2013年1月 8日 (火)

2964話 ~ Nikon F2 フォトミック, Velvia 50& 6月の大雪山旭岳! ~

 昨日のブログで大雪山旭岳の写真を見ていたら、Nikon F2 フォトミックで撮影した旭岳のスリーブを見直してしまいました。

 私は、6月下旬から7月中旬の旭岳が好きです。

 6月にはまだ残雪が残っていて・・・、下界は初夏! この季節感の違いというか、もう一度雪融け後の早春のエネルギーを満喫するというか・・・、まあすばらしいですよね(笑)。

 Velvia 50での撮影です。
Img_4101

 縦位置でも!

F2b09070623
 やっぱり今年は行っちゃおうかしら(笑)。

|

2012年11月12日 (月)

2866話 ~ 最終修行開始、ニコンF2アイレベル&ミノルタSRT101!~

Eos1n0318

Sr505velvia100f_12
 いよいよこんな季節がやってきます。

 これは、ニコンF2フォトミック&ミノルタSRT101で撮影した北海道医療大学・北方系生態観察園の冬の情景です。
 今年の冬は・・・
Dsc03991
 この2台を使って北方系生態観察園の冬の情景を撮影するつもりです。

 特にニコンF2アイレベルファインダーには露出計がついてません。
 私のココロのレベルアップの修行の最終段階はこのカメラでと決めてました(笑)。
 使用フィルムはもちろんVelvia50。
 このカメラを使って36コマ全てにピンと露出が合って撮影できれば・・・、きっと次の扉が開くと思ってます。

 それから・・、中判カメラでレンジファインダーのマミヤ7もいよいよ始動させるつもりです。

 この2年間は、美深町から依頼された「
びふか松山湿原の植物エネルギー」を出版するために私の手足と同じように使えるEOS-1v、それに初めてのデジテル一眼レフカメラEOS kiss Digital X 4だけを使ってました。
 失敗できないって中での撮影ってのは・・・、やっぱり大変だったかもしれません。
 デジタルカメラの良さも理解したし、あらためてEOS-1vもすばらしいカメラだということも納得できました。

 しかし・・・、ココロのレベルアップの最終目標はニコンF2アイレベルファイダーを使って自由自在に撮ることができる!だったのですね(笑)。
 デジタル一眼レフカメラを使ってみて・・・、やっぱりココロが弱くなっているような気がしてますので・・・、制約がなくなった今・・・、そしてポジフィルムが無くなってしまう前に行くしかない!

 まあいずれはフルサイズのデジタル一眼レフカメラを購入しなくてはいけない時代がやってくる気もしてますが・・・、今は、どんどんレトロになってみようかと思っています。

 今なら・・・いけそうな気がしてます。

 さてさて、いったいどんなことになるのやら(笑)。

 今週は、来週月曜日の夜に開催される「
第3回薬剤師のための漢方いろは」の原稿作りに没頭します。
 テーマは「食養生!」。
 いかな漢方薬が優れものだとしても、毎日摂取する食事がいいかげんでは、効き目も半減ですね(笑)。
 漢方薬を飲む人は、毎日の食べ物の中に漢方薬が含まれていることを知り、それを口からの感動として取り入れることによって、漢方薬の効能は倍増するのです。

 またまた新しいスライドを作ることになってしまって・・・
 今週もまたあっという間に過ぎていくのでしょう!

|

2011年9月 2日 (金)

1736話 ~ ポジフィルムVelvia50&ニコンF2blackで撮影した雨霧の滝! ~

 美深町、松山湿原での植物調査&写真撮影も順調に進んでいます。今年は、正確な植物名をつけるために、自信のないモノについては押し葉標本を作製し、柴田先生に同定もお願いし、おもしろいことが分かってきました。雨霧、女神の両滝付近にいたアカバナさんたち、2種類だったことが判明したり、北海道にはいることになっていないキソチドリがいるかもしれない。そして、松山湿原にいた地味なランもコバノトンボソウくんとホソバノキソチドリの2種類であること(これまでの美深町の資料では、ホソバノキソチドリだけしか記載がありませんでした)。訪れる回数が多ければ多いほどに、これまで知らなかったことが、どんどん分かってくる。研究者にとって、極上のエネルギーとなっていくのですね。こんなキッカケを作ってくれた全てのモノ、ヒト、出来事に本当に感謝してます。
 で、タイトル通りです。フィルム撮影した作品のスキャニングも順調です。
 ニコンF2black(24mm f 2.8)で撮影したスリーブです。
Nikonf2black012011s
 前半は、6月15日朝の雨霧の滝です。
 この中から2枚ご覧になってください。
Nikonf2black01201102
 この頃は、縦位置と横位置の両方で撮影するように心がけています。
 横位置でも!
Nikonf2black01201108

 デジタル一眼レフでも撮影してます。

_mg_2494s

_mg_2486615

 まあ意見の分かれるところでしょうけど・・・、私は、フィルムでの作品の方に一票です(笑)。

|

2010年11月19日 (金)

1099話 ~ニコンF2フォトミック &Velvia50に写った襟裳岬の夕陽!

 11月6日の襟裳岬の落日もすばらしかった!
 中学校の時の亡き恩師からもらったNikon F2フォトミック & Velvia50での写真です。
 場所は、東洋という小さな集落のある岸壁。風は風速15メートルほど、風の音、波の音を聞きながら一人で夕陽を見つめていました。
F2t111031_110618

F2t111031_110619
 強風にあおられて、海鳥たちが突然カメラのファインダーの中に飛び込んできました。
 どんどん太陽が沈んでいきます。空の色もどんどん変わっていく!
F2t111031_110623

 と、飛行機雲が現れました。どこに飛んでいくのかしら?
F2t111031_110626

 水平線に太陽が沈む・・・
F2t111031_110629

F2t111031_110630

 そして・・・
F2t111031_110631
 ん~・・・、最高なり!
 邪は浄化され、何かが心の中に沁みてきました。

| | コメント (3)

1097話 ~ニコンF6 &Velvia50に写った襟裳岬のスーパーモード!

 11月6日の夕方と11月7日朝の襟裳岬は最高でした。
 その様子は、以前のブログにパナソニックLUMIX C2で撮影した写真でお見せしましたが、Velvia50で撮影したフィルムが現像されてきましたので、アップします。Velvia50の色空間は・・・、私にとっては特別でありまた、別格別次元のものです。
 先ずは・・・
F6007010110620
 金色に輝く海、そしてその先に続く空を切り取ってみました。
 久しぶりに、お口アングリ状態でしたね(笑)。襟裳岬スーパーモード!デス。
 さらに2枚。
F6007010110622

F6007010110624
 写真の左下には、昆布漁をする婆ちゃん!
 刻一刻と変化する潮の流れまでが、金色に写し出されます。
 Nikon F6で撮影しました。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

921話 ~ニコンF2フォトミック&Velvia50に写った8月8日朝の襟裳岬のエネルギー!~

 続きです。ステキな気を取り入れた後、歩いて、襟裳岬の先端、もうこれ以上は行けません(実は、波打ち際まで行けるんですが、今日は高い所から全てを感じたかったのです)という場所まで移動して、太平洋を眺めます。

F2t08090808ss

 そして次の瞬間に・・・

F2t08100808ss

 寄せては返す波。この日は極上に凪いだ海でした。

 そうそう、この2枚を撮る時から、電池切れで、完全にマニュアルで撮影したんですが・・・、ちゃんと写ってました。とてもうれしい!

 で、さらに!

F2t08120808ss

 えりも岬の灯台のある、ちょうど真下辺りです。

 大気が動いてる!

 気持ちは、流水のごとく・・・よりも、雲の如し・・・の方が良いですね!

 最高っす!

| | コメント (0)

920話 ~ニコンF2フォトミック&Velvia50に写った8月7、8日の襟裳岬のエネルギー!~

 さて、先ほどのスリーブの中から作品を選んでスキャンニングしてみました。

 先ずは、8月7日、夕方、西海岸で感じた波動はこれ!

F2t08030807ss

 夕日&水平線に沈む落日を見ることができると『思ったんだけどなぁ~・・・

 でも、こんなのも幻想的ですね。ニコンF2フォトミック&AF NIKKOR 24-50mm(f 3.3~4.5)で撮影しました。

 で、翌朝、確か4時頃です。

 えりも観光館さんから歩いて、襟裳岬の最先端に行く途中にあるマイスポット(笑)からの撮影です。

F2t08060808ss

 なんて言っていいやら(笑)。どんな場面の日の出も、ここでは素晴らしいと感じさせてくれるんですよ。

 だって、上の写真のすぐ左側。百人浜方向は、まだまだシアン色!

F2t08070808ss

 青い世界でしょ!

 で、先ほどの写真の右側、襟裳岬の一番先の方向は、こう!

F2t08080808ss

 セピア色&幻想的な世界です!

 カメラでは、切り取ることしかできませんが・・・、ここに立って、自分の目で、360度のパノラマで見ると、全てが共存してるんです。ほんとに・・・、私の身体全体の波動というか、波長は、襟裳岬に流れている波動、波長といつもいつの時も、ぴったんこデス(笑)。

 何度も何度も大きく気を吸って、そして、その吸った気を本当にゆっくりゆっくりと出して、その繰り返し!

 身体の中に、温かな波動がみなぎってくるのが分かるんですよ(笑)。

 今月も19、20日、一泊で行ってきます。今度はプライベートな旅です(笑)。たーっぷりステキは波動を取り入れてきましょう!

| | コメント (0)

919話 ~ニコンF2フォトミック&Velvia50に写った8月7、8日の襟裳岬のエネルギー!~

 8月7、8日と28日に、襟裳岬に行った時に撮影したスリーブが上がってきました。フィルムは、Velvia50なのですが・・・、ワイド系のレンズを使ったときには、ほぼ大丈夫なのですが、28日に使った105mmのマクロレンズで撮影した時の露出が、かなりアンダー(光不足)になって・・・。やっぱ難しいなあ~(笑)。

 使ったカメラは、今年3月に亡くなった、中学校の恩師に昨年いただいたニコンF2フォトミック。

 スリーブ全体がこんな感じです。

F2t08s

 後半のチシマセンブリさんたちが・・・(涙)です。

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

植物エネルギー 第670話 ~NikonF2フォトミック+NIKKOR 24mmで感じた春の祭典! ~

 以前ブログでお話した、今年の3月3日に逝った私の中学校の恩師からいただいたNikon F2 フォトミック・・・。森の中に入るときにはいつも持ち歩いています。

 今年は・・・先生の魂に地球の波動、北海道のステキな波動を届けます。それが私の恩返し。そう思っています。

 5月4日朝。私が13年間手がけてきた北海道医療大学・北方系生態観察園の春の祭典を24mmのワイドレンズで広く集めてみました。

F2t0316s

 早朝、片栗さんたちは、咲き始めていました。

 さらに・・・

F2t0323s

 朽ちた花が1つもない、朝の光を浴びた植物たちのすばらしい世界をVelvia50に取り入れちゃいます。

 蝦夷延胡索さんたちだってすばらしい!

F2t0318s

 谷に下りると、黄色が輝く世界がありました。

F2t0331s

 輝く蝦夷立金花さんたちです。もちろん朽ちた花は1つもありません。

 縦位置でも1枚!

F2t0336

 これで、先生の魂に届いたと思います。

 毎日が未知なること、モノとの出会いばかりです。かなり慣れましたが・・・ドキドキの連続です。

 きっと先生の魂はいつも私のそばにいて、挫けそうな時には支えてくれると思います。

 今日は・・・、16日の講演のスライドをレイアウトすることにします。

 

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

植物エネルギー 第605話 ~形見分けのNikonF2で撮影した北方系生態観察園 ~

 昨日、中学校の恩師で先日亡くなった橘先生から形見分けでいただいたNikonF2で撮影したフィルムの現像が上がってきました。先生が亡くなった日、私は何も知らずに北方系生態観察園の森に出かけ、初めて先生のカメラで写したのでした。

 なんだか・・・光ばかり撮ってました。

F6t0121

 これが一番気に入りました。

 あと2点。

F6t0116

 谷に降りたら、森で一番大きなケヤマハンノキくんに巻きついているツルアジサイくんのドライフラワーが雪の上に落ちていて・・青い森の中で輝いていました。

F6t0126

 この日の朝は何故か光ばかりを撮っていました。

 今年は、先生からいただいたNikonF2でたーくさん撮ろうと思っています。

 このカメラです。

Nikonf2t

 先生の名前のイニシャルをいただいて・・・このカメラはNikonF2Tと名付けました。

 もっとステキな植物エネルギーを撮って、先生のとこに持って行きます!

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Digital 一眼レフカメラ FMアップル MyLoFE tokati_ TV(HTB)出演(イチオシ) TV(NHK) Velvia50 えりも岬 えりも町 えりも短角牛 すずしろの花 ぽけっと アカイタヤ アカツメクサ アカバナ アカバナノエゾノコギリソウ アズキナシ アズマイチゲ アニメ アフラトキシン アポイ岳 アラゲハンゴンソウ アリドオシラン イチオシ!(HTB) イチゲフウロ イベント イワツツジ ウスノキ ウスユキトウヒレン ウド ウラシマツツジ エキナセア エゾアジサイ エゾウコギ エゾエンゴサク エゾオオサクラソウ エゾオオヤマハコベ エゾオヤマノエンドウ エゾオヤマノリンドウ エゾカワラナデシコ エゾカンゾウ エゾキスミレ エゾコザクラ エゾスカシユリ エゾタカネキスミレ エゾツルキンバイ エゾニュウ エゾニワトコ エゾノコンギク エゾノシモツケソウ エゾノツガザクラ エゾノバッコヤナギ エゾノヨロイグサ エゾノリュウキンカ エゾヒメクワガタ エゾフウロ エゾヤマザクラ エッセイ エンレイソウ オオアマドコロ オオウバユリ オオカメノキ オオタカネバラ オオノアザミ オオハナウド オオバナノエンレイソウ オオヤマオダマキ オニグルミ カセンソウ カタクリ カタクリ(白) カラマツ ガンコウラン ガンダム キクザキイチゲ キクバクワガタ キジムシロ キノコ キハダ キバナシャクナゲ キバナノアマナ クモマユキノシタ クリンソウ ゲンチアナ コイチヤクソウ コイチヨウラン コイワカガミ コキンバイ コケ コケモモ コハマギク コマクサ サイハイラン サマニオトギリ サマニユキワリ サロベツ原野 サワギキョウ サンカヨウ シオガマギク シャク シャクヤク シュロソウ ショウジョウバカマ シラオイハコベ シラタマノキ シラネアオイ シロヨモギ ススキ センボンヤリ ソウヤキンバイソウ ソラチコザクラ タカネシオガマ タツタソウ ダイモンジソウ チシマキンバイ チシマセンブリ チシマフウロ チングルマ ツバメオモト ツユクサ ツリガネニンジン ツルウメモドキ ツルシキミ ツルネコノメソウ テレビ テレビ(インターネット) デジタル一眼レフカメラ トウキ トチバニンジン トランス脂肪酸 トークショー ナニワズ ニコンF6 ニシキギ ニセコ(イワオヌプリ) ニセコ(五色温泉) ニリンソウ ニリンソウ(ピンク) ネジバナ ハウチワカエデ ハナイカリ ハナシノブ ハマナス ハマヒルガオ ハマフウロ ハマベンケイソウ ハーブ ヒスイカズラ ヒダカイワザクラ ヒダカミセバヤ ヒトリシズカ ヒメイチゲ ヒメイワショウブ ヒメハッカ ファルマシア ファームイントント フィルムカメラ(CONTAX) フィルムカメラ(EOS-1v) フィルムカメラ(Mamiya7) フィルムカメラ(オリンパスOM2) フィルムカメラ(ニコンF2) フィルムカメラ(ニコンF3) フィルムカメラ(ペンタックスS2) フィルムカメラ(ミノルタSR505) フィルムカメラ(ミノルタSRT101) フィルムカメラ(ミノルタX700) フィルム一眼レフカメラ フォトトーク フキユキノシタ フクジュソウ フデリンドウ フラワーセラピー ベニア原生花園 ベニバナイチヤクソウ ホオノキ ホザキシモツケ ホタルサイコ ホロトロピック ホロムイイチゴ ホロムイソウ ホロムイリンドウ ポジフィルム マイヅルソウ マムシグサ ミズオトギリ ミズナラ ミゾソバ ミツガシワ ミドリニリンソウ ミネザクラ ミノルタSRT101 ミヤコグサ ミヤマアズマギク ミヤマオダマキ ミヤマトウキ ムシャリンドウ ムラサキヤシオ メディア メディア関係 ユキザサ ユリノキ ラーメン ルイヨウボタン ワスレナグサ 七味唐辛子 七味唐辛子(やげん堀) 三頭山 中華料理 乾燥ダイコン葉 仲野農園 健康・心の元気 元気、勇気、愛 元気の出る農作物 写真 写真展 写真撮影会 写真集 判官館 北シーン 北大雪、平山 北方系生態観察園 北海道 北海道医療大学発ベンチャー 北海道新聞社 十勝の植物エネルギーメッセンジャー、石原先生情報 十勝の食材 十勝千年の森 十勝平野の元気 原子力エネルギー 口からの感動 名寄市&国道275号 地球 地震 執筆 夜の植物エネルギー 大地 大雪山 大雪山赤岳 大雪旭岳 太四郎の森 守人(まぶりっと) 富士フィルムフォトサロン 富士フイルム 富良野、美瑛 富良野岳 小豆&大豆 巨大地震 心と体 心の元気 感動 手作りセッケン 手作りセッケン『すずしろの花』 支笏湖 放射性物質(死の灰) 文化・芸術 旅行・地域 日の出岬 日本酒 日記・コラム・つぶやき 日高 旭岳 朱鞠内湖 松山湿原 森の元気 森の刻(とき) 植物 植物エネルギー 植物写真DVD 植物写真集 植物観察会 横田岳史 活性酸素&抗酸化物質 温泉 湧洞原生花園 滝とマイナスイオン 漢方 漢方・薬用植物研究会 漢方(心身一如) 独り言 生協の情報誌『ちょこtっと』 画廊喫茶チャオ 真冬の森 神仙沼 神居尻山 科学 化学 笹 笹刈り 笹刈り 算命学 紅葉 美味しいウドン屋さん 美味しいカレー 美味しいキムチ 美味しいパン 美深松山湿原 美深町 美深町、雨霧の滝 美深町の女神の滝 自分に自信を持つ方法 自分を愛する方法 花粉症 薬用植物 襟裳岬沖の旬の魚 講演 豆蔵(納豆) 豊似湖 豊北原生花園 通勤途中の元気 道北の植物エネルギーメッセンジャー、海野先生 道民の森 里山 野口農園の苺と野菜 野菜 鍼灸 霧多布湿原 青森の植物たち 食育 高山植物 麻雀 オオバナノエンレイソウ