2012年6月22日 (金)

2505話 ~ 北海道ガーデンショー(十勝千年の森)!

 6月15日、千畳崩、東ヌプカウシヌプリの植物調査を終え、午後1時過ぎに鹿追町に寄って卒業生の実家に顔を出しご挨拶。そして鹿追蕎麦で昼食。汗を流そうと思い長年夢見ていた菅野温泉入浴をトライしようとしましたら・・・、2008年12月より休業!!! え~って感じで、十勝清水町にあるフロイデに行くと・・・閉鎖(涙)。
 ということで汗を流すことはあきらめ十勝千年の森へ!
 JR十勝清水駅の次の駅(帯広寄り)は羽帯(はおび)。その日高山脈の麓にあるのです。
 国道38号線沿いに北海道ガーデンショー&十勝千年の森の看板がかかってます。
Dsc01184
 看板に従って道なりに約5キロほど・・・

 途中で・・
Dsc01220
 子ぎつね! ル~ル~ルルル♪などと口ずさんでみますが・・・、じっとしたまま!
 そうそうかわいいからといって餌を与える人がいますが・・・、自分で餌をとることをしなくなってしまった餌付けキツネくんになってしまい、自然界で生きていけないキツネくんになってしまいますのでね、ご注意くださいませ!

 とか言ってるうちに到着です。
Dsc01205
 この中・・・、広さ400ヘクタール!!!!!
 今回も訪問で私も全部は見て回ることができませんでした(汗)。最低3時間!はかkるのだそうです。

 ゲートをくぐると・・
Dsc01185
 こんなふうになっていて、お土産コーナーや飲食コーナーがあります。

Dsc01225
 私のポストカード、「すずしろの花」、植物写真エッセイ『植物エネルギー ~北方系生態観察園の四季~』を販売してくださっています。

Dsc01226
 こんな感じです。

Dsc01233
 ガーデナーやイベンターの中に私も(笑)。

 そして・・・
Dsc01227
 ここが写真展展示会場&講演会場です。16日には100名を越す方が来てくださったのですね。

 講演後、森の散策会も絶好調でした(笑)。
Dsc01232
 まあいつもの如くですね(笑)。

 最初は・・・、なんの変哲もないフツウに見逃してしまうお花をマクロレンズで、全員に見ていただきました。
_mg_2917
 まあこれなんですが・・・。クサオノオウくん!
 全員が「おー!!!」。ってことで、後は皆さん獲物を狙う目になって・・・、会は大成功!
 まっ、いつものことですが・・・、植物エネルギーは感動そのものってことです(笑)。

 最近思ったことですが・・・
 人間の目、耳、鼻などは、基本的に人間の生命を脅かすものを認識するためにあるのではないか?と思っています。従って、
基本的にはステキなモノを感じるようにはなっていないのではないか?
 何気なく植物を見ていても、常に人間にとって危ないモノ、すなわち
オートモードで邪悪なモノを感じるようになっているのではないか?で、科学的にそれは交感神経発動中!ってことになりますよね(笑)。
 なので、ステキなモノを感じようとしたら、その人がその気にならなければ、見えないし聞こえないし、香らない!何かを考えていたり、急いでいたり、慌てていたり、惑っていたり・・・etc・・・状態の時にはステキなモノは何も見えない!ってことになるのではないか?
 だから、文明の利器を使って見ようとして、初めて見えるモノではないか?で、その時・・・「おー!すばらしい!」と感じた時に初めて緊張状態から解放されるスイッチが入って副交感神経が発動し・・・その連続が免疫力を上げる! そんなふうに考えています。
 だから私は・・・元気を取り戻したのではないか?
 まっ、科学的根拠ってやつはゼロなんすけどね(笑)。私の中で説明できてるので、眉間に皺を3本も立ててる研究者、科学者なんぞに言われたくないっすね(笑)。「私に言う前に先ずお前が笑顔になれや(笑)!」。ってことです(笑)。
 
 ということで、ぜひ身近な植物たちの元気な姿を見ていただきたいものです。

 森の中の様子です。
Dsc01186
 これは確かエントランスガーデンです。
 ここもかつては笹4の大群生地だったそうです。今では、こんなにステキになって・・・(ニコニコ)。
 で、この森の一番の特徴は、森の中に渓流があるってことです。
 せせらぎを聞きながら歩く! 最高ですよね!
Dsc01203
 ということらしく・・・、確かに森の中にいると邪が浄化されてる感があります。

 そして、私のお気に入りはここから5分以上歩いて行くForest Garden!

 途中には・・・
Dsc01191
 イイ感じの場所もあり・・・

 やがてForest Gardenへ・・・
Dsc01188foresuto_garden
 見事なカラマツソウさんですね!旬です!

Dsc01194forest_garden
 夕方の逆光で見るカラマツソウさんの葉っぱもステキ!

Dsc01197
 渓流沿いにはモミジバカラマツさんが群落を作ってました!

 まあ、とにかく広いのです!

 十勝平野の元気が満載!

 そんな場所です!


|

2012年6月18日 (月)

2493話 ~ 『元気と勇気のクスリは、森の植物エネルギーから!』 in 北海道ガーデンショー(十勝千年の森)終了です!~

 先週末、十勝清水町にある十勝千年の森で開催中の北海道ガーデンショーに行ってイベント、 『元気と勇気のクスリは、森の植物エネルギーから!』を行ってきました!

 その様子がブログにアップされています。
Photo
 定員100名を越す方が参加してくださいました。
 いつも札幌で開催する漢方・薬用植物研究講座などの講演に来てくださっているリピーターさんも数名札幌から来てくださって・・・、参加されたたくさんの方たちに感謝申し上げます。ありがとうございました。
 私自身十勝が大好きですし、千年の森に魅入られました(笑)。来年以降も千年の森さんに関わっていくつもりですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 で、この千年の森をサポートしているのが・・・、十勝毎日新聞社。地元の人から『かちまい』と呼ばれるほどに愛されている新聞社なのでした。社長さんが『新聞は紙を使う仕事だから、その分森を育てよう!』というコンセプトで千年の森をサポートしているのですね。すばらしいです!
 で、夕刊紙なのですが・・・、実は北海道新聞の朝刊と同じくらい厚く、内容もすばらしいのです。
 十勝では北海道新聞社が購読部数で『かちまい』に勝てないそうな・・・
 全くしらなかったですね(汗)。

 で、その昨日の十勝毎日新聞に・・・
1_2
 十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと薬剤師の石原先生がpdf版にして送ってくれました。
 ということで、十勝の植物エネルギーをたくさんいただいてきたのでした(笑)。

 ありがとねー!

|

2012年6月14日 (木)

2492話 ~ 『元気と勇気のクスリは、森の植物エネルギーから!』 in 北海道ガーデンショー(十勝千年の森)!~

 明日早朝に十勝千年の森に出かけます。北海道ガーデンショーでのイベントです。
 ついでに鹿追町と湧洞原生花園の植物たちの様子を見てきましょう。
 で、6月16日(土)、午後1時から・・・いよいよ私のイベント『
森の自然散策と知られざる森の不思議』が開催されます。
Photo
 午後1時、先ずは講演(スライドトークショー)から・・・
2

 気合入れて行きますよーーー(笑)。

 参加される方、ぜひカメラを持ってきて欲しいです。ごいっしょに植物エネルギーをいただきましょう!

|

2012年6月12日 (火)

2481話 ~ 北海道ガーデンショー6月16日のイベント!~

 昨晩、北海道ガーデンショーで私担当の方から連絡あり、私のイベント参加申し込みが定員(100名)を超えたそうで、写真展会場のレイアウトを変え、もう少し席を増やすとのことでした。

 いや~・・・、気合が入ります!

 15日は
十勝千年の森周辺の日高山脈麓の植物調査を兼ねて朝早くから十勝清水町に入ろうと思っています。
 
 デジタル一眼レフカメラで撮影し、ホットで旬の植物エネルギースライドショーをするつもりですご期待ください。
 一応、原本となるパワーポイントは作成終了してます。

 タイトル画面だけお知らせしますね。
1
 ということで、こうご期待!

 そうそう昨晩、熊本市の新設病院から、内々に病院内で新病院内覧会に合わせて写真展を開催したい旨のメールがあり、8月4日はに講演を依頼されました。

 本学の理事長の知人でもある元JSTの部長さんだった方が数年前からプロデュースしてくださっていたのですが、いよいよです。8月2日に熊本は阿蘇に入り、ついでに阿蘇山の植物エネルギーをいただいてきましょう。

 真夏の九州は初めてですが・・・・、今の日本では北海道と九州が唯一大自然の残された大地と言えましょう。
 北の大地と南の大地から、植物エネルギーを中央に届けたいと思います。

 あっ、もう一つ写真展&お話会(講演程固くない話会だそうです(笑))のオファーをいただきました。
 襟裳岬の一番先にある風の館です。
 10月13日~11月11日まで!

 たぶん・・・、観光客さんたちはほとんどいませんね(笑)。

 ツアーでも組みましょうかね!

 襟裳岬周辺の植物エネルギーを30点ほど展示させていただこうと思っています。

 それにしても・・・、どんどん行くしかないですよね(笑)。

 さて、これから北海道医療大学の森に入ります!

|

2012年6月11日 (月)

2478話 ~十勝千年の森付近の元気!~

 十勝千年の森は文句なくすばらしいのですが・・・、その周辺にだってすばらしい所があるのですね(笑)。
 そこがすばらしいということは、周辺のオーラーもすばらしい!そういうことです(笑)。

 紹介しましょう!

 先ずは日勝峠日高側からいきます。
Dsc00772
 国道274号線、日勝峠のトンネル入り口(日高側)です。
 最近の私、入れそうな林道があったらついつい行ってしまうのです(笑)。

 で、いきなり千年の森の奥です。
Dsc00784
 芽室岳が遠くに見えて・・・、右側には牛さんがいて・・・
Dsc00785
 朝8時前だとゲートが閉まってるのですが・・・、自分でゲートを開けて入って行けるのです。

Dsc00787
 のんびり牛さんたち!

Dsc00793
 立派な展望台だってあります。遠くには大雪山の山並みだって見えちゃう!

 で、元来た道を奥へ奥へと・・・
Dsc00789
 どんどん芽室岳が近づいてくる!

Dsc00798
 ダートコースの行き止まりには、立派な山小屋があって、とえもきれいに整備されています。

Dsc00800
 この丸木橋を渡るといよいよ登山開始!

 この先15分ほどは登ってみたんですが・・・、やはりダニ対策をしなくては・・・

 梅沢俊さんの夏山ガイド④で芽室岳を調べたら・・・、結構大変そう!

 でも・・・、そこに山があったら・・登ってみたくなっちゃうよね(笑)。まあいずれ!ということで(笑)。

 さて、現実のお話も少しだけ・・・

 今お見せしたものが全て放射能で汚染されていたら・・・、ということを想像してしまう私です。
 昨年の3月11日以降、ステキなモノを見た時にはいつもそんな想いがやってくるのですね。
 だって、福島県を始めそのような場所が現実にたくさんあるのです。
 私は、キレイなモノが好きなんです。汚いものは嫌いです。
 なので、ここが汚い場所だと分かったら・・・、もう来ることはできませんね。
 キレイなモノが見たいから、聞きたいから、食べたいから・・・etc・・・、そのためなら、もう少し不便、貧乏になっても良いと決めてます。だってこれってお金では絶対に買うことができないから・・・です(笑)。

 これまで通りの生き方で、今日見たすばらしいモノが未来に残るとはとうてい思えないから・・・、不便を取り入れましょう。ということなんですね。
 今あるモノを手放せないなら、原発もなくならない!そういうことです。

 もはやどちらかしか選択肢はないのですね。中途半端では原発は残るのです。

 ウランを燃やせば・・・現時点で処理する方法が見つかっていない、未来永劫毒(放射能)を出し続ける使用済み核燃料なるものが増え続けていくのです。それが分かった時点で、私は自分の考え方、生き方が間違っていたことに気が付きました。なので、少しづつ変えていくつもりです。偉そうなことを云ってる私だって、かつては便利、自分でできないことを他者に丸投げする、権威、肩書、お金・・・etc・・・、に毒され続けていた時代(北大薬学部時代)があったのですね。大変反省しています。

 だから、その当時とは違う生き方をする責務もあると思っています。

 そうそう、昨年収穫された福島県産のお米、35万トン・・・、なんの報道もされていませんが・・・、ある日忽然と消えてしまいましたね。気になりませんか?
 今の日本、まるで低級(ネタが10秒でばれてしまうような)なマジックばかりを使う肩書ある者たちが無限大にいますのでね。ご注意くださいな(笑)。自分の笑顔は自分で守りましょう(笑)。

 ということで、中部大学の武田邦彦先生がおもしろいブログをやってます。本当におもしろいというか・・・、本当のことを云ってる数少ない肩書ある人です(笑)。
武田邦彦先生のブログ
 興味ある方はぜひ!

 あと、モーニングバード(テレビ朝日)でもおもしろい番組をやってたみたいです。
 昨年よりは少しずつ、何かが変わりつつあるように思えます。
 下の画像にリンクを貼っておきましたので、興味ある方はぜひ!
1

 何を信じるかは、人それぞれで良いのかもしれませんが・・・
 
 私は、自分を信じたいと思いますね。だから賢くなりたい!


 

|

2477話 ~北海道ガーデンショー(十勝千年の森)、6月16日のイベント!~

 先ほど十勝千年の森の方に電話しましたら、私のイベント予約はほぼ80%ほどだそうです。100名が定員ですから現時点で、ほぼ80名の方が参加してくださることになります。はっきり言って、とてもうれしいです。
 私は前日の15日に入って、ご案内することになっているForest Garden内の植物さんたちを撮影し(デジタル&フィフィルム)、その晩編集して、スライドトークショーでお見せするつもりです。お楽しみに!

Photo

2
  
開幕してからすでに5000人の入場者があったそうで、すばらしいですね。しかし、目標が20万人なのだそうで(汗)。私も応援したいと思っています。
 で、私の写真展&スライドトークショー会場です。
Dsc00777
 午後1時から4時ころまで(バス時間でお戻りの方以外でご希望の方いれば、写真撮影会もしましょうかね(笑い))。

 今年美深町のイベントが一段落しますので、来年は・・・、私の中で懸案だった十勝の日高山脈麓の植物エネルギー探しに出かけましょうかね(笑)。

 でも・・・ダニが多いのだよなぁ~(汗&笑)。

|

2012年6月 3日 (日)

2453話 ~ 十勝千年の森の植物エネルギー!~

 十勝千年の森の植物エネルギーをお届けしましょう!
01
 カラマツソウさんの蕾、咲き始め、旬のお花3点セットです!

02
 ここ何年かスミレさんの修行をしてましたが、やや分かるようになってきました。うれしい!

 アポイタチツボスミレさん、タチツボスミレさん、オオタチスボスミレさん、オオバタチツボスミレさんまでは判断できてたんですが、初めてエゾノタチツボスミレさんを見ました!うれしいですねぇ~(笑)。残すは・・・、アイヌタチツボスミレさんを感じることができれば・・・ん!デス(笑)。

 で、今回はサクラスミレさんにも会えましてね。うれしい!
 図鑑型の写真も!
03
 立派な一株!
 すばらしい!

04
 ここはエゾオオサクラソウさんではなく、オオサクラソウさんです!

05

06
 そしてチゴユリさんたちが旬でした!

07
 地味な花ですが、ミツバツチグリさんのお花もイイですね。
 同じバラ科のキジムシロさん、ツルキジムシロさんとの違いも感じることはできるようになりました。
 分類ではなく・・・オーラ、雰囲気で判る(笑)。そんな私になりたいもんです(笑)。

08
 シラネアオイくんも絶好調で・・・、エゾノレイジンソウくんは力強い蕾クン状態でした!

09
 ユキザサくんです。お花と蕾!

 ユキザサくんのお花は実にキレイで美しいのですが・・・、私が納得できる作品はまだない!のですよ(汗)。
 結構難しい!

 ということで、6月16日(土)の森は、どんなことになっているのか・・・、実に楽しみです。

 最後は鳥!
10
 赤い矢印の所に鳥さんの気配を感じ、手持ちの90mmのマクロレンズで撮影しました。
 ブレまくりですが・・・、シジュウガラくん!

 首からお腹まで続く黒いネクタイで・・・分かっちゃった(笑)。

 ん~・・・、鳥の気配もどんどん感じていきたいですね。鳴き声、気配、飛び方で鳥さんの画像が頭の中に浮かぶようになってみたいもんだ(笑)。

 どんどん修行は続くのです(笑)。


|

2452話 ~ 十勝千年の森④!~

 フォレストガーデン(Forest Garden)を紹介しましょう。

 先ずホームページかたコンセプトを引用します。
Forest_garden
 私は、この森が一番落ち着きます。
 ただ、入り口からはかなり遠くて・・・
Dsc00860
 まだ向こうです!
Dsc00864
 10分ほど歩いて到着!

 16日は、このForest Garden内を堀田式でご案内します!
Photo_7
 マップの一番上の矢印の所がそうです。
 笹の駆除&樹木の間引き(林床に光を当てるため)を行って約15年だそうです。
 それまでは、北海道医療大学の森と同じようにクマイザサだらけの荒れた森だった!

 で、15年経って、森は復活した! そういうことです(笑)。

 で、十勝千年の森のすばらしいものの1つに・・・園内を清流が流れているということです。
Dsc00867
 日高山脈のすぐ麓だけあって・・・とてもキレイな水。なので、日高山脈の元気がいつもこの森を覆ってる!
 北海道医療大学にはない渓流の流れる水音がココロを穏やかにしてくれるのです。

Dsc00873
 園内ではまだニリンソウさんが元気でしたし・・・

Dsc00872
 オオサクラソウさんもたくさん!
 15年間人が関わって、荒れた森をステキな森に戻している最中!

Dsc00865
 園内では、まだ笹が完全に駆除されたいない場所あります。

 どんどんステキな森にな~れ!

|

2451話 ~ 十勝千年の森③!~

 お次は、カフェ・キサラを紹介しましょう。
Photo_6
 場所は上の地図のビジターセンターの上の黄緑色の矢印で示されてます。
Dsc00893
 椅子の向こうにたくさんの人がいて、その向こうの建物がカフェキサラです。
 で、ここがオープニング式典の会場になりました。
Dsc00885
 一番向こうにに陣取っているのはメディア関係の人たち。私が確認しただけで、NHK, HBC, HTB, TVhの4が来てました。
 そして招待されていた人たちは、経済界のトップ、政治家さん(国会議員、道議会議員・・・etc・・・)・・・etc・・・、一言で言えば・・・各界のトップの人たち。
1
 なんと、高橋はるみ北海道知事!が、挨拶してる!

 まあそういうことです(笑)。

 私がいつもブログでお話している肩書上位の方たちが全員集合ってことで・・・

 知らなかったなぁ~(汗&笑)。

 十勝千年の森で開催される北海道ガーデンショーっていうイベントがこんなにビックイベントだとは全く知らずに引き受けたんですが・・・、ただただびっくりです(笑)。

 引き受けた以上は、全開でやりますんで・・・、よろしくお願いします!

 そうそう、セグウェイって乗り物を紹介しましょう。このキサラのそばで乗ることができます。

Dsc00882

 進むも、戻るも、回転するも自由自在!

 私も一度乗って見ようかしらと思ってます(笑)。

|

2450話 ~ 十勝千年の森②!~

 さて、お次は、私のイベント会場内の様子です。
Dsc00847_2
 まあここなんですが・・・

 中はどうなってるかと言えば・・・
Dsc00848
 ステキなレイアウトです。
 入り口には・・・
Photo_5
 これがあって・・・
Dsc00855

Dsc00856

Dsc00858
 ちゃんとプロのデザイナーさんがレイアウトしてくださってました。

 で、各ボードには私のコメントが書かれています。

 16日午後13時からここで講演。そしてその後はフォレストガーデン(かなり広いに遠い(笑))に出かけ、森の散策を堀田式で行います。

 お時間のある方、ぜひごいっしょしましょう!

 講演内容は、植物エネルギー十勝バージョンにしたいと思っています(笑)。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ