2011年10月25日 (火)

1854話 ~ ガンダムUC! ~

 最近、ガンダムユニコーンの原作を読んでいます。
 ガンダム・・・・。ご存知ですか?
 初代ガンダム、Z(ゼータ)ガンダム、ZZ(ダブルゼータ)ガンダム、ガンダムW(ウィング)、ガンダムSEED、ガンダムSEEDTINY、ガンダム00(ダブルオー)・・・etc・・・

 私が最初に見たのが、20歳のころでしたでしょうか・・・
 そのストーリーが全然理解できずにいましたが、息子が生まれてから、DVD等で全ての作品を見ました。
 ガンダムユニコーンの原作を読むことを勧めてくれたのも息子でした。

 昔、そのストーリーが、難しく思えましたが、その根底にあるものは、全ての作品を通して一貫しているのです。

 要は、人間が地球上で好き放題したあげくに、地球がボロボロになり、地球に住める人の数が限られたので、科学の粋を集めて宇宙に人間が住めるような、通称スペースコロニーなるものを作り、選民思想に基づき、支配者階級に必要のない人間を宇宙に送ってしまうというお話なんです。で、スペースノイドと呼ばれる宇宙に送られた人々の多くは二度と地球に戻ることができずに・・・、やがて、地球人とスペースノイドの間で戦争が起きる。いつまでたっても戦争は続く・・・、のですが、ニュータイプと呼ばれる、多くは子供たちが、その戦争をなんとかしようとしてガンダムに乗って戦う。みたいなストーリーです。

 大人の論理に矛盾を感じた感性豊かな子供たちが、大人の論理を正そうとする。そんなアニメなんですね。

 で、ガンダムユニコーン(UC)です。
1
 ガンダムのアニメの中に使われる音楽もすばらしいです。
 カラオケで歌う歌の半分は、ガンダムに使われた音楽です。なんてたって、愛と勇気と正義がたっぷり詰まってますのでね(笑)。歌っているうちに、どんどん勇気と元気が湧いてきます(笑)。
 ちなみに今年の私のテーマソングは、
∀(ターンエー)ガンダムの限りなき旅路』 です。

 で、ガンダムユニコーンの原作を読んでいて、とても印象に残った部分があります。

 地球連邦軍とも関わりがある主人公のお父さんが、このままでは地球が腐敗しきってしまうと考え、全ての戦いを終わらせようと極秘に開発したガンダムユニコーンを息子に託し、自分の兄弟に殺される前に、人間のことをこう語ってました。、
勤勉実直な努力家として一括りにされる者たちの中にも、二種類の人間がいることを知った。ひとつは、誰かに認めてもらうために、何かを為したい人間。もうひとつは、なにかを為さねばならぬことがあって、結果的に周囲に認められる人間。前者は、周囲の評価が大前提としてあるがゆえに、大事な局面で決断力が鈍る。対して後者は。目標が常に前方に設定されているために、目先の情実や良心にかかずらわって、必要な決断をためらうことはない。』そしてまた、『周囲、他者に認められることを目的に生きる人は、終生、認めてもらいたい他者との関係は、好むと好まざるとにかかわらず、常に従属の関係となる。簡単に言えば、親子の関係、または、永遠に子供で居続けたいということに等しい。』とも・・・
 さらに、『
見返りを求めず、己に報いるのは己だけだと了解して、為すべきことを為す。完全に独立した個を打ち立てない限り、利用され捨てられるだけの末路だけが待っている。そうなれば、献身に見合う愛情も称賛も得られなかったことを終生恨みに思い、世を呪って死ぬだけだ。』とも・・・

 痛い文章でもあり、今、このことを、53歳にてやっと理解できる自分であるのか・・・、という気持ち!
 ただただ心に沁みました。

 さて、ここからは、私が今思っていることですが・・・

 これまでは、子供であり続ける大人を受け入れてきた地球という器も、そろそろ余裕がなくなりつつあるのかもしれない。それほどに、誰かに従属的に生きる子供のような人間が増えすぎてしまったのだろう。その一番の原因は、
人間の精神的発達以上に科学を基盤とする物質文明の急速な発達が、そんな空間を演出したのかもしれない。もっとも子供のような無邪気なココロがあるから、科学が発達したのだとも言えるのかもしれないが・・・。
 だから、何が正しくて、何が間違っているのかは、遠い未来において、人類が滅亡したかしなかったかという歴史だけが証明するのだろう。今、現世に生きる私たちの正しいだの間違っているなどの議論は児戯にも等しいと思える。
 実は、何が正しくて、何が間違っているという議論さえも正しくはないのだろう。
 正しいか、間違っているか・・、だけでは、何も前に進めなくなっている時代。だから、これまで通りを踏襲しようとするのだろう。他者に評価されるためだけに勤勉実直な人間は、先の時代を開くきっかけなど演出することはできないのかもしれない。
 その時代の善悪など、簡単にひっくり返され続けてきたことを、これまでの歴史が教えてくれているはずだ。

 二十歳のころから、正しくはないが間違ってもいない。好きではないが嫌いではない。曖昧と言われようが、それが、多くの人のココロの本質ではないか????と思い続けてきた。
 これは『正しい』、『間違っている』と誰にも影響されずに、一番最初に大きな声で言える人間は何人いるだろうか?多くは、他者の顔色をうかがって、大勢に取り残されないことを最も重要な事柄と考えてから『正しい』、『間違っている』と発するのではないのだろうか?と感じているのは私だけかな(笑)。

 では、正しいモノはないのか?と問われれば、それはある!
 間違っているモノはあるのかと?と問われれば、それもある!

 正しいモノとは、宇宙の摂理であり、それを知ろうとするココロ!
 間違っているモノとは、知ろうとするココロをあきらめること! だと私は思う。

 人それぞれに為すべきことは、一人一人が見つけなければならないことであって、他者から強制されることではないはずだが・・・・、そんなことを待てない時代になってしまった。

 皆が、他者を信じようとすれば、前に進めずに考え中の人だって応援できるし、気づくまで待つことができるはずなのに、何故人は急ぐのだろう?

 自分の常識を他者に強制することは、従属の関係を構築しようとすることに他ならない。

 『親が、爺さんが、婆さんが、先祖があるから今の自分がある。○○さんに出会えたから今の自分がある』は、とても大切な想いだし、私にもある。私自身、その想いだけで生きてきた時代も確かにあった。
 が、それだけではきっと足りないのだろうと・・・、植物たちと対話するようになって気が付いた。

 先ほどの想いの先には、『地球に植物たちがいたから、その全てがあった。』のだと思った。そして、今回の震災で、地球が誕生した48億年前の情景をビジュアル化できる知識も得た今、どんどん視界が明るくなっていく自分がいる。

 などということを考えさせてくれたガンダムUCの原作でした。まだ4巻目、この先7冊もあるのですがね。急がずに読み続けます(笑)。
 
 これまでの古き日本の伝統も大切ですが、アニメは将来、日本人にしか創生することできない、世界で一つだけのすばらしいモノになると思いますね。

 ドラゴンボールZなんて、世界中の子供たちが見てるんですよ。すばらしいと思います。

 日本のアニメ(全てではないですよ)が、世界の流れを変えるきっかけを作るように思えてなりません。

 さて、最後です。

 ガンダムシリーズの中で、やっぱり、赤い彗星こと、シャーが好きす。
  Ms06s_ii

|

2010年2月 1日 (月)

植物エネルギー 第563話 ~突然ですが・・ガンダムです(笑) ~

 皆さん、アニメのガンダムって知ってますか?私が最初にこのアニメを見たのが18歳のころだったでしょうか・・・。それまでのアニメと言えば、ヒーローと悪役だったんですが・・・このアニメは、その概念をはるかに超えてました・・・と今なら解ります。実は・・・私は超アニメファンでもあるんですよ。マンガ大好きです(笑)。息子と集めた単行本は名作ばかり。1000冊を超えてます。冗談で、薬剤師が経営するマンガ喫茶でもやろうか・・などと話してます。

 で、DVDを借りて、もう一度ファーストガンダムから見始めているんですが・・・このアニメ・・・預言的なんでよ。今なら全てが理解できます。

 あらすじはいたって簡単。人類の歯止のない欲望が、やがて戦争や環境破壊を起こし続け、人類が地球に住めなくなって、宇宙に人間の住める、地球に似せた巨大な宇宙ステーション(スペースコロニー)を建設し、地球の汚染が回復するまで待つ・・・みたいなストーリーなんですが・・・それでも人間は争いごとをやめず、宇宙でも戦争をし続けちゃう・・・って・・・「人間って何?」ってのがテーマかしらと思ってしまいます。

 絵で表すと、こんな感じです。人間の限りない欲望が、やがて地球を興廃させ、宇宙に住むところを見つけちゃう。

Photo

 でも、ニュータイプっていう、人の心が読める、見える人たちが、何とかしようってストーリーのようです。ファーストガンダムで言えば、アムロとかシャーアズナブルがニュータイプです。

 お時間があれば見てください。

 で、先週こんなものを机の中から見つけてしまいました。

03s 02s 01s

 ZZ(ダブル)ゼーターガンダムまでに登場する人間が乗って戦うモビルスーツです。なんで、こんなカタログをファイルしてたんだか・・・(笑)。

 赤い彗星ことシャー・アズナブルが乗っていたゲルググと私の好きなカミーユ・ビダンの乗るゼータガンダムですが・・・

Ms14s_s Msz006_s

 さて・・・人類はガンダムのようなことになるのかどうか?皆さんはどう思いますか?

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ