2012年11月16日 (金)

2879話 ~ CANON EF 20-35mm(f 2.8) & ついに初雪!~

 タイトル通りです。
Dsc04040ef2035mm_f_28
 新品同様のレンズ! 
CANON EF 20-30mm(f 2.8)! いわゆるL-レンズってやつです。
 札幌市北区のいつもお世話になっているカメラ屋さんのパラダイスさんで購入しちゃいました。値段はないしょ(笑)。なんたって広角に特化したズームレンズでレンズの明るさがF 2.8。これで夜間の星空撮影も容易になります。いずれフルサイズセンサーのデジタル一眼レフカメラも購入することになると思ってますので、L-レンズは必須アイテムになると思ってます。

 で、今使っている(たまに)CANON EF 17-40mm(f 4.0)が余ることになるので・・・、どなたか欲しい方がいたらお安く譲るつもりでいます。いつでも私に連絡してくださいね!

 で、早速今朝初撮影です。
_mg_627520121116
 ついに当別町は初雪です。いよいよ陰極まる季節になってきました!
 あっ、ここは当別町東裏防風林ですよ!
_mg_627820121116
 もうすぐ分厚い真っ白な雪で覆われてしまう!

 で、大学にでも・・・
  _mg_6280
 初冬!

 薬草園も雪が積もってる!
_mg_628520121116

 で、最小絞り値でこんなのも!
_mg_6284
 オフィスのテラスから!

なかなかステキなボケ味でしょ!(笑)

|

2012年5月21日 (月)

2400話 ~ 5月21日、新しい一週間の始まりの日の出&New EOS-1v! ~

 週末は、美深町に出張でした。
 少しお疲れモードですが・・・・、ココロの中の邪は完全にゼロ状態かもしれません(笑)。

 なんか2年分のココロのエネルギーをいただいてしまった感があります。後でお裾分けします!

 さて、新しい一週間の始まりです!
 
 午前4時50分。
_mg_1862
 太陽があんなに高く昇ってる!

 今日も全開でいきましょう!

 そして・・・
    _mg_1866
 新しいフィルム一眼レフカメラEOS-1vを購入しちゃいました(笑)。

 今朝届いたのですが・・・、超美品ですね(笑)。

 私はEOS-1vと共に行くことにしました!

|

2011年9月30日 (金)

1811話 ~ EOS-1v, マクロレンズ, Velvia50でいただくえりも町の植物エネルギー!~

 そして、ステキなモノの足し算とは・・・、何も漢方薬だけではないのですね。
 北海道に生きる植物たちのステキな瞬間を感じて、それを最も低感度ポジフィルム(シャッタースピードが遅くなってブレ易くなる)に写しだす。そのためにはフィルム一眼レフカメラ&マクロレンズが必要になるのです。
 最初から、そう思っていたのではなく、北方系生態観察園に息づく植物たち全ての芽出しから枯れるまでをフィルムに残したい!ただそれだけの想いで始めた植物写真だったのですが・・・・、それ以来、それまでの私が感動した無限大にすばらしいと思える感動が、シャッターを押すたびに私の身体の全ての細胞に沁みてきたのです。シャッターを押すたびにデス(笑)。そして9年が過ぎようとして、今の私があるのですね(笑)。
 これまた、ステキなモノの足し算をしてきたことになりますね。

 そして、私は、上手に写真を撮ろうとしてシャッターを押したことなど一度もない!
 ただ、ステキだなぁ~、すばらしいなぁ~と思った瞬間にシャッターを押してるって感覚って分かりますか?
 美深町、松山湿原の植物写真エッセイに使うための作品も全て、この感覚でシャッターっを押しています(笑)。
 皆さんのお口に合えばいいなぁ~と思ってますが、さて、どーでしょう?

 色々な方から、イイ場面を狙ってますね!なんて言われるのですが、狙って撮ったことはあまりない!
 というか、感動はいつも私のそばにある!が見えてないだけ!もっと感じて、もっと見てみたい!ただそれだけなんですがね・・・(笑)。皆さんがほめてくださるのは、望外の喜びです。いつもありがとうございます!
 なので、全ての作品がビギナーズラックなのだと思っています。狙っては撮る自信がないので、写真家ではないのですね。だから
植物エネルギーメッセンジャーという肩書を自分で作ってしまった(笑)。

 『身近な植物たちの出会いと感動!』これは、たぶん、来世にかけてもやり続けたいことになるでしょうね(笑)。だって、私の心の中に熱く優しいエネルギーがどんどん蓄積されるのですもん(笑)。行きます堀田!って感じでしょうか(笑)。

 さて、今年撮ったスリーブのスキャニングが終了しました。

 お裾分けです。

 えりも町はニカンベツの沢で見つけた植物エネルギーです。6月13日早朝でした。
0039836
 湿った所にいたクリンソウさんたち。すばらしいですね!
0039906
 ここには、花弁の大きなエジミヤマハンンショウヅルさんがいたのでした。
 毎年同じ株を見つめていたので、花弁の小さなミヤマハンショウヅルさんに気が付かなかったのですね。
 柴田先生が同定してくださったのです。
 そして・・・
0039909
 今年は、ハナシノブさんの群落も見つけちゃいました。

 でも、北海道の元気な植物たちも、もう店じまいです。

 さて、これから、元気な植物のいなくなる白い季節、どーやって植物エネルギーをゲットしましょうか?(フフ)

 お任せください。身近な植物エネルギーで、来春まであなたの心に『待つエネルギー』をくれる身近な植物エネルギーをお伝えします!

|

2011年9月24日 (土)

1793話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!朱鞠内の蝦夷金鳳花さん!~

 次です。実は、国道275号線をどんどん北上し、幌加内町の道の駅を過ぎると、景色は一変するのですね(笑)。

 私も初めて見て、のけぞっちゃいました(笑)。

 国道の道端が水色の絨毯で敷き詰められたようになってる!

 で、おもむろに車を下りて、水色をゲット!
05
 やっぱり背丈が高い!

 で、あの黄色お花はなーに?
 あまりにたくさんいるので、最初は外来種かと思ったのですが・・・

 差に非ず!
04
 蝦夷金鳳花(エゾキンポウゲ)さんでした。れっきとした在来種です。
 
 で、どーなんですか?エゾエンゴサクさんとエゾキンポウゲさんのコラボって、たぶんレアですよね(笑)。

 最後は、蝦夷金鳳花さんのポートレートです。
06
 すばらし過ぎでしょ(笑)!

|

1792話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!朱鞠内のカタクリさん!~

 ということで、どんどん北海道の大地に生きる植物さんたちの勇気と元気をお届けしましょう。
 今年5月末、国道275号線の道端にいたカタクリさんたち!
02
 雪深い所に生きるカタクリさんは、その茎が長いことが特徴です。
 きっと、待ちきれずに、植物エネルギーが雪の中進んでくるのでしょうね。だからもれなく、茎が長い!
03
 ニリンソウさんとのコラボ(上左)。エゾエンゴサクさんとのコラボ(上右)もまた良し!

 来年5月20日前後、ごいっしょしませんか?

 道端が、青、ピンク、白、ピンク色の絨毯になって大地って、見たくないですか?
 1年に一度だけですよー!

 見ないで死んじゃったら、絶対後悔します(笑)。

|

1791話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!落葉松さんの涙!~

 さて、今日は9月24日。あっと言う間に9月も終わってしまいそうな勢いですね。先ほど、MyLoFEの原稿が完成しました。来月25日頃に発売されますので、ぜひよろしくデス(笑)。
 2007年以降、実に様々な場面で、執筆する機会が増え、回数を重ねるたびに、思ったことをそのまま表現できるようになってきました。こんな機会をくれた全ての人に感謝しています。

 私のブログもそう。その日、その時思った事を書き綴ってみたい。ただそれだけの想いで2006年から始めたのですが、実にたくさんの方がアクセスしてくださるようになって・・・、照れますが、うれしいですね(笑)。
 その日、自分が感じて思ったことをそのまま文字にするって、とても気持ちの良いものです。そして、私って、実に色々なことを感じ、考えているのかもリアルに理解できたこともブログを初めて良かったなぁ~と思えることです。

 さて、今回の福島原発事故で、多くの日本人の基本的な思考回路が理解できたことはすでにお伝えした通りです。
 無意識のうちに暗い、悲しいことから目をそらし、現実に何が起こっているのかを、見ようとせず、知ろうとせず、考えないようにする。で、そんな人同士が集団を作って、他者を排除しようとする心。一言で言えば『
村八分』。
 以前のブログで、の反対語は『無視、無関心』だとお伝えしました。憎しみなんてのは、愛の中の1つのカテゴリーです(笑)。
 で、最終的に、自らが見ようとしない、知ろうとしない、考えようとしない、学ぼうとしない大きな集団は、どこに安寧も求めるのか・・・・。
 それは、『
肩書くん』ってことになるのですね(笑)。今の私からすると、大変シンプル過ぎる答えです。まるで、幼稚園児のような思考回路ですよね(笑)。実は、ここにも日本人の特性があるのですよ(笑)。実は、皆、子供かもしれないってことです(笑)。というか、大人にさせないように教育されてきているのですね。たぶん!「親のいう事をきいて、行儀が良く、学校の試験の点数が良くて、悪さをしないお利口さんな子供」が、日本では良い子ですね。ということは・・・・ってことになります。私は、親の言う事もきかなければ、バカな先生の言うことなど鼻から聞く気がなかったので・・・、小学生のころから問題児でした(笑)。だって、おバカな先生って腹立ちません?(笑)。『俺に偉そうに教えるんじゃない!』っていつも思ってました。これを親に言うと、親からも叱られましたね。まったく(怒)。子供ってのは、ハチャメチャやるのが仕事でしょうに!子供のころから、大人になることを強制するから、個性も無くなるし、大人になって、子供のころできなかった悪さをしたくなるのでしょ(笑)。そんなの当たり前ですよね(笑)。我慢させるのが、しつけってことで、それが日本の常識になってるのがおかしい!と私は思っています。

 日本の歴史を詳しくひも解いてみると、本当の事を伝えようとした人は、全て民によって滅ばされていることが多いことに気が付きます。民を救おうとして頑張った人は、最終的には助けようとした民によって滅せられてきたのですね。民は
「自分は悪くない、仕方がない」集団ですので、当然、そこには良心、愛はどんどん欠如していく。自分のとった行動を集団で肯定していこうとする。その集団を肯定するためには、生贄が必要になる。これが、日本人に限らず、人類の歴史なのでしょう。その時悪者だとされてきた人は、その時代の先の人たちが評価し直す。これも歴史から学べることですね。

 そして、惑いや悲しみ、不幸を与えてくれた根源的なモノを肯定しようとする性質を持っているのが、これまでの基本的な日本人だったのではないでしょうか。今回もそうですね(笑)。
 ただ、宇宙レベルの時間軸の中で考えるならば、戦国時代、江戸時代、明治時代、太平洋戦争時代よりは、格段に人の心は進化し続けていることに気が付きます。京大の小出さんが、憲兵隊に捕まえられて、拷問されてるってことにはなっていないのがエビデンスです。宇宙の摂理通りなのですね(笑)。

 そして、多くの日本人は『
何かあったらどーする!』ということを、いつもいつの時も、心の奥底に持ちながら毎日を生きているのだということも知ることができました。
 では、何かあったらどーする!』という根源的な心の状態は、どのようにして形作られてきたのでしょう?
 もう、私は、知ってしまったのですね(笑)。皆さんも暇な時に考えてみませんか?結構シンプルで『なーんだ(笑)』ってことになること間違いなしです。
 で、ヒントです。地球に生を受け、その後、誰が最初に、そんなつまらない概念を植え付けてくれたのでしょう?
 もう一つヒントです。『
食えなくなったらどーする?』ってことを、最初に練りこんでくれた人ってだーれ?(笑)

 私は、もう知ってしまった。そこが多くの日本人が、肩書に対する畏れをいだく最大の理由なのですね(笑)。

 さらに、私は、その畏れをくれた人が、何に恐れていたのかも分かりました。なので、今は、全てが、大丈夫なのですね(笑)。結構楽しいテーマだと思うのですが、どーでしょう?

 で、私は何をすれば良い?という設問が、私の生きるテーマにもなってしまった。ただそれだけのことです。

 なので、この設問をクリアできれば、多くの人たちの潜在的に持っている畏れから解放されと思うのですよね(笑)。きっとそうなる!

 幼いころから持ち続けてきた『何故人は、悲しいほどの争い事をする?』、『何故人同士、醜悪なほどの差別、区別をする?』の答えも見つかったのですね。
 
 そしたら、争い事もなくなるでしょうし、限度無き欲もなくなるでしょうし、最終的に地球も元気になることは間違いない!

 原子力エネルギー、それは、人類全ての心の奥底にある、人間が作り出してきた畏れ、自分に対する自信の無さ、不信感が具現化されたものだと思っています。

 ですので、人の心の中に、その人自身が自分のことを信じて、愛することのできるものがあれば良いことになりますよね。実に簡単なことです。

 今は、こんなことを思い、考えている私ですが、つい16年前までは、畏れ、自分に対する自信の無さ・・・etc・・満載だったのでね。良く理解できます。ただ、私は、自分にあきらめなかっただけです。どこかに必ず私の心の奥底にある邪や負の感情を浄化してくれるホンモノがあるはずだ!と信じてただけです。
 ただ信じようとしていたモノの対象の多くが人だったことが、未熟だった。そして、次に、その代りとして有機化学(化学)に求めようとしたことも未熟の極みだった。ただそれだけのことです(笑)。そして矢尽き、刀折れたと思って、自分のことをあきらめようとしたら・・・・、北海道医療大学、植物、生薬、漢方、フィルム一眼レフカメラ、Velvia50が、やってきた(笑)。そして、今の私がある!

 道(タオ)というのは、私の中では、自分で決めるものではなのだと思っています。誰がこんな道(タオ)を与えてくれたのかしら???それも、いずれ知ることができるのだと思っています。

 10年先の私から見たら、現時点の私など、はなはだ未熟なのだろうとも思いますが、10年先の私が今日のブログを読みたいと言ってるのですね(笑)。
 まあ、こんな事ばかり考えてると、実に楽しい!
 私が、自分の心のままに生きて『何も悲しいこと、不幸なことは起きない!』ことを証明して見せましょう(笑)!
 
 以前にお伝えしましたように・・・私は、『お米、納豆、ダイコンオロシ、リンゴ』があれば、いつも幸せなんです(笑)。なので、現世において、私を不幸にすることのできる人などゼロってことです。

 ましてや、毎日、それ以上のモノを食べてる私は・・・、宇宙一の幸せ者ってことで、やっぱり、何か恩返ししなくっちゃって・・・、ただそれだけです(笑)。まあ地球に恩返しってことが今のメインテーマってことです。

 かなり長くなっちゃいましたね。こんな事を書くつもりなどなかったのですが、どんどん想いが溢れてきちゃって・・・、スミセン。

 最後に本題です。

 ということで、人々の心の奥底にある、得体のしれない畏れを解くのが、たぶん、これしかないでしょう(笑)。

 植物エネルギー!

 それも、自分自身でゲットしに行くと・・・、それを何年もし続けると・・・、たぶん畏れは自然になくなるか、軽減されるはずですし、自分を信じる心がどんどん膨らむことでしょう!
 キャノン製フィルム一眼レフカメラ、EOS-1v、マクロレンズ、富士フイルム社製ポジフィルムVelvia50でいただいた全植物エネルギーです。
00391s

 最初の数枚は、我が愛する北海道医療大学・北方系生態観察園の植物エネルギーです。
01
 落葉松(カラマツ)くんの新葉の中にたまった水滴の輝き!

 見ることのできるのは1年でわずかに1日あるかないか・・・

 それも、雨の降った翌朝6時~9時くらいまでの3時間だけ!

 夜、雨が降らないとダメですし、気温が上がると、中の水滴が蒸発しちゃいますから(笑)。

 いかがですか?

 ぜひぜひごいっしょしましょう!

|

2011年9月22日 (木)

1788話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!神仙沼のチングルマさん!~

 23日は仕事になっちゃいました(笑)。
 明日九時半から、札幌市南区の方7名ほどが森の案内をして欲しいとの電話があり、堀田出ます!
 ついでに、朝6時から、北方系生態観察園の森に入って、笹刈りを2時間ほどしちゃいましょ!

 さて、フィルム一眼レフカメラEOS-1v, マクロレンズ、Velvia50に写った神仙沼での私の心の色をお見せしましょう(笑)。
0040614

 横位置でも・・・
0040608

 久しぶりの『タイムトンネル!』。光の向こうからやってきたチングルマさんです(笑)。

 「地球に愛されてるわい!」。自画自賛してしまいますね(笑)。

 ただ・・・、実は・・・、私のイメージより明るい作品になっちゃったんですよね(涙)。

 でも・・、この時、この瞬間の私の心の色なんだなぁ~って思うと・・・、それもまた良し!ってことになるんですよね。
 実は・・・、チングルマさんの芽出しバージョンってのもあって・・・
0039811
 若葉が出たばっかりの時!
 チングルマさんて、樹木だってことご存知ですよね(笑)。
 2008年に撮った作品も!
0028812s
 全く心の色が違ってる!
 どちらもステキだけど、進化してるのがビジュアルに分かりますよね(笑)。

 ついでに、デジタル一眼レフで撮影したデータも!
_mg_2895s

_mg_2882s

 ここは、何も申しますまい(笑)。

|

1787話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!十勝!~

 さて、同じスリーブの中から、2011年5月8日の十勝の元気をお届けしましょう。
 この時は、石原先生、後藤先生、菅原先生といっしょでしたね。ツッくんもいたけど・・・(笑)。
04
 朝早く、広尾町から湧洞原生花園に行く途中の国道のど真ん中!
 幻想的な地球の元気でしたね。
 国道のど真ん中でこんな場面を撮ることができる北海道の大地は・・・、ウン(笑)!
 デジタル写真もどうぞ!
_mg_0723
 赤い色がね・・・(笑)。

 で、歴船川上流で見つけた植物エネルギーです。
05
 上左は、姫一華(ヒメイチゲ)さん。たぶん、過去最高です(笑)。
 上右は・・・、羽団扇楓さんの花芽!とてもエネルギーに満ち溢れていますね(ニコニコ)。

 で、多くの人が大好きな・・・
06_2

07

08
 あり得んなぁ~(笑)。

 十勝の大地からいただいた最高のエネルギーなり!

|

1786話 ~ EOS-1v & Velvia50に写った心の色!北方系生態観察園!~

 ということで・・・
          Photo_2

 これを、どんどん進みます(笑)。

 最近は、EOS Kiss Digital ×4で撮影したデータばかりご覧いただいてましたが、今年撮りためたポジフィルムVelvia50のスリーブのスキャニングがどんどん進んでいたのでした(笑)。

 これから、私の魂を込めたホンモノをどんどん見ていただきますよ!
 スリーブ全体から!
01_2
 EOS-1vは2台あって、このカメラは2003年に初めて購入したモノ。一番想いが入るカメラです。

 で、早速です。
 2011年1月31日。
02_2
 これは、昔の私のオフィスの窓から望遠レンズで撮影しました。遅い日の出・・・前!
 これを撮って、すぐに北方系生態観察園の雪深い森に出かけたのでした!
03_2
 赤い森!です。
 手袋を脱ぎ、両手を昇る太陽に向けて、瞑想!

 地球レベルのエネルギーを1月からいただいている私です(笑)。

 ちなみに、下が、デジタルカメラで撮影したデータです。
03a
 Velvia50の赤が沁みますね(笑)。

 両方とも想いをこめてシャターを押しているのですが・・・

 やはり、フィルムカメラのシャッターを押すときのドキドキ感は別格なり!


|

2011年6月 1日 (水)

1551話 ~ ポジフィルムVelvia50に写った十勝の植物エネルギー! ~

 今年は、4月になってから、昨年以上にスピード感あふれる毎日をすごしているような感じがします。
 で、ポジフィルムVelvia50でも撮影しているのですが・・・、気が付けば現像後のスリーブが30本ほど溜まってる(汗)。どーしよーって感じなのですが、今年は、北海道の大地、植物たちの勇気と元気をカメラでいただくことに専念するつもりなんで・・・、後のことは、知ーらない(笑)!
 今日は、頑張って遅くまでスキャニングしようかしら・・・
 ということで、5月8日、十勝の植物エネルギーメッセンジャーこと、薬剤師の石原先生の案内で行った日高山脈十勝側山麓でいただいた植物エネルギー36枚をお見せしましょう。
S00388alls
 どーですかこれ!
 36枚全てにピンが合って、全て露出OK!
 ということで、今年の私の心にはブレが無い!そう確認できるのが、ポジフィルムの効能・効果なんです。
 『
植物の接写、ポジフィルムVelvia50、フィルム一眼レフカメラの3点セットで、心の元気度をチェックしましょうよ』と言ってるのは、たぶん私だけでしょう(笑)。これが、『21世紀の漢方学』の始まりなんです。
 ブレルほどの低感度フィルムだからこそ、自分の心の様がちゃんとフィルムに写りこむ!
 荒れた心で撮ると・・・、必ず失敗しますので、荒れた心の原因を自分で考えることができます。自分と向き合うことのできるステキな文明の利器と言えましょう。
 3000年前の中国には、カメラなんて無かったでしょうから、現代でなければできないことなんです。
 物質文明の財産を使って、自分と向き合い、そして、他者と比較することなく、自分自身がステキだと思える人生を歩くことが、地球に対する恩返しってことになると思うのです。いかがでしょう?

 そして・・・、この全てがすばらしい植物エネルギーの中から、さらにステキなモノを自分で選ぶ!
 これもまた、世界一勇気のいることなのでしょう!

 で、どうしても1枚だけを選べなかった・・・。まだまだ修行不足かも(笑)。

 私が選んだのは、次の4作品。
02
 私は、こよなく北海道を愛しちゃってますのでね、北海道の固有種には、特別な想いがあります。
 エゾキスミレさんと、ソラチコザクラさんは外せませんでした。
 それと・・・
01
 どこにでもいてくれる、ステキなエンレイソウさんとニリンソウさんは、いつも私に元気をくれます。
 この2枚を選んじゃいました。

 人の心がステキに変わらない限り、現状から何も変わらない。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ