そんな感じがしました。そして、感性がすばらしい!
 ココロの一番奥底にあるご自分の解決しなければならないテーマをいつも真剣に考え、自分で答えを見つけ出したい想いを感じました。
 最近の私は、その人のココロの状態が、全ての病気の原因であると考えています。
 例えば、脳細胞のある回路だけを恒常的に使い続けると、使われていないどこかの回路が退化してゆく。そんな感じですか・・・。常に交感神経作動型で生きてる人は、興奮状態が持続することによって、副交感神経型には自分では戻れなくなってしまうとか・・・、痴ほう症も、真面目に真剣に誰かのために生きてきたのに、それが1つも報われないと感じた人は・・・、自分の人生の全てを忘れたいと思うのではないでしょうか・・・、だから忘れる!
 そんなふうに解釈しています。

 解決しなければならない心の奥底にある問題とは・・・、いったい何???
 でも、時には考えることを止めなければならない時だってあるのですね。でも自分では止めることができない!

 なので、地球の元気を感動として感じることによって・・・、一瞬間でも止まる。で、別の回路が動き出す。そんなふうに病気を改善できたら良いのになぁ~と思っています。

 さて、講演ですが・・・
Img_1027_2
 身近にある植物たち、小動物たちの元気をぜひ感じてほしい!

 で、できれば、感じた証拠として写真を撮る。その繰り返しの先に、これまで通りではない新しい何かが見つかると思うのです。私がそうでしたから・・・

 講演半ばから、皆さんの「気」の流れが柔らかくなってきたので、良かったー!

 最後は、机の上に飾ってあったピンク色のシクラメンくんの助けを借りて撮影会!
Img_1033_2
 一人ずつシャッターを押していただきました。
 そして、撮影後すぐに、データーをお渡しして、ご自分の作品をご自分でプリントして、ご自分のお部屋に飾っていただく!デジタル一眼レフカメラの威力です。
 すばらしい作品ばかりでしたが、2つの作品を紹介しましょう。
_mg_7707_2 _mg_7704_2

|

2011年12月10日 (土)

1971話 ~ 12月11日はパーキンソ病の患者さんの前でスライドショー&撮影会! ~

 12月10日(土)。今日は自宅にいて、来週の明日の講演と17日(土)の画廊喫茶チャオさんでのスライドショーの準備です。
 ところが、昨日、「イチオシ!」のプロディーサーさんからメールをいただき、17日、「イチオシ!」の忘年会のお誘い!!!
 中座することになりますが、ぜひ参加したいとメールを送ったところです。
 超過密ダブルヘッターになっちゃいました。

 チャオさんでのスライドショー開始時において、参加者よりもテンションHi!になってると思います。五苓散2つは飲んでおかなくっちゃ(笑)。俺の肝臓ガンバレ!

 で、チャオさんの写真展期間中、こんなのも販売しちゃいます。
   02
 北方系生態観察園の冬の植物エネルギー&クラシック音楽のコラボです。1枚1000円。寒さが苦手で、真冬の森に出かけられない方向きの冬の植物エネルギー満載でーす!

 さて、明日午後からは、かでる2・7で、パーキンソン病の患者さん&ご家族に植物エネルギーをお伝えします。
 『病気』とは・・・、気(ココロのエネルギー)の病です。でも、病は、足りないココロのエネルギーとは何かに気づかせてくれるモノなのかもしれないとも思っています。
 私見ですが・・・、その人のココロの奥底にある解決していない、でも解決しなければいけない何かに気づくために様々な病気があるのかもしれません。
 だって、インフルエンザが原因で命を落とす人もいれば、笑顔で何も問題なく生きている人もいる・・・etc・・・
 病気の目に見える原因は、一部科学で理解できますが、その原因となるものがあっても何も影響されない理由、原因は科学では解明できないのですね。それが現代科学のレベルってことなんですね。
 目に見えないものの影響が様々なものに多大に関わっているこを科学が受け入れなければ、科学は、益々迷宮の道を進むと思います。
 で、明日です。
01
 この植物さんの名前・・・、ご存知ですか?


02_2
 齢(よわい)が延びる!!!!!
 なんてステキですばらしいお名前なんでしょ(笑)!

 私は、毎年、このステキな植物エネルギーを見続けてきましたし、終生見続けるつもりです。
 で、少なくとも9年間で、最低4年は寿命が延びているのです(笑)。
 このことも科学では未来永劫証明できないことの1つですね(笑)。

 そんなお話させていただいた上に・・・

 講演会場にステキなお花を持ってきていただき、デジテル一眼レフカメラ&マクロレンズで患者さんとそのご家族一人一人に実際にシャッターを押して、撮影していただきます。
 で、撮影した画像をプリントして、ご自分の部屋に飾っていただこうと思っています。

 堀田式植物エネルギーの進化型イベントです。

 明日は・・・、私がこれまで溜めてきた植物エネルギー全開で、参加された皆さんに元気になっていただこうと思っています。

 

|

2011年11月24日 (木)

1936話 ~ ちょいと早いのですが、来年1月の講演会のお知らせ! ~

 ちょいと早いのですが、2012年1月の講演会のお知らせです。
 Photo
 場所は、北大薬学部です。

 私の恩人の井関教授に頼まれたのです。

 講演タイトルは・・・、『
トンカツ定食を科学する!病気予防の極意 ~活性酸素、究極の抗酸化薬、そして漢方へ!~』。  タイトルを色々考えたのですが・・・、科学を入れないと、北大生の食いつきが悪そうなんでね(笑)。

Dsc00049
 なんてたってこれですからね(笑)。たぶん、相当おもしろくて、とーっても役に立つ知識ばかりですよ!

 参加費無料! 講演開始は午後6時半!
 懇親会もお安い!
 で、たぶん二次会ありです(笑)。

 お時間のある方、全員集合!ババンパ、バンババン!ってことで、よろしくお願いします。

|

2011年9月25日 (日)

1794話 ~ 9月24日、メディカルカフェ in 紀伊国屋書店~

 ハードな週末も難なく(ウソです(笑))クリアーして、明日からまた、新しい一週間が始まります。

 週末のイベントから・・・

 先ずは、9月24日、午後2時から、札幌駅そばにある紀伊国屋書店1階で開催された、メディカルカフェのようすからです。このイベントは、北海道医療大学、札幌医科大学の学生が主体となって行われるイベントでした。

 この日のために、ステキな学生さん2人と、かなりの議論を重ね、この日を迎えたのでした。

 それにしても・・・、やはり、最近の学生の感性はすばらしいと思いました。あとは、彼らがどんどん前に進むためには、一生懸命生きてる教員の後ろ姿だけが必要なのだと、あらためて痛感したイベントでもありました。

 教員一人一人が前向きに、ひたむきに生きる姿勢こそが、学生たちの背中を押す唯一の方法です。私は、何にも恐れることなくどんどん前に進もうと、あらためて決意できたイベントでもありました。

 先ずは・・・
01
 こんな感じで、私の講演が始まりました。
 ただ、会場が、思ったよりもかなり明るくて、画像や文字が見難かったかもしれません。講演会場の様子を調べなかった私の責です。申し訳ありませんでした。

 私の講演を聴きに来てくださった方は、最高時で110名!!!!
02
 たくさんの方のご来場、真にありがとうございました。
 そして、私が執筆した植物写真エッセイ『植物エネルギー 北方系生態観察園の四季』を、合計20冊も買っていただきました。重ねてお礼申し上げます!

 そして、先ほど,、関わっていた学生さんお二人からメールがあって、お褒めの言葉をいただき、私もうれしかったです。
 まあ、大学教員として、このくらいのことはできて当然ですが、今後もさらなる修行を重ね、後輩たち、何か元気の種を提供し続けるような私でいたいと思います。

03
 私と議論を重ねてくれた、ステキな学生さんお二人。

 どうもありがとう!

 で、講演終了が、午後4時。

 急ぎヨドバシカメラの駐車所に戻って、美深町に向かったのが、午後4時15分。さて・・・、何時に美深町は仁宇布地区にあるファームイン・トントさんに着くのか・・・

 過激な旅の始まりでした(笑)。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ