2013年3月 8日 (金)

第3097話 ~春のhanaトーク&パネル展 in 大通ビッセ 「スプリング・エフェメラル ~春の植物エネルギー~」!! ~

 お知らせです。
 3月10日(日)、大通ビッセ(1Fか2F)で春のhana トーク『
スプリング・エフェメラル ~ 春の植物エネルギー ~』を開催いたします(主催:さっぽろ花と緑のネトワーク事務局

 午後2時からです!参加無料!申込み不要!(笑)

 お時間のある方、ぜひお越しください!

 先月発刊した植物写真エッセイ『びふか松山湿原の植物エネルギー』も8冊だけ(重いので)持って行って即売します(サイン可)。
In_310
 チラシです!

 現在、スライド原稿を作っている所ですが・・・、新規スライドもたくさん用意していますのでね(笑)。
 お楽しみに!

 ちなみにスライド開始は・・・
1

 ここから始まりますー!

|

2012年11月22日 (木)

2900話 ~ 絶版&お礼! ~

008
 『
植物エネルギー ~北方系生態観察園の四季~』!!
 2008年、北海道新聞社さんから出版した植物写真エッセイ・・・、初版3500部が4年半で完売したそうです。
 しかしながら諸般の事情により増刷はしないことになりました。ということで、
絶版!デス

 私の人生にとって想定外の出版でしたが、多くの方に買っていただき全てを完売することができました。これまた私にとっては想定外の喜びでした。
 何人かの方から「いつも枕元において毎日読んでます!」、「病気の患者さんが元気になった」・・・etc・・・と云われ、私の方が逆にたくさんの勇気と元気をいただきました。
 いま読み返すと、顔が赤くなるほどに稚拙な文章ばかりでしたのに・・・、言葉では表現できないほどに感謝しています。本当にありがとうございました!

 今は、植物たちの素晴らしさを通して、地球を愛する人たちをどんどん増やしていけたらいいなぁ~と思っています。

 そうすれば、私の理想とする世界がいつの日かやってくる!そう確信しています。

 そして来年、植物エネルギー植物写真エッセイ第2弾は、写真はもとより、、編集、イラスト、エッセイを
他者の手を借りず、全て私たちだけで仕上げることができました。

 今度自費出版する『
びふか松山湿原の植物エネルギー』を私は大変気に入っています!
 北方系生態観察園を作り、さらに荒れ放題だった森を多くの人たちと協力しながらどんどんステキな里山にし続ける研究活動の中の1つに植物たちの写真撮る!があるのです。
 北方系生態観察園の植物たちから始まった旅は・・・ついに日本最北の高層湿原に生きる植物たちのエネルギーをお伝えできるまでになりました。

 北方系生態観察園よりも過酷な自然環境の中に生きる植物たちの生命エネルギーは特別です。私自身がありえないほどの勇気を元気をいただきました。そして、私の伝えたいこと・・・、漢方の極意・・・「気」、大地に流れる生命エネルギーとは何かを・・・写真とエッセイで余すことなく表現できたと思っています。『天空の気』とは?『水穀の気』とは?『目から取り入れる漢方薬』とは?・・・などなど・・・デス(笑)。

 一度ぜひ読んで、見てくださいませ!

 
 そして、これからも焦らず、急がず、惑わず、迷わず、ゆっくりと進んでいきますゆえ・・・、これまでと変わらぬ応援、心からお願い申し上げます!

 なお
 『植物エネルギー ~北方系生態観察園の四季~』は、私の手元に35冊ほどあります。もしも、ぜひ欲しい!という方がいらっしゃいましたら、私までご連絡ください!
電話&Fax:0133-23-3792
メールアドレス:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp


 

|

2012年4月13日 (金)

2261話 ~ 蝦夷延胡索さんとオオハナウドさんの一番芽出し見っけデス(笑)!~

 雪割りした後・・・、見つけちゃいましたよー!!!

 先ずは・・・
  _mg_9658
 風が強かったのですが・・・、なんとかデス!
 そして・・・
_mg_9637_2

 ここで見っけちゃいました!

 すんごくステキな植物エネリギーなり!

 早速お裾分けです!
_mg_9659 _mg_9660

_mg_9661 _mg_9663
 雪が無くなったとたんに・・・・、ワーイ!エゾエンゴサクさんの芽出しがたくさん!

 これをマクロレンズで見てシャターを押す! 『いただきます!』なんですよねー(笑)。
 極上です!

 さらにさらに・・・、太陽が顔を出して・・・
_mg_9665 _mg_9666
 あり得ないすばらしさ!

 今日はココロの億万長者なり(エヘヘ)。

 でもって・・・
_mg_9667 _mg_9668
 オオハナウドくん芽出しパワー・・・! いただきます!

 さて明日は襟裳岬・・・

 どんな植物エネルギーが待っているのかしら・・・

 ずーんとテンションアップです!

|

2011年10月20日 (木)

1841話 ~ 、植物エネルギーカレンダー 2012年 ~

 毎年恒例になりました、植物エネルギーカレンダー 2012年が完成しました。
 お値段は1冊1000円なり!
 予約承りますので、どしどし予約してくださいませ!

 電話&Fax :0133-23-3792(直通)、E-メール:maruhogenkinotane@mail.goo.ne.jp

 ラインナップは、このようになっています。
All2012

 それから・・・

 2012年4月6日から、富士フイルムフォトサロン札幌で写真展の開催予定です。

 審査を受けてからになりますが・・・、決まりましたら、お知らせいたします。

 来春のタイトルは『
植物エネルギー 北海道医療大学の森』か『当別町の植物エネルギー』のどちらかにしようと思っています。
 2006年の初めての写真展
植物エネルギー はるなつあきふゆで、北海道医療大学・北方系生態観察園に生きる植物たちの四季を紹介しましたが、あれから5年。北方系生態観察園の森には、たくさんの方が訪れるようになり、さらには、北方系生態観察園の植物たちの元気な姿をフィルムカメラで撮られる方もかなり増えました。そんな方たちの作品と私の作品をコラボレーションさせてみたいと思います。そして、ここ何年かは、当別町にある道民の森、神居尻地区の植物たちの元気も撮り続けていますので、もしかして、北海道医療大学&神居尻地区の植物たちのコラボレージョンも楽しいかもしれないと思っています。

 ぜひぜひごいっしょしましょう!

|

1840話 ~ ボッチャンカボチャ!~

 カボチャという植物のステキな食物エネルギー料理を紹介しましょう。
 野口農園さん直伝 + 堀田式です。

 で、カボチャの種類は、小ぶりながら甘味のあるボッチャンカボチャくんです。
07_2



 先ず、ボッチャンカボチャ(野口農園産)のヘタを中心に同心円状に包丁で切りこみ、取り出し、蓋として使います。
 次に、スプーンで、中の種を取り出し、その空洞に色々な野菜(主にキャベツ)を細かくきざんで詰めます。
 今日は、ニンニク(野口農園産)とキャベツ(美深町産)を入れました。

 この時、マヨネーズ、バターもお好みで詰め込んで、最後のチーズ(美深町、仁宇布の羊飼いのチーズ工房産のプロヴァチーズ)を入れ、塩(五島列島産)で味付けをして、蓋を閉めます。

08_2
 こんな感じですね。

 で、電子レンジで10分間ほど・・・
09
 今日のカボチャは大き目だったので12分にしました。

 すごーく良い香りがしてきます。

12
 12分後、カボチャの皮にまで油がしみてきます。

 で、蓋をとると・・・
11
 中が、チーズ、バター、マヨネーズのマグマ(笑)。

 最後に・・・
10
 絶品!
 オヤツにして良し、美味しいフランスパンといっしょでもグーですし・・・、お好みに合わせて!

 ぜひぜひ試してみてください!

 あー、美味しかった!

 幸せなり(笑)。

|

2011年10月 9日 (日)

1825話 ~ 長沼町の吉田農園&フェンネル! ~

 さて、お話は、戻ってしまいますが・・・、仲野農園さんに行った時、仲野農園さんのご近所に私の感性にピンきた農家さんがありました。
_mg_6530
 長沼スキー場の下に続く道の左側にある農園なんですが・・・、吉田農園さん!

 道を運転しながら、直売上のノボリがあって・・・・『
ブロッコリー!』。これって、おもしろくないですか?
 思わず車を吉田農園さんの敷地内へ!
01_2
 ありましねー(フフ)。産地偽装なしのホンモノばっかりです(笑)。が、誰もいない!
 『こんにちはー!』と叫んでも・・・・、シーン!物音1つしないのですね(笑)。

 ブロッコリー、カリフラワー、そして、黒大豆(納豆を作ります)・・・などを購入・・・・、でも、誰もいない!
 で、写真右側の青い色のドラムカンに着目してください!
02_2
 Wahahahahahahahahahaha!
 おもしろすぎ!
 かつて、こんなに笑わせてくれた農家さんはいなかったなぁ~・・!
 このドラム缶になんぼ(北海道弁)入ってるんだべ!

 いやー、癒されました(笑)。

 で、外に出て、道端を見ると・・・・
_mg_6511
 黄色い花をつけた、セリ科の植物さんを発見!

 まっ、まさか・・・ミシマサイコくんでは・・????

 違いました(笑)。

 茴香(ウイキョウ)、スパイス名はフェンネル!

 すばらしい香り!

 近寄ってもう1枚!
_mg_6515
 すばらしい!

 吉田農園さんのセンスの良さを感じたのでした!
 

|

2011年10月 4日 (火)

1816話 ~ 旬の食物エネルギー&植物エネルギー!玉葱&一位! ~

 先ずは、今朝5時半、自宅から見た東の空です。
00
 どんどん太陽の登ってくる位置が右側に移ってきています。日の光がどんどん弱くなっていくのですね。で、大地もどんどん冷えていく。陰の季節なのです。

 最近、食欲増進気味です(笑)。秋は、皮下脂肪を少し増やす!
 あらゆる動物の行っている対冬用の防御行動ですね(笑)。自己弁護しちゃいますが・・・
 最近、新玉葱を私の身体が欲していました(笑)。

 日曜日、笹刈り後、札幌に戻る途中に発見した、タマネギ農家さんの直売所。
01
 たまねぎという字に、ここの農家さんの玉葱に対する愛情を感じてしまった私。突撃するしかない!
 当別から行くと、石狩川を越え、ロイズのある三叉路を左折し、三車線の路を丘珠付近まで行くと、道の左側にあります。
 地図は、以下の通り!
  1
 中に入ると、山積みされたタマネギさんの袋がいっぱい。で、農家の親父さんが働いてました。
 私、『こんにちは!父さん、玉葱売って欲しいです!』。父さん、『お、買ってってくれや!うちは安いぞ!』。私、『タマネギ、すごく安くないかい?』、父さん、『生産者なんてこんなもんだぞ!小売で買うより、オレんとこから買った方が安いし、美味いぞ!それに、この辺の農家の中で一番安いんンだ!』。私、『それにしても、タマネギ小さくないかい?』。父さん『そうなんだ!オレが農家やって40年なるけど、こんな年は初めてさ。3月11日以降、なんか土地も天気も変なんだ!たくさん買っていってくれ!色んな人に宣伝してくれや!』。
 とかとか、色んな話をしてくれました。
 今年は、とにかく天空の気が、変なんですと(笑)。

 私もブログで樹木がおかしいことはお伝えしてきましたが、農作物も変なんだそうです。そういえば、春先、ミズナラ(ドングリ)くんが、あんなに花を咲かせていたにもかかわらず、森の中のドンクリは不作で、ヒグマ警報が出ているそうですよね。
 植物たちと会話していると、地球の異変が分かるのですよ。農家さんも分かっている!

 で、タマネギさんです。
02
 芽キャベツよりもやや大きめのタマネギさんが、いっぱい!
 形の整った野菜しか食べてこなかった現代人には、市場に出しても商品価値がないので、二束三文だとか・・・
 私の予想では、こんなタマネギだって、いずれ、我先に争いながら手に入れるような人たちがいっぱいになる時代が来るような気がしますね(笑)。日本人、大丈夫かな~(笑)
03
 SSサイズ5キロで150円!
 ポトフなんかには、最高だし、カレーにだってホールのまま使えちゃいそう。ラーメン屋さんが購入していくそうです。
04
 私の購入したのは、Sサイズ10キロ!
 さて、How much?(笑)

 サラダ用の紫色のタマネギ(たぶんSサイズ)は、5キロで500円なり!

 いかがでしょう?

 答えは・・・400円でしたー(笑)。合計900円なり!

 どんどんタマネギさんを食べちゃいましょう!

 堀田式卵料理です。

 タマネギを微塵切りににたっぷり、塩、胡椒で下味をつけて、オリーブ油をひいたフライパン上で軽く炒めます。
 甘いのがお好きな方は良く炒め、私のように辛いのがお好きな方は固めに。

 で、あらかじめ、卵をといておいて(自分の好きなだけ)、フライパンの上にざっとかけて、塩、胡椒で味をととのえてオムレツ風に仕上げます。後は、お好みのモノで(ケチャップ、ウスターソース、醤油・・・)で食べます。

 玉玉焼き!と名付けました!

 美味しいですよー(笑)。

 タマネギさんの大好きな方、ぜひ、この農家さんへ行くよろし(笑)!

 京極町の農家さんからもいずれ、美味しいタマネギが届くはずですし・・・(ニコニコ)。地産地消をどんどん実践していきましょう。

 そうそう、野口農園さんから分けていただいた大豆を使って、自家製納豆を作ってみましたよー!

 メチャメチャ美味しいっす!

 いやー、過去最高の納豆ですな(笑)。

 実に簡単に作れましたよ!

 興味ある方はぜひトライしてみてくださいませ。

 次は、味噌作りにトライしましょう!

 いずれ・・・、アルコール度1%未満のホリコフ麦酒も・・・(笑)。

 やりたいことがどんどん増えていく!!!!

 どーしましょうかね(笑)。

 私は、笑顔と感動の数が48億年前から私たち有機生命体の中に眠っている対放射能防御遺伝子(科学的根拠は無いですよ。私はそう確信してるってことです)を活性化させるのだと思いますよ(笑)。
 なんてたって、地球の誕生した48億年前は、放射能だらけの星だったはずですから・・・!

 さて、心が元気になって、体も健康になって、その上、今流行りの放射能に対する防御機構も活性化する!なんてことになる笑顔と感動という、口から飲む必要のない栄養素&クスリ・・・、効果があると思える方は、どんどん笑顔と感動を増やしていきましょう!

 なんてたって、『
生きてるだけで丸儲け!』じゃー、ありませんか?違いますか?

 さて、最後は、薬草園の中にいた、秋のすばらしい植物エネルギーです。
_mg_6475
 子供のころに良く食べた(笑)。

 通称オンコ!

 正確にはイチイ!

 なんたって、日本では縁起木の代表格ですよね。

 漢字名は、
一位ですもん(笑)。

 でも、なんで、日本人って
一位とか一番とか金メダルとか・・・、そうそうも好きだよね(笑)。

 で、一番になったら、オールマイティーで何をやっても、多くは許されちゃう。なんてことが多すぎですよね(笑)。

 これほどまでに、全てにおいて順番をつけ、他者と比較しながら自分の価値を見出そうとする民族って、あまりないよね(笑)。

 なんでだろ????

 私は、他者と比較しての一番なら、いらないな(笑)。私にとって、それは、もはや全く意味がない!

 自分の心の中にいる理想形の私との比較で精一杯ですからね(笑)。

 いつまで経っても、理想とする私には程遠い!

 修行は続くいつまでも、ランららラン♪♪って感じですね(フフ)。 

|

2011年9月29日 (木)

1809話 ~ 森の元気をいただいてしまいました! ~

 ついつい、森の元気をオフィスにいただいてしまいました。
22
 私の相棒の作品ですが・・・

 ステキです!

|

2011年9月 2日 (金)

1739話 ~植物押し葉標本③、ケゴンアカバナ!~

 最後はこれ!
05s
 あの雨霧の滝のすぐそばの苔むした岩の上にびっしりいたんですね。
Photo_2
 すばらしい!
 松山湿原周辺には、もう1種類、イワアカバナさんもいることが判明しました。
 まあ、エッセイ集では、アカバナさんで登場すると思います。

 しかし・・、以前出版した植物写真エッセイよりもハードワークです。が、とても楽しい!

 あっ、そうだ、全ての植物さんの学名()ラテン語名も調べておかなくっちゃ(汗)。

|

1738話 ~植物押し葉標本②、エゾイラクサ!~

 2番目の標本はこれ!
02s
 イラクサくんであることはすぐに分かりますが・・・
 たぶんエゾイラクサくんだとは思ったのですが、決め手がね(汗)。
 葉が2枚対生していて、托葉が2枚あるのでエゾイラクサくん(柴田先生より)。

 こんな触ると痒くなる植物を写真エッセイに???って思うかもしれませんが・・・
 なんてたって・・・
1
 こんなんなんでね(笑)。あまりにも美し過ぎる!
 たぶん、エッセイ集に登場します(笑)。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ