2013年8月12日 (月)

第3473話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャーアポイ岳に登る!~

 先ほど私の友人にて十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師さんの石原先生からメールがあって・・・

Dsc02722

 なんと・・・アポイ岳登山!

 お目当てはアポマンテマさんだったらしいのですが・・・、ちょいと残念だったそうです。

Dsc02716 P8111977

 上左は・・・ホソバトウキさん(アポイ岳タイプ)かな?葉っぱの感じがわからないですが・・・

 それと石原先生の大好きなアポイハハコさん(上右)!

 そして・・・

P8111953

 終盤だったそうですが・・・、これまた石原先生好みのイブキジャコウソウさん!

 皆、どんどん行きますねぇ~!!!

 すばらしいっす(笑)。

 









|

2013年8月 5日 (月)

第3456話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャー松山湿原に行く!!~

 タイトル通りです(笑)。

 私の友人で通称、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと石原先生が松山湿原へ出かけたそうです。

 メールが来て松山湿原の写真を送ってくれました!

P8041920

 登山道はエゾアジサイさんたちのエネルギーがさく裂してたそうですよ!

 で、石原先生のお気に入りは・・・、毛蟹蝦夷紫陽花!(笑)

 私の感性と共有できて大変うれしいですね(笑)。

 さて、気になる松山湿原トップの様子ですが・・・

P8041834

 はい松沼付近のタチギボウシさんたちが大ブレークしてたそうです!

 石原先生を待ってたのでしょうね!

 私が訪れた時にはまだ蕾ばかりでしたのに・・・・

 さらに・・・

P8041827

 やっぱり湿原全体が紫色になっているようです!

 これは・・・2004年よりもすばらしいです!

 今度いつ大ブレークするかわかりませんよー!

 ぜひぜひ日本最北の高層湿原の紫色を見に行ってくださませ!







|

2012年9月19日 (水)

2724話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャーが襟裳岬へ!! ~

 十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと友人で薬剤師さんの石原先生からメールがあって・・・

 9月9日に新たに見つけたヒダカミセバヤさんの群生地へ行って・・・、旬の植物エネルギーをゲットするために襟裳岬へ出かけたそうで・・・
Dsc00111
 これですね(笑)。

 なのですが・・・、全部枯れてたそうで・・・。十勝も襟裳岬も暑い日が続いたとかで・・・、あっと言う間の植物エネルギーだったようです。石原先生・・・、お察し申し上げます・・・としか言葉が見つかりません!

 来年、行きましょう!

 本当に植物ってやつは・・・、人間の想いとは全く無関係に生きてるのですよ。なので、植物たちの都合に合わせなければ旬のすばらしいエネルギーはゲットできない!のです。

 植物たちのことを知り、どこでどんな植物が生きてるのかを想像できるようになり、さらにその年の気候を予測し・・・etc・・・、最後に自分の予定を合わせる! そしてやっとThe Maxの植物エネルギーをゲットできるのです。
 私も15年経ってようやくってところで、まだまだ修行を続け進化しなければならないと思っています。
 とにかく1年で一度きりの出会いなのでね・・・、自分の予定を植物たちの都合に合わせることが肝要になります。

 それでも石原先生はすばらしい植物エネルギーをゲットしたようですよ。
Dsc01626s
 よく撮ったよね(笑)。石原先生はコハマギクさんが大好きなのでした(笑)。

 さらに・・・
Dsc01594s
 これ・・・、一目新種じゃないの???って思いました。

 花を見ればれっきとしたアカバナさんですが・・・、なんでしょね???

 こんな肉厚で丸い葉っぱのアカバナさんは・・・私見たことないです(笑)。北海道植物図譜(滝田謙譲著)で調べてみましたが・・・当然ですが掲載されれません!

 まあエリモアカバナってことにしておきましょう(笑)。

 私の植物の師匠の柴田先生に写真を送っておきました。

 ちょうど今日、植物分類学者
の門田先生に会うとおっしゃってましたから・・・、何かアドバイスが得られるかもです。

 しかしこれ・・・、ベンケイソウ科の植物みたいですよね(笑)

 おもしろすぎです(笑)。

|

2012年7月 5日 (木)

2544話 ~ 十勝植物エネルギーメッセンジャー、富良野岳をいく! ~

 今朝、友人にて薬剤師さん、そして十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと石原先生からメールがあって・・・
 富良野岳に行ったそうです(笑)。

 いや~・・・、極上の植物エネルギー&「
天空の気」をいただいているようですぞい(笑)。

 早速です!
01dsc01000

 あれは十勝岳??? ここは確か7合目付近ではないでしょうか?

 登山口の十勝岳温泉から・・・3時間はかかってるかしら???

 で・・・

01adsc01000 01bdsc01000

 上左の植物さんなんですが・・・、コイワカガミさん! 富良野岳の9合目付近で会えます。そしてコイワカガミさんといっしょにいるヒメイワショウブさん(上右)。この高い山のを自分の足で歩いてきたからこそ・・・植物さんたちから地球の元気&勇気が沁みるのです!

 最近・・・、高い山に登ってないよなぁ~(笑)。

 美深町のお仕事が終わったら・・・富良野岳、旭岳、黒岳、赤岳にもう一度登ってみようかしら(笑)。

 足腰が丈夫なうちに・・・とは思っているのですが・・・、今は道端の植物エネルギーにはまってるのです(笑)。

 さてお次です。

01cdsc01000 01ddsc01000

 エゾコザクラさん(上右)とエゾタカネスミレさん(上右)です。

 ん~・・・、やっぱり高山植物も良いよなぁ~!

 過酷な自然環境の中に生きる植物たちから伝わってくるパワーはすばらしいですね!

01edsc01000 01fdsc01000

 上左はトカチフウロさん。で、上右はエゾノツガザクラさんです。

 トカチフウロさんは、大雪山系の山々の中で富良野岳でしか会えなかったはずですね。

 富良野岳の植生は他の大雪山系の山々とは少し違うようです。コイワカガミさん、ウズラバハクサンチドリさん、エゾルリソウさんなんかも富良野岳の特徴でしょう!

 そう言えば・・・、十勝岳火口がなにやら不穏な状態だとかニュースで云ってたけど・・・

 私も2008~2009年は高い山に登って植物たちの垂直分布を知る修行をしてたっけなぁ~(笑)。

 石原先生に刺激を受けちゃったんでね、私も2008年の富良野岳の植物エネルギーを回想しちゃいましょう!

|

2012年6月12日 (火)

2480話 ~十勝の植物エネルギーメッセンジャー松山湿原へ行く!~

 久しぶりに十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと友人の石原先生から写真を添付したメールが届きました。

 十勝の植物エネルギーが届いたのかと思ったら・・・、なんと松山湿原、国道275号線の道端、さらには増毛町の植物エネルギーが届いたのでした。

 先ずは・・・
Dsc00799
 雨霧の滝付近では、キバナノコマノツメさんが開花!

 エゾノリュウキンカさんは終盤だったそうで、滝付近の林床にはタチツボスミレくんたちが咲いていたそうです。
 しかし・・・あり得ないほどの虫たちがいたそうです(笑)。

 元気な植物たちがたくさんいる所には当然それを食べにくる虫たちもたくさんいるのです。
 この時期、一番危険なのはブヨくんたちでしょう。彼らは黒いモノに反応しますのでね。そうですよ、クマさんだと思ってやってくるのですね。白系統の長袖 + ウインドブレーカー
、さらには防虫網付きの帽子、私の場合、アンメルツを衣服に塗って虫除け対策をします。
 たぶん樹木たちの葉っぱたちが展開し始めているのでしょう!全て虫たちのエサです(笑)。

 で、松山湿原は登山口からすぐの所にある大群落から・・・
Dsc00763
 すばらしいですね。サンカヨウさん!
 今が旬です。登山口入り口にある大群落・・・、実はこの後、10日もするとオオイタドリくん、ヨブスマソウくんなどのが繁茂して隠れてしまうんですよ。今が旬です。

 で、松山湿原トップ! ここは虫がいません!
Sdsc00770
 石原先生、海野先生が連続して松山湿原に入ってくれたおかげで、ここのショウジョウバカマさんは赤(咲き始め)からピンク系の花を咲かせるのだということが分かりました。
 これでエッセイが書けます!どうもありがとうございました。

01
 ショウジョウバカマさんとヒメシャクナゲさん。旬ですねぇ~(笑)。

 これで来年の写真展の作品は、何点か決まりましたよね!期待しています!

 朝11時にトップに着いて、夕方までいたそうですよ(笑)。

 お泊りは、ファームイントントさんだったそうで・・・美味しいジンギスカンをいただいたそうです。
 植物エネルギー&食物エネルギー全開かしら(笑)。

 で、驚きの報告が・・・
 美深町から国道275号線を南下、留萌市から増毛町に行ってから・・・十勝に戻ったそうな・・・
 総走行距離820キロですって(笑)。まだまだ行けるそうですとのこと・・・、間違いなく堀田菌にやられてますね(笑)。

 で、なんとか国道275号線の道端のエネルギーに会いたかったそうで・・・
Dsc00816
 見つけたそうです(笑)。終盤のミズバショウくんのそばに黄色いお花がびっしり!
Dsc00818
 エゾキンポウゲくんです!
 願いってのは念ずれば叶う!ってことなのでしょう(笑)。

 人は・・・、自分の見たいものしか見えないのです。逆に言えば見ようとすればなんでも見える!
 執着・・・みたいな想いが見えるモノのスペクトルを狭くしているのですね(笑)。

 で、最後は増毛町は、暑寒別岳の増毛ルートの登山口で・・・
Dsc00837
 フギレオオバキスミレの大群落!

 私の友人の自由人さんのブログにもアップされてましたが・・・、すばらしい所のようですね。

 私もいずれ!と思いました!

|

2011年9月21日 (水)

1783話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャーは小浜菊さんがお好き!~

 私の友人にて十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師さんの石原先生からメールがありました。
 天気が良ければ、私といっしょに襟裳岬・・・、なんてプランもあったのですが、ブログでお伝えした通りの天気になっちゃなんで・・・
 でも、彼は、来年第4回漢方・薬用植物研究講座 出前講座で訪れることになっている晩成温泉付近&今年、皆で行った湧洞原生花園へ出かけたそうです。
 で、この季節のお好みは・・・
01a 01b
 小浜菊(コハマギク)さん!
 実は、その前の週末にも出かけたそうで、その時の写真が上の2つ。
 蕾状態ですね。

 で、先週・・・
02a 02b
 ピンク色の蕾の小浜菊さんを見つけて(上左)、えらく興奮(感動)していたようです(笑)。
 襟裳岬の百人浜で終盤だった千島千振(チシマセンブリ)さんは、絶好調そうですね。

 彼の望んでいる一面、小浜菊さん!とはいかなかったようですが・・・

20110919_0031_1
 旬の小浜菊さんを見つけたようですね。

 彼は、今週も出かけるのでしょう!

 私も、美深町は松山湿原へ出かけます!

 つらつら思うに・・・・

 北海道の大地に生きる植物全て、どのステージも1年に一度しか見ることができないのですね。

 私は、いったい、後何回、すばらしい瞬間に出会えるのだろう・・・

 と、思う時、一日がとても大切に思えます。

 齢53歳、やりたいことは山ほどありますが・・・、優先順位をつけ、夢中になってやれるのは、せいぜい1番、2番でしょうかね(笑)。やりたいことの中から1番を選ぶのも、そして、それを急がず、焦らず、惑わずやり続けることも、人生の修行であり、心の中に湧き上がる勇気の1つなのでしょう。

 あれもこれもはできないものですね(笑)。

|

2011年8月31日 (水)

1726話 ~ 豊北、湧洞、晩成原生花園の植物エネルギー from 石原先生! ~

 昨晩、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師さんの石原先生から、十勝側河口付近の植物エネルギーが届きました。
 早速お届けしましょう!
 先ずは、彼のホーム、豊北原生花園から!
01s20110828_0033_1
 ヤナギタンポポさんの大群!海の向こうは釧路方面。
03s20110828_0069_1
 キタノコギリソウさんかしら・・・
 そして、チシマセンブリさんが旬のようでした。
 襟裳岬から釧路方面の太平洋沿岸には、私の大好きなチシマセンブリさんが、たーくさんいます。ですが、晩成原生花園の向こうと襟裳岬側では、その形態がまったく変わってしまいます。
02s20110828_0053_1
 株立ちして、お花の色も濃い紫色なんです。

 で、お次は湧洞原生花園のチチマセンブリさんと、絶滅危惧種のヒメハッカさんです。
04sb20110828_0119_1 04sa20110828_0091_1
 最後が、晩成原生花園のチシマセンブリさん。
05s20110828_0181_1

06ss20110828_0161_1
 随分形態が違います。晩成原生花園には、濃いヤツもいるんですよ。

 それにしても・・・、最初に石原先生と晩成原生花園でチシマセンブリさんを見て、撮影したのは何年前だったかしら・・・、もうかれこれ7年以上経った????
 あの頃は、全く植物さんたちの名前を知らなかったので、必死だったなぁ~(笑)。修行のために、何度も晩成原生花園、湧洞原生花園に通ったっけなぁ~(笑)。晩成温泉もすばらしかったし・・・。などということが鮮明に思い出されますね。あれから二人とも、植物エネルギーをたくさんもらって、随分歩いてきたですねぇ~。石原先生(笑)。

 皆さんは、どちらのチシマセンブリさんがお好みかしら?
 ヒメハッカも旬のようですし、シャジクソウもたくさんいたそうですね。
0620110828_0163_1
 高山植物たちは、そのほとんどが、店じまいで、冬に備えています。
 残るは、太平洋沿岸、オホーツク沿岸の海岸線が、今年最後に残されたお花畑です。寒い冬の備えて、北海道の旬の植物エネルギーで心をポカポカにしておきましょう!

|

2011年8月 4日 (木)

1680話 ~どこまで昇る、十勝の植物エネルギーメッセンジャー(笑)! ~

 昨晩遅く美深町から戻ってきました。途中、居眠り運転になりそうだったので、仮眠をとったら・・・、すっかり遅くなってしまいました。今日のお昼休みはムッくんこと、当別町の鍼灸師さんに身体のメンテナンスをしていただこうと思っています。
 そうそう、帰札途中、雨竜町の道の駅に寄ったら、写真家の岡本さんがいて、しばし写真談義に花を咲かせてしまいました。「根室はいいよー!」だって(笑)。そんな所まで行ってるんかい(笑)。って感じでした。上には上がいるもんですね。
 さて、今朝メールをチェックすると・・・、十勝の植物エネルギーメッセンジャーにて、薬剤師さんで友人の石原先生から驚きのメールが入ってました。
 大雪山は北鎮岳に行ってきたそうで・・・、えらく感動しているようでした(笑)。
 それも・・・、夜、石室に宿泊して、朝5時に北鎮岳に向かったとか・・・・(汗)。
 今年は、赤岳、夕張岳にも登ってるでしょ!「あんたどこまで昇るんやー!」(笑)
 まあ、高山の植物エネルギーたちは、石原先生にお任せしちゃいますよ(笑)。私は、ゆるく道端の植物エネルギーをいただきに行くってことでいいのかな(笑)。
 で、マップからです。
00

 仕事を終わってから、帯広から層雲峡まで車を飛ばして、ロープウェイ、リフトを使って黒岳石室までいったのでしょうか???日没に間に合うかどうか・・・、なんて言ってましたが・・・、すごいパワーです!

 で、朝5時に石室出発って・・・、あんたそんなに早起きだった(笑)???

 いやー、私の方が彼から元気と勇気をもらっちゃいますよね。すばらしい!

 で、朝5時!

01

 セピアっぽくってすばらしげ(笑)。地球のエネルギーもらいまくりださ!

02

 お鉢平ですか・・・、私は旭岳方面から中岳の辺りを通ったので、ここへは来てませんね。

03

 蝦夷高根菫(エゾタカネスミレ)さん。この子たちに会いたかったのだそうで(笑)。会えて良かったね(ニコニコ)。 私も何年か前に赤岳山頂で会いましたが・・・、こんな自然環境の厳しい所によくもまあ生きているもんだ!と感心しました。ここは稜線で、森林限界などはるかに超えてますからね、ひどい時には風速40メートル痿以上の風になるでしょうに・・・、植物たちの生命エネルギーには、ただただ感服するばかりですね。

 そして、ここに来た人だけにそのエネルギーを伝えているのでしょう。石原先生は、どんどん元気になっていく!

04

 深山種漬花(ミヤマタネツケバナ)さん。これまた生命力抜群のアブラナ科の植物さんです。今ふと思ったのですが、こんな高山植物って・・・、薬草として大変な効力があるんじゃないかしら・・・(笑)。

05

 北鎮岳山頂!ひょっとして遠く向こうの方で霧で霞んでるのが、旭岳?

06

 蝦夷岩爪草(エゾイワツメクサ)さんもステキですよねー

07

 薄雪唐飛廉(ウスユキトウヒレン)さん、蝦夷岩爪草(エゾイワツメクサ)さん、雌阿寒金梅さんのコラボレーションですか・・・、ステキじゃのー

08

 雲間雪下(クモマユキノシタ)さん。これは、私も大好きです!

09

 これは、小蝦夷栂桜(コエゾツガザクラ)さんでしょうか・・・ 、すばらしい!

10

 最後は、蝦夷子桜(エゾコザクラ)さんですか・・・

 石原先生、心のエネルギーは満タン以上だね。

 どんどんステキな植物エネルギーを探しに行ってくださいな!  

|

2011年7月 4日 (月)

1621話 ~ 十勝の植物エネルギー from 石原先生! ~

 十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと、薬剤師の石原先生から、旬の植物エネルギーが届きました。
019
 まだここは、知られていない湿原だと思います。
 7月末になると・・・サワギキョウさんで一面紫色になるんですよ。
 かつて、植物さんたちの修行してる時に偶然見つけました。
 十勝川の海岸線は釧路、根室まで、お花畑が続くと考えても良いです。本当に手つかずの自然が残っているんですよ。
 たとえば・・・、ランの大好きな方なら、よだれモードになると思われる・・・
0003032

 キバナノアツモリソウさんなかかが国道のそばに群落でいちゃったりするんですよ(笑い) 。

 北海道の自然は、かなり奥が深いと思います。

 で、この湿原には、フタマタキンポウゲさんの群落や、ツルコケモモさんの群落があるんです。
02_4
 石原先生は、フタマタキンポウゲさんをこう撮るんですね。すばらしい!
 で、彼の愛する豊北原生花園へ移動したそうです。
 途中の十勝太の海岸線です。
03_4
 この海岸線にも、絶滅危惧種の○○○○○がわんさかいます。
 で、豊北原生花園ですが・・・
05a 05b
 コケモモさん(上左)にホソバノキソチドリさん(上右)でしょうか???
 Igaさん当たってますか?

 それにしても・・・、夕張岳、先週は、赤岳・・・、ん~、石原先生、全開ですね。
 湧洞原生花園の情報もお願いしますね。

|

2011年6月22日 (水)

1585話 ~ 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、夕張岳を行く!~

 疲れが溜まってるみたい(笑)。なので、今日の昼休み、鍼灸師の石井先生(ムッくん)の所へ行ってメンテナンスをしてきます。なにせ、今週末も名寄&美深町松山湿原へ出かけますゆえ(笑)。
 さて、私の友人で、薬剤師さんの十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと石原先生から写真添付でステキなメールが届きました。
 なんと・・・、19日に、私のあこがれの夕張岳へ登ってしまった・・・そうです!!!!
 私の夢の1つは、夕張岳に生きる植物たち、裏大雪山五色ケ原の超ステキなお花畑に行って、仰向けになって空を眺めること!
 なのに、石原先生が行ってしまった!!!
 なんてすばらしい!
 早速、夕張岳の元気をお届けしましょう!
01p1010965
 ここを行ったですか???
 梅沢俊さんのお夏山ガイドによると、通常でも4時間以上かかる難度の高い山。
 石原先生は、6時半に登山開始で11時半に山頂だったそうですから、5時間!
 どこからエネルギーが湧き出るのか53歳(笑)。やるなぁ~(笑)。
 さていきなり、こんなステキな植物エネルギーに出会ったそうですよ。
02p1010950

04p1010951
 なんなんでしょうね、このシラネアオイさんたちの群落は!すばらしい!
04ap1010957 04bp1010975
 白いシラネアオイさんはフツウにいたそうです(上左)。
 それに、かなり高度が上がった所に・・・ユウパリコザクラさん(上右)。すばらしい!
 ソラチコザクラさんにも似てるようですが、上品ですね。
 そして、石原先生は、初めて見たそうな・・・
05p1010947
 サンカヨウさん。
 それも、透明花一歩手前!
 これまた地球のおりなす芸術でしょう!次の写真展ではぜひ展示してほしいですね。
 さらに蛇紋岩に出ると・・・
06p1010981
 上の写真左側がエゾノハクサンイチゲ(蝦夷白山一華)さん。右側が・・・、ミヤマアズマギク(深山東菊)さんに似てますが・・・、葉っぱが長いので梅沢さん説ではキリギシアズマギクさんってことになるのでしょうか?
 Igaさん、いかがでしょう?
 お次は・・
07p1010989
 ユウバリキンバイ(夕張金梅)さん。葉っぱが特徴的です。
 さらに・・・
09p1010992
 ナンブイヌナズナ(何部犬薺)さん。
 黄色のエゾイヌナズナ(蝦夷犬薺)って感じですね。
 それにしても、植物たちの生き難い超塩基土壌でも、様々な形態変化をしてでも、生きようとする植物たち。
 人間も、もう一度『生きるとは?』について考えてみる必要がありますね。
 『食うために!』だけは無しです(笑)。そんな当たり前のこと・・・、言う必要もないことですから・・・(笑)。

 それにしても、石原、ハードやねぇ~。
 私の行けないステキな場所へ行って、どんどんすばらしい植物エネルギーを届けてくださいな。

 しかし・・・、こんな場所で、地球の土に還ることができたら・・・、最高ですね!


|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ポジフィルム | マムシグサ | ミズオトギリ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心の元気 | | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 放射性物質(死の灰) | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 真冬の森 | 神仙沼 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美深松山湿原 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | オオバナノエンレイソウ