2012年2月28日 (火)

2157話 ~ 裸のフクシマ!~

 先日ブログにアップしました、たくきよしみつサンの執筆された『裸のフクシマ』が届きました。
003
 途中まで読みましたが、言葉にならないほどの重みがあります。
 現実を知る1つの大切な本です。

 この方、終の棲家を越後の豪雪地帯に決め、古い家を購入し、10年以上の歳月をかけて手を入れ、さあ住もうとした時に2004年の中越地震で家が完全につぶれ、そこは住んではいけない土地になり、次に探したのが、福島県双葉郡川内村だったのだそうです。で、この本も、ご自宅で執筆している。そう冒頭に書かれていました。

 私の情報収集では感知できなかったことがたくさん書いてあります。
 読んでみる価値はありますね。
 もしも北海道で同じことが起こったら・・・、さて、どーする? いつも考えておきたいことだと思います。
 この本からは、学ぶことがたくさんありそうですよ(笑)。

005
 見開き1ページだけをアップしておきました。



|

2012年2月25日 (土)

2142話 ~ ぜひアクセスしてみて欲しいブログ!~

 昨晩、友人の一人が、「このブログにアクセスしてみてほしい!」とのメールを送ってきました。
 http://gabasaku.asablo.jp/blog/

 
福島第1原発の30キロ圏に住んでいる元朝日新聞のHPでコラムを書いていた方で、たくき きよみつサンという方のブログです。
1
 本も出版なさっているのですね。すぐにアマゾンに注文してしまいました(笑
)。

 少しだけブログの内容をアップしましょうか・・
23

 ということで・・・、なかなかしっかりした洞察眼をお持ちの方です。

 もしも、これが本当だとしたら・・、残念なことですが、かなり想定内ですね(汗)。

 帰村宣言が出たのに村に戻らない真の理由・・・!!!

 命が惜しいのではなく、お金が惜しい!!ということを述べてらっしゃいます!!!

 全ての人が、こんな人たちではないことは間違いないことですが・・・、現代社会では、ひょっとしたら・・・、メジャーな人種かもしれない・・・ってことを想像したことがあるでしょうか?

 全ては・・”お金”、”お金”

 ”お金”が無いと生きていくことが難しいことも事実ですが、”お金”だけあればヒトとして生きて行けるのか? 考えなければいけない時代なのかもしれませんね(笑)。

 お金って、いったい何なのでしょうね(笑)。

 原発に限らず、『楽をして過ぎたるお金をもらう』、『労働無き対価』・・・etc・・・、が長く続き、それが無意識に当たり前になった時に、ヒトのココロから光が失なわれてしまうのかもしれませんね。これは、自分への戒めでもありますが・・・

 答えなんてないのかもしれませんが、”過ぎたる欲!”・・・いつもココロの中に止めおきたいことの1つです。

 とにかく・、一番大切なことは・・・、私たち一人一人のココロの有り様で、全てのモノ、事は、善にも悪にもなるってことです。私たち一人一人のココロの色が・・・、全てのモノ、事に反映されるのです。

 そして・・・、騙される側も騙した側の人間たちは・・・、たぶん同じ土俵の上に生きてるのだと思いますね(笑)。

 あまりよけいなおせっかいをしないことが肝要です。

 もしも、今、泊原発が、福島第1原発と同じことになったら・・・、なんて想像したことがありますか?

 私は、いつも考えてますよ(笑)。 いつもです!

 日本人の多くは、「何かあったらどーする?」ってことを、繰り言のように言いますが・・・・

 私から見れば、地球にとってどーでも良いことばかりですね(笑)。もっと言えば、自分の立場が悪くなること、お金が減ること、財産が減ること、他者から悪く思われたくないこと・・・etc・・・だと思えますね(笑)。

 まあ、人それぞれですから・・・、その先にある結果を知ってから・・・、考えるのも良しでしょうが・・・

 皆一緒だなんて・・・、私はまっぴらごめんですね(笑)。誰を、何を基準にして、そんなこと云ってるんだかなぁ~(笑)。

 私は、色々なことを考え、学び、知って、自分の行動全てを自分で解説し、納得したいのですね。もちろん時に後悔することもあるけれど・・・、常に地球と共に・・・、これって大きすぎかな(笑)・・・、だったら北海道の大地にしましょうかね。美しい北海道の大地がが喜ぶように生きたいと思うのです。

 なんだかんだ言ったってさ・・・、地球だっていつかは宇宙から消滅する。それは、絶対真理なんですよね(笑)。

|

2012年1月10日 (火)

2030話 ~ 平井憲夫氏の遺言! ~

 平井憲夫さんという方をご存知でしょうか?
 1997年に癌のためにお亡くなりなってしまっている方ですが・・・
2_2
 昨年の3月11以降、「平井憲夫氏の遺言」としてネット上でとても有名になった方です。
 原子力発電所の最も危険な場所で労働されていた方で、かなり前から、原子力発電所の脆弱性、危険性を訴え続けていた方でした。
 でも、通称『平井憲夫氏の遺言』として知られているのですが、原発を支持する人たちからは、相当バッシングされたり、その信憑性を疑われた存在でした。

 昨年の3月、平井さんの書き残したモノを読ませていただきましたが・・・、涙が零れ落ちました。

 お時間を作ってぜひ目を通していただければうれしいですね。
 下の画像にリンクを貼っておきました。クリックすれば全てを読むことができます。

 (http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about)

1_2
 私だって原発反対運動家ではありません。ですが、原発のことを知れば知るほどに、今のままでは、地球が危うい! そして、私の一番の元気の源である植物たちがどんどん減り続けていくことになると思ってしまうのです。
 なんとかしなくっちゃって想いが、どんどん湧き上がってくるのを抑えることができない!

 そして、昨日、平井憲夫さんの遺言となった講演の動画サイトを見つけました。
 私もまだ全部は見てませんが・・・、何かが伝わりました。
 下の画像にリンクを貼っておきましたのでぜひ!

 (http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%B9%B3%E4%BA%95%E6%86%B2%E5%A4%AB%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80&oq=%E5%B9%B3%E4%BA%95%E6%86%B2%E5%A4%AB%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80&aq=f&aqi=&aql=&gs_sm=e&gs_upl=1275l12465l0l12997l39l39l4l15l15l4l377l3073l3.15.1.1l20l0)
 1_4
 1996年・・・、ビデオを撮られていた方がいたのですね。
 ハンドルネーム311movieさん、貴重な動画をアップしてくださってありがとうございます。さらに知識が増えましたし、私の中でまた何かが変わっていきそうです。

 そして、平井さんは・・・、この講演後、3ケ月たって、向こうの世界に旅立たれたそうです・・・

 日本では、事実、真実を伝えようとすると・・・、必ずバッシングしたり、レッテルを貼って排除しようとする力が生じる。まるで、北朝鮮、中国のようですね(笑)。いや、それよりも性質が悪いかもしれません。

 時間をかけ、巧妙に、巧妙に世論を作り上げ、その作り上げた世界を善なる人に信じ込ませる。まあ洗脳とも言うのでしょうか・・・。それも、ごく一部の人たちの自己保身、地位、お金に対する執着のために・・・です。 

 もう怒ることはないのですが・・・、そんなんで地球のステキな未来はあるのだろうかと思ってしまいますね。

 なんとかしなくっちゃ! ですが・・・

 やはり良心があって、毎日一生懸命に生きようとしている人たちが、事実、真実を知ってしまえば・・・、たぶん全ては変わるのだと思います。

 まあ、何事も・・・、笑顔無しには何も始まりませんね(笑)。

3

 皆さん、たまには、宇宙レベルで地球のことを考えませんか?

 誰も住めなくなってしまう地球を・・・、願いますか? 病気持ちの人間だけが住む星になることを願いますか?

 たぶん、今のままでは、そうなってしまうかもしれないと私は思うのですね。

 私は、海がキレイで森も輝き続ける地球がイイなぁ~って思いますので、そうあるように自分のエネルギーを使っていくつもりです!  

|

2011年12月 9日 (金)

1969話 ~ 悲しくて切ないお話 ~ 昨日の群馬大学、早川由紀夫教授の出来事から ~! ~

 群馬大学の早川由紀夫教授。この名前を知っている人はどのくらいいるのでしょうか?
   3_2
 日本で誰よりも早く、迅速に福島原発事故後に放射能汚染マップを作成し、公表された方です。
 日本政府よりも早くに・・・デス。
 国会で国会議員全てに怒りを表明した、東大の児玉先生もこのマップを引用していました。

 早川さんは、元々東大で地震&火山の研究をなさっていた。
 で、あの雲仙普賢岳の大爆発の時に、まだ、一般的には知られていなかった火砕流発生を予想していたにも関わらず、大規模火砕流が発生してしまい。多くの人の尊い命が失われたことに対して、研究者として、それをちゃんと伝えられなかったことに対して、トラウマになったそうです。

 で、今回の福島原発事故に際して、多くの人の命を救おうと、放射能汚染マップを作成し、ツイッター、ブログ等で発表し続けている方です。
 早川さんの研究室のホームページです。以下の画像にリンクを貼っておきましたので、興味ある方はぜひクリックしてみてください(http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~hayakawa/index.html)。
   5
 で、今、早川さんが、問題発言をしたということで、群馬大学から訓告処分され、それが読売新聞で報道されたり・・・、結構大変なことになっているのです。
 早川さんの問題発言とは・・・
2
 私のブログユーザーさん、これを読んでどう思われますか?
 私も3月11日以降、日本国政府のまりに稚拙な情報公開(私には、5%ほどしか公開していないことはすぐに分かった)にびっくりして、世界中から情報を集め、福島原発から空気中に飛散し、海水に漏れ出した、広島原爆の約2000発分と言われてる放射性物質の行方をフォローしてきました。
 ドイツ、フランス、スウェーデンの気象庁などは、HPにわざわざ日本語で彼らの集めた情報を公開していたのは、私のブログユーザーさんなら周知のことですね。

 3月11日。私は、すぐにメルトダウンを予想しました。で、私の研究者としての責務は、
植物、漢方、西洋医学、東洋医学、化学、科学、さらには、心理学などを総動員して人類の健康増進、病気予防、疾病の改善に寄与することにあるのです。だから、たぶん、地球上で最強最悪の毒である放射性物質のことを知らなければならなかった。 今でもそうですが、口から、鼻から微量とはいえ、恒常的に放射性物質を吸い込んだら・・・、なんてことを考えるだけで、身体が震えるほどに、まずい!私の責務を果たすことはできない。いったいどーしたらイイ?今私たちができる最大限のことはなんだろう?どうしたら、それが放射能の怖さを知らない人たちに伝わるのだろう????これでイイのか???・・・・etc・・・。毎日、自問自答じながら葛藤しているのです。しかし・・・、『笑顔無き所に前向きなステキな新しい何かは生まれない!し、他者には伝わらない!』、このフレーズが、私の全細胞の隅々にまで沁みこんでいるので、前に進める。最悪の事態だって考える時がある・・・・。でも・・・、それは、私のココロに死を意味することを私の魂が知っているので、瞬間最大で立ち直る。そんな事の繰り返しが、3月11以降なのです。
 早川さん・・・、たぶん確信犯ですね(笑)。自己犠牲しながら、問題提起して、人々に気づいて欲しかったのでしょう。涙が出そうになります。
 で、先の早川さんの発言は、福島県に住んでいる農家さんたちの感情を逆なでることに・・・
 私の予想ですが・・・、早川さんの進め方では、ある程度の人には伝わりますが、日本人の多くの人には伝わらないのだろうと思います。特に、テレビ、新聞などの大手メディアからしか情報を集めていない人たちには・・・・(涙)。でも、早川さんは、悪役になれば、大手メディアが取り上げ、問題提起になると考えたのでしょう。事実、殻はツイッターの中で、最大のチャンスがやってきたと言っています。

 現代科学は、「人間は皆同じ生命体」というのが大前提であり、その大前提が無ければ成立しない学問なのですね。もちろん、同じ部分、パーツもありますが、全て同じだとすると、機械と同じってことになります。人間は一人一人全てにおいて違うのです。漢方の基本である「人間は皆同じではなく、全ての人が異なる生命体であり、魂レベル!(堀田の解釈です)!」。この一言が全てを説明してくれます(笑)。
 
 私が悲しいのは・・・、どちらも一生懸命に生きてるはずなのに、何故、一生懸命に生きようとしている人同士が喧嘩、争いごとになるのか?
 表現は過激で不適切であるのかもしれないですが、早川さんの云ってることも事実。事実だけ解釈すれば・・・、放射能を日本中にばらまいてるという見方も当たっているのです。従って、日本人全てに直ちに健康被害はないが、5年先、10年先には大きな健康被害がもたらされる可能性があるのですね。それが放射能の怖さです。私たちは、広島、長崎の原爆投下後の事実を知るべきなのですね。
 しかし、福島県の農家の方、お住まいになっている方の「じゃー俺たちはどーすればいい、死ねってことか?」これも事実です。「農家の苦しみをまったく理解していない!」これも、そう言いたいのでしょう。では、私の「恐怖にさいなまれながらも
放射能に汚染されている者を食べる人の気持ちは理解してるのかな?」、「あなたは、本当に放射能の恐ろしさを理解しているのかな?」という問いに対しては、どう答えるのかしら?

 で、こうなると誰が悪い????

 情報公開をしてこず、物事をなにも問題がなかったかのように発表し続けた政府?東電?原発を推進してきた人たち?福島県知事?・・・etc・・・。さーて誰でしょうね(笑)。
 さて、これも私から見た事実です。
 国会議員、県議会議員(道議会議員)、市議会議員、町議会議員、村議会議員、知事・・・は、誰が選んだのでしょうね?原発を推進してきたのは自民党の先生方と政府です。原発を受け入れたのは、そこに住んでいる人たちがイイと思って選挙で選んだ議員なのです。したがって、そこに住む人たちの意見、意思ってことなんですね。
 なので、選んだ人は、何かしらの責を負わねばならないのです。これも事実ですね。

 さらに・・・、東大出身者を初めとする肩書ある者を「すごい人、賢い人・・・」と美辞麗句を並べ、崇め奉ってきたのも私たちなのです。

 我々は、全てのモノを識別する目、感性を持たなければいけないと思うのです。自分のココロの中に無意識としてある「これまで通り」を、「
それで本当にイイのか?」」と自分に問いかけるココロ。そして今何が起こっているのかを自らが知ろうとするココロ。「自分さえ、自分の周辺だけ良ければイイと思っていないだろうか」と自分のココロに問いかけてみるココロ。そして、全てを知ろうとするココロ。だと思うのです。「自分にはできるわけがない」というココロはどうか捨ててください。そうではなく「地球レベルで私に何ができる?」というココロに変えてくださいな。お願いします!

 だから、一生懸命に生きてる人同士がいがみ合う、争うことが、私には切なく、悲しいことなのです。
 しかし・・・、きっとそれを経なければ、新しいステキ何かに到達できないことも知っているのです。

 群馬大学は、早川さんを訓告処分にしました。

 それに対して・・・、かつてこんな事をテレビ等で云い続けた人たち・・・
1
 この人たちって処罰されてませんよね(笑)。

 みんな、地球レベルで、何が正しいのか・・・、ちょっとだけ考えましょうよ!

 真実。それは、人類一人一人のココロの中にある。

 でも、地球レベルの真実とは・・・、地球は生き物であると思え、その生き物である地球の上で私たちが生かされているという真実以上の事実はないのです。たぶん、それが摂理、理なのでしょう。

 最後に、日本で最も早くに、日本国の事を想い放射線拡散マップを作成した功績には、県民栄誉賞を上げてくださいな(笑)。ダメ出しだけでは、人の前向きなココロは消失してしまいますのでね。お願いします。

|

2011年9月 1日 (木)

1728話 ~ スイス気象局の放射性物質拡散予測! ~

 とうとう9月になっちゃいました。初日からあまりステキなブログではないのですが、今日は南風が吹きそうなので、放射性物質拡散シミュレーションサイトを検索しました。
 スイス気象局の放射性物質(死の灰)拡散予測シミュレーションサイトです。
Photo
 なかなか詳しいです。それぞれ、地上10メートル、500メートル、1500メートル上空の風向を予測してのマップです。上の図にリンクしておきましたので、興味のある方、画像をクリックして、見てください。
 福島原発から放射性物質が、大気中に拡散しているとしたらのシミュレーションですが・・・、確かまだ毎時2億ベクレルほど、放出されてるんでしたよね(汗)。
 もしも、大気中に放出され続けているとしたら・・・、本日の正午、に札幌上空1500メートル付近を・・・ってことです。雨降らなきゃいいなぁ~。
 そうそう、細かな風向きもシミュレーションされてます。
 金曜日正午の予想です。
01
 明日は(スミマセン今日ではなかったです)、お外に出ない方が良さげです(笑)。

 特に雨の降る所は用心するに越したことはないと思います。


 

|

2011年8月31日 (水)

1727話 ~ 北海道の放射線・放射能・放射性物質データまとめ! ~

 すばらしいサイトを発見しました。
1
 空間線量から、食材まで、そして有志による各地の線量測定結果が掲載されています。
 例えば・・・
2
 こんな感じです。
 これは北海道に住む私たちにとって必見サイトでしょう。一番上の画像にリンクを貼っておきました。クリックしてみてください。
 またこれは善意の寄付(500円以上)で運営されてるそうです。
 私もいくばくかを寄付しようと思っています。
 しかし、世の中、捨てたもんじゃないですよね。

 今の日本で、最もしょーもない、能力のない集団ってのが浮き彫りにされてきましたね(笑)。

|

2011年8月30日 (火)

1724話 ~ 光の国から来たウルトラマンのサイトから! ~

 衝撃的なニュースが飛び込んできました。
 福島原発の作業員(40歳)が急性白血病で亡くなったそうです。亡くなったこの方のご冥福を心よりお祈りいたします。そして、懸命の作業で事故処理をしてくださって、本当にありがとうございました。
 でも、東電発表では、放射能によるものではないそうです。因果関係は認められない!
 この先、何が起こっても全て、東電も政府も、「因果関係が認められない!」の1っ点張りで行くつもりなのでしょう。
 ウルトラマンのサイトからです。
Photo
 この方はアメリカ在住にて、世界の視点から福島原発事件について、ブログにアップしてます。今、ひそかに人気上昇中です。上の画面にリンク貼っておいたので、クリックしてみてください。
 この中の1つの記事には・・・
Photo_2
 福島県知事が、笑顔で・・・。
 
暫定規制値以下!!!!
 500ベクレル/kgってさ、原発が何回も爆発して、死の灰が飛び散った後に、急きょ3月25日に、何人かの人たちで決められた値なんですよ。原発受け入れたのは福島県でしょうに。政府の一部の人が決めた値を安全と言い切る根拠はなんなのかしら?で、まだ被爆してない子供、妊婦さん、若者にまで被爆しなさい。そう言ってるんですよね。3年後、食べた人たちが、病気になっても「因果関係は認められない!」って笑顔で言うのかな(笑)。
 そのうえ、横浜へ中学校の修学旅行でいく学生に、山下公園でただモモを配るとか!
 すごいことをやらせるもんださ。涙が出る!まるで、犯罪を何も知らない若者にさせてるようにしか思えないですね。中学生が配ったモモを食べた人たちが癌や白血病になって訴えたら・・・やっぱり配った中学生も「因果関係がない!」と言わせるつもり????
 とても先進国のする所業じゃーないですね。北朝鮮と全然変わらないと思います。

 そして・・・、ドイツのテレビ局ZDFが8月9日に放送した映像がYouTubeに!
Photo_3
 福島県庁、国会議員、東電社員のあまりにも無責任な発言が映像に残ってます。
 上の画像にリンク貼っておきましたので、ぜひ!
 あまりに切ない現実がそこにあります(涙)。

 全く愛の無い国だ!

 あらゆる事実を隠匿、否定、無関心して人の命よりも、国家の利益を守ろうとする。それも一部の人の考えで・・・、太平洋戦争の敗戦原因となんら変わらない!いった私は何をしたらよいのだろうと・・・、結構絶望感がやってくる事実は否定できない・・・。私はもう少し楽天的になった方がイイのかな????

 福島県民全て北海道に疎開させて、その生活を保障する度量ぐらいないのかしら・・・
 東電だって国営化しちゃって、給料は国家公務員なみにしちゃえば、相当なお金になるでしょ。
 東電の大株主である東京都、銀行、ひょっとして国会議員もかもね。株券が紙切れになっちゃうのが怖いのでしょう。日本国民が被爆するよりも!って思われてますよ。
 
 

|

2011年8月26日 (金)

1719話 ~ 放射能汚染は太平洋全体に!北海道沖の海産物にセシウムが検出! ~

 先の自由報道協会の上杉氏のお話だと、日本を除く環太平洋諸国が集まって、死の灰による海洋汚染の実態調査を始めるそうです。そして・・・、それは日本に対する多額の損害賠償請求の布石。ということなのだそうですが・・・
 福島原発から漏れ続ける死の灰。日本政府は、国民向けには、大丈夫的のようなことを伝えていますが、それは、日本以外の国の常識、法律では犯罪クラスの非常識ってことなんですね。
 以前、私のブログでも述べたように、日本は、世界レベルでは、加害者ということになるんです。そして、原発事件の事実隠匿の連続は・・・、太平洋戦争と同じように、世界からは、事故を起こしても、反省もない、改善する努力の足りない国として、犯罪者扱いされるかもしれない可能性があるということです。それを容認している私たちも巻き込まれるかもしれぬ。ということです。
1_2
 これが世界の海流図ですが・・。海は繋がっているのですね。
 そして、福島原発から漏れ出した死の灰だらけの大量の汚染水は、全世界を駆け巡るのです。汚染水の中に含まれる死の灰は、何十年、ひょっとしたら何百年のレンジで、この海の中に留まる。そして、全人類の健康に悪影響をもたらすのですね(汗)。そしてまた、海の水は、雨になって地上に降り注ぎ、そして大地を汚していく。そんな循環を思い出しましょう!
 すでに起こってしまったことは、元に戻すことはできませんが、何百年先に生きる人類に対して、これ以上の悪化を止めることは可能なのですね。私たちの子供、孫、そのまた子供の孫また孫・・・etc・・・に負の遺産を残しては、私は自分を許せません。何かしなくくっちゃね(笑)。だから、何かをしましょう!

 私が、政府、東電が最もオープンにしたくない事実とは・・・、海洋汚染!だと以前のブログに書きましたが・・・、やっぱりその通りになりそうです。原発からは今もまで空気中に死の灰が放出され続けていますが、それを止めるために、冷却水を入れ続ける。でも・・・、私の予想では、大地震の影響で、配管に無数のひび割れが起きているのでしょう。だから、汚染水が漏れ続ける!そして、それが、海に流れ続ける。これからも!

 あたかも状況が改善しているかの如くの報道には、一番大切な事実が隠されていると思っています。
 福島県の大地にも、関東平野にも、いや、日本中に死の灰が降り続いている事実に私たちは何を思い、どう考え、何をする?
 私たちは、考える時代に来ているのですね。これまでの何かを捨て、新しい何かを見つけるために・・・
 太平洋戦争直後、世界最貧国だった日本国。朝鮮戦争特需がきっかけで、わずか60年強で、物質的には世界一富める国になってしまった。しかし・・・、精神レベルは、あまり変わっていなかったかもしれないのですね。
盛者必衰の理をあらわす!」。この言葉を思い出します。物質的豊かさを追求することを止め、何故こうなってしまったのかを皆で考えましょう!そうしなければ、どうなるのか?

 奢れる平氏がどうなったかを思い出せば・・・、そこに答えがあるはずです。

 でもって、ついに北海道沖の海産物からセシウムが検出されました。
 北海道道庁のホームページに掲載されてます。興味のある方、ぜひ下の画像をクリックしてください。
06jpg

 最も新しいデータを抜粋しました。
2_2
 北海道太平洋沖で獲れたサンマからちゃんとセシウムが検出されてますね(笑)。
 北海道太平洋沖をクリックすると・・・
4
 ね、こんな所まで放射性セシウムが流れてきてるってことです。
 海洋汚染についても、自由報道連合の上杉さんはこう言ってます。
08jpg

 どこぞの研究者が言う「このくらいのレベルでは大丈夫!」。そんなことを言ってるのではないのですね。
 先ずは、大丈夫って言う人、福島県に住んで、毎日プルトニウムでも飲んでくださいな。で、1年後、ご自分で元気なことを証明してください。そしたら信じちゃうかもしれませんよ(笑)。ぜひお願いします!
 人体に悪影響する過剰の死の灰、それも原発事件によってもたらされる死の灰によって毎日を一生懸命にまじめに生きていた人が被爆し、愛する大地を奪われようとしているのです。その方たちの精神的ダメージは、いくらお金を積んでも補えるはずはないのですね。そして、この現実を作り出した大元の人たちが、なんjの謝罪も反省もないばかりか、また、こんなものをまき散らす可能性のあるものを動かし続けようとする心が、発想が問題なんです。小出先生が政府と東電は、犯罪者だと言ってましたが、そう言われても仕方がないことをし続けている。『
俺だって一生懸命やったんだから、悪くない!』。この思想が蔓延しているのでしょう!残念です。自分は悪くないかもしれないが、他人にあり得ないほどの、数百年先までの人の心にダメージを負わせたことが最悪なんですよね。そんな事にも気が付かないのかな(笑)。

 で、問題は、この先、死の灰の濃度がどんどん増えていく可能性があるということです。だって、福島原発からは、どんどん汚染水が流れ続けているのですから!

 北海道沖でこうなんですからね、福島県沖、茨城県沖、宮城県沖・・・etc・・は、どんな状況になっていることやら・・・(汗)。

 で、問題です。こんな状況になって、あなたは、魚介類をもう口にしませんか?

 私は、来月の17日、18日に襟裳岬へ行ってきます。私の知り合いの粋のイイ漁師さんの獲った魚介類をたらふく食べてくるつもりです!
 放射能に負けぬ心と体は、粋のイイ人同士の心の波動の重なりが大きくなることです。

 『
精神が肉体を凌駕する』。これを会得しつつある今、私の全ての細胞の活性化を現代科学で証明できるはずもない(笑)。敢えて高濃度に汚染された食材を口にしようとは思いませんが・・・、襟裳岬沖で獲れた魚を食べて何か起きたら、それは本望ですね(笑)。これからのことは、私自身の身体で証明しましょう(笑)。

 私の身体の全ての酵素、神経細胞を精神エネルギーにてMaxに活性化してみたいと思いますね(笑)。

 漢方で最も基本である
心身一如。私が考えた21世紀版を実践してみるつもりです。

 5月30日以降私の心はいつもここにいるのです。
_mg_1665
 こんな時代だからこそ、いつも心をピカピカにしたいものですね!

 生まれてからこれまで、最終的には、親を含め、他者に影響されず、自分で一生懸命考え、自分で決めて、行動し、獲得した結果、知識、経験を全てをリンクさせ、心豊かに生きることができれば、これまでの全てが無駄ではなかったことが確認できるはずです。益々「生きる」ことが楽しくなってきました(笑)。
 前向きに生(行)きたい方、ぜひごいっしょしましょう!

|

2011年8月23日 (火)

1712話 ~ 植物エネルギーはすばらしい!ムラサキツユクサさんの放射線感知能力! ~

 今朝早く、当別町中小屋にある野口農園さんに行ってきました。手持ちの野菜が底をついたので、その補充と、8月28日(日)の開催される第5回漢方・薬用植物研究講座(一般の方は無料)の打ち合わせでした。
4 5
 これですね(笑)。次のブログで詳しく紹介しますが、漢方の基本の1つ
地産地消を実践します。野口農園さんに野菜セット(1箱7~8種類)、限定50セットを販売していただきますので、ぜひお楽しみに!

 さてその前に、どこにでもいるムラサキツユクサさんの植物エネルギーが、放射能まで感知してしまうというお話です。放射線測定装置が手に入らない方、ムラサキツユクサさんを鉢植えなさってみてはいかがでしょう?

 これは、愛ある化学者が見つけた、たぶん偉大な研究成果だと思います。
0103 02

 ムラサキツユクサくんの雄しべの先端部分の毛が大変放射線に影響を受けやすく、放射線の影響を受けると、突然変異を起こし、青色からピンク色に変化するということを発見したのが、市川定夫先生です。

 静岡の浜岡原発、高浜、島根原発、東海村などでもこの変化が起こり、放射線が微量でも、細胞分裂に異常が起こることを実証してる事実なのですが・・・、原発推進者たちは、なんの科学的エビデンスもないのに、これもまた例外と無視を決め込んでいるのですね(笑)。

市川定夫先生を紹介しましょう。

市川定夫先生:1935年大阪府生まれ。京都大学大学院修了。農学博士。米国ブルックヘブン国立研究所研究員、メキシコ国立チャピンゴ農科大学大学院客員教授、埼玉大学理学部教授等を経て、現在、埼玉大学名誉教授。その間、伊方原発訴訟や原爆症認定訴訟などの原告側証人として放射線と遺伝の関係を証言。
また、ムラサキツユクサの研究は有名で、ごく低線量でも生物に影響があることを証明。
1995年から原水禁国民会議副議長を務め、今年4月に議長に就任。
 

 この方も小出先生と同じ京都大学出身なのですね。

 さて・・・では、実際にどの部分かというと・・・

01_2

 緑色の矢印で示されている部分です。青紫色の細かな毛が見えますか?

 なんと、ムラサキツユクサさんの雄しべ下にある細かな毛が・・、微量の放射線を感知してピンク色になるってことです。すばらしいエネルギーです!

 この写真は、今朝、野口農園さんで撮らせてもらったものですから・・・野口農園さん周辺は、大丈夫ってことになりますね(笑)。

 このムラサキツユクサさん、こんな所にいたんですよ。

02_2

 このお花たちの後ろは、お米の段々畑・・・、もうすぐ新米ですね。楽しみです。

 さて・・・ここで問題です。政府の人たちは、こんな事故が起きても、何故強引に核燃料を推進しようとしてると思いますか?

 その答えが、ちゃんとありました。

1_2

 昨年10月3日にNHKスペシャルで放送されてたんです。上の画像をクリックして、ぜひご覧になってください。政府があくまで原子力発電に固執する理由がはっきり分かります。

 ノーベル平和賞に輝く故佐藤栄作首相ってご存知ですか?

2

 この方ですが、佐藤首相時代の外務次官だった役人が癌で亡くなる1ケ月前に、日本が核兵器保有のための可能性を探っていたという事実をドキュメンタリーで放送しているのです。

 非核三原則を国会で演説したこの方が実は・・・

 その理由は、核兵器を持った中国の脅威に対抗するためってことなんですが・・・

 それは・・・、かつて日本が中国に進出(中国では侵略となってますが・・・)し、かなりひどいことをしたことを自覚してるがゆえに、その報復を恐れたというのが心の根っこにあるように思えますね。

 まあ、自信のなさの裏返しってことですが・・・

 なので、原子爆弾の原料となるプルトニウムをなんとか合方的に持とう!

 そんな思いから原子力発電の平和利用という名でプルトニウムを保有しようとしたようですね。

 時の政府高官がお話しているから、間違いないでしょう。

 ずーっと見てましたが・・・、彼らは彼らなりに日本を愛していたということが伝わってきましたね。切ないですが・・・

 その根っこには、「日本が、西欧諸国より劣っている!」という劣等感から発生しているように思えますね。

 西洋、アメリカに負けたくない!まあ、それは、愛国心の1つの形態かもしれませんが・・・

 私は、日本国は、最初から全てにおいて西洋人、アメリカ人の上を行くのが日本だ!ということが当たり前で大前提になっているのですが・・・。そんな私から見ると、あまりに稚拙としか思えません。

 全てにおいて、西洋、アメリカの上にあるエビデンス・・・、それは、先ずは、春・夏・秋・冬の四季がある。森がある、食材が豊富、植物が豊富、水ががぶ飲みできる。まあこれだけでも世界で一番でしょう?

 ならば、今ある資産でどうしたら皆がちゃんと暮らせるか?ということを考えるのが本筋でしょう!簡単なことですよね。心豊かに必要な財以上のものを持っている人が少しだけ手放し、もっと財産を増やそうなんて必死にならんことですよ(笑)。まあ確かにその人が一生懸命働いて手にしたモノかもしれないけど・・・、結局は地球の恵みを利用しただけですよね(笑)。ならば、こんな現状を考えれば、地球が良くなるために使うってのが本筋だと私は思いますね。財産=執着って考え方もあります。そして、先ずは、日本全体で、日本人の食材をどうするのか?食料自給率の低下が問題になって久しいですが、今こそ原点に戻るのが摂理なのでしょう。ということで、食料自給率が200%の北海道は、さらに自給率を上げることが、日本国のためってことになると思うのですが、いかがでしょう?

 ステキな食べ物があってこそ、新しいステキな何かが生まれると私は思っています。カップラーメンを毎日食べて、ステキなアイデアが生まれるとは、到底思えませんね(笑)。

 まあ、NHKスペシャルを見ていると、かつての政府のトップが、どこかの国が日本を侵略しにくるという恐れ、畏れから核エネルギー利用の全てが始まっているように思えます。この方たちは、毎日食べる食事に感動してたのかな???

 もっと仲良くしようって発想がないのかしらね。

 やっぱ、自分を信じてないし、だから他人、他国を信じることができない!

 そんな負の感情の連鎖が地球を汚していることになるってことに気づいて欲しいな(笑)。

 まあ妄想壁のある方たちのことは、ほっといてですね、笑顔で日本国の未来を考える人たちをどんどん増やしていきましょうよ。いかがです?

|

2011年8月18日 (木)

1706話 ~ プルトニウムを飲んでも大丈夫という根拠を見つけちゃいました(汗) ~

先日、国会で児玉東大教授がすばらしい講演をなさった時に、「プルトニウムは飲んでも大丈夫!」と言った東大教授に対する怒りを表明していましたが・・・。その方のお名前は・・、え~っと、確か大橋忠弘東大教授でしたね。
02_4
 この方ですが・・・
 この方を初め、原子力発電に対して楽観的なことをおっしゃっている方たちの科学的根拠を見つけちゃいました(汗汗汗)。
1994年の朝日新聞に、その詳細が掲載されていました。
 時のクリントン政権の黒人で女性のヘーゼル・オレアリー エネルギー省長官が情報開示をしたんですね。
 下の画像をクリックしてみてください。
01_3
 アメリカでは、ちゃんと放射能の人体実験を行っていたのです(汗)。
 プルトニウムを飲ませても生き残ってる人もいた!

 私の目指す『放射能に負けぬ心と身体!』を育てる!というどころか、対放射能に抵抗力のある人がいたんでです。びっくり!
 これは新聞記事ですが、研究者、政府の人たちは、もっと詳しい情報を持っているのでしょう!
 そして、心の底から信じてる!ひょっとして・・・、地球が放射能で覆い尽くされたも選ばれた人間だけが生き残る!ということまで信じてるかも。だから・・・だいじょーぶ!なのかな?(笑)。
 もちろん、亡くなった方も多数いたようですがね。

 さて、ここで問題です。この科学的根拠を自分に当てはめられますか?

 私は、この記事を読み始めて、とても気持ちが悪くなってしまいました。


 私には、ちょいと受け入れられないお話でした(涙)。
ですが・・・科学を信じてる方なら、かなり楽観的になれるかもしれませんね・・・

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ