2012年8月31日 (金)

2669話 ~ またまた捩花くんです(笑)!~

 東裏防風林の道端でたっぷりココロの元気を補充してルンルン気分で大学に到着です。

 駐車場に車を止めオフィスまで歩いていると・・・、ここ数日すばらしいお花を咲かせているお気に入りに捩花さんが、「撮った方がイイよ!」のサイン!

 今日は風も無し!
  01_2
 今日もまた元気でステキやの~!!!!

 実は、昨日の夕方も撮っちゃったんですよね(笑)。
  02
 表情が変わりまんなぁ~(笑)。
 ね、同じものなど何一つないでしょ!

 そしてオマケも!
_mg_5129
 太陽に向かって止まってる!

 どんな意味があるのかしら???

 秋はどんどん深まっています!

|

2012年8月30日 (木)

2663話 ~8月30日、今朝も始まりは捩花(ネジバナ)さんから!~

 今朝は・・・お寝坊さん(汗)。私の苦手の暑さのためか少しお疲れモード???はたまた苦手の書き物を続けているせいでココロのエネルギー欠乏症???(笑)。朝5時20分に自宅を出ました。
 ということで、大学に着くなり道端の捩花(ネジバナ)さんからエネルギーをゲットです。
_mg_5109
 今日は風が強くて・・・、風速15メートルはあるんじゃないかしら・・・
 で、これ1枚撮影するのに5分!
 必ず静止する瞬間があるのですね。

 で、もう1枚!
_mg_5112
 大きく揺れる捩花さんを集中して撮るのも私とってのココロの栄養(笑)!

 が、しかしエネルギー充填80%くらいでしたので・・・

 朝食は自家製パン、昨日野口農園さんから分けていただいた完熟トマト、ニンニク、マヨネーズ、四葉牛乳のチーズを乗せたトースト、野口農園産のセロリ&野口農園産大豆使用の自家製味噌(完成しました)、さらに先日阿蘇オーガニック・トスカーナの明日香さんからいただいた有機無農薬コーヒーをいただき・・・(ニコニコ)、
 ココロのエネルギーは200%充填されました!

 波動砲発射でなくって・・・、今日も全開で行けそうです(笑)!

|

2012年8月29日 (水)

2661話 ~8月29 日、捩花(ネジバナ)さん The Max!~

 今朝、ツユクサくんに会いに東裏防風林へ、それと旬のお野菜&お米を分けていただくのに野口農園さんに行ってきました。

 で、オフィスから駐車場に向かって歩いていたら・・・、捩花(ネジバナ)さんを1株見つけちゃったんですよね~(ニヤリ)・・・
_mg_5092

_mg_5093

 今年の捩花(ネジバナ)さんの The Maxですね。

 今日もステキな一日になりそうな予感(笑)!

|

2010年11月 1日 (月)

1051話 ~キャノンEOS-1v&Velvia50に写った道端の植物エネルギー!ネジバナ!

 久しぶりの富士フイルム社製ポジフィルムVelvia50に写った植物エネルギーを紹介しましょう。キャノン製フィルム一眼レフカメラEOS-1vでの撮影です。

 題して道端の植物エネルギー、The Max!

S0264104

 もう1枚!別のアングルから!

S0264106

 大好きなネジバナさん!

 陰影バッチリです。EOS-1vの最も得意とするところですね(笑)。

 撮影後も、しばしファインダーに釘付けでした。

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

927話 ~Velvia50に写った襟裳岬の植物エネルギー!百人浜の捩子花さん!~

 先ずは、今年7月中旬の襟裳岬の朝早くです。

Ssf2t0100624015

 最近、ここがお気に入りです。えりも観光館さんから、歩いて5分ほどのところです。 

 襟裳岬・・・、最初に植物調査に入ったのが2006年秋。2003年から2006年秋までは、十勝平野で植物たちの修行をしてました。ネットを使って、十勝の植物に詳しい方と思える方を探し、アクセスして、場所を教えてもらったりして。千畳崩、ピョータンの滝周辺、湧洞原生花園、晩成原生花園なんかがメインでした。2007年春から、なんとなく襟裳岬に行き始め、えりも町(教育委員会)主催の講演に2度、浦河町での講演会に1度呼ばれ、その時に知り合った、守人の高橋さんをはじめ、駒井さん、風の館のスタッフ、えりも観光館、岬荘・・・etc・・、実に多くの方たちと知り合って今があります。えりも短角牛のファームイン守人(まぶりっと)さんで、夜一人、NHKのプロジェクトXで放送された、襟裳岬の植林事業のことを見たときには泣けて泣けて・・・ワンワン泣きましたね。あの広大な百人浜が砂漠だったなんて・・・、襟裳岬の近くに生まれ、育ちながら、何も知らなかった。漁師さんたち自らが、砂漠を森に変えたなんて・・・、今は、世界一すばらしいことだと思っています。

 そんな大地に生きる捩子花さんもまた別格です。

0263803

02637011

0263804

 もう何回もお伝えしましたが、名前は捩子花でも、実に様々な捩子花さんがいるのです。全てが違う!

 ゼロから出発した大地!とでも言えばいいのかしらね。私が、襟裳岬を訪れて思うこと・・・

 百人浜に一人立っていつも思うこと。何もないところ(ゼロ)からでも、決して自分にあきらめず、自分とやってくる輝く未来を信じて、現実を一生懸命に生きれば、必ず願いはかなうということ。この一点につきる。

 襟裳岬に生きる人たちは、55年以上の年月をかけて、壮大な夢を実現したんだ。そう思う。だから、そこに生きる植物たちも、あり得ないほどに元気なのだと思える。

 そして、ここの植生っていったいなんなんだろう?何もないところから出発して、我先に「生きよう!」とする植物たちが競い合っている。湿性植物から、亜高山帯までの植物が道端にいる大地なんてほかにあるのだろうか?いつも、なんで、こんなところにこんな植物がいるのかしら?と思う。が、それも所詮、人間レベルでの常識に過ぎないことを自覚する。学者さんも一生懸命やっているのだろうが、それがすべてだと言いきってしまうのは危険なこと。人間は、その人の常識が増えれば増えるほどに、見たいものしか見えなくなる。それも真実。事実、何も知らずに森に入っていたときには、すべての物をみたいから、すべてのものが見えていたような気がする。この季節にはこの植物さんがいるはずだよ・・・と思うようになると、他のステキな植物さんがいても気がつかないことも増える。思い込みは、近くにいるはずのステキなモノ、必ずやってくるステキな未来をも、見えなくする。そして、思い込んだことが現実になっていくのだと今なら思える。過去の出来事が思い込みを作り、それがその人の常識になっていく。だから・・・、常識というのは、全ての人で異なるものでしょう。

 人間の切ない思い込みを一撃のもとに壊してくれるものが、現代に生きる人間には必要なことでしょう。今の幸せが未来の畏れを呼び起こすこともまた真実。生きる幸せよりも死ぬことの恐怖もまた、究極の畏れを生みだすのかもしれない。自分の執着とは何か?それを知って、向き合うこと。現代日本人にとって、とても大切なことでしょう。そしてそれは、一人で考えすぎると、益々畏れを呼び起こす。

 考えすぎてもダメ、何も考えないのもダメ・・・・、神様は人間にとてもすばらしいプレゼントをくれているのだと思う。何においても中庸をいく!これは、漢方の基本です。行きすぎたら戻る、戻りすぎたら進む。トータルとして中庸を行くのがベストなのでしょう。そして、それは、人間の時間軸で考えるのではなく、地球レベル、宇宙レベルの時間軸で考えられるようになったときに何かに気づくのかもしてない。

 人間の時間軸で考えることがいかに切ないことかを教えてくれるのが、大自然の理だと思う。植物、昆虫、動物、鳥、雲、波、岩、風・・・、その全てが揃っている空間に身を置き、そこに自分の心の欲するものを見つけ、涙する。そして、その証拠をポジフィルムに残し、振り返る。この繰り返しが私の8年間でした。今は、「生きる」というよりは、「生かされてる」という感覚で前に進めます。激しい怒りも、悲しみも、憤りも、惑いもない、その代わり嬉々とした大きな喜びもなくなってしまったけど・・・、今の自分が好きだし、幼いのころから思い描いていた理想の自分になりつつあるように思える自分が好きです。今は、いらないモノは、何一つないと思える。それは、人間に全てにとっての理でしょう。ひょっとして、いらない、必要のないと思っていることが、その人にとって、最も必要なことかもしれないし、絶対に必要だと思っていることは単なる執着で、現実には必要ないことなのかもしれません。もちろん、それは、人間レベルの時間軸ではありませんけどね。

 上の3枚の捩子花さんを撮らせてもらっている時には、もちろん腹這い。なので、お腹から、襟裳岬百人浜の波動が伝わってくるのです、「襟裳岬のネジバナさんは元気だよなー」と思いつつ、一番ステキだと思え角度からファインダーを覗き、そのすばらしさに息をのむ。自然、無呼吸状態になって、心臓の動く音だって感じ始める。心臓が高鳴り、もう息ができないと思った瞬間にシャッターを押す。この繰り返しの中に、人は、何かを感じるはずです。1枚の写真に1~2分はかかるでしょう。そして、シャッターを押した瞬間に、大きく深く、そこの気を吸い込む。これはね・・・、ぜひごいっしょしまよう!(笑)。

 やってみた人だけが感じて、分かる、未来永劫絶対に科学では説明できないすばらしいモノです(笑)。

 今週末は、読書、マンガ(海皇紀を読み切っちゃいました)など読みながら自宅でゆっくりです。2006年に初めての写真展を開催して以来何回写真展を開催したかしら・・・、もう数えきれません。で、会場でお名前&住所を書いてくださった方の数が、北海道だけでも700名を超えました。で、今回は、本州以外の方に、写真展、『植物エネルギーは、心のクスリ』の案内をお送りしました。2006年以来、それまで、私が想像していたはるか上の、いや、あり得ない人生を歩ませてもらっています。「生きながらにして生まれ変わった人生」と言っても過言ではないように思えます。今よりも、自分のことをもっと好きになるために、全てに対して恐れなく進める自分になれるよう、修行を続けます。

 写真展&トークショー・・・、以前よりまた進化した全てをお見せいたします。ぜひお越しくださいませ。

 心の中に空きスペースを作ったおかげで、今思っていることをちゃんと言葉に残すことができました(笑)。

 

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

第691話 ~ 捻花(ネジバナ) ~

 今日はHTBの「イチオシ!」に出演予定なのですが、鳩山首相の辞任で、番組編成が変わるかもしれないとのことです。午後2時まで連絡待ちなんです。

 で、先ずは、急な写真展のご案内です。6月18日(金)~6月30日(水)まで、札幌市北区北24条西4丁目にある画廊喫茶「チャオ」さんで「植物エネルギー 2010年・春」を開催いたします。新作品ばかりです。ぜひお越し下さい!

Dm201005_2

 私の友人たちにも出展をお願いしていますので、たぶん楽しい写真展になると思います。あと、私のスライドトークショーも開催予定なんですが・・・もう少しお待ち下さい。

 最近どんどん植物に関する依頼が増えてまして・・、先ずは当面、20日(日)には、北海道医療大学で開催される「薬草園を見る会」での講演「北海道の元気な植物たち!~当別町道民の森、神居尻地区の植物エネルギー~」を行うので、その準備など・・・、まあ色々です(汗)。

 焦らず、惑わず、騒がず、畏れず、怯まず・・・なんですけど・・・(汗)です(笑)!

 で、実はMyLoFEの7-8月号にもコラムを執筆することになっていたのですが・・・、すっかり忘れてまして(汗)、今朝5時から執筆中なんですが、少し焦ってます。締め切りは今週末までなんですが・・・、

 紹介する植物さんは、ネジバナさんに決めました。

 ここ何年か、ネジバナさんのステキな瞬間を撮り貯めているのですが、どれにしようかしら・・・、で、迷ってました。少し候補を絞りましたので、見てください。「これがいい!」ってのがありましたら、ぜひメール下さい。

 では行きます。

0032809 0032810

 同じネジバナさんですが、引いた感じと近寄った感じでこんなに雰囲気が変わります。

 さらに!下の2つの作品はいかがでしょう?

0033030 0033029

 左螺旋型と右螺旋型が隣どうしで(下左)と、捻れていないネジバナさん(下右)。

0010729s_2 0033025_2

 私個人的には下の作品が大好きなんです。過去の写真展にも出展しましたが、結構人気があって、毎年ポストカードを買ってくださる方がたくさんいるんです。

 タイトルは、「垂直力」といいます。ご賛同の方はHP上で拍手のボタンを押してくださいませんか?

0019511

 あと2時間で原稿を上げて、明日まで熟成させて、最後の味付けをして終了です。明日は大学に泊まって、朝1時半には、襟裳岬に出発します。11時に岬の駐車場で札幌から来る方たちと待ち合わせです。

 で・・・、昨日、突然、アポイ岳に登ることにしました(汗)。帯広市の友人から、とても刺激的なメールが来まして(笑)、「アポイは最高だぜ!」ですって。あそこはね、植物はすばらしいのですが、マダニの巣で、私、子供頃から何度もかまれて、病院のお世話になってるもんで、ちょいと引いてたんですが・・・、晴れたら、朝5時から登ります!

 で、朝9時半には下山して、そのまま襟裳岬の植物調査に出かけることにします。午後2時頃には、十勝に湧洞原生花園に向かい、そのまま帯広市に行って一泊。で、友人とお酒を飲みながら、アポイ岳談義に花を咲かせましょう(笑)。

 7月17日か18日に暑寒別岳に登る予定ですから、練習にはもってこいかもですね(笑)。

 まあ、どんどん行きますは。

 山から滑落でもしたら、骨でも拾ってくださいな(笑)。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ