2012年7月 1日 (日)

2533話 ~ ベニア原生花園のヒオウギアヤメさんたち!!! ~

 これまでヒオウギアヤメさんをじっくり見たことなどなかったですね。
 あまり好きではない花だったのでね・・・、結構スルーしてたのですが・・・、ベニア原生花園では次々とヒオウギアヤメさんが現れるのでついつい・・・(笑)。

 あらためて・・・、他の植物たち同様に一株一株が違うのです。当たり前といえば当たり前なのですが、感動しました。

 ご覧ください!
01_2
 注目すべきは、鼻の色、形、模様の大きさと色・・・などです。
 上の2つの写真・・・、あきらかに違いますよね(笑)。

02_2
 花びらの模様が全然違うし・・・

03_2
 いやはや・・・

04_2
 これまた違うね(笑)。

05
 これだもんな~(笑)。

 それにしても・・・、まだまだ見えていないものがたくさんありそう。

 人は見たいものしか見えない!と自分で言ってる通り(笑)。

 そして、人は皆一人一人違うのだ!違っていいのだ!ということを、ヒオウギアヤメさんたちが教えてくれた(笑)。

|

2532話 ~ ベニア原生花園の鳥さんたち!!! ~

 EOS Kiss Digital X4に180mmのマクロレンズを付けての植物調査!
 なので、なんとか鳥さんたちも撮影可能なのです。

 で、ベニア原生花園も鳥さんたちでいっぱいでした。
01
 初めて見ましたが・・・、シマセンニュウで良いのかしら(笑)?
02
 これも初めて見ました。ノゴマくんです。

03
 これも初めて! オオジュリンくん!
 頭が真っ黒! でも・・・夏だけなんだそうです。冬は地味な茶色になるとか・・・、ほんとかな(笑)。

04
 これはこの名で良いでしょう!

 鳥さんの鳴き声・・・、だんだん耳から離れなくなってきましたね(笑)。

|

2012年6月30日 (土)

2530話 ~ ベニア原生花園!!! ~

 さて、ベニア原生花園の外回りコースです。

 とにかく広い! で、植生がこれまで見た原生花園と違う! まっ、当然なのでしょうけど・・・
 それと、原生花園はまだ旬の手前って感じでした。
 後でアップしますが・・・、今回初めてヒオウギアヤメくんをいやというほど見ました。で、・・・、相当感動したかしら(笑)。これまでは・・・「ん、ヒオイウギアヤメくんだよね」くらいでそれほどしっかり見たわけではなかったのですが、これまた奥が深い!

 まっとにかく概略などを・・・
Dsc01505
 歩き始めてすぐ! 私の背丈ほどのエゾニュウくんですが・・・、あの~・・・、これ蕾なんですけど(笑)。

 私の顔ほどに大きな蕾♪♪・・・、どんなことになるのやら・・・(笑)。

お次です。
Dsc01507
 えっと・・・、海と丘の間に運河のようになってるのです。
 ようするに湿原モードで、ちらっとですがイワイチョウくんがいたはずです。

 私の見たイワイチョウくんは、雨竜湿原と暑寒別岳の箸別ルートの7合目の北斜面!あり得ない程のイワイチョウくんとショウジョウバカマくんの大群落があった・・・。なのに・・・平地ですか???って感じです。
 緯度が高いということは・・・高山植物もいるってことなの????

Dsc01509
 で、問題のヒオウギアヤメくんたちがわんさか!

Dsc01510
 で、サロマ湖でもそうでしたが・・・、オホーツク海沿岸ではオオハナウドくんよりも先にエゾノシシウドくんが展開してるようです。

 後でわかったのですが山側では・・・
  Dsc01536
 オオハナウドくんがようやく蕾状態!

 そして・・・
Dsc01519
 襟裳岬で見た同じ形態のハマナス!
 地べたに咲いてる!

Dsc01520
 やはり襟裳岬と同じような背丈の低い三頭身エゾスカシユリさんの群落!
 風が強いのか???
Dsc01522
 そしてスズランくんたちの大群落があって・・・

Dsc01524
 笹薮が現れた!

Dsc01526
 右側が砂浜&海、左側が森! ここを進みます!

 で・・・
Dsc01525
 松山湿原トップにいるような矮性のアカエゾマツくん!
 ここは高層湿原なのかもしれない!!!

Dsc01529
 で、海岸線から再び湿地帯へ!

Dsc01531

Dsc01532
 ん~・・・、やっぱり高層湿原なんだな(笑)。

Dsc01533
 7月中旬・・・、ここに何が咲くのか???

Dsc01534
 と山側の斜面に出ると・・・、なんと・・・オオバスノキくんの大群!!!!!
1_2
 今が旬!

 こっ、これって・・・、亜高山帯の植物じゃ~ないの???

 わけわからん!

 ということで・・・
Dsc015377
 無事一週しました!

|

2529話 ~ ベニア原生花園(浜頓別町)到着!!! ~

 着きました!
 午前3時3分です! 出発してからちょうど6時間。
_mg_333233
 東の空が白んできました。明けの明星こと金星でしょうか・・・、輝いてました。

 さすがに眠い!!! あり得ないほどの睡魔が襲ってきた!

 でも・・・水平線のかなたから昇る朝日が見たい、撮りたい!

 しかし・・・いつしか爆睡!!!

 なんだか明るくなったなぁ~・・・と感じたので慌てて起きると・・・
_mg_3333
 朝4時14分!!!
時すでに遅し(涙)。
 それでも小一時間は爆睡したのね~!!!

 ということで活動開始!
_mg_3337
 エゾノシシウドくんの間から太陽さん!!!

 などとたわけたことをしてるうちにエンジン全開なり!
1
 外回りコースを行きます。一週約4キロ弱、看板によると・・・約90分はかかると・・・

 私の場合、4時半から歩き始めて戻ってきたのが午前7時半!!!
 3時間かかりました!

 昇る朝日を浴びながら・・・植物たちを調べるは・・・、最高の元気の元と言えましょう(笑)。なにせ・・・だーれも人はいない!のです!
Dsc01503

412dsc01499

Dsc01508

Dsc01512
 朝日のお裾分け!デス(笑)。


|

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ | FMアップル | MyLoFE | tokati_ | TV(HTB)出演(イチオシ) | TV(NHK) | Velvia50 | えりも岬 | えりも町 | えりも短角牛 | すずしろの花 | ぽけっと | アカイタヤ | アカツメクサ | アカバナ | アカバナノエゾノコギリソウ | アズキナシ | アズマイチゲ | アニメ | アフラトキシン | アポイ岳 | アラゲハンゴンソウ | アリドオシラン | イチオシ!(HTB) | イチゲフウロ | イベント | イワツツジ | ウスノキ | ウスユキトウヒレン | ウド | ウラシマツツジ | エキナセア | エゾアジサイ | エゾウコギ | エゾエンゴサク | エゾオオサクラソウ | エゾオオヤマハコベ | エゾオヤマノエンドウ | エゾオヤマノリンドウ | エゾカワラナデシコ | エゾカンゾウ | エゾキスミレ | エゾコザクラ | エゾスカシユリ | エゾタカネキスミレ | エゾツルキンバイ | エゾニュウ | エゾニワトコ | エゾノコンギク | エゾノシモツケソウ | エゾノツガザクラ | エゾノバッコヤナギ | エゾノヨロイグサ | エゾノリュウキンカ | エゾヒメクワガタ | エゾフウロ | エゾヤマザクラ | エッセイ | エンレイソウ | オオアマドコロ | オオウバユリ | オオカメノキ | オオタカネバラ | オオノアザミ | オオハナウド | オオバナノエンレイソウ | オオヤマオダマキ | オニグルミ | カセンソウ | カタクリ | カタクリ(白) | カラマツ | ガンコウラン | ガンダム | キクザキイチゲ | キクバクワガタ | キジムシロ | キノコ | キハダ | キバナシャクナゲ | キバナノアマナ | クモマユキノシタ | クリンソウ | ゲンチアナ | コイチヤクソウ | コイチヨウラン | コイワカガミ | コキンバイ | コケ | コケモモ | コハマギク | コマクサ | サイハイラン | サマニオトギリ | サマニユキワリ | サロベツ原野 | サワギキョウ | サンカヨウ | シオガマギク | シャク | シャクヤク | シュロソウ | ショウジョウバカマ | シラオイハコベ | シラタマノキ | シラネアオイ | シロヨモギ | ススキ | センボンヤリ | ソウヤキンバイソウ | ソラチコザクラ | タカネシオガマ | タツタソウ | ダイモンジソウ | チシマキンバイ | チシマセンブリ | チシマフウロ | チングルマ | ツバメオモト | ツユクサ | ツリガネニンジン | ツルウメモドキ | ツルシキミ | ツルネコノメソウ | テレビ | テレビ(インターネット) | デジタル一眼レフカメラ | トウキ | トチバニンジン | トランス脂肪酸 | トークショー | ナニワズ | ニコンF6 | ニシキギ | ニセコ(イワオヌプリ) | ニセコ(五色温泉) | ニリンソウ | ニリンソウ(ピンク) | ネジバナ | ハウチワカエデ | ハナイカリ | ハナシノブ | ハマナス | ハマヒルガオ | ハマフウロ | ハマベンケイソウ | ハーブ | ヒスイカズラ | ヒダカイワザクラ | ヒダカミセバヤ | ヒトリシズカ | ヒメイチゲ | ヒメイワショウブ | ヒメハッカ | ファルマシア | ファームイントント | フィルムカメラ(CONTAX) | フィルムカメラ(EOS-1v) | フィルムカメラ(Mamiya7) | フィルムカメラ(オリンパスOM2) | フィルムカメラ(ニコンF2) | フィルムカメラ(ニコンF3) | フィルムカメラ(ペンタックスS2) | フィルムカメラ(ミノルタSR505) | フィルムカメラ(ミノルタSRT101) | フィルムカメラ(ミノルタX700) | フィルム一眼レフカメラ | フォトトーク | フキユキノシタ | フクジュソウ | フデリンドウ | フラワーセラピー | ベニア原生花園 | ベニバナイチヤクソウ | ホオノキ | ホザキシモツケ | ホタルサイコ | ホロトロピック | ホロムイイチゴ | ホロムイソウ | ホロムイリンドウ | ポジフィルム | マイヅルソウ | マムシグサ | ミズオトギリ | ミズナラ | ミゾソバ | ミツガシワ | ミドリニリンソウ | ミネザクラ | ミノルタSRT101 | ミヤコグサ | ミヤマアズマギク | ミヤマオダマキ | ミヤマトウキ | ムシャリンドウ | ムラサキヤシオ | メディア | メディア関係 | ユキザサ | ユリノキ | ラーメン | ルイヨウボタン | ワスレナグサ | 七味唐辛子 | 七味唐辛子(やげん堀) | 三頭山 | 中華料理 | 乾燥ダイコン葉 | 仲野農園 | 健康・心の元気 | 元気、勇気、愛 | 元気の出る農作物 | 写真 | 写真展 | 写真撮影会 | 写真集 | 判官館 | 北シーン | 北大雪、平山 | 北方系生態観察園 | 北海道 | 北海道医療大学発ベンチャー | 北海道新聞社 | 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 | 十勝の食材 | 十勝千年の森 | 十勝平野の元気 | 原子力エネルギー | 口からの感動 | 名寄市&国道275号 | 地球 | 地震 | 執筆 | 夜の植物エネルギー | 大地 | 大雪山 | 大雪山赤岳 | 大雪旭岳 | 太四郎の森 | 守人(まぶりっと) | 富士フィルムフォトサロン | 富士フイルム | 富良野、美瑛 | 富良野岳 | 小豆&大豆 | 巨大地震 | 心と体 | 心の元気 | | 感動 | 手作りセッケン | 手作りセッケン『すずしろの花』 | 支笏湖 | 放射性物質(死の灰) | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日の出岬 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日高 | 旭岳 | 朱鞠内湖 | 松山湿原 | 森の元気 | 森の刻(とき) | 植物 | 植物エネルギー | 植物写真DVD | 植物写真集 | 植物観察会 | 横田岳史 | 活性酸素&抗酸化物質 | 温泉 | 湧洞原生花園 | 滝とマイナスイオン | 漢方 | 漢方・薬用植物研究会 | 漢方(心身一如) | 独り言 | 生協の情報誌『ちょこtっと』 | 画廊喫茶チャオ | 真冬の森 | 神仙沼 | 神居尻山 | 科学 化学 | 笹 笹刈り | 笹刈り | 算命学 | 紅葉 | 美味しいウドン屋さん | 美味しいカレー | 美味しいキムチ | 美味しいパン | 美深松山湿原 | 美深町 | 美深町、雨霧の滝 | 美深町の女神の滝 | 自分に自信を持つ方法 | 自分を愛する方法 | 花粉症 | 薬用植物 | 襟裳岬沖の旬の魚 | 講演 | 豆蔵(納豆) | 豊似湖 | 豊北原生花園 | 通勤途中の元気 | 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 | 道民の森 | 里山 | 野口農園の苺と野菜 | 野菜 | 鍼灸 | | 霧多布湿原 | 青森の植物たち | 食育 | 高山植物 | 麻雀 | オオバナノエンレイソウ