2013年7月 2日 (火)

第3370話 ~ 雨霧の滝&蝦夷立金花! ~

 ベニア原生花園の前に、私の大好きな雨霧の滝をアップしますね。
Dsc06444
 6月下旬だというのに水量が多い!
 コンパクトデジカメCyber-shotでの撮影です。
 今回は滝の周辺に色々な方がいらっしゃったので、渓流の中に入っての真剣撮影はなしでした(笑)。

_dsc2828
 Nikon D800Eでの撮影ですが・・・、滝は難しいっす(笑)。

 それでもかかんに攻めてみます(笑)。
_dsc2835
 私が修験者になって滝にうたれているイメージで!

 それにしても、やっぱりここはイイですわ(笑)。ココロと体の中から邪気がどんどん無くなって、精気がどんどん入り込んでくる!

 そして、ここには、とんでもない蝦夷立金花さんがいるのですよ(笑)。
Dsc06449
 花びらが小さなヒマワリくらいあって、花びらにフリフリがついてるのですよ!
 見事!
 ところが・・・
Dsc06447
 こんな貧相な蝦夷立金花さんもいるのですね(笑)。

 それにしても6月下旬に蝦夷立金花さんとは・・・

 女神の滝への散策路そばには・・・
_dsc2844 _dsc2845
 咲いたばかりの蝦夷立金花さんもいました!

 ということで・・・、いつも申し上げていますが、春の植物エネルギーは1年を生きるためにとても大切なエネルギーだと思うのですね。

 札幌では夏! 4-5月に春の植物エネルギー(発陳)を摂取し忘れた人は・・・・、ぜひ見に来るよろし!

|

2013年3月 2日 (土)

3075話 ~ 美深町 雨霧の滝! ~

 今年はすでに4月20~21日、5月18~19日の2回、美深町を訪れる事が決まっています。
 4月は
美深白樺樹液春祭りにお呼ばれ、5月は『びふか松山湿原の植物エネルギー』出版記念イベント(写真展&講演)です。
 2月3日の第6回漢方・薬用植物研究講座で『美深松山湿原の植物エネルギー』をお話させていただきましたが、その時に「美深町のイベントに参加したい人はいますか?」とお聞きしました。
 その時に24名ほどの方が参加希望されました。
 あの時は5月25~26日になるかもしれません!とお伝えしましたが、
5月18、19日で決定です。
 来週あたりから、あらためて参加されるかどうかを電話でお聞きしますのでよろしくお願いします。
 2月3日に申し込まれた方で「
この日は参加できない!」という方、「参加できる!」という方でブログをご覧になってくださっている方がいましたら、メールかFaxをいただけるとうれしいです。メール:maruho@hoku-iryo-u.ac.jpです。Fax:0133-23-3792.。

 また詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

 今日は2年間撮りためた美深町周辺の写真をまとめていました。

 やっぱり私は雨霧の滝付近が大好きですね(笑)。
_mg_9827120420 _mg_1657s
 2012年4月20日                   2011年5月26日

_mg_1785 _mg_2333
 2012年5月20日                   2012年5月29日 

_mg_2495 _mg_2974

  2011年6月15日                   2011年6月25日

 季節ごとに様々な表情を見せてくれるのです。

 すばらしいですね(笑)。

 ひょっとしたら・・・、5月の末にも行っちゃいそうだな(フフ)。

|

2012年12月22日 (土)

2941話 ~ 美深町雨霧の滝にいるフキユキノシタさんの元気! ~

Dsc00116
 2013年1月下旬出版予定の植物エネルギー写真集の第2弾「
びふか松山湿原の植物エネルギー 」の初校です。
 2日間かけて校正をして、さらにブラッシュアップしました。てにおはのチェック、写真の差し替え、字体をマイナーチャンジ、副題の加筆、レイアウト・・・、終了しました(笑)。
 後は索引を作り、あとがきに謝辞を入れ、略歴を書いて、最後に美深町の町民憲章を加筆解説すれば全て終了です。美深町の紹介ページも1ページ半にして、どんどん宣伝しちゃいます。こちらはデザイナーさんに全てお任せ!
 来週初めに初校を持っていって、1月上旬には写真の色校正と最終校正をして・・・、たぶん1月下旬の出版には間に合いそうです。

 そして、昨日も11冊の予約が入って・・・、ありがとうございます!!

 で、お願いです。もしも・・・、私のサイン入り(金色のサインペンを購入してあります)をご希望の方、私まで連絡していただけると助かります。すでに予約なさっている方も、お手数ですが、よろしくお願いします。
 ひょっとして「サインなんていらないわ!」という方もいらっしゃるかと思うのでお願いしますね。
 メールアドレス:maruho@hoku-iryo-u.ac.jp、電話&Fax:0133-23-3792です。

 さて・・・、差し替えた写真の中からとびっきりの植物エネルギーをお届けしましょう!
_mg_4637_2
 フキユキノシタさん! あまたいた無数のお花の中から私の感じたThe Maxの一輪!

_mg_5270
 この無数に咲いてるお花の中から「私を撮って!」というヤツがいるんですよ!
 これホントのお話です(笑)。

 さて、今日は自宅で残りの執筆、できれば、漢方の経絡の修行と漢方薬の風邪薬をしっかり修行して、夕方からは・・・、HTB「イチオシ!」の忘年会にお出かけします。

 そうそう今日はマヤ暦の最後の日でしたっけね(笑)。本当に人類が滅亡する日になるか・・・
 そう願う人がたくさんいても不思議ではないほどに、愛と正義(地球レベルでデス)が欠落しつつある世界になってしまったようですが・・・・、私は
否!デス(笑)。

 元気な地球があってこそ私たちも笑顔になれる!は、絶対真理ですよね。お金やモノではない!
 ちょいと人間が浮かれすぎているだけだと信じています!

 なので、私は、お金、物欲とは違う道を行って、宇宙一ステキな笑顔になってみせるのさ(笑)。
 そんな人がたくさん増えないと・・・、なんにも変らない!

 ぜひぜひいっしょに生きましょう!

 マヤ暦最後の日・・・らしいですが・・・、私はいつも通りに生きます!

 今日がありったけの笑顔になれるようにフルパワー全開で出動デス!(笑)

|

2012年11月 4日 (日)

2853話 ~ 雨霧の滝にもご挨拶!~

 さて、11月2日は松山湿原登山を断念し、その後は雨霧の滝へご挨拶!
_mg_608220121102
 いつ訪れてもイイもんです。

_mg_608420121102
 いつの日にか、極寒期に来て透き通った青い氷瀑を見たいもんです。

 ついでにサンピラーなんかにも出会えるといいなぁ~(笑)。

 氷点下20℃以下で晴れた日の早朝!

 いつになるかな・・・(笑)。

 また来年来るからね~!

|

2012年6月14日 (木)

2491話 ~ Velvia50に写った5早朝の輝く蝦夷立金花さん&雨霧の滝(5月20日)!~

 世間では私が解読不能なことを云う人がメディアを騒がせているようですが・・・、私は・・・自分の道を進むことにしましょう!

 富士フイルム社製ポジフィルム、Velvia50で撮らせてもらった蝦夷立金花さん。過去最高が写ってました!
0270316
 太陽、明鏡止水、が合わさった植物エネルギーなり!
 来年富士フィルムフォトサロン札幌&大阪で開催する予定の写真展のDMに使おうかと・・・思うほどです。

 林道を歩いていたら・・・見えちゃった(笑)。蝦夷立金花の『タイムトンネル』ですね(笑)。

 撮影場所は、美深町は松山湿原の麓にある雨霧の滝近くの道端!
 狙っていたのではなく・・・、歩いていたら光が見えた!のですね(笑)。当然・・・手持ちです。
 撮影条件を見て驚いた! これ・・、マクロレンズを使ってないんです(汗)。
 Canon EF 70~200(f 2.8)L IS USM、1.4倍のテレコンバーター使用でした。
 絞り優先モード、解放(f 4.0)、補正+0.7、280mm、評価測光、シャッタースピードは1/100、当然MFです。


 で、その時の全スリーブです。
02703
 露出、ピント、全てオーケー(笑)。気持ちが入ってますね(フフ)。ということで、心の元気度100%の診断です!
 
 他にも数点、作品をご覧ください!
0270302
 雨霧の滝!

0270308

0270216
 早朝なので光が当たらず・・・陰の世界の蝦夷立金花さん!

 いかがですか?

|

2012年5月30日 (水)

2443話 ~ 雨霧の滝と大きなお花の蝦夷立金花さん!

 さて、今日の最後は・・・雨霧の滝&大きなお花の蝦夷立金花さんで〆ましょう!
_mg_2334_2

 ここの蝦夷立金花さんのお花・・・大きかった!
 本当に新種じゃないのって感じなんです。

 動画もアップしておきますね(笑)。

 さて明日はまた朝2時半ころに十勝清水町に向かいます。

 高速道路は使わず、日勝峠経由にします。道端の植物を感じつつ・・・、明日、明後日は十勝清水町の日高山脈の奥深くに入っての植物調査です。

 そろそろランの季節ですね・・・、何かサプライズがあると思います。

 そして、明後日の午後には襟裳岬に向かい、明々後日は・・・、襟裳岬周辺の植物たちの様子を見て土曜日の夕方に札幌に戻ります!

|

2012年5月22日 (火)

2412話 ~ 雨霧の滝にいる蝦夷立金花さん! ~

 ということで、私がこよなく愛する蝦夷立金花さんです。
_mg_1754
 昨年は太陽に照らされてあり得ないほどにピカピカの「金色の修験者」さんでしたが・・・
 陰の世界の中にいるように見える修験者さんもまた良し!

 今年は別の角度からも・・・
_mg_1782
 イイ感じですね!

 今回は松山湿原の登山口まで車で行けませんでした。
 でも、なんとか松山湿原トップに咲くショウジョウバカマさんたちに会いたいと思っています。
 というか、来年出版予定の植物写真エッセイにその様子を掲載したいと思っているので・・・
 来週後半か再来週前半にまた美深町に行くつもりです!
 

|

2411話 ~ 雨霧の滝! ~

 さて、5月21日の雨霧の滝をお見せしましょう!
_mg_1746
 昨年同様、雪融け水で増水した滝にはすばらしいチカラを感じました。そして、この一帯に地球上で最もすばらしいと思えるほどの『気』が漂い、呼吸をするたびにそれが私の体の全ての細胞に浸みてくるのを感じました!

 で、少し写真家さんなった気持ちで、シャッタースピードを落として・・・
_mg_1777

 さらに・・・、滝に近寄って・・・
_mg_1761
 森の元気、マイナスイオン吸いまくり!

 さて今日も全開で生きますかね(笑)。

|

2012年4月24日 (火)

2282話 ~雨霧の滝(再)!~

_mg_9827120420_2

 何度見ても思い出しても・・・勇気と元気がみなぎって来る! で、漢方から学ぶ病気予防の極意は自然と調和する
 漢方の修行をする者の一人として実践し続けている私ですが・・・、これまでは四季の内、春の「
発陳」を重要視してきました。冬の「閉蔵」はそれほど・・・と思っていたのですが・・・
1
 昨年春に薬学部棟から薬用植物園内にある北方伝統薬物センター2階に移ってきて、私の愛する北方系生態観察園の森の麓で極寒の一冬を過ごしたのですね。

 上の図にの最後に『
強靭な心と精神を養う季節なのです。陰の時期をしっかり越えたものは、人も植物も一回りレベルアップするのです』。
 4月20日早朝、松山湿原の麓にある雨霧の滝まで歩きながら、このことを実感したのです。

 仁宇布地区では、冬眠明けのヒグマさんの姿も見られたそうで・・・、この時期はヒグマさんたちが冬眠から目覚め、餌を求め森の中を動き回る季節でもあるのですね(笑)。

 もちろんその事は知ってましたが・・・・、往復2時間、何の畏れも感じないどころか、「ヒグマさんたちは私の進む道を遮ることはないし、もしも出会ったとしてもきっと笑顔で迎えてくれるのだろう!」みたいな気持ちしかなかったのですね(笑)。もちろん熊避けの鈴はつけてましたし、たまに大きな声を出したりはしましたが・・・

 ということで、ここに、この場所に一人で来るってことは、私の心の中に畏れや惑いや憂いなどないのだと思ったのでした。『これが前向きオーラの究極のエビデンス!』だと思ってしまった私でした(笑)。

 どんどん変な人になっていく感覚って・・・イイ感じです(笑)。

 もしも、死に対する畏れ、何かに対する恐れ、惑い、憂いがかけらでもあったら・・・、すぐに引き返したのではないかと思うのです。

 それに、以前襟裳岬周辺の日高山脈の奥まで行って植物たちの修行をしていた時には、今と違って・・・、怖かった!(笑)。
 恐怖に耐え、負けぬように心のエネルギーを全開にして山奥に一人でいたものですが・・・

 今回の雨霧の滝訪問では・・・超うかれた私しかいませんでした。

 さて、どんどん進んでいることを実感できた私ですが・・・、この私が2012年に感じる植物エネルギーって・・・
 これまで以上にすばらしい瞬間に出会える確信を持ってしまったのですね(笑)。

 実に楽しみな2012年となりました!


 

|

2012年4月23日 (月)

2280話 ~ 雨霧の滝 2012!~

 さて、また新しい一週間が始まりました! 今日は3コマの講義にて・・・(汗)。すでに1講目が終了し、午後、4、5講目に続けてです!
 ところで、先週末から・・・、激しい動きをしてしまいました(笑)。

 先ずは・・・、朝3時に美深町は仁宇布の松山湿原のゲ^-ト目指して朝3時に出発! 朝8時に到着後すぐに雨霧の滝に向かいました。どーしても・・・見たい!(笑)。スノーシューを履いて往復約4時間!
 すばらしかったですが・・・・、さすがに疲れました。で、その後すぐに美深温泉に向かい支配人さんと料理長さんと、「
第4回漢方・薬用植物研究講座 出前講座 in 美深」の食育夕食会の話し合い!
 過去4回の出前講座は、漁師さんの獲った魚介類でしたが・・・、今回のメインは旬の野菜・山菜、地元チーズ、松山農場のラム肉、美深牛などを使ったイタリアンがメインになりそうですよ(笑)。パスタ、ピザ、サラダ他、あれば、ヤマメのテンプラや、あの極上の音威子府蕎麦などの和食系料理。で、飲み物はワイン、日本酒がメイン!
 さあどうだ!って感じですね(笑)。ぜひぜひ応募してくださいね!昨年は募集者多数でしたので、今年からは公平を期すために、募集期間内(5月7日~6月7日)の1ケ月間にさせていただきます。応募多数の場合には抽選ということになりますのでよろしくお願いします。ステキな漢方医も同行する予定ですし(八重樫先生、今井先生、津村先生、大塚先生)、朝早くから八重樫先生の気功講座を開設する予定です!
 そうそう、7月15日の昼は、名寄市にある(独)医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センター北海道研究部にある広大な薬草栽培地で漢方薬に使われる薬草の観察会&お昼は名寄市特産の薬膳弁当をご用意する予定です!
 ふるって応募してくださいませ!

 で、美深温泉入浴後、美深町教育委員会に寄って打ち合わせ!
 翌土曜日(21日)は朝7時半に仁宇布を出発して、
(独)医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センター北海道研究部の寄って、やはり打ち合わせ。で、その後雨竜町の道の駅にある写真家の岡本洋典さんのギャラリーで講演。
 約70名もの方が来てくださいました! どうもありがとうございました!!!
 で、講演終了後に札幌でクラシエさん主催の講演会の懇親会に出席、で、その後きんぴらの会に出席、熱唱して土曜日は終了!さらに22日日曜日は大学にて第1回漢方・薬用植物研究講座を開催。この日は岡本さんの講演。いつもながら全てがすばらしい!ということで来年も第1回は岡本さんにお願いしました。イベントが終了したのが午後2時。さすがに疲れたのか・・・、午後8時から爆睡しました(笑)。あっと言う間に今日!

 ということで、一番感動した美深町は松山湿原の麓にある雨霧の滝!の様子からデス。
Dsc09324120420s
 朝8時15分、全ての準備を整えて歩いて行きます!

Dsc09329120420
 渓流の音を聴きながら・・・、ほんのり汗ばんできました!

Dsc09333120420s
 左が松山湿原方向。右が雨霧の滝方向です。
 イイ感じで汗が出てきました!

 で、ここで・・・、ピピーンと植物エネルギーを感知!
_mg_9806120420s

 いたですねぇ~!
_mg_9808 _mg_9809
 ミズバショウくん!

 うん!待っててくれた一番花!

 ここまでで1時間ほど経過です。

 で、しばらく歩くと・・・
  _mg_9812

  _mg_9813
 アートじゃのう(笑)。クマゲラくん?

_mg_9818
 さらに・・・、仁宇布の名水付近で植物エネルギーげっと!
_mg_9814
 すばらしい!

 ですが・・・、さすがに徐々に疲れが・・・

 で・・・
_mg_9827120420
 すばらしい!
 横位置でも!
_mg_9831120420s
 2時間歩いた疲れなんぞ!!!!どこかへ吹っ飛んだ!

 ホント、誰もいないんですよ! 全て私の宇宙って感覚が・・・。
 どんどんココロのエネルギーが補充されていくのですね(笑)。

 戻りは軽やかに!

_mg_9841
 天空の気もどんどん上がる!

 さて、しばらくは何があってもだいじょーぶ!です!

 エンジン全開で生きますかね(笑)。

|

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ