2011年5月23日 (月)

1525話 ~ 道民の森、神居尻地区のミドリエンレイソウ??? ~

 先日のブログに、道民の森、神居尻地区のミドリエンレイソウさん!と言う名前でブログにアップしましたら、検索サイトでミドリエンレイソウで検索される方が増えちゃいまして・・・(汗)。
 あのー、正式名称ではございませんのでね。ただ、あの後、植物写真家&新種発見のスペシャリストの梅沢俊さんにお電話しました。「○○△△××・・・みたいなエンレイソウがいたんですが、なんという名でしょう?新種ですか?」。で、お返事は、よくいるんだけど、正式な名称はつけられてはいないとのことでした。で、「勝手にミドリエンレイソウって呼んでていいですか?」との質問に、「日本名で言ってるのはいいでないかい!」と言われました。
 ですので、ミドリエンレイソウというのは、私の植物エネルギーの世界だけということですのでね。ご了解くださいませ(汗)。
 で、再度アップさせていただきますね。
_mg_116201a _mg_11631b

_mg_116402

_mg_11693a _mg_11713b

_mg_11724a _mg_11734b

 踏み入った所一帯がこんなんばっかりでしたんで・・・、新種かと思ってしまいましたよ(笑)。

 いずれにしても、変わったヤツって、どこにでもいるんですよね(笑)。
 

|

2011年5月18日 (水)

1499話 ~ 当別町道民の森、神居尻地区 ~

 今朝、道民の森、神居尻地区の植物たちの様子を見てきました。
 朝6時半、到着です。
01
 暑寒別岳がはっきり見えます。
 昨年も5月18日に来ましたが、もっと雪がありました。
 さて、メインのコテージのそばの駐車場に車をおいて、散策路の植物さんたちの様子を見て歩きます。
02
 散策路・・・、あるにはあるのですが、その後のメンテナンスがあまりされたいないようす・・
03
 散策路内にクマイザサが進出してきています。
 北方系生態観察園の森も、こうならないようにしていかないといけません。
04
 マイヅルソウさんたちもいっぱいです。
05
 笹の中の蝦夷延胡索さんたち。
 笹を駆除していけば、もっと増えるはず。
06
 散策路脇の笹は刈払機で刈っているのでしょうね。枯れた笹が白くなってます。
 でも、これでは不十分。ちゅあんと根っこも駆除してやらないと翌年には、また同じことになります。
07
 このように何かの影響で笹が開いている場所には、カタクリさんやエゾエンゴサクさんたちが群落を作っています。この辺りの笹はクマイザサですから、笹の駆除は、それほど大変ではないはずです。
 ここに来る途中、大きなダムが建設中でした。山を切り裂き、森を削って道路を作り・・・、思わず涙がであそうになりましたね。ダム建設や、道路整備の工事の度にどんどん植物たちが減っていく!
 そんなものを作るよりも、森の整備にお金をつぎ込んだ方が、ずーっと後世に残るステキな仕事になると思うのですが、皆さんはどう思いますか?
 少なくとも、後世に多大な毒を残し続ける原子力発電よりもはるかにすばらしいと私は思います。
 この周辺が笹だらけの中で群落を形成していたカタクリさんとエゾエンゴサクさんたちを見ていたら、そんなふうに思ってしまったのでした。
 続けましょう。
08

09

10
 山から運ばれてくる清流は、山の元気と勇気そのものです。
 激しい流れが岩にぶつかり、微細な水分子となって空気中に浮遊する。私はこれが、マイナスイオンだと思っています。なので、ここの空気を思いっきり吸い込むと・・、邪は浄化され、気の巡りはすばらしくなるはずです。
 それに、ここの名は、
神居尻。特別仕様のマイナスイオンなり。

 さらに、一番奥にある登山口C-コースまで歩いて行きます。
11

12
 昨年の5月18日は・・・
Img_8788
 この辺は、昨年の方が雪が残っていました。
13

14
 ここまで来た理由は、サンカヨウさんを見るためです。
 これまでに見たことのないサンカヨウさんを見ることができました。
 で、ここからは戻りです。途中のBコース登山口です。15

 登山道には・・
16
 すばらしい!
 この神居尻山・・・、実は、この時期は山頂付近までカタクリさんがいてくれるんですよ!

|

2010年6月15日 (火)

714話 ~ Velvia50に写った道居尻地区の植物たち !~

 今朝4時半にオフィスに着きました。そして、昨日上がってきたスリーブ(5月30日撮影)をスキャニングしました。6月20日(日)の薬草園を見る会では、可能な限り、フィルムに写した作品をお見せするつもりなんです。

 あまりステキだったので、36コマの中に写しこまれた私の心の真の一部をお見せしちゃいます(笑)。20日の予告編ってことで・・。

 では、参ります。

0261803s

 横位置でも!

0261805s

 ミズキくんのすばらしい姿!何も言葉が出てきません!

 さらに、渓流沿いで撮影した作品を1枚。

0261820s

 エゾワサビさんの輝く一瞬です。

 そして最後はこれ!森の中のピンクのお星様です。

0261811s

 参ったなあ~(笑)。

 私の場合・・・、ポジフィルム、Velvia50で撮影している時は、完全に森の中に同化しちゃってます。なーんにも考えてないみたい(笑)。

 なので、心の底にある深い想いが、フィルムの上にのっかってきてます。

 ポジフィルムVelvia50、マクロレンズ、フィルム一眼レフカメラ・・・・、私にとっては必須アイテムなんです。

 で、今年は・・・、昨年と比較できないほどに、何かが見えてますね(笑)。

 さて、これから、スライド原稿の作成に入ります。

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

713話 ~6月13日、道民の森神居尻地区の植物たち ~

 7月上旬から、北海道新聞社にコラムを書きます。いつものように5日間連続の連載になります。タイトルじは、もうお馴染みになった「元気な植物たち! ○○編」です。○○とは・・・、いったい何が入るでしょう?漢字2文字ですよ(笑)。ぜひ読んでくださいね。

 さて・・・、今週は超ハードです(笑)。6月16日(水)は、北海道テレビHTB「イチオシ!」出演。18日は旧カネボウ薬品(現クラシエ薬品)でのサポート。6月20日(日)は、北海道医療大学で「薬草園を見る会」で、その夜は「チャオ」さんでスライドトーク。その間に、明日までには、日曜日の講演要旨を書き上げ、スライド原稿を作って・・・。北海道新聞社さんの原稿も3本くらいは上げたいなあ~(笑)。7月3日、4日の襟裳岬でのイベントの最終レイアウト・・・。んっ、なんとかなるだろ(笑)。余裕っす(汗)。

 ということで、少し植物エネルギーをいただきましょう。

 昨日行った神居尻地区の林床の植物たちをご紹介しましょう。

 暗くなった林床には・・、キバナノイカリソウさんや、オクエゾサイシンくんがひっそり!

20

 カタクリさんのでっかい実も熟成中です。来年、北海道医療大学のカタクリさんが終わった後に、行ってみませんか?

21

 そしてこれ!マイヅルソウさんです!

 やっぱり茎が長くて、葉っぱが大きい!絶対深い雪の中を進んで地上に出てるんですよ!すばらしい!

22

 ちなみに、襟裳岬のマイヅルソウさんは、図鑑に載っているヒメマイヅルソウさんみたいに小さく、お花どうしはぴったちくっついてます。北海道医療大学・北方系生態観察園のマイヅルソウさんと比べてみました。

28

 これって・・・、本当に同じ分類でいいの?って感じです。

 さらにいきましょう。

 渓流沿いの林床には、エゾワサビさん(下左)と、なんとカラマツソウさん(下右)。

 おもしろいですねえ~。カラマツソウさんがこんなところにいるなんてね。神居尻山の三叉路の分岐辺りで会ったのですが・・・。どうなってんだか。

23

 さらに、こんなんもいました。

24

 元気な植物たちがいっぱいです。

 どんどんいきましょう。

1

 そしてこれ!

 クルマバツクバネソウさん(下右)の葉っぱの大きさに注目です。ほんとに大きい!

26 

 最後はこれ!特殊系です(笑)。

 マイヅルソウさんなんですが・・・、葉っぱが変でしょ(笑)。ひょろっとした長い茎が、ツタウルシくんの葉っぱの中から飛び出してます。

25

 で、ご存知、マムシグサくんです。こうやって切り撮ると、アートかしら?

| | コメント (0)

712話 ~6月13日、道民の森神居尻地区の植物たち 管理棟へ続く森を抜けると池! ~

 管理棟に続く森の中の植物たちにつおては、またデス。

 で、暗い森の中を抜けると、コテージが見えてきます。ここは管理棟のある場所でもあります。

12

 で、ここを右手に行くと池があります。

07

 なんかピョンピョン水の上ではねてる!

13

 アメンボさんでした(笑)。子供の頃は、道路の水溜りにもいたよな・・・。

 アメンボさんをよーく見たのって何年前だろ・・・。40年以上まえになるかもしれない。子供の頃の感動がまた蘇ってきました。

 で、池のそばにはこんステキな植物さんが・・・

14 15

 いつも悩む植物さん!私はコリンゴだと思うのだけれども・・・(笑)。蕾の色と葉っぱさんで区別するのだそうだけど、実際、両方を同時に比べないとわかんない!

 で、林床のちょいとした日陰に芽をやると・・・

16

 ヤブニンジンさん(上左)に、たぶんテングクワガタさんでしょう。最初は、イヌノフグリくんかと思ったのですが・・・。

 しかし・・・、ヤブニンジンさんが大好きだ!なんて人はそういないでしょうが、私は、このお花、大好きです!

| | コメント (0)

第711話 ~6月13日、道民の森神居尻地区の植物たち 水源の森 ~

 6月13日の道民の森、神居尻地区の植物たちの続編です。

 管理棟のあるところから、一番低い場所にある看板、「水源の森」に入ってみました。一度は行ってみたかった場所なんですが・・・

08

 ここを行きます。ここは、一番春が遅そうなので、どんな植物たちがいるのか見てみたかったんです。

 なんと・・・、オオバナノエンレイソウさんとニリンソウさんがいました。それも背丈の高い!まだ春です。

09

 さらに・・・、オドリコソウ

17_2 

 ですが、日当たりの良いところでは、アキタブキさんがもう種を飛ばしていたり(下左)、頭上にはオニグルミくんの雌花(下右)と雄花が咲いてました。 春と初夏が合体している場所ですね(笑)。

 ずーっとダートコースが続きそうだったので、引き返して、森に戻りました。

 ただ・・・、戻る道すがらこんな植物たちも気になってしまいました。

18

 ついに・・・、イネ科の植物たちも極める修行開始かしら(笑)。

 イネ科の植物たちのお花も、マクロレンズで切り撮ると、芸術ですかね(笑)。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ