2012年1月11日 (水)

2036話 ~ 鍼灸師さんムッくんのお墨付き(笑)! ~

 お昼休みに、ムッくんこと鍼灸師さんの石井先生のところに行って、鍼をを打っていただきました。
Dsc02167
 ムッくんの治療院です。当別町内の積雪量もすごい!

 で、ムッくん!
Dsc02168_2
 イイ顔でしょ(笑)。 やっぱり・・・顔・・・ですよね(笑)。 人の場合、科学的エビデンスよりも顔が全てでしょう(笑)。私は、眉間に皺3本(まあ1本半までは許せるかも)の人や、防目がちの人から鍼を打たれたくはないですね! あなたはどーですか?

 で、ムッくん曰く・・・、「
過去最高の気の流れ!」だそうで・・・、うれしいですねぇ~!
 実は、私も過去最高かもって思っていたので、ムッくんにお墨付きをいただいちゃったら・・・、完璧です!
 漢方で云うところの「未病を治(ち)す!」とは、様々なステキなことを実践したモノの積み重ねの先のあるように思えますね。 
 私の場合は・・・、口から取り入れる感動=食養、汗をかく=身体の中に溜まった邪を出す、毎日の生活の中から「すばらしい!」と思ったものを写真に撮る=目から入る感動、「ありがとう」、「ごめんなさい」をフツウに言える=気の滞りがなく自分の生き方に自信を持っている、ブログを書く=ココロの中にある自分の言霊を文字で表現する・・・etc・・・。

 見て、聞いて、知って、考えて、決めて、書いて、動いて・・・etc・・・、まだまだたくさんココロのクスリはありそうですね(笑)。私も探し続けてみましょう(笑)。

 何の変哲のない風景・・・、例えば・・・
 私の愛する北方系生態観察園。その看板です。今朝8時半に撮影したものです。
_mg_8241_2

 それが午後には・・・
_mg_8244
 こんなに変化している(笑)。
 看板は変わらなくても、地球の営みが見る者に「すげー!」って思わせてくれるのですね。
 同じものを見続ける、通い続けることが愛を育む第1歩なのかもしれません。

 この看板・・・、さーて、いつになったら雪の下に埋もれてしますのかしら・・・
 とワクワクドキドキする私でした(笑)。

 と、遠くを見ると・・・
Dsc02169
 天空の気が真っ二つに割れてる! すげー!

 なんて思ってしまうのでした!
 

|

2011年3月 9日 (水)

1342話 ~ ムッくんに腑抜けを治してもらいました(笑) ~

 昨日、当別町で開院している鍼灸師の石井先生の所へ行ってきました。
 朝からなんか・・・、腰がカクカクするというか・・・、一言で言えば・・・ヘナ!って感じで、やっぱり虚してるなぁ~と思った次第で、これは、ムッくんしかない!
 で、当別町の石井鍼灸接骨院です。
Dsc00787
 当別駅南口からまっすぐ歩くこと5分くらいの所にあるんです。
Dsc00789
 一番奥に見えるのが当別駅。迷うことは全くありません。
 で、先ずは脈をとって、腹心をして・・・・「先生、腑抜け状態です!」と一言(笑)。大柴胡湯、熱発、「イチオシ!」でのかなり重いテーメへのコメント等々で、エネルギーが枯渇ってことで。
 先ずは、鍼ではなく、心包系への灸から・・・補法です。冷えていた四肢がどんどん温かくなっていきます。で、中国鍼の頭の先に灸を乗っけて、鍼を介して熱を経絡の入れます。1つの奥義なのでしょう。頭への鍼も、いつもとは違うツボへ・・・、で、どんどん体が温まって・・・脈も正常になり、万事OKということに!
 石井先生、どうもありがとうございました。

 実は2月の末が誕生日だったのですが・・・、それ以後、どうも、急速に心の中が以前の私とは違ってきています。漢方、植物・・・様々なことをやってきて、どんどんそれまで、分からなかった謎が解け続けていました。もう一声ってとこまで来てた感はあったのですが、どうもまだ執着やこれまで生きてきて怒った燃えカスみたいのもんが、少しだけへばりついていたのも分かってました。

 大柴胡湯を2包飲んでみて、すぐに、それが瀉したのも分かりました。

 ですので、心が空っぽ状態ゆえ、新しく清涼なモノを充填させ、4月からは新発売の堀田で森の中に入ろうと思っています。こうご期待ってことで(笑)。

 ということで、今朝は、六君子湯でエネルギーを充填しました。

01

 胃腸が冷えているこんなタイプへの補気剤です。

 で、入っている植物たち・・

02

 朝鮮人参が殿様(君薬)で、白朮が総理大臣・・・・、日本人の70%がそうだと言われる、脾虚にはもってこいの補剤なんですよ。胃腸が冷える方の便秘なんかにも効果大なんですよ。胃腸を温め、内臓全体に活力を与え排便を促す。こんな感じです。

 なんたって、君子になる植物が6種類も入ってるんですよ。3日間も飲めば満タンになるさ(笑)。


|

2011年1月18日 (火)

1245話 ~身体のメンテナンス!by 石井先生 ~

 今日は昼休みに当別町まで行って、鍼灸師の石井先生に私の身体のメンテナンスをしていただきました。
 漢方では、
未病を保つことが病気予防の秘訣です。熱が出た、腰が痛い、だるい、冷える、頭痛がする、くしゃみが止まらない・・・etc・・などの症状が現れないようにするノウハウが、東洋医学には、たーくさん詰め込まれているんですよ。今日は、いつもよりたっぷりとをしていただきました。
 自分でも2011年の入りは、とても良い感じで「気」が巡ってる感がありましたが、石井先生も「過去最高レベル」とおっしゃってくださいました。
 で、道すがらの様子です。
01_2
 大学を出ました。青空まで出て、大雪も一休みか・・・
02_2
 当別町市街。石井先生の治療院のそばの道路です。すごい!
03_2
 大型のタンクローリー車の高さと同じくらいに積み上げられた雪!
04_2
 石井先生の治療院です。いつもありがとうございます。
 ところが、治療を終えて外に出ると・・・
05_2
 大雪!それも湿った重たい雪がしんしんと降り続けています。
 こりゃ、帰宅時の道路も大変かも・・・
 石狩平野は白い大地なり!

 それにしても、いつまで降り続くのかしら・・・

 ちょいと天気図でも・・

1

 発達した低気圧が動いてない!

 北海道に小さな低気圧が発生したんだ。だから晴れた?

Photo_2

 上空から見たら・・・、やっぱりものすごく発達した低気圧だ!地球レベルで大気が低気圧に吸い込まれるように動いてますね。まるでブラックホールのようです。すごい!

1_2

 宇宙レベルから見た大気の流れです。

 地球そのものが生命体のように思えますね。この大気の流れの下に生きてる人類、なんらかの影響を受けないわけがない。そう思ってしまいます。

 しかし、この天気図、しばらく同じみたいですよ。まだまだ大雪が続くのかしら?

 太陽の光が欲しい!そう思いませんか?


|

2010年12月24日 (金)

1186話 ~石井先生の鍼と灸は効きます!~

 お昼休みに、当別町にある石井鍼灸整骨院(石狩郡当別町弥生52、電話01332-23-1933)へ行って来ました。今月2回目です。

 今日は、いつもの鍼(今日は、陰の経絡にも鍼をうってもらいました)の他に、灸を重点的にやっていただきました。腰にはニンニク灸、肩には生姜灸!

 はっきり言って、効きます(笑)。古くからある灸の処方らしく、やっているうちにどんどん身体が温かくなってきました。

3

 ニンニク灸です。

 そして・・・

1

 生姜灸!

 これを化学でどう説明します?(笑)。エビデンスは・・・、効くってことです(笑)。これ以上のエビデンスは必要ないですよね。

 石井先生曰く、私の身体は、今年最高の気の巡りだそうです。心身共に最高の状態で2010年を終えることができそうです。

 10月中旬には、整形外科に行けば2ヶ月の重症だと言われるほどのギックリ腰も完治です。石井先生と出会えて、本当に良かったです。今年1年お世話になりました。

 私はですね、たぶん世界最先端の未病を持続させる治療を受けていると思いますね(笑)。石井先生の鍼灸、今井先生、後藤先生の漢方薬、ポジフィルムを使った植物エネルギー撮影、野口農園の農作物、襟裳岬に生きる猟師さんが命懸けで獲ってきた旬の魚介類を船長の語りを聞きながら食べる・・・etc・・・!

 病気予防の極意の最先端をいく堀田!(笑)

 こんなにエネルギーをもらって、もう光のゴール目指して進むしかないですね!

 最後に・・・、石井先生、ニンニクの化学成分です。

1_2

 アリシンという物質が、ビタミンB1前駆体で、油に溶け易い有機硫黄化合物です。ただ先ほどお話したように、イオウ原子そのものはd軌道という広い電子雲を持っているので、空気酸化されやすいのです。また他の化合物にもなりやすいのです。

 上の図は、オリーブ油中、80℃で起こる有機反応で、アホエンという神経細胞の突起が伸びていくとされている化合物です。一時、あるある事典というテレビ番組で「頭の良くなるアホエン」として騒がれた化合物です。摩り下ろしニンニクにも、フライパン上で高温で炒めても、この反応は起きません。

 あくまでも80℃近辺でのみ起こる反応です。

 私も1年間ほど毎日フランスパンにつけて食べてました。効果は・・・どうなんでしょうね(笑)。

 

|

2010年11月 4日 (木)

1057話 ~11月3日、番外編!石井先生が突然の整体 in 私のオフィス!

 先ずは、お知らせからです。

 今日は、北海道テレビHTB「イチオシ!」に出演します。お時間のある方、ぜひご覧になってくださいませ。

 さて、昨日、11月3日。午前中は氷雨が降り続いていました・・・。なので、笹刈りは中止ということにして、私一人でボチボチやろうかと思っていたのですが・・・・。なんと、雨の中をやってきた人たちがいました。総勢4名!で、私のオフィスでコーヒーを飲みながら・・・、結局「やろう!」ということに(笑)。その中の一人、札幌市北区にある牧田病院の薬剤師さんにて、私の漢方の最初に師匠である後藤先生が・・「昨晩寝違えて首がまわらないんですよねー」と言った瞬間に、石狩当別町で鍼灸整体の治療院を開院されている、私の体のメンテナンスしてくださる石井先生が、「後藤先生こっちに寝てください!」と・・・。実は、私のオフィスの半分は、和室モードにしてあって(お泊り&くつろぎスペース。座椅子もあるんですよ(笑))、そこに仰向けに!

 で、こうです!

Img_5486

 整体を10分ほど・・・、結構な修行のようでしたが・・・(笑)。終了後、「あれ、首が回る!」。私のスタッフも先日2度ほど治療していただきましたが、猫背が治った!そう言ってました。

 で、後藤先生もフルパワーでした。雨の中をこんなんです。

Img_5494

 今年お世話になった森、植物たちに感謝しながら、来年のすばらしい瞬間を夢見て一生懸命の笹刈り!

 地球の元気をもらう究極のクスリでしょうね(笑)。

 東洋医学はすばらしいと思います。

 鍼灸、漢方(薬)、整体、自然と調和する生活リズム、食材の陰陽五行・・・。まだまだ未熟ですが、21世紀の漢方は、その全てをリンクさせてこそだと思っています。

 そして私は、明日朝5時に日高は浦河町に向かいます。午後からの講演は2時間。一昨日のメールによれば、すでに60名もの方が予約されているとか・・・、「こっぱずかしい!」のですが、フルパワー(-10%)で、日高での勇気と元気のいただき方をビジュアルにお伝えしてきます。まあ、襟裳岬がメインですけど(笑)。

 で、その日は実家に泊まり、先日死の世界から舞い戻ってきたオヤジと看病疲れのオフクロの様子を見てきます。野口農園さんの新米、ハクサイ、キャベツもたっぷり積んだし、まあ、今年秋の北海道の恵、愛をお土産に持って行きましょう!これで元気にならないわけがない!

 で、明後日は、襟裳岬&広尾町まで行ってきます。

 毎年7月上旬に開催している第3回漢方・薬用植物研究会出前講座 in 襟裳岬は、来年は、第3回漢方・薬用植物研究会出前講座 in 十勝になります。開催日は、7月17(日)、18(月)を予定しています。海の日との連休になりますね。宿泊先は広尾町。広尾町で漁師(船長)が経営している大宝という宿です。40名しか泊まれませんが、半分以上は個室、シングルルームです。私も2度ほど泊まってますが、とても美味しい料理が出てきます。広尾町で地元の方たちと来年の打ち合わせをしてきます。

 最後に、襟裳岬に行って植物たちの最後の様子を見てきます。戻ってきてから、その様子をブログにアップしますゆえ、お楽しみ!

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

1017話 ~ ギックリ腰の治療は、ステキな鍼灸師のチカラで!~

 昼休みに、私のかかりつけ鍼灸師さん、石井先生の所へ行って、頭の先から足の先まで、たーっぷり鍼灸の波動をいただいてきました。
 腰痛・・・とお伝えしましたが、過去最悪のギックリ腰になってしまったようで・・・(涙)。月曜日からは、かなり改善にしたのですが、椅子に座っていてから、立とうとすると・・・腰の根元に激痛が・・・という状態でした。
 「これは異常事態!」と思ったので、石井先生にお電話したら、すぐに快諾していただきました。
 結論から言えば・・・石井先生に言わせると・・・「月曜日は大変ひどい状態だった」そうです。で、今現在は、座った状態から、真っ直ぐに立っても、ほとんど痛みがなくなりました。即効性ですね。石井先生曰く「明日も鍼をうちに来たほうが良いです!」。なので、明日の昼休みにもうっていただきます。
 結構、ギックリ腰を楽しんでいたのですが、写真展もありますしね。完璧に治します。
 それにしても・・・、やっぱり今年は、やり過ぎ!だったようです。来年は、もう少し抑えることにしましょう(笑)。でもって、石狩当別町にある石井先生と、石井鍼灸接骨院をご紹介しましょう。
住所は、石狩郡当別町彌生52。電話は、0133-23-1933です。

 で、画像でご覧下さい。
 先ずは・・・
01img_5204
 で、石井先生も、私がきっかけでフィルム一眼レフカメラ、マクロレンズ、ポゾフィルムVelvia50で、植物エネルギーを撮り始めた方です。平たく言えば、植物たちが出会いを作ってくれました。
 玄関から中に入ると・・・
02img_5206
03img_5207
 先生の作品ギャラリーになっています。患者さんにも評判が良いそうです。植物たちの写真があるだけで、患者の心のレベルが上がって、鍼灸の効果も上がっているはずです。
 そして、石井先生!
04_5208
 そして何よりも、石井先生のこのお顔!これ以上、ステキなエビデンスは無いでしょう!
 最近私は、顔が全てですね(笑)。ステキなお顔(私が決めるのですよ)をなさっている方とのお付き合いがどんどん増えています!
 で、石井先生の別な写真をもう1枚!
Img_4946
 ご自身が、襟裳岬の大地から、地球の元気を取りれてます(笑)。
 石井先生、いつもありがとうございます!

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

873話 ~植物エネルギーメッセンジャーの体のメンテナンスは鍼灸!~

 今日は、私の体のメンテネンス方法を少しだけ(笑)。

 基本は、東洋医学(というか、ここ6年間は西洋薬は1粒も飲んでません)が基本です。1番は、言うまでもなく『気』。目、口、耳、鼻、肌からMax(私が最高に笑顔になれて、感動できるモノ、コト)の元気を取り入れること。2番は、漢方薬を飲むこと。私の身体は特別仕様なので、毎日の目覚め方、汗のかき具合、口の中の味覚(苦いとか唾液が少ないとか)、耳垢の粘性、溜まり方・・・etc・・・を総合して、その日の自分の証を決めます(基本的な証は、実熱です)。で、牧田病院の医師、今井純生先生、薬剤師の後藤先生、はるにれ薬局の河野先生から学んだ漢方薬の知識を元に、都合13種類の漢方薬を朝1番に飲みます。まあ基本は、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)と桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)ですが、口渇のがあって、疲れによる汗のもれ出るような日には、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)。それに、理気薬の香蘇(こうそさん)。言いたいことが言えない状況が続くと、喉につかえを感じるので、そんな時には、やはり、理気薬の半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)・・・etc・・。こんな感じです。私の直感では、桂枝茯苓丸は、私にとって万病予防の要薬になるはずです。だって、いつ飲んでも美味しい!

 そして3番めには、鍼灸&整体です。

 私は、小学校5年の時に満員バスの中で急ブレーキのため、突然押されて、ぎっくり腰&頚椎捻挫になったんですね。で、整形外科では全く良くなるどころか、悪化したぐらいにして(笑)、お袋が通っていた盲目の鍼灸師の所に連れて行かれ、その時に1回だけで全快したんです。最初は怖かったですよ(笑)。だって頭のてっぺんから足の指まで・・・、今思えば、全経絡に鍼をしてもらったんですね。それ以来、腰痛、肩こり・・・は全て鍼灸師さんに治してもらってます。当別町に開院している石井先生を知るまでは、札幌市南郷にある南雲先生にうってもらってました。南雲先生もすばらしい鍼灸師さんですが・・・、石井先生は、私にとって、過去最高ですね(笑)。昨年の年末からおつきあいさせていますが、月1~2回ペースで、鍼灸、整体、灸の3点セットで体のメンテナンスをしていただいています。なんてたって、脈診、腹診をしながら鍼をする先生なんて初めてです。それも、流派にこだわらず、良いものは、全て取り入れる手法なんでね。1つのモノにこだわりがなく、そして身体が熱い!なんでもそうですが、心と体が熱くないと、他の人に幸せを提供することなんてできないですよね(笑)。私より熱い人です。

 そも、今は医療という言葉になっちゃいましたが、その昔は、医術だったんですね。術なんです。術。その人にしかできない、伝えられない術。そうですね、人の幸せを願う心が一番の術なのでしょう。これが、心の熱さに繋がる。話はそれてしまいますが、なんでも医療指針なんてですよ。今は。これって、できの悪い(熱い心の無いお医者さん。検査結果を振りかざして患者さんを脅す医者のことです)お医者さん用に用意されているんですよねきっと!心が熱く、人の幸せを願うお医者さんなら、誰に言われなくても、能動的に修行してるはずですもんね(笑)。話を元に戻しましょう。

 で、石井先生曰く『鍼を使って私の思いを伝える!』。これを笑いながら言える人って、現代社会では極レアですよね(笑)。

 これからは、医、薬剤、鍼灸、看護を選んでいく時代です。なんてたってですからね。ちゃんとという言葉に値する人を自分で選んでいかなければ自分の健康を守ることができない時代です。少なくとも、私は、自分で選べずに後悔はしたくないです。社長、部長、教授、准教授・・・etc・・・、全ての肩書きを持っている人たちが、そういう立場におかれるはずです。なんたって、ネット社会ですから、かん口令をしたって、良い評判も悪い評判もどんどん拡散していきます。そんな時代になってます。

 選ぶためには、選ぶほうにだって根拠がいるわけで、やはり全てにおいて知識がなければ、何も選ぶことができません。やはり、何かの形で修行しつづけることは幸せになる必須アイテムのように思えますがいかがでしょう?

 で、私の健康メンテンスの一翼を担ってくださっている石狩当別町で開院している石井先生の紹介コーナーです(笑)。石井先生よろしいですよね(笑)。

 先ず場所からです。いつものように地図です。

Photo_2

 で、人となりですが・・・、こんな方です。

Photo_3

 実は、彼も富士フイルム社製ポジフィルムVelvia50のみを使うフィルムアーティストにて、植物エネルギーメッセンジャーになるための修行を始めた方です。カメラはキャノン製EOS-1N・・・と、最近私がお貸ししたニコンF2ブラック(故縣先生の形見分け)+ニコンMICRO NIKKOR 200mm(F 4.0)を使い始めました(笑)。

 写真歴はまだ8ヶ月。で、上の写真は、今年の5月2日、道民の森、神居尻地区で、合宿した時の様子ですが・・・ステキな気だと思いませんか?

 で、お次がこれ!

Smg_4509

 7月19日、襟裳岬の西海岸。ステキなオーラですよね。

 で、フィルムカメラを始めて約4ヶ月後に、北海道医療大学・北方系生態観察園の雪融後の森で撮られた作品がこれです。

201006_237411

 エゾエンゴサクさんの芽出し。それも水滴モードで宝石のようなすばらしい瞬間です。

 石井先生は、ちゃんとステキなモノが見えてます。と言うか、植物さんが「撮って!」と呼んでるんでしょうね(笑)。4ヶ月でこのレベルです(写真の腕前という意味ではないですよ。心のレベルです)。かつての私をはるかに越えてますね。少し嫉妬しました(笑)。

 以前にもお話しましたが、写真とは・・・『自分の心のすモノ』です。

 人に褒められるためだけの写真を撮っていると、どんどん心のエネルギーが無くなっていきます。

 自分のことを褒める、自分が笑顔になれる写真をフィルムを使って撮ってみませんか?

 もしかして、その結果として、撮った作品を見て、誰か一人でも心からの笑顔になれたなら、Maxにうれしくなって、それがまた前に進むための勇気・元気になると、私は思います。

 石井先生、初めて使っていただいた中国鍼は効きました。それから、まぶたにしていただいたお灸、目の方も絶好調です。ありがとうございました。またよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2010年3月30日 (火)

植物エネルギー 第621話 ~東洋医学、鍼灸のエネルギー~

 今月上旬に腰を痛めたお話をしましたが、その時お世話になったのが石狩当別町で鍼灸接骨院をなさっている石井先生。今日も鍼をうっていただきました。

 何と言っても脈をとりながらの鍼と整体。すばらしいの一言につきます。

 私は、12歳の時から鍼をうってもらっているので、鍼灸師の先生の波動はなんとなく解ります。

 とにかく先生の手は熱い!これが全てです。熱い鍼灸師の波動が鍼を通って私の身体のツボから身体全体に広がっていくのです。

 その上フィルム一眼レフカメラ、マクロレンズ、Velvia50で通勤途中の植物の元気を撮っている方ですから、患者さんに奪われた気をちゃんと植物たちから補充してるんです。

 これから月2回お世話になって、身体のメンテナンスをしていただくことに決めました。

 今日も身体がポカポカしています。

 では紹介しましょう。

Photo_4

 このお顔。ひたいなんかテリテリしちゃってます。気に充ち溢れている方です。

 詳しい地図はこちら⇒石井鍼灸接骨院

 もしかして、肩こり、頭痛、疲労感・・・のある方はぜひ!整体もすばらしいです。

 石井先生、どうもありがとうございました。これからもよろしくメンテしてください。

 ところで、石井先生の脈診と腹診の結果、とんでもないことがわかりました。

 脾(胃腸)が虚してる(冷えている)とのこと!!!!でもって、当然のことながら肺の気も落ちていることが分ってしまいました。

 今年のなってから、なんか体調が以前とは違うなあ~とは思っていたのですが・・・。以前は食べなかった暖かい天ぷらうどんに唐辛子をかけて食べるようになって・・・????の世界だったんです。

 冷たいお蕎麦が大好きだったはずなのに・・・なんですがね。

 怒りの感情が無くなって、悲しみの感情が無くなって・・・胃腸と肺の気が落ちた・・・。

 今度、牧田病院の今井純生先生にもう一度私の証を診てもらうことにします(笑)。

 確かめるために、以前がにがくて飲めなかった、六君子湯を飲んでみました。なんと・・・甘くて美味しい!!!やっぱり胃腸が冷えているようですね(笑)。

Photo_5

 もうエネルギーを削る防風通聖散にサヨナラする時が来てるのかもしれませんね(笑)。

Photo_6

 ひょっとしたら・・・これで一般的な日本人の仲間入りができるかもしれませんね(笑)。

 心が変われば、身体も変わる。心身一如を実感してます。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ