2013年5月15日 (水)

第3265話 ~ 5月14日、北方系生態観察園(オオカメノキさん)!

 さてお次はオオカメノキさん!
 19年前、私が北海道医療大学に来てから初めて覚えた植物さんです。
_dsc0733
 いよいよ激しく動き始めました!

_dsc0735
 すでにこんなふうになってるのもあって・・・
 もうすぐ開花です!

 さらに、森の奥へ進むと・・・
Dsc04589
 動き始めtたばかりの葉っぱがすばらしいことに!

_dsc0754
 蝶のようにも思え・・・

_dsc0758
 空飛ぶ宇宙船にも思えますね!

 葉脈が血管のようにも見えて・・・、「生きてる!」を感じてします私でした。
     

|

2011年5月 6日 (金)

1464話 ~ 5月6日、北方系生態観察園の植物エネルギー! 大亀木さん!

 さて、私が北大薬学部をやめ、有機化学を捨て、初めて覚えた植物さん。
 大亀木さんです。この植物さんに始めて出会ったのは16年前。以来、あり得ないくらいの勇気と元気を与え続けてくれた植物さんです。
10_2
 新葉がすばらしい!まるで蝶ネクタイ!
 心臓にも見えますかねー(笑)。
11_2
 縦位置で撮らせてもらいましtが・・・葉脈がすばらしい!
 そして・・・
12_2
 早くも花芽が・・・
 本当に地球の手品!
 そう思わずにはいられませんね。

|

2011年2月 3日 (木)

1289話 ~Velvia50に写った北方系生態観察園のMaxのウサギさん2匹! ~

 固いお話後に、リラックスできるウサギさんをご覧くださいませ。
02647006

02647011
 北方系生態観察園のウサギさんは、氷点下19℃でも元気です!

|

2011年2月 1日 (火)

1279話 ~Velvia50に写った夕暮れ時のオオカメノキさん(その2)~

 この日は、もう一匹ステキなウサギさんを見つけました。北方系生態観察園、西の尾根、夕暮れ時でした。
Eos1n0125
 はっきり言います!これはVelvia50というキャンバスに描かれた絵です!そうは思えませんか?
 さらに・・・
Eos1n0124
 オオカメノキさんの魂、地球の波動・・・すべてのすばらしい波長がファインダーの中に詰まっています。
 最終的には、オオカメノキさんの想いの全てを写真エッセイとして創りたい!そう思っています。

|

1278話 ~Velvia50に写った夕暮れ時のオオカメノキさん(その1)~

 1月20日の夕暮れ時です。西の尾根で見つけたステキなオオカメノキさんの冬芽。
 北方系生態観察園のリピーターさんは、ウサギさんと呼んでいます!
Eos1n0120
 別のアングルからも!
Eos1n0119
 15年前の春、植物のことなど何も知らなかった私が、野幌森林公園で初めて覚えた植物さんです。
 それ以来いつもいつの時も、私にとてもステキな感動ばかりをくれた植物さんです。

 オオカメノキさんを撮る時は、全く別の気が入ります!

|

2009年11月29日 (日)

植物エネルギー 第495話 ~ オオカメノキくんダイジェスト 2003年 ~

 今日は日曜日です。久し振りに朝から家にいて、作品の整理をしていたら・・・オオカメノキくんの2003年バージョンを発見してしまいました。

 いや~・・・懐かしいです。露出のことなど何も考えずに夢中で撮ってました(笑)。

 事の始まりはここからです。

01

 今の私の作品から比べると・・・あり得ない露出です(笑)。

 お花もこんな感じでです。

02_2

 秋の実も・・・

03

 そして、ウサギさんは・・・

04

 いやー・・・明るい露出ですねえ~(フフ)。

 皆さん今の作品と比べて・・・どう思いましたか?

 私の心の中の何が変わったのでしょうね。言葉ではとうてい説明できませんが・・・、私は今の作品が大好きです!

 2003年・・・あの時はあの時で、これらの作品を愛していたのでしょうね。今は・・・愛しているというよりは・・・愛しいという感覚です(笑)。文字はいっしょでも、感覚的には全く別ですね。

 2003年から始まった心の旅は・・・これからも続きます。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

植物エネルギー 第491話 ~ オオカメノキくんダイジェスト ⑤ ~

 今日は、10時ころからNHKのスタッフとロケがあります。このブログをアップした後、北海道医療大学・北方系生態観察園の森を一回りしてきます。

 さて、オオカメノキくんダイジェストも5回目、最終回です。15年前から、植物などほとんど知らなかった私に、前向きに生きる何かを伝え続けてきてくれたオオカメノキさんの2009年バージョンをご覧になってください。2004年、初めて撮影したときのオオカメノキさんと比べて・・・見えているものがどんどん深くなっています。

 使用フィルムは富士フィルム社製Velvia50、使用カメラはニコンF6 & キャノンEOS-1vです。

先ずは、ウサギさんから・・・ファインダーの中から見えたのは・・・ウサギさんの腕の力こぶ!

01

 春5月になると、この冬芽も・・・

 日付が入ってません。新しいEOS-1vの設定ミスです。

02

 そして・・・

03

 まだ、お花は咲きません。

 蕾が赤く色づいてきました。

04

 ガク片がきれいにそろって・・・もうひと息で開花でです。

05  

 開花!

06

 今年はこんなのも・・・空飛ぶカメさん!

07

 新葉は森の中で戯れる黄金蝶!

08

 春先の真新しい葉っぱさんも秋には・・・お疲れさんモードの葉っぱさんへ・・・!

09

 秋の実りもまた最高なり!

10

11

12

13

 そして・・・最後の見せ場がやってきます。

14

 今年もありがとう!

 さてさて・・・2010年のオオカメノキさんは、私にどんな勇気と元気をくれるのかしら・・・

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

植物エネルギー 第489話 ~ オオカメノキくんダイジェスト ④ ~

 今日もポジフィルム、Velvia50に写したオオカメノキさんの元気をお届けしましょう。2008年度のオオカメノキさんです。

 先ずは・・

 氷点下20度くらいだったでしょうか・・・、オオカメノキさんのウサギさんが雪の中から顔を出して・・・雪の上に腹ばいになってファインダーを覗くと・・・新雪に朝の光が反射してキラキラしてました。2008年は、雪の上を歩いていても、こんなステキな輝きに気づくことから始まったのです。

01

 そして4月・・・、もうすぐ若葉が飛び出してきそうなウサギさんが春の訪れに喜び、万歳をしているかのように見えたのでした。

02

 若葉が出ました!

 空を飛ぶがごとく!

03

 5月になると、いつものようにお花が咲いて・・・、でも、この年の作品は過去のどれとも違う感じです。

04

 この年は、お花の散り際に感動してました。

 茎が赤くなることをこの年に知ったんです。

05

 そして8月。今年成長した葉っぱが現れます。今年の二葉!

 森の中の空気感がこれまでとは少し違ってます。

06

 そして・・・、以前よりも露出が明るくなってきました。心も穏やかになるつつあったのでしょうか(笑)?

07

 やはり、晩秋のお疲れさんモードの葉っぱは欠かせません!

 下の2つの作品は、この年購入したニコンF6での撮影です。

08

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

植物エネルギー 第486話 ~ オオカメノキくんダイジェスト ③ ~

 さて、先週に引き続き、ポジフィルム、Velvia50で撮影したオオカメノキさんダイジェストをお送りします。

 2007年度のオオカメノキさんはこうです。

 この年、初めてオオカメノキさんの実生の新葉の輝きを感じることができました。

01

 そんな中から、こんな作品が誕生しました。

02

 この子をファインダー越しに見ていた瞬間は・・・、ハッキリ言って何も覚えていません(笑)。森の中を歩いていたら、右斜め上方に何か輝いているものを感じ、そのまま腹ばいになって・・・、そんな瞬間です。

 開花した花もこんな感じで撮影してます。2004年に比べると、あり得ないほどの変化です。何かが見えてます。木々の間から、一瞬間光が差し込み、咲いたばかりのお花を照らしたんです。

03

 この花もやがて・・・次世代への遺伝子を紡ぎます。波打つ葉っぱがすばらしい!

 そして、木々の間から差し込む光は・・・澄んだ濃い青い色の光になって私の体の中に入り込みます。

04_2 

 そして秋・・・

 赤く色づく実、そして・・・早くもウサギさん!その横にはカタツムリくんも、まだ元気に・・・

05

 この年はこんなアングルでも・・・

 なんかね、ウサギさんのお昼寝・・・って感じがしませんか?

06

 紅葉も見事なり!

07

 お口から飲んでも何の効能・効果がなくたって・・・一年を通して元気をくれるオオカメノキさんが大好きです!

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

植物エネルギー 第484話 ~ オオカメノキくんダイジェスト ② ~

 11月20日。今日ブログをアップしたら・・・えりも岬へ出発します。

 オオカメノキさんダイジェストの前に、今朝の状況を画像でお届けしましょう。

 朝5時半に自宅を出て、当別町の大学まで・・・今日も路面状態が札幌と石狩川を渡ってからでは天と地との差でした。札幌市内は路面状態はすこぶるOK !・・・で、当別町に入ると・・・こんなんです・・・

Jpg

 真冬?(笑)

 信号待ちでも1枚・・・

Photo

 いよいよ冬本番です。皆さんも体を冷やさぬよう、心も・・・ネ!

 さて、オオカメノキさんダイジェストです。

 いよいよ2006年度の作品です。2005年、最後の作品は何かステキな予感を私にくれました。で、・・・いよいよ2006年5月から・・・

01

 実生の葉っぱさんや、森の中を飛ぶ蝶のような若葉の輝きが目の中に飛び込んできました。太陽が動くので・・・シャッターチャンスはおよそ15秒程度です。地上に降り注ぐ太陽の光が刻一刻変わることを体で感じ始めた年でもあります。

 そして・・・、こんなのも・・・。散策路を歩いているだけで・・・『オレを撮ってくれ』と呼んでいる植物さんたちの声が聞こえ始めました。もはや・・・狙って撮影することは無くなった年でもあります。

02

 毎日のように朝6時前から森に入っていると・・・いよいよ植物さんたちの会話が聞こえてきます。季節の移り変わりと、オオカメノキさんの変化がマッチングし始めました・・・

 開花した花!

 2005年以前とは、見えているもの、見えている範囲・・・すべてが変わった!

03

 そして夏・・・

 葉っぱの葉脈の1本1本のエネルギーさえも・・・感じるように・・・(下左)。

 私の大好きな冬芽、ウサギさんが、もう8月の時点で・・・(下右)。 

04

 夏の終わりから秋へ・・・

 次世代へ繋ぐオオカメノキさんの想いが種の色の変化で私に伝わってきました。

 緑から赤・・・そして黒へ・・・

05

 北海道の秋は駆け足で去っていきます。1年間全力で働いたオオカメノキさんの葉っぱ・・・・ファインダーから伝わってくる想いは・・・地球の愛か・・・と思った瞬間です。

06

 そして・・・この年の終盤に・・・私にとっての名作が・・・2点も・・・デス。

 今でも、ファインダーを覗いた時の興奮、感動、勇気、愛、沸き立つ想い、地球との一体感・・・etc・・・文字では到底伝えることのできない何かが私の体の中に入り込んできました。タイトル名は『イカルスの翼』

 ファインダーを覗いた瞬間に、この名が頭の中に降ってきました。

 まだ1度しか皆さんにお見せしていません。いずれ!

07

 そして・・・私の中の全てが変わった瞬間です。これは・・・この時撮った時の心は・・・恐らく私の体が滅しても・・・宇宙を巡るでしょう。くらいの何かが私の中に宿りました。

 タイトル名は『亜空間からの光』

 12月26日。朝日が昇る前に森の中に入りました。もちろんカンジキを履いて・・・

 きっと呼ばれていたんですねえ~・・・。朝日が昇る前の薄暗い中で、数あるウサギさんの中からすでにこの被写体が決まっていました。

 そして・・・朝日が私の背中から昇り始めて・・・露出も一発決め!そして・・・36枚目、最後のフィルムに写ったのが・・・このウサギさんでした。

08

 2006年は、あり得ないものを地球からいただいて、ありえないほどの勇気と元気をいただいて、そしてまた・・・ワクワクする来るべき2007年の予感とともに1年が終了しました。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ