2012年6月20日 (水)

2499話 ~ 6月15日、千畳崩周辺の植物エネルギー!~

 午前8時から約2時間ほど千畳崩周辺の植物調査をしました。

 ここは冷たい風の通り道なのでしょう。春がやっとやってきた!そんな感じでした。

 先ずは・・・
01
 コケモモくんがやっと動き始めたところです。見事な春紅葉ですね(笑)。
 ここのコケモモくんは・・・大きな岩の表面の苔と共に生きてるのです。

02
 コヨウラクツツジくんが旬のお花を咲かせてました。
 被写体としてすばらしいコヨウラクツツジくんを探すのが大変(笑)。

04
 ウコンウツギくんが一人だけ咲いてました。東ヌプカウシ山のトップにもいましたが、高い山の方がたくさんお花を咲かせてたのにはびっくりです。

03
 クロバナハンショウヅルくん(上左)はもうすぐ開花!
 で、ここで初めてネムロブシダマくん(上右)に会えました。

05
 そして林床には・・・、ミツバオウレンさんが花盛り! 早春なのです(笑)。

08
 なぜかゴゼンタチバナくん(上左)もいたりして・・・、訳が分からん(笑)。
 コミヤマカタバミさんは私の季節感にはピッタリでした。

06
 マイヅルソウさんの蕾(上左)&ヒメイチゲさん(上右)。
 私の感覚では、ヒメイチゲさんは早春、マイヅルソウさんは初夏って感じなのですが・・・、このようば場所では一気にやってくるのでしょう!

07
 ミヤマオダマキさんは咲き始め!
 ハクサンチドリさんも1株だけ咲いてました。

 今週末は見ごろでしょうかね(笑)。


|

2012年6月 4日 (月)

2456話 ~ ピョータンの滝付近の植物エネルギー!~

 11年前、本格的に植物たちの修行を開始した時に十勝在住の方に教えていただいた場所の1つ・・・
 ここに訪れる時、かつて植物たちのことを何も知らなかった私がいたことを確認できる場所でもあるのです。
Dsc00828
 十勝千年の森を後にしてやってきました。
 平日なので、だーれもいない(笑)。
 この川は・・・、日本有数の清流、札内川です。この時期訪れるのは久しぶりです。

 途中、河川敷を走りかつて初めて会えたこの植物さんたちの様子を見てきました。
03
 植物名は・・・、
なんとかハナシノブさん(笑)。エゾノハナシノブ、トカチハナシノブ、ヒダカハナシノブ、ミヤマハナシノブ・・・、私にはどーでも良いように思えて・・・、あれから11年、学ぼうとする気が起きてきません(笑)。
 まあ、分類にエネルギーを使って人は、一生区別してやってくれ!って感じですね(笑)。
 来世にでも分類に興味が持てたら、区別する努力をしてみましょう(笑)。

 私は・・・この花はすべて蝦夷花忍にしちゃいます(笑)。北海道咲くすばらしい花って感じが良いですね(笑)。

 ピョータンの滝付近の植物エネルギーです。

Dsc00841

 ニリンソウさんとエゾオオサクラソウさんのコラボ! 春が遅いのですね。

Dsc00831

 この辺りは林床全てがベニバナイチヤクソウさんたちみたいなほどの群落があるのです。

 が、まだ蕾状態!

Dsc00833

 別の場所では一面タチツボスミレさんたち&オオバミミナグサさんたちの群落!

 私は、ミミナグサさんとオオバミミナグサさんが大好きです!

 マクロレンズでもいただきます!デス。

02

 どーですこれ? イイ感じでしょ(笑)。

 さらに・・・

01

 ヤマハナソウさんの咲き始めに出会ってしまったす(笑)。

 すばらしい!

 それとナイスなフォルムのフデリンドウさん!

 十勝もステキです!


|

2011年12月 3日 (土)

1957話 ~ 十勝千年の森! ~

 11月29日、朝早く(午前6時)に広尾町を出発し、中札内村から高速道路にのり、やってきたのが十勝清水町にある千年の森。
 すばらしい所でした。ホームページはこちらをクリックしてください⇒十勝千年の森
 
 かつて入植した人たちが離農し、結果、笹だらけのなってしまった広大な土地を再生し、多くの人に、様々な角度から森のすばらしさを伝えようとしている、そんな場所です。

 それで、2012年6月2日~10月8日まで、『HOKKAIDO GARDEN SHOW』(北海道ガーデンショー)が、開催されます。ロングランですね。
_mg_7518
 で、なんと、私が、ここの森の散策ガイド(たぶん2回ほどになるかと・・・)、スライドトークショー、写真展の依頼を受けたのでした。その日程、内容の打ち合わせのために、ここに訪れたのです。
 なんでも、ここのスタッフの何人かが、私が北海道新聞社から出版した植物写真エッセイ『植物エネルギー、北方系生態観察園の四季』を読まれたそうで、平たく言えばファン!(笑)。
 10月のある日に北方系生態観察園まで来てくださって、オファーをいただき、この大きなイベントに招かれることになったのです。
 とてもうれしい! 

 どんな場所にあるかと言えば・・・
 先ずは、国道沿いにこんな看板がかかっています。
20
 帯広から富良野方面に運転していると、この看板が立っていて、国道を左折し・・・
21
 後は真っ直ぐに日高山脈に向かって車を走らせます。

22
 もう目の前が日高山脈!
 すばらしい波動が伝わってきます。

 で、到着。
23
 手前がスタッフの新谷さん。奥の方が十勝毎日新聞社の西山さん。お二人がお出迎え。
 新谷さんは、本州からの移住者で、「本州人なら、ここの全てにあり得ないほどの感動を受けるに・・・、北海道に住んでいいる人たちにぜひこの価値を分かって欲しい!」とおっしゃってました。私もそう思います。
 西山さんに十勝毎日新聞社のことをお聞きしたら、十勝毎日新聞社では、自分たちの使う紙分、森の再生、植林事業をやっているとのこと。すばらしいと感じました。

 簡単なブリーフィング後、園内を散策・・・・
 なのですが・・・、ハッキリ言って、広すぎ(笑)。

 例えば・・
24
 農薬一切無しの天然芝の・・・なんて言えばいいかしら(笑)。
 とにかく広い!
 ホームページのマップをご覧になってください。フツウに一回りすれば3時間はかかるそうで・・(汗)。
 この日も軽く40分ほど散策しましたが、半分も・・・、って感じでした。

 この中で私が最も魅かれたのが・・・
25
 ここ!
 日高山系から流れ出る清流があって、そこに森がある!植物たちがいる!
 春先、エゾノリュウキンカさんや、シラネアオイさん、なんかが咲き乱れるそうです。
 なんでもニリンソウさんだけがいる谷もあるとか・・・
 でも、この樹木は二次林です。で、林床は笹だらけだったそうで、10年以上かけて、ここまでにされたそうです。
 私の愛する北方系生態観察園の何十倍もの広さを持つ千年の森。

 こんな場所で、植物エネルギー、心身一如を伝える専属スタッフになっている夢を瞬間最大でイメージしてしまいました。さらなる修行の先に、なんか、将来どこかで、そんなことになるといいなぁ~(笑)。

 それにしても、本当に日高山脈のすぐ麓なんですよ。
 来年5月~6月にかけて、思いっきり山奥に入ってみようかと思ってます。

 たぶん、とてもステキな植物たちに出会えそうな気がしますね(笑)。

 それにしても・・・、色々な方が、すばらしい大地に訪れる機会を作ってくださる!
 襟裳岬の人たち、広尾町の人たち、美深町の人たち、十勝清水町の人たち・・・

 きっと、これまでに無い新しいステキな何かをしろってことですよね(笑)。と思って修行を続けることにしましょう(笑)。

 詳しいことが決まり次第、ブログにアップしますので、私のイベント日にはぜひぜひお越しくださいませ!

 まあ、来年も、今年以上に・・・ですね(笑)。

 
 

|

2011年12月 2日 (金)

1956話 ~ 十勝大平原の朝! ~

 11月29日早朝、中札内村辺りで夜が明けました!
15
 ステキなグラデーションです!

16
 朝霧の中、雲の間からお日さまが、顔を出し、大地を照らす。

17
 この日も地球の元気をいただきました。

 私の背中の風景も・・・
18
 すばらしい朝でした!

|

2011年6月24日 (金)

1600話 ~ 歴船川沿いの河原では・・! ~

 襟裳岬周辺、十勝平野、美深町、大雪山、ニセコ、もちろん北方系生態観察園・・・etc・・・
 北海道の大地はステキなモノばかりです。
 その中で十勝平野。中でも、人を寄せ付けない日高山脈の元気を運んでくれるキレイな川沿いには、当然、すばらしい植物たちが息づいています。
 日本でも有数のキレイな川である、札内川、それから、川くだりなどもできる歴船川。
 この河原にな不思議なことが起こる(笑)。
 歴船川沿いにあるとある河原です。ここは、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと友人の石原先生に教えてもらった場所ですが・・・、超ステキなんです。
02_2
 今年の5月9日に訪れました。大地に腹ばいになっているのが石原先生、その足元の向こうには雪融け後で増水した歴船川が流れています。
 で、石原先生の頭の方向の先には・・
01_2
 15メートル以上の岩壁。
 で、少しピンク色が岩壁に見えますが・・・、近づいてみると・・・
03_2
 ソラチコザクラさんがいっぱい!
 で、河原には何がいるかというと・・・
04
 シラネアオイさんとエゾキスミレさん(Igaさん、これオオバキスミレさんじゃないですよね?)
 さらに・・
05_2
 オオバキスミレさん!
 なんたって河原なんでね(笑)。種が上流から運ばれてきたとしか思えません。
 で、6月14日になると・・・
 ここは、アキタブキなどで私の背丈ほどのブッシュになるのですが・・・
 岩壁には、昨日お見せしたように・・・
08
 ミヤマトウキたちの大群落と言っても過言ではないでしょう。
 で、深いブッシュの林床にもすばらしい植物たちが息づいていました。
06_2
 オオヤマオダマキさんでしょ(笑)。
07
 ある場所は、ベニバナイチヤクソウさんの大群落(上左)。
 そ、それと・・・、これは・・・少し色が薄いんですが、ヨツバシオガマさん!当別町のIgaさんにも確認しましたので間違いなさそう!
 これって、かなりの高山にいる植物なんですよ。
 やはり、種が流れてきたのでしょうね。フツウとは、形態がかなり違います。
 例えば、暑寒別岳9合目にいたヨツバシオガマさんは・・・
0114834
 こんなんですしね。
 赤岳の8合目付近にいたのは・・・
0030626
 高山帯に生きる植物たちには、やはり勢いがあります。

 それにしても、この河原・・・、摩訶不思議なり!



|

2011年4月10日 (日)

1412話 ~十勝平野のエネルギー その4 ~

 石原先生と飲んだお酒がことのほか効きまして(笑)、朝4時半に起床するつもりが、5時半に!

 まあ、しょうがない!

 で、朝6時に帯広市を出発して、高速道路で中札内村へ、その後は、いつも通り!

01_2 

 上札内川上流にあるピョータンの滝です。ここはさすがに冬だと思っていましたので、植物エネルギーは期待してませんでしたが・・・、だーれもいないこの場所は・・・ステキです。日高山脈からやってくる元気が冷気といっしょになり実証の私の心に沁みてくる!

 ここは、寄ってみただけ。

 それにしても、この時期十勝平野に来たのは初めてなのですが、実にすばらしい!

03_3

02_3

04_5

05_4

 どーですかこれ!

 素晴らし過ぎ!

 日高山脈の山頂が真白な雪!

 そして、人は誰もいない!

 なんか、私一人だけのモノって感じです。「幸せはがい締め!」(笑)。

 こんなステキな瞬間があるなんて知らなかったなー・・・。来て良かった!

06_6

 日高山脈の下を走る野塚トンネル。十勝側です。車が2台止まっていて、スノシューで、お登りさんしてるみたいでしたが・・・、何やってんだろ???

 まあいいや!

 で、真っすぐに天馬街道で、浦河町のとある場所へ!

 ソラチコザクラさんの様子を見に来ました。

08_4

 Oh!岩壁に小さな葉っぱが、たーくさん!

09_3

 先っぽに紫色の蕾が!!!!もうすぐ咲きそう!

 今年もタイミングがバッチリだといいんだけどなぁ~

 で、3日前に行った観音山に!

10_4

 おー、咲いてる咲いてる!

 しばし一人で大撮影会!

11b 11a

 キバナノアマナさんも咲き始めてます。

 それと・・・

12a_3 12b_3

 アズマイチゲさん!

 旬ですねぇ~。ムッくん、23日は、たぶん絶好調ですよ(笑)。

 最後は、The Maxのアズマイチゲさんで!

13_2

 今日はお疲れなので、これから爆睡します(笑)。

|

1411話 ~十勝平野のエネルギー その3 ~

 さて、広尾町の探検は初めてです。

 直観で行きますか(笑)。

 先ずは、きれいな川のある沢へ入ってみました。

01

 イイ感じだったのですが、地形的に日陰。道路が良かったのでついつい来てしまったのですが、ペケ!

 で、その道路を道なりに進むと、いきなり黄金道路に出ました。

02_2

 なんという名の集落かは、忘れてしまいました(汗)。この時期、切り立った岩壁には、植物たちはまだ動き始めていないことを知りつつ・・・

 覆道の上にあがってみました。

03_2

 この下が国道です。っと、頭上からカラカラと音をたてて、大きな岩がころがってきました。ここは危険な場所です(汗)。

 なので、40メートルはあろうかという急斜面に・・・

04_4

 で、特別仕様のフキノトウくんを発見。

06_4

 頑張ってる!(笑)。

 ということで、別の沢に再突入です。

 広尾町役場のある、そのまた奥へ。

07_3

 なんか良さげでしょ!

 しかし・・・、またも挫折。途中から雪のため通行止め!!

 で、悔しいのでその横の林道を行きました。

08_3

 この川には何か所も砂防ダムがあって・・・

08a

 すごい水量で・・

 で、河川沿いにこんな立札が・・・

09_2

 こうでなくっちゃ!

 漁師さんたちが植林しているのかもですね。

 しかし、ここも日陰のため、植物エネルギーゼロ!

 とぼとぼ引き返して・・・

 今度は南向きの沢に入ることにしました。

 なかなかよかったのですが、いたのは福寿草さんだけ。

 なのですが、この辺りの山の持ち主がご家族で倒木を軽トラックを使って運び出していました。

 少しお話をお聞きしたら・・・、「なんだ山菜採りじゃないんだ!だったら俺の山に上がってみれ!」。

 ということで、そこに行ってみました。

10_3

 ここなんです。で、15分ほど登ると突然・・・

11_3

 何かあったらここで住むつもりなのでしょうね。マキがたくさん積まれていました。すばらしい隠れ家!

 私も欲しい!(笑) 

 しかし、何よりも、この右手の斜面に植物エネルギーがたーくさん!

12a_2 12b_2

 元気な福寿草さんがたーくさん(上左)。そして・・・小さいけれど、カタクリさんが・・・、たーくさんいました(上右)。つ、ついに植物エネルギーゲットです。それも、カタクリさんだなんてね。最高なり!

13a 13b

 さらに、エゾオオサクラソウさんも蕾を抱えて(上左)。

 そして、このノリ面に1枚葉のカタクリさん????たぶん3年物「くらいでしょうか・・・、でも何故???

 で、このノリ面の上に目をやると・・・

14

 こぶりのカタクリさんが、林床一面に!

 種が急斜面をころげ落ちたのか・・・、蟻さんが運んだのか、どちらかですね。

 かなりの運動量にて、お腹がペコペコ!

15

 道路の歩道に腰をおろし昼食です。春風に吹かれ、遠く日高山脈を見ながら・・・

16

 前日実家に寄ったときにオフクロが作ってくれた、明太子入りオニギリ、半熟ゆで卵とお茶!

 最高のご馳走です!

 この後、帯広市に入って、午後3時から講演でした。

 なんと、卒業生がたくさん駆けつけてくれて・・・、懐かしい想いが蘇ってきました。

 みんなステキな薬剤師さんになって・・・、ただただうれしい!

 教員冥利につきます。皆、ありがとうデス!

 講演終了後は、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと、友人の石原先生宅におよばれされ、奥さんの手料理を食べ、美味しいお酒を飲みながら、今年の植物エネルギー作戦を練り上げ、心のエネルギーは200%!

 石原、奥さん、どうもありがとうでした!

 カタクリさんを見ちゃった以上、心のエンジンは全開なり!

 明日は、朝4時起床!で、北方系生態観察園の森に入ることにしましょう!

|

1410話 ~十勝平野のエネルギー その2 ~

 ぐーっすり眠って、朝4時にスッキリと目がさめました。

 窓の外を見ると快晴らしい!!!

 昇る太陽の光を浴びに、いざ出陣!

 シーサイドパークまで車をとばし、水平線に目をやると・・・

04_3

 超ステキ!!!

 やがて・・・

04a

 来ました!

04b

 光の道が私の方へ向かってきます。

05_2

 ワーイ

 無邪気にうれしい!

 アップで!

05a_3

 この瞬間、すべての光は、私のモンです(笑)。

 やがて赤い光は、だんだんと白い光に変わっていきます。

 釧路方面はこんな感じです。05b

 広尾町方面です。

05c

 後ろを見ると・・・

06_3

 日高山脈も森も赤い!

06b

 広尾町市街。っと、なんだかたくさんのエンジン音がする。

07a_3

 たくさんの船は出漁です。後で下沢さんにお聞きしたら、ホッキ貝の漁だそうです。

 で、こんなシーンも・・・

07_2

 かっこイイ!

 十勝平野の元気が海にまで注がれる!

 まだ5時半。朝ご飯までにはまだまだ時間があります。

 で、シーサイドパークを散策です。

07b_2

 こんな建物が・・・

 さらに・・・

07c

 だそうで・・・、ちゃんと植物愛好家がいるんじゃないかしら・・・

 このシーサイドパークは閉鎖されたまま・・・

 空き地はフキノトウの大群落でした。

08_2

 Velvia50でも撮影させてもらいましたが・・・、過去最高のフキノトウくんの作品になるかもしれません。

 で、森の林床で植物エネルギー発見!

09a 09b

 アズマイチゲくんの蕾!

 朝の光を浴びた全てのものはエネルギーに満ちてますね。すばらしい!

 

 たくさん歩きまわったので、お腹がペコペコ!

 ホテルに戻って朝食をいただきました。

 下沢社長自らが調理してくださいました。

10a

 朝食も豪華過ぎ(笑)。

 で、この魚は・・・、ホッケなんですが・・・

11_2

 一夜干しのようで、実は違った。獲れたてのホッケを3枚におろし、一晩冷蔵庫でねかせたものだそうです。すばらしい味でした。

 さらに・・・

10_2

 なんとボタンエビくんの味噌汁!!!超豪華!

 朝、漁があれば、踊り食いを出すのだそうです(笑)。

 さらに、生まれて初めて食べたのがこれ!

12_2

 漁師さん仕込みのイカの塩辛を半生状態に焼いたものです。

 焼きイカ風塩辛って感じで、ご飯が進む進む!

 もう、こんなモノを食べちゃったら、どんどん前に進むしかないでしょ(笑)。

 本当にごちそうさまでした。

 午後2時までに帯広市に入れば良いので、12時に笹川先生を迎えに行くまでに、広尾の山の中を探検です(笑)。             

|

1409話 ~十勝平野のエネルギー その1 ~

 4月8日から2泊3日で広尾町&帯広に出張してました。

 久しぶりの十勝平野訪問でしたが、やっぱり元気になる大地ですね、すばらしい!

 4回に分けてお見せいたします。

 8日は朝4時半に出発しました。あいにくの雨。結構強い雨だったので、襟裳岬経由ではなく、浦河町から天馬街道経由で先ずは広尾町へ・・・、なのですが、西様似町の観音山頂上の植物さんたちの様子を見てからにしました。

01a 01b

 やはり!エゾエンゴサクさんが今にも咲きそう(写真上左)ですし、キバナノアマナさんも開花しそう!

 こりゃ、戻りの10日も来て見るしかない(笑)。で、天馬街道で日高山脈を突き抜けて十勝に入りました。

02

 まだまだ冬って感じです。

03

 野塚トンネルの日高側です。ここを行きます。

04

 トンネルを抜けると、そこは十勝!雪が多いですね。

 で、一気に広尾町に入って、村瀬町長さんとスタッフ2人、笹川先生と私で昼食をとりながら7月17、18日のイベントの打ち合わせ。広尾町の受け入れ態勢はノリノリでした。広尾町の後援もOK!になりそうですし、講演会場もなんとか都合をつけてくれるとのことでした。そして夕食会には町長さんなども参加してくれそうです。

 広尾町でも盛り上がりそうです!

 広尾町役場の皆さんと別れた後、すぐに、宿泊先のホテル大宝へ

05

 7月のイベントは、貸切です。現在、38名がこのホテルに泊まることに!

 今回は、バストイレ付きシングルルーム(洋室)がかなり、ツインルームも3室、3人部屋の和室と6人部屋の和室が少々・・・、部屋割りは去年よりも楽にできそうです。

07a

 私が今回泊まったのはツインルームです。禁煙室はないので、少しタバコのにおいがしますが、我慢してくださいませ(笑)。

 で、社長(船長)さんの下沢さんです。

05a1

 下沢さんは、若いころ北洋サケマス船、カジキマグロ船などに乗っていたそうで、本物の海の男かつ船長さん。そして料理人でもあります。

 私は、ここに4回目。料理もえりも観光館と甲乙つけがたい感じです。

 2時間ほど、ガッチリと打つ合わせをさせていただき、これで万事OK!

 料理の内容は・・・7月までお楽しみってことで、お願いします。

 日没までに2時間ほどあったので、広尾町の町を散策です。

 太四朗の森にも行きました。写真も撮ったのですが、泉さんに電話をしたら、今はブログにアップしないで欲しいとのことでしたので、残念ですが、後日、泉さんといっしょのときに!5月8日に来ようかと思っています。

 で、雰囲気でいろいろ回ってみました。

05aa

 ここをまっすぐに行くと。天馬街道で、日高山脈にぶつかります。

 しれにしても・・・、広い!そして、人がいない!すばらしい「気」を思いっきり吸い込みました(笑)。

05a

 渡り鳥かしら・・・、すごい数の群れです。

05aa1

 道端にはアズマイチゲさんが・・蕾です。

05aa2

 だんだんと日が沈んで、赤い光になってきました。木々たちが動き始めてます。

 川が流れゆく先は、太平洋。

05aa3

 後ろを振り向くと、これまたステキな光が!

 植物エネルギーをゲット!

 ネコヤナギくんです。

07a_2 07b

 撮影に夢中になっていたら、本当に日が暮れました。

06_2

 この道を真っ直ぐに行くと広尾町です。

 ホテルに戻る途中、シーザイドパーク(エンレイソウさんの群生地として有名です)へ寄って1枚!

07

 なんとも・・・、黄昏時!ここにも人はいません。

 で、ホテルに戻って、汗を流します。

08

 お風呂は1つ。男女、時間別え入ることになりそうです。

 でも、今回は、大部分のお部屋にバスが付いているので、自室で汗を流すのも可ですね。

09

 こぎれいなお風呂です。

10

 サウナもありました。

 さっぱりした後は、夕食です。

11

 大きな水槽! 毛ガニくん、エゾバフンウニくんが泳いでる(笑)。

 夕食会で使う会場もステキです。

13

 で、この日のメニューです。

12a

 シシャモのテンプラ、炙りサーモン(広尾産)、カレイの煮付け・・・・

 で、汁ものが・・・

12

 タラバガニくんのカニ汁!!!

 やっぱり野菜がないのね(笑)。

 「野菜なんか入れたら、味が薄くなるべや!」だそうです(笑)。美味しいけど、毎日は食べられないよなー(笑)。

 極めつけはこれ!

12b

 もう何も申しますまい(笑)。

 充実した1日でした!

 

|

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ